09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

『オアシス』『シークレット・サンシャイン』のキリスト教批判 

■ 映画『オアシス』が描く社会からの隔絶と世界への調べ


韓国映画『オアシス』を見ました。

刑務所を出所してすぐの居場所が無い男と、脳麻痺でうまく身体を動かせない女。


ふたりはあらかじめ社会から隔絶されている。

前科者で社会とうまく折り合いがつかない男と、身体障害者ということをダシに親類から疎まれる女。

ただ、女は割れた鏡の光が蝶に変化する感受性を持つ。
世界の素晴らしさに気づける存在です。

男はこの女の魅力に気づけるただ一人の存在。

女はオアシスの絵に写る枝の影を怖がる。
その恐怖を取り除いてくれるただひとりの存在がこの男です。


女は誰ともコミュニケーションが取れず、男とだけ健常者の女性と同じように振る舞える。

男も社会に生きておらず、誰ともコミュニケーションが取れません。


ただ女のために枝の影を取り除きます。


最初は何もせずただじっと佇むだけだった女だが、男との出会いを経てラスト、身なりを整え部屋を静かに掃除する姿が映し出される。
とても感動的なラストです。


男には家族が呼んだ神父が語りかけるが一向に改心しない。

キリスト教を批判している構図は他の韓国映画にも見られる。

『シークレット・サンシャイン』です。


■ 映画『シークレット・サンシャイン』が描くキリスト教批判


『シークレット・サンシャイン』でも男と女が出ます。

死んだ夫の故郷に引っ越して来た子連れの母親。
その母親に惹かれる男。


ふとしたことから我が子が誘拐され、挙句の果てに殺されてしまう。

生きる糧を失った母親。

近所のおばさんに宗教に勧誘される。
子供が殺されたことに対しても意味を与えてくれる存在としてのキリスト教。
徐々に救われていく母親。

我が子を殺した犯人も赦すことを近い面会へと向かう。

するとこの犯人も神の声を聴きすでに赦されていると言うではないか。

そこで母親の底が抜ける。
我が子を殺された自分が赦されるのはわかる。
でも我が子を殺した犯人も同等に神から赦しを得ているのはどういうことなのか。



魂を救うのはキリスト教ではない、ということを描いています。


キリスト教には「隣人愛」というものがある。
自らに石を投げる者こそを愛せ、というようなものです。
でも主人公の女は我が子を殺した男を赦すことはできない。
その後神父を姦淫に誘うも未遂に終わる。



知らずにこの2作を見たのですが、同じ映画監督だったんですね。

『オアシス』の方こそを特に見ていただきたいですね。

日本映画はクソみたいなのに、韓国映画はなぜ豊潤なんでしょう。
確かに中にはくだらない恋愛映画もあるんでしょう。
でも韓国映画は見るに耐え、多くの日本映画は見るに耐えない。


日本人のメンタリティの弱さは日本映画に如実に刻印されています。

スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

この記事に対するコメント

私も映画、小説はたくさん見ます。
その中で思ったことは、日本で「復讐」というものをテーマにしたものはあまり評価されてないのではないか、ということです。
辛いこと、苦しいことがあった場合は違った方向から幸せを見い出す。考え方、世界観が変わって今までと違う自分に出会い成功を収める。もしくは悲愴感漂う中バッドエンド。

私は個人的にもっと人間臭い話の方が好きです。それこそ湊かなえさんの「告白」による人間描写、東野圭吾さんの「さまよう刃」による主人公の心理。復讐や憎悪の感情に100%賛同するわけではないですが、その人間の醜さの方が惹かれます。


主様の話題にしている映画とは関係のない話になったかもしれませんが、着眼する点や魅了されるシーンに何か共感するもの覚えコメントしました。

URL | アロエ #-

2012/06/02 22:51 * 編集 *

Re: タイトルなし

アロエさんへ

いつもありがとうございます!!

