fc2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

映画「デジャヴ」と選択の唯一性 

金曜ロードショーで「デジャヴ」をやってる。

昔感想を書いたんだけど、今読み返すと何書いてっかわかりづらいですね。
「デジャヴ」の感想はこちら

今見直してますが、やはりクレアとデンゼル・ワシントンが時間を越えて見つめ合うシーンは感動的です。


過去をいじる事で思いがけず大事な人物を失う、というのはタイムパラドクスものでよくあるパターンですね。
「バタフライ・エフェクト」やアニメ版「時をかける少女」でも描かれている。

「過去に戻る」というのは無限ループに陥ることを意味する。
なぜなら過去に戻ってるからです。

わかりやすく説明します。

2010年の6月18日の12時に過去に戻るとしましょう。
1年前でいいや。
2009年の6月に戻りました。

そして生活すること1年。
また2010年6月18日12時になります。
するとまた1年前に戻ります。
なぜなら2010年6月18日12時に1年前に戻ってるからです。


こうして無限に繰り返すことになる。


ストーリーとしては、1年前に戻った人物と、1年前の人物は違う人という扱い方をします。
1年前に戻った人物は、1年間の記憶が加算されている。
1年前の人物はそれが無い。

この違いが、過去を変えることを可能にしています。


我々は様々な選択肢を切り捨てて今に至る。
そのどれかを選んでただけで、現在は存在しない。
現在生きているのは、唯一の選択をしてきた結果だ。
自分を信じろ。
常に最高の選択をしてきた結果が今だ。
スポンサーサイト



テーマ: 映画レビュー - ジャンル: 映画