12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ブルドッキングヘッドロックvol28『バカシティ たそがれ編』が持つ批評性 


ブルドッキングヘッドロックvol28『バカシティ』(公演期間2016年11月2日~11月20日)を観劇してきました。
バカシティ公式サイト

『桐島、部活やめるってよ』や『幕が上がる』の脚本としてもお馴染みの喜安浩平さんが主催する劇団の公演なのですが、劇団員の岡山さんと親しくさせていただいたご縁もあり、ぜひ見に行きますとお約束したのでした。
岡山さんとはももクロファン同士として知り合い、『シン・ゴジラ』に衝撃を受けて一緒に2回目を観に行く仲に。『君の名は。』も二人で鑑賞などし、最近も『この世界の片隅に』を鑑賞してきました。

岡山さんから『バカシティ』のチラシをいただき、ご一緒していたれにちゃん推しの友人と共に軽い感じで「あー行きます行きます」みたいな感じで約束しました。

喜安浩平さんと言えばアニメ版『はじめの一歩』の主役の声を担当していて、僕は最初一歩の声の人と『桐島』の脚本家が同じ人だと思いませんでした。珍しい苗字の人が二人いるんだな、と。
なので同一人物だと知った時は衝撃的でした。『はじめの一歩』で泣き、数年後には『桐島』が話題になり、そして僕の大好きなももクロちゃんの主演映画の脚本までなさるとは。
しかも今調べてみたら、個人的に2016年ベスト3に入る『ディストラクション・ベイビーズ』の脚本も真利子監督と共同で手掛けていたなんて!
ちなみに真利子監督はももクロちゃんが出演している映画『NINIFUNI』の監督ですね。
ももクロがつなぐ凄まじいご縁。


そういうこともあり、『バカシティ』を観劇するのは大変楽しみでした。
友人と渋谷で待ち合わせをし、「出演者の友人ということで差し入れとか買っていくべきではないか」などと気付き、きゃーきゃーテンションが上がりながら「岡山さんだから岡山県産のぶどうでいいのではないでしょうか。僕られにちゃん推しだから紫のぶどうで合ってるし」と、何が合ってるのかわかりませんが、高級感漂うぶどうにしました。これならみなさんでパクつけるでしょうし。

そして会場であるアゴラ劇場に行ったのですが、ここって『幕が上がる』で高橋さおりらの先輩が公演を行った場所ではありませんか!
友人は知っていましたが僕は無知なまま生きているので途端にテンションが上がりました。
ここにももクロちゃんや黒木華さんや伊藤沙莉ちゃんや吉岡里帆ちゃんや芳根京子ちゃんが!?
オリザ人形が運ばれたり!!
しかも『バカシティ』を観劇に相楽樹さん(『とと姉ちゃん』の次女役でお馴染み)もここに来てたの!?
アゴラ劇場すごい!!

そしたらテンションが上がり終わりまして、開演まで2時間ぐらいをどうするかという話になり、食事するところを探して歩いていたら渋谷にたどり着きました。そしてご飯食べたら眠くなりました。
「観劇中に寝てしまったらどうしよう」という恐怖に怯えながら会場へ。アゴラ劇場の中はとても狭く、舞台まで手を伸ばせば届きそうな距離です。


『バカシティ たそがれ編』が終わり友人と一番最初に交わした会話が「岡山さん主役じゃん!」でした。
主役への差し入れに「岡山県産の紫のぶどう」という笑えないものを選び、こんな僕らが一番バカじゃないか、という落ちがついたのでした。
観劇後に劇団員さんと交流会があり、岡山さんに「主役だったら最初から言っておいてくださいよ!」と怒りました。
しかも喜安さんや『幕が上がる』のプロデューサーさんらしき方もいらっしゃって、岡山さんのおかげでご挨拶できました。
「バカシティ面白かったです!ももクロちゃんも大好きです!」とこれまたバカみたいな感想でした。


ということで前置きが長くなりましたが、以下『バカシティ たそがれ編』の感想です。
公演のDVDも発売されるかと思いますので、ネタバレを避けたい方は以下読まない方が良いです。
ちなみに相楽樹さんが客演しているのは『1995』というタイトルらしいですよ。




● 『バカシティ たそがれ編』が持つ批評性

落語がモチーフとなっているタイムパラドックスもので、物語の整合性を確かめる暇も無く笑いで圧倒された。
あらすじを言うと、地下アイドルに入れ込む3人の男がいる。そのアイドルからメールで結婚を約束されるのだが、3人とも受け取っていた。その中の1人松本は過去の時間をいじる事でアイドルを独り占めしようとするが、時間警察に追われる身となり、歴史の改変が繰り返されることで物語はあらぬ方向へと進んでいく。

他の公演はもっと静からしいが、初めて見るのが『バカシティ たそがれ編』で良かった。
松本さん役(松本哲也)が素人目に見ても上手なのがわかる。自然体にしか見えないんだけどしっかりおもしろい。もちろん脚本もあるんだろうけど、岡山さんに聞いたらセリフを変えたりもしたそうなので、すごい人なのだろう。
しかも最初のシーンは「これは時間が繰り返されているんだ」と気付くための重要な場面なので、ここに印象的なフレーズを置いておくのはとても効果的だった。
(岡山さんがスマホを使ってるだけでどうかと思ってる、平べったい石でいいじゃん、というようなセリフ。笑えて、かつ、2回目3回目の時に時間が戻ったんだとちゃんとわかる大切な場面)

中盤の時間停止の畳み掛けはくだらなくて最高に笑えました。
「タイムストップ」
「タイムストップストップ」
「タイムストッププレミアムエディション」
など、まさにバカバカしい展開に。

社員旅行のシーンでは劇作家の平田オリザさんが演出する「同時多発会話」が起こるが、すぐに「うるせえな!」と消される。
「本物」と「本物っぽい演劇」と「おもしろい演劇」の区別がなされている気がした。
演劇がより本物に近づくことが良しとされるとしたら、そこにはいわゆる「ドキュメンタリーの壁」と同じ問題が発生してしまう。
つまり「カメラがあるじゃん」ということだ。演劇の場合は「観客がいるじゃん」ということ。

一方で、日常を食い破るほどの凄まじい作品というのは、本物っぽいかどうかなんて瑣末な問題だ。
『ディストラクション・ベイビーズ』を例にすると、主人公を柳楽優弥が演じていて、セリフはほとんど無くケンカしまくる役だ。こんな奴とは普通に生きていて出会えるはずも無く、本物っぽいかどうか判別できない。
でも、凄い。
この映画を見る前と後では日常の景色が違う。
ちょうど『アオイホノオ』の再放送が放映されていた時期でもあり、柳楽優弥のすごさも感じた。

「本物」と「本物っぽい演技」と「凄い演技」というのは全部違うということ。
日常生活で俳優と観客を意識することもなければ、どれだけ本物っぽい演技をしたところで観客は見ているものを演劇と意識せざるを得ない。
どれが一番か二番か、という問題ではなく、それぞれすべて別のもの、ということだ。
その意味で『バカシティ たそがれ編』で「同時多発会話」を否定したのは区別化を宣言したように感じた。


