07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

不完全さが輝きを帯びる 【20120609.東武動物公園観戦記】 

■ 『モバイルサイト会員限定!ポイント終了感謝祭』『独占!ももクノ60分 vol.3』


東武動物公園に行ってきました。
雨だけど心はウキウキ。
ももクロライブ初参戦がももクノとは縁起がいいや!!

前回までは時を司る女神れにちゃんがセットリストを考えていたのですが(『サンタさん』2曲連続とかぶっぱなしてて、かなりロックなセットリストだったそうな)、今回はお客様の声を聞いてその場でセットリストを作るという、これまた攻撃的でロックな展開。


ツイッターのフォロワーさんのおかげでももクノ2部に参戦することができました!!

ももクノの前にクローバーポイントイベントをやるということなので、生歌だけでも聞こえてくればいいなぁ、と思い早朝から出向く。

電車を乗り継いでいくと、徐々にカラフルな格好の者たちが増えていく。
そう。これから5色入り乱れるお祭りなんだ。

動物園の入口に行くと待ち合わせしていたフォロワーさんを目撃。
赤いランドセルを背負い、赤い衣をまとい、赤い覆面マスクを被っている。
これで逮捕されないのだから日本は平和だ。

この青年は静岡県から車でこの日のために来たそうな。
お連れ様もいらっしゃる。

さっそく入場するもあいにくの雨であまりよく見て回れない。
赤いランドセルで赤い覆面の青年を隣に歩く普通のおじさんである僕。
軽く『弱虫ペダル』の話などをした。
(最新23巻が泣ける。真っ赤なスプリンター鳴子章吉の晴れ舞台だ)


ステージに近づくとすでに人だかりが。
クローバーポイントを所有してなくてもタダで見れる構造になっている!!
さっそく無銭エリアの最前列に走る。

木の枝とか建物の柱が邪魔だけど、ステージは視認できる。
あそこにももクロちゃんが立つの?
嘘だろ。

今年の2月に『ももクロ試練の七番勝負vol.2』のVSテレビの回に参戦しまして、その時も現実感がなかったけど、今回も現実感が無い。
(その時もフォロワーさんに譲っていただいた。ツイッターすごい)


その後クローバーポイント所有者の方々が場内へ。
どうやら大量保持者はサイン入り折りたたみ椅子がもらえるらしい!!
すごい!!
しかもステージのすぐ下で見れる!!
すげぇなー。


以下さらに長文になります。
というか文脈読みになります。
単純なライブレポを書けない僕。
もう体質みたいなものですね。

感想なんて「踊ってるれにちゃんすげぇ」ってぐらいですので。
ずっと「れにちゃん!れにちゃん!」って叫んでました。
そしたら終わってました。

なので感想はそこそこに、以降はいつもの文脈読みにシフトします。

ももクロもモノノフも最高!!


■ れにちゃんからのメッセージ


モバイル会員限定のポイントイベントでは、6人の「ももいろクローバー」時代からのファンが集まりました。
どうやらZ以降ファンではなくなってしまった方もいるそうで、客席は同窓会のようだったそうです。


セットリストはれにちゃんが考えたみたいで、多くのファンは「昔のファン向けに古い曲をいっぱいやるんじゃないか」と思っていました。

ところがフタを開けてみるとZ以降の曲ばかり。
1曲目が『みてみて☆こっちっち』です。

以下セットリスト。


1.『みてみて☆こっちっち』
2.『キミとセカイ』
3.『DNA狂詩曲』
4.『キミノアト』

自己紹介(杏果ちゃんだけ旧バージョン)

5.『オレンジノート』
6.『スターダストセレナーデ』
7.『ワニとシャンプー』


これはあきらかにももいろクローバーを支えてくれたファンへのメッセージだろう。
離れてしまったファンに対して「みてみて」と語りかける。

そして『キミとセカイ』では「わたしの中覗いてみて」と語りかける。

『DNA狂詩曲』では「君を好きでいてあげる」「君は僕の鏡 僕の心 僕の昨日と今日と明日」と伝える。

『キミノアト』では「君が好きだよ 君だけがただ好きだよ」と伝える。

『オレンジノート』では「誰でもない君だけだから迷わない」「伝えたい ただ伝えたい 君が好き ただ伝えたい」と訴えかける。

『スターダストセレナーデ』では「ノートの隅 書いてある 10年後の僕らの夢 君がいるから揺るがない」とかつて一緒に夢見た想いと、現在ある姿はあの時支えてくれたからだ、と感謝を伝えている。