確かに日本の作品は、「復讐するよりも相手を赦すこと」を推奨しますね。
キリスト教圏でも無いのにおかしな話です。

日本は数少ない死刑がある国ですが、最高刑を願うと市民から批判されます。


やはり倫理が無いからでしょう。
倫理とは神なる視点、内からこみ上げてくる行動原理。
道徳とはみんなで決めた共通ルール、というようなものです。

倫理教育がなされていないので、「自分が信じる行動原理」が共存できません。
世間体によって行動が制限されてしまいます。


僕はジョジョ6部ストーンオーシャンのエルメェスというキャラのセリフが好きです。
復讐について語っていますので、もしよろしければ読んでみてください。
その名言だけでもぜひ。

URL | さかもと #-

2012/06/03 01:07 * 編集 *

ジョジョの6部を振り返ってみました。
主様がおっしゃってたのは刑務所の墓地でのセリフ「"復讐"とは自分の運命への決着をつけるためにあるッ!」のところでしょうか?



復讐と言って思い浮かぶものが2つあるので紹介させてもらいます。

1つはNARUTOのサスケ。兄への復讐に燃え上がって今は里に全面戦争を仕掛けよう、みたいな展開です。
忍者ものとして人気を得てますが、サスケを止めるために成長するナルトというのも見所な気がします。今では敵役のようなサスケですが、「復讐」の為だからあそこまで強くなれた、もしくは強くなろうという思いがあったのではないか、と思いました。
だいたい敵役は恨み、復讐みたいな信念で動いてますが、読者がそれを受け止められる(?)のはそれだけ「憎悪」という感情が人を動かす原動力に成り得るということを知っているのではないか、と考えてます。

2つ目はバガボンドです。何巻で誰が言ってたセリフか覚えてませんが、「憎しみは、悲しみと向かい合えない奴が逃げ込む場所なのさ」みたいなことを言ってました。
当時はなるほどぉと思ったのですが、最近では「それは本当に苦しいことに出会ったことがないから言える綺麗事だ」とも思ったりしてしまうことも…。


それぞれ抱え込む「闇」は違うので、解釈も無数にあると思います。
それでも人の思考を、行動を大きく変えてしまうものの一つとして憎しみ、
復讐は外せないものだと思います。
そして私はそんな心の醜さを描く作品の方がどこか惹かれてしまう、考えさせられるということが言いたくて
ここまで引っ張ってしまいました。


毎度「思います」「感じます」などの感情論ばかりで申し訳ないですが、まだまだ考えが幼いのでそのへんはご了承下さい。

URL | アロエ #-

2012/06/03 01:54 * 編集 *

Re: タイトルなし

アロエさんへ


> 主様がおっしゃってたのは刑務所の墓地でのセリフ「"復讐"とは自分の運命への決着をつけるためにあるッ!」のところでしょうか?

そこです!!


「復讐」なんかをして、失った姉が戻るわけではないと
知ったフウな事を言う者もいるだろう。
許すことが大切なんだという者もいる。

だが、
自分の肉親をドブに捨てられて、その事を無理矢理忘れて
生活するなんて人生は、あたしはまっぴらごめんだし…
あたしはその覚悟をして来た!!

「復讐」とは、自分の運命への決着をつけるためにあるッ!


かっこよすぎます。



> 1つはNARUTOのサスケ。
> 2つ目はバガボンドです。


NARUTOは見たことないですけど、バガボンドは胤舜とかあのあたりですかねぇ。
全巻持ってますが全然覚えてないっす。


> そして私はそんな心の醜さを描く作品の方がどこか惹かれてしまう、考えさせられるということが言いたくて
> ここまで引っ張ってしまいました。


Twitterでもつぶやきましたが、映画『メメント』はこのテーマに沿ってるかも知れませんね。
プラス記憶もからんできますが。


かつて人は、「殺されたら殺し返す」のがルールでした。
ですが社会が複雑になると、「殺し返す」レベルが厳密に比べられなくなります。
なので復讐代行として裁判が生まれたそうです。

ですが、遺族の感情は誰が処理してくれるのでしょうか。

そこでやはりエルメェスの言葉が響きます。


> 毎度「思います」「感じます」などの感情論ばかりで申し訳ないですが、まだまだ考えが幼いのでそのへんはご了承下さい。


アロエさんは慎重に言説を進めるのをモットーにしてるんでしょうね。
とても大事なことだと思います。

URL | さかもと #-

2012/06/03 02:31 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1112-11d11176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top