これにつながる問題で、観客は何を見て、何を意識からはずそうとするか、というものがあり、『バカシティ たそがれ編』では大いに唸った。

時を止められ動けなくなった人の顔に水しぶきを掛けると動けるようになる、という設定が明かされる。
人はどんなに我慢してても顔に水しぶきが掛かると思わずまばたきしてしまう、という馬鹿げた理由なのだが、ここが物語の伏線になっている。

劇中、岡山さんは全身汗だくになっている。だが観客は汗だくになっている岡山さんを見て笑わない。なぜなら意識を外すからだ。
日常生活で全身汗だくになって会話してる人は見かけない。岡山さんはあくまで演劇中で動いているから汗だくなのであって、物語の中では汗だくではない、と観劇中は「汗」を意識から外そうとする。

そこへ来て、岡山さんにタイムストップが効かないのは顔が汗で常に濡れているからだ、と明かされるのだ。
今まで見ないようにしていたものが突然目の前に現れる衝撃。
観客全員が「やっぱ汗すごかったよね!」と意識がひとつになり大爆笑に包まれる。

ここも現代演劇への批評のように感じた。
「本物っぽい演技」をしても生理現象までは止められない。
聞いた話では岡山さんは汗を大量にかくために裏で水を飲みまくってたそうですが。


● 「おかしみ」ってなんだろう

「知り合いが出てるから」くらいの軽い気持ちで見に行った演劇でしたが、主役だったし内容も面白かったので観劇できて良かったです。
出演してる女優さんもかわいかったです。

地下アイドルが好きというのは絶対岡山さんをモデルにして作られた脚本だろう、と思った。
地下アイドル役の二見香帆さんは絵恋ちゃんの動画などを見て研究したそうです。

あとバイトの先輩に扮した時間警察役の鳴海由莉さんの「キングダム読んでっから」というセリフで笑いました。ちょうど『キングダム』を最新刊まで読み終えたばかりだったので。


ただタイトルがいまだに謎です。
もっと落語っぽいわかりやすいタイトルでも良かった気がするし、馬鹿な人が登場するわけでもありませんでしたし。

ブルドッキングヘッドロックは「おかしみ」を標榜しているとインタビューに載っていました。
それは「バカ」とは違う気がしました。
メタ的に現代演劇を批評することでも無いでしょう。
むしろ「シティ」という語感にまとわりついているおしゃれさの方に近いのかも知れません。
悲哀さというか、笑うしかない状況というか、そう言ったものが「おかしみ」なのかも知れません。


スポンサーサイト

『魔銃ドナークロニクル』が倫理観を揺さぶる 

舞台『魔銃ドナークロニクル』初日を観劇してきました。

吸血鬼がテーマということを知り期待が高まる。
というのもモー娘。とスマイレージの舞台『LILIUM 少女純潔歌劇』が大好きで、こちらも吸血鬼のお話。
「リリウム」とはおそらく「リリス」と「サナトリウム」の造語。

では『魔銃ドナークロニクル』とは何かと言うと、人を不老不死の吸血鬼にしてしまうバイツを倒すための道具「魔銃」とその魔銃を使える適合者「ドナー」の物語ということ。
そして「クロニクル(年代記)という言葉が観劇後大きな意味を持つ。


魔銃に充填するのは呪われた血液とされるもので、そのマイノリティな血液型を持つ者は常に全身に痛みが走る奇病に蝕まれている。この血液がバイツにとって猛毒という設定だ。
妹のために戦う浅倉神酒と、才能を持つ者をバイツにする御船彼岸子の壮絶な血の戦争が始まる、かと思いきや物語はここから二転三転していく。

ネタバレをしないために多くは語らないが藤子不二雄『流血鬼』という漫画がとても参考になるだろう。
この漫画は、通常は忌み嫌われる吸血鬼だが、実際に噛まれ吸血鬼になると人間だった時よりも夜の美しい輝きを浴びることができ、吸血鬼同士幸福に人生を過ごすことができると描かれる。吸血鬼を殺そうとする人間こそが「流血鬼」という名の殺戮者だ、という指摘が込められているのだ。

100年生きない人と、1000年以上も生きる吸血鬼とではそもそも倫理観が違う。
人は人としての、吸血鬼は吸血鬼としての倫理観に沿って生きている。
『魔銃ドナークロニクル』でもバイツは理想に生き、ドナーは現実に生きる。
観客は人側の倫理観しか持ち合わせていないため、苦痛を抱えるドナーに感情移入せざるを得ない。
だが御船彼岸子の愛くるしいキャラクターと最後に明かされる真実により倫理観が揺らぐだろう。

この物語はいつから始まりいつまで続くのかわからない。だからクロニクルなのだ。



以下はネタバレ込みの「こうしてくれたら大好きだった案」です。
単純に僕の好きな展開、というだけです。



1、浅倉姉妹二人で血液充填すれば熱かった
姉の血液量が限界となったところで妹が血を差し出しましたが、ここは妹も出血多量で限界という展開にし、一発の弾丸に姉妹で半分ずつ出し合って魔銃に充填した、という流れにするとかなり高まります。

2、御船との約束はバイツになることだった
終盤で御船と浅倉姉がある約束をするのですが(観客にはこの時何を約束したかわからない)、バイツとなって千年王国に入れ、という約束だったらもっと深くなった気がする。
妹を救うために人を捨てバイツになる姉。妹は病気が治るが姉を失う。姉は妹が助かるが自身の生きる糧を失う。
そうして妹の血を飲んで死ぬとかドナーだった時の自分の魔銃で自殺するとかいろいろおもしろい(というか根暗?)な展開になってかなり高まります。

3、御船とハイネの関係性をもっと強烈に
ラストで御船の想いがわかるわけですけど、ここはとても素敵なのでもっとわかりやすくというかインパクトを強く描いて欲しかった気がします。
貴族種ハイネととバイツ御船の関係をもっと描かれていたらより感動的だったかなぁ、と。


ということでいろいろ書きましたけど単純におもしろかったです。
みなさんかわいいということもあってかなり引き込まれました。
マイクを使っていないので聞き取りにくい部分もありましたけど、120分があっという間で、チケット代が高いと感じませんでした。
お怪我や風邪などに注意して最後まで乗り切っていただきたいです。

ドラマ版『時をかける少女』が少年を大人にする(はず) 


ドラマ版『時をかける少女』が全5話終了しました。
原作というよりはアニメ映画版の『時をかける少女』をモチーフに作られており、アニメ映画版が大好きな僕はずっと楽しみにしていました。
何より主人公の未羽役黒島結菜ちゃんはかわいいし、親友の吾朗役竹内涼真君は『仮面ライダードライブ』でずっと見ていたので好感が持てました。

以下、アニメ映画版と今回のドラマ版のネタバレを含む内容になっています。
なぜアニメ映画版は傑作だったのにドラマ版は残念な結果になってしまったのか。




■ 催眠術は必要だったのか

アニメ版との大きな違いは未来人が催眠術を使えるという点です。
ピラミッド型のアイテムを宙に投げるとその場の人たちは記憶を改ざんされてしまうのです。
個人的にはこのアイテムがこのドラマをダメにしたのではないかと思っています。
記憶の改ざんと歴史の改ざん。
未羽は翔平に記憶を改ざんされたまま歴史を改ざんし続けるわけです。