完璧なセットリスト。
昔からのファンに向けての感謝しか無いメッセージ。

これらは我々新規ファンの代弁でもある。

僕たちはあなたがたがももクロちゃんを応援してきてくれたからこそ今こうして応援できている。
そこには感謝しかありません。
ももクロちゃんを支えてくれてありがとう。

そしてそれはももクロちゃん達自身が一番よく知っている。


最後に『ワニとシャンプー』をもってくるのは前山田イズムなのか。
叙情的なメッセージの中にインパクトのあるフックをガツンと入れる。


僕はこのセットリストからは、キミ=古くからのファン、という構図しか見出せませんでした。
「キミ」に対するメッセージが含まれた曲をこれでもかと歌い上げる。


参加者の中には、「Z以降の曲はわかんないからやらないで欲しい」との声も挙がったようだが、そんなことは言わずにぜひ5人のメッセージを感じて欲しいと思います。


その後はマネージャーの川上さんが司会でプレゼント大会になりました。
ポイント上位者と、あとはじゃんけん大会です。

このプレゼントが実にくだらない。
だけどうらやましかったです。

あの空間だけ我々とは時間の流れ方が違いました。
当初はこんなイベントばっかやってたんだろうなぁ、とほほえましい気持ちになった。
ファンをいじって、どうでもいいようなもんにサインして持って帰るのが面倒だろうがお構いなし。
それでもみんなにこにこしてる。

数年前はこんな幸福な時間を過ごしてたんだろうなぁ、とそう思わせる空間でした。


川上「くだらないものを喜んでもらってくれたじゃないですか」

あくまで川上さんは「昔となんら変わってませんよ」と訴えている。
メンバーも歌で「キミ=昔からのファンのみなさん」のおかげです、と伝えている。
そして「ももいろクローバーZ」になった曲を披露し、「新しいももクロを見てくれ」と訴える。


たしかにみんなで誓った紅白出場の夢はまだまだ叶えられてないけど、絶対に近いうちに出れる。
そう誰もが確信できるぐらいにまで成長しました。


あの空間。
あの時間の流れ。
あんなももクロちゃんの表情。
あんなマネージャーさんの接し方。
あの曲目。

すべてが僕たちではなく、かつてのファンの方々に向けられていたものでした。

「無銭エリアからでも見えるから萎えた」との声もあったみたいだが、そんなことはない。
これはあなただけに向けてのイベントだ。

「新しい曲知らない」という方もいたが、知ってるか知らないかの問題じゃない。
これはあなたに向けての曲だ。



じゃんけん大会で買ったらサイン入りすのこをもらえるなんて。
こんなにバカバカしくてふざけたプレゼントあるか。
でも昔からのファンであるあなただからこのノリをやれた。



ももクロは進化し続ける。
気を緩めるとあっという間に置いていかれてしまうような恐怖すら感じる。
できるだけこの奇跡の時間を味わっていたい。
だから、メンバーや運営からのメッセージは取り逃したくない。


でもこんな難しい言い回しなんかいらない。

「ありがとう」って言ってくれてるんだから「こちらこそありがとう」って返すだけだ。


■ 完璧さが最高とは限らない


独占!ももクノ60分 1部セットリスト

1.『ももいろパンチ』
2.『words of the mind』
3.『PUSH』

MC.杏果ちゃんれにちゃん

4.『CONTRADICTION』
5.『ラフスタイル』
6.『MILKY WAY』
7.『あーりんは反抗期!』
8.『シングルベッドはせまいのです』
9.『猛烈宇宙交響曲第七楽章「無限の愛」』
10.『We are UFI!!!!』


