12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

仏教開眼 [2009年07月14日(火)] 

神はいるか。

僕は無神論者と呼べるでしょう。
無宗教であるのは間違いない。入信したことないので。

世の中から争いごとが絶えない。悪がはびこる。
神がいるならこの世から不幸が無くなるはずだ。
と、そう言って神の存在を否定する人がいます。
そんなはずがありません。
神があえて悪を組み込んだ可能性は当然ありえます。

なんで神が人ごときのために行動せねばならないのか。
神であれば人などどうだっていいと思うに決まってる。


僕は無神論者と言えるでしょうが、神の存在は信じます。
どんな生命も。どんな非生命も。神の存在を知覚できない。
僕の言う「神」とは、人型のそれじゃなく、宇宙全体という感覚に近いです。

さて、ある本を読んでいると、どうやら僕は仏教に近い考えを持っているらしいです。
仏教では、正邪や善悪や社会ですら相対化する。
「正」が正しいとか、「善」が善いとかの判断が、無い。
生きる意味すらも砂だ。

そんな空疎な生をそれでも生き続けるのが仏教の核らしい。
まさに僕の境地。
僕ってブッディストだったんですね。
「○○宗」とかはまったく興味ないですけど、今後仏教にまつわる本を集めようと思います。
そして早く宗教を開きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

哲学的なバグ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。