他にも、アニメ版はタイムリープの使用回数に制限がありましたが、ドラマ版は特に制約は無さそうでした。
ドラマ版第5話では、7年前という長い時間を戻ったせいなのか、その後タイムリープができなくなっていました。


アニメ版では未来人は転校生ということでクラスに入ります。
ドラマ版は手続きが面倒だったのかクラスに以前から居たように催眠術をかけ、忍び込んだ家の未亡人に息子であるかのように記憶を操作しました。


催眠術が万能なのでタイムリープのありがたみが薄れました。
歴史を改ざんするよりも記憶を改ざんする方が楽でリスクが少ないので、感動的な場面でも「催眠術使えばいいじゃん」となってしまいます。
タイムリープの唯一性、危険性、せつなさ、というものが削がれた気がします。


■ ドラマ版のタイムパラドクス

アニメ版では、タイムリープした主人公はその時間軸の自分になります。
つまりどの場所からタイムリープしても、その当時立っていた場所からスタートするわけです。
どういうことかと言うと、タイムリープした先に自分と同じ人物は存在しない、ということです。

例えば『ドラえもん』はタイムマシンを使うと昔ののび太を未来ののび太が目撃する、ということがあります。
アニメ版『時をかける少女』はこれとは違う、ということです。

ドラマ版の場合は好きな場所に飛ぶことが出来、しかも7年前にタイムリープしても未羽は高校生の姿のままでしたから、きっとその時は小学生の未羽も同時に存在していたことになります。
つまり、未羽がタイムリープすると、通常進行の未羽と未来から来た未羽が同じ時間軸に存在していることになります。

この問題は特に意識されてませんでしたが、実際は自分が居た場所を避けて過去にタイムリープすべきであり、もし二人も未羽が居たら大混乱となっていたことでしょう。
未羽のことなので、そうなったらまた過去に戻れば良いと思っているのでしょうが。


■ せつなさが損なわれる

ドラマ版はもっと良くなったはずなのに、どうしてこんな結末になってしまったのでしょう。
せつなさがまったく足りません。

アニメ版では未来人からの告白をタイムリープで何度も無かったことにします。
未来人を未来に戻す時になって主人公は好きだったんだと気付き、でももう一生会えないことを悟り、ありえたはずの初恋を自ら捨て去ってきたことを後悔し大泣きします。

一方ドラマ版では未羽は、吾朗ちゃんからの告白を何度も消し去り、幼少時の記憶を改ざんした翔平を好きになります。
そして数年で死んでしまう未来人翔平を未来に戻すため、タイムリープを獲得した時に戻ります。
そのまま実験器具を壊さなければ翔平は何も知らず未来に戻れました。
ですが未羽は自分が経験してきた思い出の写真アルバムを決して経験できるはずがない翔平に託すのです。
これから付き合うことになって、初めてキスもされて、と細かく説明もしました。
何もしていない翔平に責任感を負わせ、自分だけは「初恋を捨てて好きな人の命を守った」とヒロイックに打ちひしがれる。
アニメ版の主人公真琴と比べなんと無粋な少女なのでしょう。
黒島結菜ちゃんがこんな無粋な少女を演じていたのが不憫です。

吾朗ちゃんは歴史通りだと夏祭りの日に未羽に告白するのでしょう。
でも未羽は翔平のことを想っているので告白を断るのでしょう。もしかしたら夏祭りにすら一緒に行かないかも知れません。
幼少期の未羽の髪を切るはさみにすら嫉妬し、何年も想い続けてきた少年は、存在すらしない(しかも未羽の幼少期の記憶を改ざんし好きにならせるような)翔平により初恋が実らず終わってしまうのです。

なんとせつない物語なのでしょうか。
第5話では吾朗ちゃんはほとんど登場しません。
タイムリープ仲間なのに、未羽は吾朗ちゃんに相談すらしません。

時をかける少女は自分勝手な少女でしたが、時をかける少女に振り回される少年はとてもせつなかったです。

世界はLEGOのように優しい 映画『ルーム』に描かれる親子の「日常」の差異に世界の調べを聴く 



映画『ルーム』を見た。映画『ルーム』公式サイト
気付くと涙がこぼれていた。
誘拐された女性が監禁部屋で子供を産み、その子が部屋を脱出するストーリーだという予備知識だけで鑑賞したのが良かった。
その後の展開を知っていたらここまでの衝撃と感動は得られなかっただろう。

これからの文章はネタバレを含むので、未見の方はぜひご鑑賞後にお読みいただきたい。



● ママの非日常とジャックの日常

7年前に誘拐監禁された少女ジョイ・ニューサム。誘拐犯の子を産みジャックと名付けられたその子は5才の誕生日を迎えた。
5年間監禁部屋の中だけで生きてきたジャックは母親ジョイと自分だけが本物で、テレビの中の出来事は偽物だと教えられてきた。
幸福に暮らしていたジャックは母親の異変に気付く。
実は母親は少女時代に誘拐され監禁されているのだと、外は宇宙ではなく世界が広がっているのだと説く。
信用せず今の幸福な日常を壊されたくない少年は、母親の気迫に身を固くし、死体のフリをして男を騙す作戦を実行する。


ジョイにはハイスクールまでのキラキラした日常があり、7年間は地獄のような非日常だった。
ジャックは監禁部屋の5年間こそがママとのキラキラした日常であり、怖いママが言う嘘のような外の世界は恐ろしい非日常でしかない。
ジョイは日常を取り戻そうとし、ジャックは日常に居続けようとする。

ジャックに仮病を演じさせ病院にいる誰かに助けを求めるメモを渡すよう準備するが、誘拐犯はジャックを外に出そうとしなかった。そこでジョイはせめて息子だけでも外に出そうと、息子に死体のフリをして途中で逃げ出すよう教える。
息子が生きていることがバレてしまえばジャックもジョイもタダでは済まないだろう。それでも母親は我が子に外の世界の素晴らしさを教えたかったのだ。

もし誘拐犯の車がトラックで無く他の車に買い替えていたら。もし誘拐犯が町中を運転していなかったら。そもそももし監禁部屋のすぐ近くにジャックを埋めようとしていたら。
様々な幸運が重なりジャックはトラックから逃げ出し、優秀な警官のおかげでジョイも無事保護された。


ジョイは輝かしい日常を取り戻し、ジャックは見るものすべてが恐怖の非日常を過ごすことになる。
ジャックにとって外の世界を生きるママは別人のようだった。でもママしか本物の人間はいないから頼るしかない。