2部セットリスト

1.『Believe』
2.『全力少女』
3.『Chai Maxx』

MC.れにちゃん

4.『ももクロのニッポン万歳!』
5.『事務所にもっと推され隊』
6.『冷凍みかん』

MC.あーりん

7.『Hello...Good Bye』
8.『Dream Wave』
9.『最強パレパレード』
10.『行くぜっ!怪盗少女』
11.『走れ!』


1部は無銭エリアで全然見えないところで歌だけ聞いてました。
すごい雨で傘さしながらだったので、後ろに配慮して動きは少なめ。
ですが声だけは出しました。

『シングルベッドはせまいのです』の雑談パートが至福過ぎた。
アドリブだったみたいなんだけど、夏菜子ちゃんしおりんに言い返せなくて「ばーかばーか」しか言えないの。

『あーりんは反抗期!』も聞けたしUFIも聞けたし。
まさかユニットとかソロとかUFIは聞けるとは思ってなかったのですごく嬉しかったです。

「食べんな!!」


『CONTRADICTION』も聞きたかったので嬉しい。


2部はチケットで入りました。
立ち見だったので遠いし前の人大きいしでステージはほとんど見えず。

事務所に推され隊を聞けたのが嬉しかった。

杏果ちゃんの生「さしすせそ」。
ちゃんと言えてなかったです。
そのあとの「言えたもん!」がかわい過ぎた。
参った参った。


怪盗少女もやったんだけど、えびぞりジャンプ見えなかったけどナタリーの記事を見たら美しい写真になっていて一見の価値ありでした。
生で見たかった。

それにしてもキラーチューンの『行くぜっ!怪盗少女』よりも他の曲を聞きたい!って人が多いのがすごい。
B面とか全然関係無く、全員レギュラーみたいな感じだ。


その場で本日のセットリストを作る、ということで久しぶりに歌う曲もあり、歌い出しを間違えたり、最初の立ち位置を間違えたり、ダンスも手探り状態だったりと、完璧なパフォーマンスとは程遠いものでした。

でもこれこそがももクロの真骨頂ではないでしょうか。

このライブ感。
不完全さがあっても最高のパフォーマンスになりうる。
メンバー同士がアイコンタクトで助け合う姿。
支え合うみんな。

その象徴がラストです。

ラストは『走れ!』でした。

曲のラストの方で会場が暗転してみんなのサイリウムが輝く、という演出が美しいこの曲ですが、野外でまだ明るかったということもあり、暗転の演出はありませんでした。

そして60分で強制終了というこの企画。
タイマーがステージ上にあり、刻一刻と終了に向けて時間が減っていくのが目に見えてわかります。


『走れ!』の終盤の時点ですでに残り秒数がぜんぜん足りないのが会場のファン全員に伝わる。
メンバー内で一番気にしていたのはしおりんだったと記憶している。
しおりんのこういうところについては語り明かしたいところだが、それについては過去の記事ですでに触れているのでここでは置いておきます。


実際の演出上では暗転してみんながサイリウムを振っているところ。その後暗転が終わり5人が歌っているという場面です。その最中に無情にも60分終了。
音楽がすべて停止してしまいました。


でもこの瞬間に会場が完全に一体となった。


演奏の無い中、歌詞の続きをファンが大合唱。
メンバーもそのまま歌い続けてくれました。

僕は叫びながら泣いてました。


「このままでは終わらせない」

そんなみんなの気概が起こしたうねり。
ファン全員がももクロの背中を押す。
そしてももクロもそれに全力で応えてくれる。

普通に考えれば60分の企画として失敗だし、ただのハプニングでしょう。
完璧さからは程遠いステージと呼べるでしょう。


でもこれほどまでにみんなが一つになり、大きなうねりを起こし、感動を呼ぶ。
完璧なパフォーマンスが最高のパフォーマンスとは限らない。
不完全さこそが輝きを帯びる。

数秒後に何が起こるかわからない。
そして何が起きてもファンとメンバーが全力でそれを楽しむ。

これこそがももクロなのかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ: ☆女性アイドル☆ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