誘拐されていた7年間はとても取り返せるようなものではなかった。
ジョイの両親はおそらく誘拐事件をきっかけに離婚していた。
ハイスクール時代の写真を見て、仲良しの友達ではなくなぜ自分こそが誘拐されたのかと絶望が蘇る。
温かい母親(ジャックの祖母)に育てられた心優しき少女ジョイは誘拐犯の「犬を助けて欲しい」という嘘に騙されて7年間地獄に落ちた。
世間はジョイとジャックの保護を祝福したが、ジャーナリストは「なぜ子供を監禁部屋で育てたのか。誘拐犯に頼んで施設で育ててもらった方がジャックにとって幸せだったのではないか」と突きつけてくる。

そう、この世界はキラキラとした日常なんかじゃない。過酷で腐りきった日常でしかない。

残酷な日常に打ちひしがれジョイは自殺未遂をする。
母親とはなればなれになったジャックは次第にこの世界を受け入れ始める。
優しいおばあちゃんとおばあちゃんの彼氏。その彼氏が連れてきた犬。近所に済む友達。
おばあちゃんに「大好きだよ」と告げるシーンはとても感動的だ。
入院中の母親に「パワーが宿ってる」と教えられた髪の毛を贈るジャック。
そのおかげで母親はかつての優しさを取り戻した。
ジャックの乳離れのシーンもとても感動的だった。


ジャックは5才になり、2つのおもちゃで遊んだ。
1つは誘拐犯にもらったラジコンカー。もう1つは親子の保護を知り寄付されたLEGO。
ラジコンカーはジャックに壊されその後遊ばれなくなった。
LEGOは最初遊ぶことを拒否したが、その後家を作ったりバラバラにして遊んだ。

共に日常を壊されたジョイとジャックはお互いを想い合うことで新しい日常を獲得した。
この世界は残酷だ。想像を絶するほどの悪意に満ち満ちている。そしてこの世界は優しい。あふれるほどの温かさで包まれている。
この世で最も忌むべき誘拐犯は少女を地獄へと突き落としたが、そこで産まれたジャックは3度も母親を救った。
監禁部屋から助け、自殺未遂の自死念慮を取り払い、そして監禁部屋に直接お別れを言いに行く。
ジョイはジャックに救われるたびにこの世界の豊潤さに癒されていく。

日常はあっけなくボロボロと壊される。でもまた作り直すことができる。
世界はLEGOのように優しい。


映画『クロスロード』が描く青年海外協力隊は人を動機付けるか 


青年海外協力隊を描いた映画『クロスロード』を鑑賞しました。
公式サイト

アローディアちゃんがかわい過ぎて内容が頭に入りにくいという事態になりましたが、以下ネタバレを含む感想のため了承の上お進みください。




カメラマン助手の沢田とボランティア精神あふれる羽村。
考えるよりもまず行動に移す沢田は派遣先でもすぐに溶け込むが、実直な羽村は自分を出せずにうまく溶け込めない。
一方沢田は自分の成すべきことを黙々とやり遂げていく羽村に対して負い目を感じていた。

フィリピンでの2年間を「何も得られなかった」と語る沢田。岩手でも青年海外協力隊の時のようにボランティア精神あふれる活動を続ける羽村。
負い目を感じ続ける沢田は羽村に憧れるが、羽村も沢田の行動力に憧れており、岩手で沢田的に振る舞うことで今でも活動を続けられているのだ、と感謝を述べる。

そのことで嫌なことがあったフィリピンに再び訪れる決意をする沢田はそこで自分の活動の意味を実感する。


タイトルにあるクロスロードとは正反対の沢田と羽村が理解し合えたことを指しているのでしょう。
交わることで今までは見えなかった景色も見えるようになる。


物語の構造はとてもわかりやすいです。
二人の性格の異なる男がいて、お互いを意識することで成長する。

沢田は観光課の手伝いをするためにカメラマンとして協力するが、フィリピンの過酷な生活環境を目の当たりにし、この環境を変えたいとシャッターを切りまくる。

羽村はどじょうの養殖を伝え、それなりに成果が出るが、数年経った現在は施設の維持費など別の問題が浮上していると語る。

支持された活動に歯向い自分の思うがままに行動した沢田は環境を変えることができ、実直な羽村は環境を変えても問題をも生み出してしまう。
だからこそ羽村は沢田に憧れ続ける。

そう。人は利他的な行動をする者に惹かれる。
命を助けた子に別れの日カメラを盗まれた沢田はそのカメラを子供にあげてしまう。おそらく2年間の画像データが詰まっていたであろうデジタル一眼を恩知らずな子供にあげてしまうという利他的な行動は、その子がジャーナリズムを継承するということにつながる。
その子の写真が評価され、劣悪な環境が改善されていく。

当初の沢田の写真で環境を変える、ということにはならなかったが、沢田の行動がゆくゆくは環境を変えた。

ボランティアとは利他的であること。
利他的な行動が環境を変える。


■ 『クロスロード』の物足りなさ

この映画は青年海外協力隊の表層を描いているように感じました。
実際に協力隊に参加し、現在も海外支援している友人に聞くと同じ印象を持ったそうです。

理由は2点あります。
1点は「さらに劣悪で残酷な環境があるだろう」と感じさせるゆるやかさ。
もう1点は「沢田が他者に影響を与えるほどの男に描かれていない」というゆるやかさです。


この映画を見ていて、目を覆いたくなるようなシーンは皆無でした。匂い立つような場面もありません。
ですので少年がカメラを盗む行為も、ただ少年が悪者であるかのように映ってしまいます。
子供が売られたり臓器売買のために殺されたり、物を奪わずには生きていけないような環境が描かれていたら、少年がカメラを盗むのは必然だと納得できます。劣悪な環境であれば誰でもカメラを盗まざるを得ない、という納得ができるのです。

命を助け、姉と共に仲良しになり、カメラの撮り方を教えるくらい親密になるのにカメラを盗まれる。
劣悪さが描かれていないと、カメラ好きになった少年が盗んだ、となります。
劣悪さが描かれると、親密でもカメラを盗まざるを得なくさせる環境こそが狂ってる、となります。

単純に少年を矯正すればいいということではなく、環境から変えなければならない、と観客に感じさせるには、より劣悪さを描くべきでした。


2点目です。
沢田は初対面でも誰にでも好かれるような懐の深さと行動力、自分が撮った写真で環境を変えたいという熱い想いがあります。
ですが観客にとってすべて理解可能な行動に思えます。
そのような立場なら自分も同じように行動できそう、と感じさせます。

理解不能な利他性により人は動きます。
カメラを盗んだ罪悪感を抱えながらカメラマンとなった少年。「一枚の写真で世界を変える」という想いを引き継いだということが描かれています。
このあたりの理由付けが弱く感じました。
フィリピンの劣悪な環境を変えるためになぜか必死に行動する沢田が描かれていたら良かったと思います。
それを見た少年は「なぜこの日本人は関係無い国のために必死になるんだろう」と理解不能な利他性に打ちのめされることでしょう。
盗んでしまったカメラで罪悪感を抱きつつもあの日の沢田のようにカメラを撮り続ける青年へと成長するのがきれいに描かれたはずです。


青年海外協力隊というのはこんな活動をしていますよ、という広報的な映画としては正しい作りだと思います。
ただ、青年海外協力隊に参加せざるを得なくさせるような映画では無かったかと思います。