お疲れ様でした!!
改めまして直接お会い出来て嬉しかったです♪

いや、ほんまに最高に楽しい1日でした☆

感謝祭のセトリは古参切りだとかなんとか声がちらほら聞こえてきますが
さかもとさんの書かれてるようにこのセトリ、この歌詞にメッセージが込もってますよね。
今のももクロちゃんを見せてこその感謝、成長した姿を観てもらってこその感謝だと思いました。
1曲目のみてみて☆こっちっちのみ着席を強いたのもメッセージの現れかなぁなんて。

ちょっと意地の悪い視点で言うと
昔から今も変わらず応援し続けてる人にとっては感謝祭のセトリも純粋に楽しめ
かつその後のクノ1部、2部での懐かしい曲達で
「新規にゃこの曲のコールもフリもわからんだろう!?」と優越感を得られるという
そういう構成になってたんでないの?なんて見方も出来たり?(笑)
結果論ですが(^-^;A

Z新規になにが判る!と言われるんだろうなぁ汗

と、自分の日記で書くつもりの事書いちゃったw

URL | みやむー #-

2012/06/10 10:05 * 編集 *

雨の中、お疲れ様でした!!!
赤ランドセル氏のお近くにおられたのでしょうか!?
接近遭遇してました!!お会いできず残念です。

自分の浅はかさで、古参に最新曲は・・・と思ってしまった
のですが、お書きになっている通りであります!!
「あかりはどこ?」っていう古参氏の発言を受け止める
ももクロちゃん達がけなげで愛おしかったです・・・

タレントが成長する時にはやむを得ない現象ですが、今の
ももクロちゃんたちも輝いているのを認めてほしいですね。
新参者の自分にいわれたくないでしょうが・・・

なので自分としてはクローバーポイント所有者の方々の入場を
拍手で迎えました。古参氏達の感謝もこめて。答えてくれた方も
いて、何か認めてもらえたようで嬉しかったです。
自己満足かもしれませんがね。

雨がなければ最高だったのですが、あの雨女の方が本領発揮した
せいなので文句いえませんです!!(笑

URL | あーりんわっしょい! #mQop/nM.

2012/06/10 10:46 * 編集 *

はじめまして。コメントさせてもらいます。

CPイベントのセットリストの意味に古参切捨てなどの意見があり、そうなのかな?と思い色々検索しているうちにたどり着きました。

れにちゃんのブログを見た後に、あらためてセットリストの順番で聴き返しましたが、ちゃんとしたストーリー、メッセージがあると思いました。

みてみて~ワニとシャンプーへの流れ。
思い出は明日への扉、戻りたくても戻れない前を向いて進むしかない。

彼女たちが、ファンのことを常に考えていることが良くわかりました。
古参・新規関係なくももクロを応援していきたいです。

URL | 若干れにちゃん推し #-

2012/06/10 11:51 * 編集 *

とても素敵なブログを拝見出来てうれしく思ってます

まだ良く理解できていないのですが、古参の方たちはドルオタと呼ばれる方が多いのですかね
頑張れ頑張れと応援し続けて、世間に認知されると捨て台詞を残して去っていく・・・頑張ってどうなって欲しかったのか理解に苦しむところです

今多くの、ももクロのファンは、アイドルが好きと公言する人たちは比較的少ない気がします。
あくまで、多くのアイドルの中から選んだのではなく
ももクロそのもののファンなんですよね

これからも ももクロらしい 自由で楽しい活躍を見たいものですね

URL | nobihiroro #-

2012/06/10 12:27 * 編集 *

素敵なブログ、そして素敵な現場ですね!

ももクロさんの現場に干していいこと無しって呟きを、今回も感じるばかりです。

CPの古参さんの件は、れにちゃんもブログで明言しているとおりですね。
ただ、離れるにしても、呟きまとめを見てる感じ、それほど悲しい別れ方ではないように感じられて、そこは救いでした。

5人は前と変わってないとゆー呟きもあったですし。
(進化し続けてるでしょうが、根っこは変わらない5人でしょうから)