映画『バクマン。』の岡田斗司夫解説の不評と「おたく」の終わり 


映画『バクマン。』を見ましたがあまりしっくりきませんでした。
岡田斗司夫さんの感想を拝見して似た印象を持ちました。
以下映画と原作のネタバレを含むのでご了承の上お進みください。




33分頃から『バクマン。』の感想です。


この動画を見て「おたく」という時代が終わったんだな、と思いました。
「おたく」が知識重視、「オタク」がコミュニケーション重視で使い分けるとしたら、36歳の僕は丁度中間に位置する世代だと思っています。
「おたく」の物凄い知識量に打ちのめされ、自分はおたくなんかになれない、と断念した世代でもあり、広いサブカル知識でいろんな人とコミュニケーションを取り出した世代でもあると思います。
(今は好きであればヲタクと名乗れる時代です)


岡田斗司夫さんの『バクマン。』評に対する世間の反応(と言ってもツイッターの誰かの反応やリツイート、ふぁぼ数から類推した程度ですが)を見ると、
岡田斗司夫が終わってるんじゃなく「おたく」という思想がもはや終わってるんだな、と感じます。

「おたく」だったら先ほどの動画の『バクマン。』にまつわる話は大変楽しめたのではないでしょうか。
僕もおもしろいと感じました。

でも世間の反応は、映画がヒットしている、みんなもおもしろいと言っている、漫画家も漫画愛を受け取っている、それなのに批判的な岡田斗司夫は感性が古い、というようなニュアンスです。
興行映画をおもしろおかしくいじり倒す「おたく的楽しみ方」は嫌がられ、「おもしろいよねー、だよねー」という「オタク的コミュニケーション」が当然とされているようです。


僕も映画『バクマン。』を見てリアリティが失われていると感じました。もちろんリアリティがあるから良いと言いたいわけではありませんが、原作にあったものが損なわれ、映画的な演出が過剰になっていると感じます。
岡田斗司夫さんはその損なわれた部分をあえて強調し批判したのだと思います。
僕も映画的な過剰演出は評価したいと思います。まず見ていて一度も眠いと感じませんでした。目が離せなかったのです。

主人公二人の愛くるしさや、原作と実写のヒロインの違和感。アイテムの小ネタなど。
地味な作画シーンもペン音から音楽が生まれ、コマが踊りだすところなどもおもしろいと感じましたし、エイジと二人がペンでバトルするところもおもしろかったです。
でもそれは漫画ではないでしょう。
作画をジャンプ的バトルシーンとして演出するなら、エイジはCROW的な装飾をし、二人は原作の最後の作品REVERSIで対抗すべきだったのではないでしょうか。
『この世は金と知恵』で1位を獲っちゃダメなんですよ。原作が好きならば。
あとサイコーもシュージンもペンで戦ってましたけど、シュージンはパソコンでタイピングし、出現したアイデアをサイコーがペンで打ってエイジにぶつける、とかの方が原作と作画のコンビ、というのがわかりやすかったと思います。
シュージンは絵が下手なのにサイコーのアシスタントばっかりしてて、いまいち原作者のすごさ、みたいのが伝わってきませんでした。


あと小松菜奈ちゃんですけど、どうしても『渇き。』の悪魔的美少女の印象が強すぎて、『バクマン。』のヒロインからは程遠いな、という感じです。顔は好きなんですけどね。
細かいことを言うと、声優の活動ができないから高校をやめたとありましたが、サイコーもシュージンも本名でジャンプに連載していて学校は止めなかったんですかね。入院までするし。


ジャンプ連載で1位を獲ることが総理大臣になることよりも難しい、という感じがなく、友情・努力・勝利の構図で獲れるという映画の展開がしっくりきませんでした。
誰が見ても楽しめる映画としては大成功だったのでしょうけど、時代遅れの「おたく」的感性で見ると物足りなかったです。


ただエンディングから溢れ出してくる漫画愛は凄まじかったです!




今、『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』を見なければならない 


誰にでも決して譲れないものがある。それを失ったら自分が自分で無くなってしまうというものが誰にでも存在する。
それは尊厳と呼ばれるもので、今この瞬間、我々は尊厳の危機にさらされ続けている。

安保法案という耳心地のいい単語だけど実際は憲法を踏みにじるような法案だったり、国会の存在意義を崩壊させるような強行採決だったり。あるいは児童ポルノ法という名で、被害者の児童がいないにも関わらずイラスト表現を規制しようとしたり。
日々尊厳喪失の危機にさらされまくっていて、もはや一人がすべてを把握することなど不可能な状況だ。そしてきっとこれらは国民をバカだと思ってる偉い奴らが波状攻撃を仕掛けてる。
その「頭が良い偉い奴ら」は特定の人たちではなく、おそらく「多数派の意見」や「思い込みの善意」や「私利私欲」や「見栄」や「他国への配慮」などなどが絶妙で極悪なバランスでぐちゃぐちゃに混ざり合った何かだ。
だから何かを批判したり攻撃したりしたところで、言ったその人がすっきりするだけで終わってしまい、結局またあらたにぐちゃぐちゃとブレンドされてもっと取り返しのつかない厄介な何かに変貌を遂げていく。

前置きが長くなったけど、僕にとって尊厳とは「おもしろいこと」であり、「お笑い表現」が封殺されたらもう終わりだと思っている。だからこそみんなで『内村さまぁ~ず エンジェル』を見ようぜ!と大きな声で言いたい。早い話が。


内村さまぁ~ずTHE MOVIE エンジェル公式サイト


■ 内さまとゴッドタン

映画『内村さまぁ~ず』は、現在配信中・テレビ放映中の『内村さまぁ~ず』とは関係無い。だから番組のファンじゃなくても100%楽しめる。関わっている人たちが『内村さまぁ~ず』スタッフ多めというぐらい。それと物語中に登場するちょい役の芸人達はかつてこの番組に登場したことがある人たちがほとんどだが、だからと言ってその役と番組ゲスト回の関連があったわけではないので、「内さま」を見たことがなくても楽しめる。

バラエティ番組の名前で映画になることも珍しいし、その映画がバラエティとまったく関係無い物語であるということもおかしい。
ただ『内村さまぁ~ず』という言葉がそこにあるだけで素晴らしいと思わずにいられない。

『内村プロデュース』の後発番組として位置づけられていると思うが、「内P」は毎週革新的なことを披露して熱狂的なファンを多く生み出したのに対し、「内さま」は毎回ゲストMCが代わり企画も様々あるが、基本はウッチャンとさまぁ~ずのトリオがそこにいる、というスタイルでファンを増やしている。

またよしもと芸人が出られないということも大きいのではないかと思う。バラエティ番組を見ればよしもと所属芸人が毎日のように登場し、非よしもと芸人のみというのはあまり無い。
これに近いものでテレビ東京の『ゴッドタン』がある。こちらもよしもと芸人があまり出ず、10年近く続いており、しかも番組のコーナー名がつけられた映画が2本も作られている。

バラエティ番組は僕にとってとても大事なものだ。
小学六年の時にはウッチャンナンチャンの『SHA.LA.LA』やダウンタウンの『ガキの使いやあらへんで』を見まくっていたから、24年ぐらいお笑い好きだ。