NHKホール楽しみですね!
地味~にチケットも探していきたいですw

URL | さ~ちゃ #aTPYaTWU

2012/06/10 12:50 * 編集 *

奇跡の時間

ももクロちゃんに関する素敵なブログありがとうございます。
いつも同感と思うことが多いです。
私は遠方なので、見に行くことができず残念だったのですが、雰囲気が伝わるブログが読めて嬉しいです。
感謝祭ではあえてZ以降の曲を多くして、ももクノでは無印の曲が多くなって新旧の橋渡しをしてくれたような気がします。
ワニシャンのメッセージは「終わらない!終わらない!ぜーんぜんぜーんぜん終わらない!」じゃないでしょうか?
これから目の前に立ちふさがる壁(宿題?)も、それを乗り越えていく勇気も、そしてファンに対する感謝も尽きることがないのだと思います。
アイドルである時間は夏休みのように短いけど、楽しい永遠の想い出になる。
確かに奇跡の時間ですね。

URL | なんくろ #-

2012/06/10 12:59 * 編集 *

初コメントさせていただきます。

感謝祭についての考察、感銘受けました!
セットリストみただけでこんな深いメッセージ読み取るブログ主様の洞察力すごいですね。

確かに言われてみれば、このセットリスト、キミという二人称に向かって歌いかける曲ばかりですよね!

なんで1曲目が「みてみて」なのかも引っ掛かってたんですけど、
離れてしまったファンへの呼びかけと捉えると必然なんですね。

深読み過ぎるという方もいるかもしれませんが、ももクロさんの誠実さをもってすればブログ主さんの受け取ったメッセージ間違いないんじゃないでしょうか。

それにしてもももクロさんのファンに対するスタンスは本当に素晴らしいですよね~。

一部のファンの間ではこのセットリストを疑問視する人もいたようですが、時間たてばこのメッセージ確実に届くんじゃないでしょうか。

「ワニシャン」についても笑いと涙の共存みたいなものは、もはやももクロさんの十八番といってもいいものなんで、そういうことなんでしょうw

後段の完璧さと最高のパフォーマンスについての考察も興味深く読ませていただきました。
完璧≠最高まさにそのとおりですね!
僕なんかついこの前まで、プロのパフォーマンスたるもの「完璧であらねばならぬ」みたいな固定観念に縛られまくってたんですけれど...
アラフォーにしてももクロさんにその壁あっさりと崩されてしまいましたw

突然のコメント失礼しました。これからもお互い楽しいモノノフ生活を送りましょう!

URL | ももいろなすび #-

2012/06/10 15:36 * 編集 *

みやむーさんへ

コメントありがとうございます!

サイトお持ちならURL教えてくださいよ!リンクさせてください!
終演後は短い時間でしたが大変楽しい時間を過ごさせていただきました!
お仕事の時間を割いてまでお読みいただき大変恐縮です(笑)。


> 今のももクロちゃんを見せてこその感謝、成長した姿を観てもらってこその感謝だと思いました。

「こんなに成長しました」って感じでしたね。
見ててほほえましいです。


> 「新規にゃこの曲のコールもフリもわからんだろう!?」と優越感を得られるという
> そういう構成になってたんでないの?なんて見方も出来たり?(笑)

コールついていけない曲があってまだまだだなと痛感した次第です。
まだまだ学ぶべき点は多いですね。

URL | さかもと #-

2012/06/10 18:49 * 編集 *

あーりんわっしょい!さんへ

コメントありがとうございます!


> 赤ランドセル氏のお近くにおられたのでしょうか!?
> 接近遭遇してました!!お会いできず残念です。

そうです!近づいてたんですね!ご挨拶できず申し訳ないです。
次こそはぜひ!


> 「あかりはどこ?」っていう古参氏の発言を受け止める
> ももクロちゃん達がけなげで愛おしかったです・・・

あかりんの真似をする夏菜子ちゃんがかわい過ぎました。
これからも「ももクロのキュールビューティー」としてがんばって欲しいです(笑)。


> なので自分としてはクローバーポイント所有者の方々の入場を
> 拍手で迎えました。古参氏達の感謝もこめて。答えてくれた方も
> いて、何か認めてもらえたようで嬉しかったです。

素晴らしいですね!僕もやればよかった。


> 雨がなければ最高だったのですが、あの雨女の方が本領発揮した
> せいなので文句いえませんです!!(笑


あーりんの雨女を返上させるために応援で晴らそうかと思ったんですが、
クローバーポイントしか天気持ちませんでしたね。
さすがあーりん(笑)。

URL | さかもと #-

2012/06/10 18:53 * 編集 *

若干れにちゃん推しさんへ

コメントありがとうございます!