今のバラエティ番組は昔の「ヤバさ」が一切無くなってしまった。すでにお笑い表現は規制されまくっているのだ。
これ以上お笑いが侵害されては困る。「いやいや、これ以上は規制されないでしょ。ゴッドタンはまだしも内さまに限って規制されるようなことはないでしょ」などとおっしゃる方もいるでしょう。
でもたばこ税や酒税を見てください。いくらでも税金が上がっていきます。特にたばこは嫌いな人も多いせいか歯止めが利かない有様です。
誰かに嫌われるだけで虐げられてしまうような社会になってしまったのです。


■ 表現を守る戦い

『ポルノグラフィ防衛論』という著書でフェミニストに、ポルノ嫌いの法学者ナディーン・ストロッセンの、表現の自由を守るためにポルノ表現を守るという決意が記されています。
つまり自分の好き嫌いとは別の場所に表現の自由を守る意義があるのです。
自分が嫌いだから無視したり否定したりすることがゆくゆくは表現の自由(つまり尊厳)が奪われてしまうことになるのです。

ここで僕は提唱したい。
「表現を守る戦い」から「表現を見守る笑い」へ、と。

『内村さまぁ~ず』は危険な表現やヤバい表現などありません。(ただ、三村さんが下ネタを言うのでこれに嫌悪した人が規制を訴える可能性もありえますが)
ですが、批判派がいなくても賛成派が少なければ終わってしまいます。
視聴率ではもはやおもしろさなど測れません。みんなで見て、みんなでおもしろいと口々に言い続けるしかないのです。

行動しないせいで自分たちの手でお笑い表現を無くしてしまう。こんな愚かなことはあるでしょうか。
ただこの映画を見て、笑って、見守っているだけで、素晴らしいお笑い表現は生き残っていくと思います。

民意とは行動によって表現されます。何もしなければ失敗とみなされて終わりなのです。
自分たちの好きなものを自分たちの行動をきっかけにしてみんなで守っていく。
『内村さまぁ~ず THE MOVIE』は今見なければならない映画です。
わざわざ映画館に行き、チケット代を払って、85分間暗闇の中で静かにする(実際は笑わずにいられませんが)。
めんどくさいことを乗り越えて獲得しなければならないもの。それが尊厳なのです。

同じ過ちを繰り返してはいけません。
自分たちの尊厳は自分たちの行動で民意を表明し、守り抜く。
「内さま」を見てるだけで幸福な社会に近づけるのですから儲けものです。
最寄りの「内さま」上映劇場を調べ、スケジュールを組みましょう。
まずはそこからです。


『コングレス未来学会議』が突きつける地獄 

先日『コングレス未来学会議』という映画を見ました。
以下ネタバレを含むあらすじです。


落ち目のハリウッド女優ロビン・ライトが自身をデータとしてハリウッドに売ることで、映像として永遠に若いまま映画女優となり、本人は表舞台から去る。
当初はハリウッド側のこの提案にプライドが許さなかったが、視力と聴力を失う難病の息子の医療費のためにデータを売り女優をやめることにしました。

本人は年老いていくのに映画女優としての彼女はデータのまま永遠に美しく、様々なアクションなどもこなし世界で一番有名なハリウッド女優となりました。

映像の中で永遠に生きるハリウッド女優。その後女優の名が付けられたクスリが開発されました。そのクスリを飲めば自分の望む姿になれるのです。ただし脳内でのみ。
誰でもハリウッド女優になれるし、鳥になって飛ぶこともできる。さらにはこの世のものとは思えないほどの極彩色を放って輝き続けることも可能です。

現実を捨て夢の世界で生きるクスリを快く思わないロビン・ライトは、暴動に巻き込まれ長い眠りにつきます。
ロビン・ライトが目覚めるとみんなクスリを服用して極楽のような社会を生きていました。
置いてきた息子が心配になり現実の社会に戻ろうとするロビン・ライト。その現実は極楽とは正反対の、灰色をした生き地獄のような社会でした。
そこで息子を探しますが見つからず、主治医の先生からは「ロビンがいつまで経っても帰ってこないのでクスリを飲んで旅立ってしまった」と告げられます。
息子を追うために自らもクスリを飲み自分ではないものになるロビン。ロビンは自身の息子として再び生まれることで足跡を追おうとしたのでした。

ロビンの子供としてこの世に生まれ、ロビンに抱かれ、ロビンにほほえまれ、難病が発覚する。様々なことを追体験します。そして難病が発症しない身体として大人になるまで生き続け、やがてロビンと出会いこの映画は終わります。



■ この社会は地獄なのか極楽なのか

『コングレス未来学会議』は、「自身の体感を捨てても名声が得られるのはいいことなのか」と、「クスリを飲むことで自己を失い強烈な快楽を得ることはいいことなのか」という二つの大きな問いを見る者にぶつけてきます。
その回答次第では、最後の「息子となることで息子と出会えた奇跡」という結末の印象が大きく変わります。

女優としてのデータを売ることで女優を辞めさせられたロビンは、一番の人気女優になりました。ですがそれは本人の実力ではなくあくまで映像の中にあるデータが人気なだけです。
だからロビンは後悔を抱いています。

ですがロビンは息子と会えないとわかるとクスリを飲んでしまう。
実際のところクスリを飲んでしまったロビンは永遠に息子と会えない。なぜなら姿かたちがまるっきり変わってしまうからです。
だからラストの彼女は、息子を探すためにクスリを飲んだのではなく、ありえた未来を夢見るためにあえて現実を捨てたのです。

でもこれはクスリを飲んでいない我々だからこそ言える意見であり、ロビン自身はクスリを飲んだことで「他ではありえないこの現実」を生き、息子と会えたのです。


この社会は地獄です。さまざまなニュースを読めば嫌でもそれがわかるでしょう。
でもだからと言って生きるに値しないわけではありません。
クスリを注入することで極楽にもなりえる。
そのクスリは、ある人はライブだったり、映画だったり、酒だったり、ドライブだったり、焚き火だったりするでしょう。
酷薄な生をそのまま生きていくには、この社会はあまりにも厳しすぎます。だから自分を変えていかなければならない。
自分を変えたくない場合はこの社会を変えるしかない。

自己を変えて地獄を極楽と思い込むか。社会を変え地獄を極楽に向かわせるか。
「未来学会議」とは今まさに我々が真っ先にしなければならないことなんだ。

『リアル鬼ごっこ』という詐欺 『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』が同時に公開される意義について 


園子温版『リアル鬼ごっこ』が大変不評のようです。
『新宿スワン』から始まり『ラブ&ピース』、『リアル鬼ごっこ』と同時期に3作も同監督の新作が公開された例を他に知りません。
9月には『映画版みんな!エスパーだよ!』も公開されます。
『ひそひそ星』という自主制作映画も上映中ということなので、2015年だけで5本も公開されることになります。

『新宿スワン』は漫画が原作で、かつ監督自身の色を出さないようにしたとパンフレットなどで語られています。
『ラブ&ピース』はオリジナル。監督のすべてをぶつけたと言われています。血が吹き出したり人が死んだりしないということで、監督自身は世間の「園子温イメージ」を意識して作ったのではないでしょうか。
『みんな!エスパーだよ!』は漫画原作のテレビドラマが劇場版化したもので、テレビ版を見ている限りではコメディ要素が強いと思われます。
『ひそひそ星』は7月26日(日)までということなので早く見に行かなければ。

ということで園子温好きの僕が『リアル鬼ごっこ』を見た感想を書きます。
園作品のネタバレを多く含むので未見の方は了承の上お進みください。


■ 『リアル鬼ごっこ』すら否定する園子温

原作の小説は全国の佐藤さんが殺されるという設定だそうです。
映画版公開前に『リアル鬼ごっこライジング』というショートムービーが配信されました。『リアル鬼ごっこ』のエピソード0にあたる短編3作です。
ですがいざふたを開けてみれば園子温版『リアル鬼ごっこ』とはまったく関係が無いことがわかります。
そもそも園子温版は原作の案すら何も活かしていません。
勝手な想像ですがおそらく園子温は原作を数ページ読んで床に叩きつけたんじゃないでしょうか。
「ライジング」の方では3作ともタイトルに「佐藤さん」と入っているので原作から派生させた短編であり、園子温版へとつなげようとしている意思というか、物語として破綻させないよう制作していることが伝わってきます。

園子温は何をやったかと言うと『リアル鬼ごっこ』というネームバリューだけを拝借して女子校生の惨殺シーンを撮影しまくっただけです。
あと女性のみんなが大好きな斎藤工を白ブリーフ一丁の姿にして「トリンドル玲奈(ミツコ)とセックスしたかっただけ」というキャラにしたかっただけ。

原作はもちろんのこと、こんな映画を見に来るような奴らをも突き放して馬鹿にし罵っているような、監督の情念ドロドロなB級作品がこの『リアル鬼ごっこ』です。
パンフレットを読むと、原作から「何かが何かに追われる、という設定だけを活かし」と書かれてあって、「それってもはやリアル鬼ごっこ関係無いじゃん」と問わずにいられません。

そもそも園子温版『リアル鬼ごっこ』はストーリーもよくわかりません。
ミツコ(トリンドル玲奈)、ケイコ(篠田麻里子)、いづみ(真野恵里菜)の3人が何の前触れも無く姿が切り替わります。ミツコは突然自分の姿がケイコになり、周囲の人たちもケイコと呼ぶので混乱します。いづみになった時も同じく。
種明かしをするとここは斎藤工が演じる謎の老人Zがゲームとして楽しんでいる世界だったのです。
数十年前に死んでしまったミツコたちの遺伝子からクローンを作ってゲームの中で操っていたと。

でもそれって姿が切り替わる説明にはなってなくないですか?
そもそもゲーム世界から抜け出せたミツコが雪原の上で目覚め、その後走り去って画面から消えていくけど、本体は数十年前に死んだんじゃなくて?
などなど気にしだしたらキリがありません。頭が狂いそうです。

園子温は過去にも「見た人を狂わせようとしている作品」を何作か撮っています。
不快さで言えば『自殺サークル』が今回の『リアル鬼ごっこ』によく似ているでしょうし、自分が誰なのか最後までわからなくなるという点で見れば『夢の中へ』や『奇妙なサーカス』がそうでしょう。痛み、傷、つらい過去などが自分のよりどころになるなんて嘘っぱちだと痛烈に訴えています。

『新宿スワン』と『ラブ&ピース』と『リアル鬼ごっこ』。
まるですべてが違う人の作品のようです。
『新宿スワン』が園監督かと思っていたら『ラブ&ピース』のような作品を作り、そうかと思えば『リアル鬼ごっこ』のような作品をぶちまける。
どれが園子温か。園子温は一体どこにいるのか。

きっと園子温は「これらすべてを合わせて園子温なんだ」というような感想につばを吐いてブーツで踏みつけるだろう。
おそらく「このどれもが園子温ではない」という答えが一番お気に召すのだと思う。

ゲーム世界から脱出したミツコは真っ白い雪原の上で目覚める。
雪原の上にはミツコのあしあとが残されていた。
起き上がったミツコはあしあととは反対の方向に走り始める。
何者にも追われていないのに。
画面から消えたミツコはどこに行ったんだろう。

女子校生を壊し、物語というものを壊し、映画というものを壊し、そして映画から消えていくのだろうか。
園子温監督の次回作の情報は今のところ出ていない。


■ 『リアル鬼ごっこ』が大嫌いなあなたへおすすめの園子温作品

『リアル鬼ごっこ』を見ただけで「もう園子温見ねぇ」とするのはあまりにももったいないです。
これまで読んでいただいたように、『リアル鬼ごっこ』は園子温作品であって園子温作品であらず。どれも「これが園作品」というものは存在しないのです。
つまり『リアル鬼ごっこ』が嫌いだからと言って園作品全部を嫌いになる必要はありません。
ひとつの事が嫌いだとその人すべての事を嫌いになるのは日本人の悪いところです。

そこでおすすめの園作品を挙げていきたいと思います。


血とか殺されるとかがダメ、という方にはぜひ『希望の国』をご覧いただきたいです。
原発事故と家族を描いた傑作です。今生きている場所が一体どういうものなのか見直すためにもぜひ見てください。

ストーリーがそもそも意味不明という方には『紀子の食卓』がおすすめです。
とても深い物語が描かれています。吉高由里子の映画デビュー作でもあるのでぜひ彼女の真のすごさを体感してください。

『リアル鬼ごっこ』のキャラが切り替わるのが意味不明、という方には『奇妙なサーカス』がおすすめです。
こちらの方がもっと意味不明ですが、見たあとで世界の景色が変わるはずです。


他にも、今をときめく俳優さんが様々な作品に出てますので、そこからチェックするのも良いかも知れません。
『リアル鬼ごっこ』に嫌悪した人ほど園作品を見るべきなのです。一番園作品らしく無いものが園作品だからです。



『新宿スワン』と『ラブ&ピース』を「受け入れない」 


園子温の最新作『新宿スワン』と『ラブ&ピース』を見た。
がっかりだった。
清濁併せ飲むのが園子温作品だとしたら、その清も濁も突き抜けていないからだ。
二つの作品に対する感想のあとに、「だったらこっちの園作品を見ようセレクション」を書く事にしよう。
映画の園作品はこれまで17本見ていることになる。全作品を見ている園マニアというわけではないけど参考にはなるかなと思っています。

以下二つの作品と『ヒミズ』の内容に触れネタバレを含みますので未見の方は鑑賞後にお読みください。



■ 『新宿スワン』は制限の中でどう興行映画を撮るか、という挑戦


原作の『新宿スワン』は読んだことありませんでしたが、『ヒミズ』は単行本を発売時に買って読んでいました。漫画原作を映画化するのは本作で3回目ということになりますが(ドラマから映画化というので『みんな!エスパーだよ!』が4回目)、漫画原作ものは監督に合わない気がする。
漫画原作を実写映画化して原作ファンを満足させる人がいるのかということについてはここでは置いておきましょう。