> れにちゃんのブログを見た後に、あらためてセットリストの順番で聴き返しましたが、ちゃんとしたストーリー、メッセージがあると思いました。

明らかに「キミ」という言葉が多いですよね。
そこから自分なりに読み取ってみました。


> 彼女たちが、ファンのことを常に考えていることが良くわかりました。

根底にある「たとえファンが一人になっても全力でパフォーマンスを続ける」というのが本気だって信じられますね!負けてられません!

URL | さかもと #-

2012/06/10 18:55 * 編集 *

nobihiroroさんへ

コメントありがとうございます!
素敵だなんて恐縮です!


> 頑張れ頑張れと応援し続けて、世間に認知されると捨て台詞を残して去っていく・・・頑張ってどうなって欲しかったのか理解に苦しむところです

インディーズ時代が良かったと言うロックファンもいますしね。
スタートダッシュの輝きに魅了される方もいらっしゃるでしょうね。
ぐんぐん加速していくすごさに魅了される僕です。


> これからも ももクロらしい 自由で楽しい活躍を見たいものですね

予想は裏切り期待は裏切らない!

URL | さかもと #-

2012/06/10 19:02 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

さ~ちゃさんについて少し触れさせていただきました(笑)


> ももクロさんの現場に干していいこと無しって呟きを、今回も感じるばかりです。

確かに!
時間は関係無いですね。コストパフォーマンス高過ぎです!


> 5人は前と変わってないとゆー呟きもあったですし。

新規で見てても確かに「成長してないんだろうな」って思いますね。
アーティストとしては当然急成長してるんですけど。


> NHKホール楽しみですね!
> 地味~にチケットも探していきたいですw


僕はもうオフ会に全力投球です!
早くサイリウム買いたい!

URL | さかもと #-

2012/06/10 19:16 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!

以前からお読みいただけているようでありがたいです!
共感していただけて嬉しいです!


> 私は遠方なので、見に行くことができず残念だったのですが、雰囲気が伝わるブログが読めて嬉しいです。

僕が取り上げたのはほんと一部なので、ぜひいろいろな方の感想をお読みください。


> ワニシャンのメッセージは「終わらない!終わらない!ぜーんぜんぜーんぜん終わらない!」じゃないでしょうか?

そうなんですよね。
他の方からもご指摘があって、そこが読み取れなかったのが悔しいっす(笑)。


> 確かに奇跡の時間ですね。

「ももクロは今会わなきゃならないアイドルだ」というのは至言ですねぇ。

URL | さかもと #-

2012/06/10 19:22 * 編集 *

ももいろなすびさんへ

コメントありがとうございます!

二重投稿で同内容でしたのでひとつ削除させていただきました。


> 感謝祭についての考察、感銘受けました!
> セットリストみただけでこんな深いメッセージ読み取るブログ主様の洞察力すごいですね。

いえいえ。
僕が勝手に思っただけなのでこれが正解ということはないですが、
セットリストにメッセージが込められているのは強く感じました。


> それにしてもももクロさんのファンに対するスタンスは本当に素晴らしいですよね~。

さすがれにちゃん(笑)。
常に感謝を忘れないみんなです!


> 後段の完璧さと最高のパフォーマンスについての考察も興味深く読ませていただきました。
> 完璧≠最高まさにそのとおりですね!

塚地さんが「韓国アイドルはプロ野球で、ももクロは高校野球だ」と評していましたが、
まさに、という感じです。
不完全だからこそ完成までの過程を楽しめます。

URL | さかもと #-

2012/06/10 19:43 * 編集 *

確かに邪魔くさいですが

サイン入りすのこですか。
確かに邪魔くさそうですが、その話を見て「自分がヤマト運輸の営業なら臨時営業所出すのに」と思ったのは不純でしょうか。
その話を持って行ったら、却下されて東武運輸が店を出すのか。
尻切れトンボみたいな終わり方は不完全かもしれませんが、大半の人生そのものは尻切れトンボみたいなもんでしょ。
終わっていようがいまいが時間で「ブチッ」と切り、それに対してウダウダ云わないのは潔くて粋だと思います。
ウダウダ云っちゃうと野暮ですが。
どう考えても短い60分に端から決められ 、それを受け入れるという事に小さいけれど「覚悟」を感じられますね。
案外高齢者、特に後期高齢者に受けるかもしれませんね。
「潔い」とか「覚悟」というものが普通に周りにあった世代に。

毎回全身真っ赤で覆面だと、逮捕はされなくても、公安関係のえんま帳に載りそうですよ。
昔ならアメリカ政府からも目を付けられたかも。

URL | よね #-

2012/06/10 20:12 * 編集 *

ももクノに行って来られたんですね。羨ましい限りです。
ナタリーさんの記事やメンバーのブログで内容は確認していましたが、主様の言葉で、それも今回は実際に生で見て来られたということで、いつも以上に熱い思いを感じ取れました。

私も古参とはほど遠い新参者なので、「Hello good bye」と「Dream wave」は聞いたこともありませんでした。


今回の皆様のコメントを見ていて、改めてモノノフってなんかイイなぁって思いました。
ももクロに出会えて良かったっていうのは常日頃思いますが、それと同時にこんなに真っ直ぐで温かい人たちと一つの話題で共感して心を通い合わせられることにも幸せを感じます。
もっとも、私は直接モノノフの方と知り合っているわけではないんですが!笑

主様のブログを通してモノノフの方の
、ももクロへの愛を感じて嬉しい気持ちになっています。
特に「ももクロ」の話題だとコメント数が増えるので!笑


主様のブログはそれ以外にもたくさん面白くて考えさせられるものが多いので、そちらにもコメント頂いて一緒話を膨らませられたらなぁと願う、アロエでした。

URL | アロエ #-

2012/06/10 21:14 * 編集 *

みやむーって響きが懐かしいと思ったらやっぱ赤推しなのか、

URL | ひゃくた #-

2012/06/10 23:22 * 編集 *

はじめまして。こんばんは。

ブログ拝見しました。素晴らしい考察だと思います。
改めて振り返ってみて、とても納得がいきました。

ただ、感謝祭に参加した身としては、現場ではそういうメッセージは感じ取れなかったのです。

会場には終始微妙な空気が流れ続けました。
「ももクロ」の曲が聴きたいのに、なぜそれをやらないのか?
多くの人がそう思っていたはずです。

僕は、この日のため、あえて「ももクロ」グッズで身を固めました。
会場には同じように考えた人も多くいました。
会場の様子をみれば、ステージからでも一目でそれに気づけたはずです。

その気持ちを無視し続けて、最後に「また来てね」と連呼された時には、何だかむなしさを感じてしまいました。
パフォーマンスで観客を魅了し続けてきた彼女たちが、そんな口先だけのあいさつをするなんて、と。


目の前の観客やチャンスを大事にする、
彼女たちが守ってきたその基本を今一度振り返ってほしくて、あえて苦言を呈してみました。

駄文、失礼いたしました。

URL | みーすけ #-

2012/06/10 23:34 * 編集 *

初めまして。

大変興味深く読ませていただきました。
ももクノ私も行きました。
仕事も早々に切上げてからの初参でした(しかも単騎)。
ただ、無銭エリアの存在を知らず1.2部とも音のみ鑑賞。(バック側)
タダ見行けそうかなぁ~とも思ったんですが、、、そこは無銭・新参・中年のおっさん。引け目ってヤツがそうさせました。
今は無銭エリアに行かなくて後悔しています。

ただ、音声のみもなかなか良かったです。(ある意味贅沢な鑑賞法)
見えない分、見えないなりに楽しんだつもりです。
雨によりモノノフしかいない動物園。
OVERTUREと共に響き渡る地鳴りのようなコール。
会場温まったところで組込まれる古めの曲。
一転、冷凍から続いた辺りのステージの空気感は特に微妙な。
ステージ外なんで特に伝わってました。
2部最後はそこら辺、空気呼んでの大団円につなげる「怪盗」だったんではないかと。
さすがはリーダーです。