『ヒミズ』は好きじゃないんですが震災のあの時に映像に時代を残したという点がすごい。そして原作とラストを変えた点も評価されて当然だと思います。
原作では父親殺しをした主人公が残りの人生を悪い奴殺しに費やそうとします。ですが一番悪い奴は父親殺しをした自分ではないか、と自分を殺す。
映画版『ヒミズ』は園監督が語っているように、「絶望に勝ったのではなく希望に負けた」というラストになっています。絶望に打ち克ったから生きたのではなく、希望に打ちのめされて生きさせられた、というようなラストです。


『新宿スワン』は原作を1巻の最初だけしか見てないので比べられませんが、いろいろな表現がマイルドになっていると思われます。
映画版では「スカウトした女の子全員を幸せにする」と誓ってますが、原作では宣言がありませんでした。
(あくまで序盤なのでそれ以降に宣言がなされてたらごめんなさい)

本作は脚本に参加していないようで鈴木おさむと水島力也(『あずみ』とかの人らしい)が共同で脚本を書いたようです。

つまり園監督は脚本を書けず、原作という縛りもあり、全国展開の興行映画を撮らなければならないという足かせがあったわけですね。
パンフレットなどを見ると「本作では自分の色を消した」と語っており、確かにこの映画を見て「園子温っぽいな」と感じるところは何もありませんでした。
深水元基が出てるところぐらいでしょうか。

続編を臭わすような終わり方だったので興行成績次第では『新宿スワン2』もありえるのでしょうね。原作も長いし。
その時はぜひ園子温以外の監督でお願いします。

綾野剛を始め出演者のみなさんはほんと素晴らしくて、この作品以外の映画で見たかったな、という印象です。
山田孝之も沢尻エリカも真野恵里菜もみんな良かった。
ただ物語が全然おもしろくなかっただけです。

これを見ても「スカウトになろう!」とは思わないし、「スカウト絶対許さねぇ!」ともならない。
鑑賞後日常に戻ってこられる。
「このあと何食べる?」と気軽に現実に戻れます。

映画を見る前とあとでは日常が違って見える。このような映画を園作品に求めています。
宮台風に言うなら「人畜無害な映画じゃなく人畜有害な映画」です。


「『新宿スワン』見たけど園子温ってこの程度かよ。話題になってるだけか。」というあなたにおすすめな作品は『恋の罪』です。
東電OL殺人事件を下敷きに、貞淑な妻と売春婦と女刑事の3人(+1人)の女の性を描いた傑作です。

『地獄でなぜ悪い』はヤクザVS映画好きというおもしろさがあってこちらもおすすめです。



■ 『ラブ&ピース』のファンタジーは子供向け?


『ラブ&ピース』は子供が見て喜ぶようにできてるんだろうか。
お子さんと一緒に見た方から感想を聞きたいです。どんな反応だったでしょうか。

うだつの上がらない男がいる。
飼ってた亀を同僚にバカにされ亀をトイレに流して捨てる。
その亀が魔法により夢を叶える亀となる。
亀のおかげでロックスターになっていく男。
また別の魔法により最初の姿に戻る亀と、その結果また元の暗い男に戻った主人公。

ツイッターで検索するとすごく好評です。
園子温の映画をほめておけばイケてるとでも思ってるんだろうか。
それとも単純に僕が「映画盲」(文盲みたいなもの。映画を見れていない人)なだけなんだろうか。
僕が「映画盲」だとしたらぜひこの映画の素晴らしい点をいっぱい僕に教えて欲しい。


『ラブ&ピース』では主人公の男の物語とは別に、西田敏行演じる謎の男の物語も同時に進んでいく。
捨てられたおもちゃやペットなどと一緒に下水道の奥で暮らしている。

実は彼はサンタさんで、捨てられたおもちゃやペットは元のきれいな姿に戻ることができ、クリスマスの日に再び子供たちに配られるようだった。
どうせまた捨てられるかも知れない。
それは主人公の男も一緒だ。
また元の冴えない男に戻った。
それでも彼を愛してくれる女性を得ることができたのだろう。
ハッピーエンド。に見える。一応は。

これを見て愛とか平和とかに想いを馳せることができるかな。
できる人もいるんでしょう。
「ペットを大事にしよう」とかそういう感想を持つ人もいるんだろうな。

園子温の集大成とまで言われ期待値が上がり過ぎたせいだけじゃなく、単純につまらなかった。


愛についてなら『愛のむきだし』があるし『希望の国』も深い愛が描かれています。



■ 日常を信じていない園子温がなぜ日常を描くのか


著書『受け入れない』を始め様々なところで監督は常識を疑うことを推奨しています。
当たり前とされているものはつまらない。本当におもしろいことをしていこう、というメッセージです。

それを踏まえると、『新宿スワン』も『ラブ&ピース』も監督自身の言葉に反しているように思えてなりません。

映画鑑賞後に日常に戻ってこれる。
つまらない日常から再びつまらない日常へ。


僕の好きな園子温作品は違います。
鑑賞後に日常が変容します。
今まで見てきたものが違って見える。
今まで信じてきたものがいつ破れてもおかしくないほど薄っぺらだったことに気付く。
今まで怖いと思ってきたことが全然怖くないことを知らされる。
これが映画だと思っています。


だからこそ園監督の言葉を借りて言います。
『新宿スワン』と『ラブ&ピース』を受け入れない、と。
園子温色というものを決めつけたくないという思いが強いようですが、別に撮りたくないものを撮る、というのとは違うと思う。
本当に『新宿スワン』や『ラブ&ピース』を撮りたかったんですか?

『紀子の食卓』や『希望の国』などは園子温監督の「撮りたさ」「撮らなきゃいけなさ」がフィルムに刻み込まれてしまっていた気がします。

ピカドンと名付けられた亀が巨大化し、国会議事堂のような形をした研究所を突き破って脱出するということに何も批判力を感じません。
『希望の国』で夏八木勲が我々に向けた銃口にこそ批判力を感じます。


園子温がロックスターに祭り上げられた鈴木良一なんかじゃないことを信じてこの文章を綴らせていただきました。



【園子温作品ガイド】

・『紀子の食卓』
女子高生役の吹石一恵と吉高由里子の演技は必見。『自殺サークル』のサイドストーリーを描いた作品。

・『冷たい熱帯魚』
愛犬家殺人事件をベースに、殺人事件に巻き込まれる家族を描いた衝撃作。

・『TOKYO TRIBE』
ラップバトルアクションスプラッタームービー。とにかく見ましょう。

・『地獄でなぜ悪い』
ヤクザの抗争に巻き込まれた男と映画バカのお話。むちゃくちゃ。

・『希望の国』
原発事故後の日本をどう生きるか。世代が違う男女3組をメインに力強く描いた作品。

・『恋の罪』
東電OL殺人事件をベースに女3人の生き様を描いた作品。

・『奇妙なサーカス』
どれが現実でどれが妄想でどれが嘘でどれが真実なのか。奇妙な空中ブランコのような浮遊感。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。