彼女達も、元モノノフも、現モノノフも、これで本当に「Z」を纏い、または脱いだのかもしれません。
そんな禊のようなCPイベント.1.2を通じての「セトリ」だったかなと。
そんな貴重な意味を持ったLIVEに1・2部だけでも感じられて良かった。
楽しかったです。
ただ、もうこんな楽しみ方は1回で十分ですね。 えぇ・・・(遠い目)。

スイマセン。大変面白く読ませていただきましたので。
思わず感想まで書かせていただきました。
では、またお邪魔します。

もしや藤子ファンですか?
カンビュセスについての考察後程拝見させていただきます。
お邪魔しました。

URL | Emeflow #uyOXKyx.

2012/06/10 23:50 * 編集 *

はじめましてコメントさせて頂きます!
まさかと思いつつもしかして当ブログに来た方かなと思いまして・・・
ちがったてらごめんなさいw

ツイッターで回ってきたものを先に読ませていただいてました。
CPがれにちゃん考案のセトリと知ったときはちょっと衝撃でしたw
でも、れにちゃんらしいですし、その他イベント内の言動とかももクロちゃんらしいですよねきっと。
あと、オレもすっかり忘れていた出来事も思い出させて頂きました!
ありがとうございます!
ももたまいのばーかばーかやももかのさしすせそとかもう色々ありましたよねw
思いっきり思い出し笑いしてますwww

これだからももクロを追うのはやめられない!
ってまた改めて思わされる神イベントでした!

URL | めたくろっく #-

2012/06/11 00:03 * 編集 *

>さかもとサマ
実は主戦場がmixiなんですよ~。
ももクロちゃんに特化した事書こうとブログもあるっちゃあるんですが、
イベント事があったときだけ書いてるような状態であまり稼働していないと言う状態なので
リンクとか恐れ多いと言いますかなんと言いますか( ̄▽ ̄;A

> ひゃくたサマ
初めまして。
そうかそうだ!と言われて気付きました、偶然です(笑)

URL | みやむー #-

2012/06/11 00:33 * 編集 *

お疲れ様でした

お疲れ様です。無銭エリアが今回もあったのですね!私は、ベルサール秋葉原で一回目はチケット、二回目は無銭エリアからみました!

今回、走れの合唱があったのですね!いやー合唱したかった。ベルサール秋葉原では二部にて走れで、途中終了してしまい強制終了、退場でしたから。

UFIもベルサール秋葉原でもあってツッコミをみんなで入れたのは懐かしい、いい思い出です。

URL | Hiroaki #CvPplrP.

2012/06/11 00:53 * 編集 *

もしかしたら本当にそういうメッセージが込められていたのかもしれない。
でも、歌詞カードも見たことのない歌を決して音質がいいとは言えないライブで聴いて
なんて歌っているかなんてはっきりとはわかりません。
どんな高尚なメッセージも対象に伝わらなければ独り言です。

世間に認知されたから去ったわけではなく、僕らにとっては変わってしまったから去るんです。
確かにメンバー自体は変わっていないかもしれない
でも確実にグループとしては変わったんです。
いつの間にか、それもすごいスピードで変わってしまったんです。

もう1度変わる前の幻影を見せてくれるだけで良かった、
それでもう思い残すことは無かったのに、やはり参加した当事者としては残念でなりません。

別現場だとか別のアイドルだとか行かなくてもあれで心が折れてその後残るなんて選択肢はありませんでした。

絶対また来てね すら、上でみーすけさんも書いていらっしゃるように口先だけに聞こえました。
なかばおちょくられているようにも取れました。

またまツイッターで流れてきてこんなこと書くのは失礼でしょうが
これが中に入っていた一ヲタの心境です。


URL | Z前新規 #Zx0olcpk

2012/06/11 03:57 * 編集 *

よねさんへ

コメントありがとうございます!


> どう考えても短い60分に端から決められ 、それを受け入れるという事に小さいけれど「覚悟」を感じられますね。


運営側はつねに試練を用意しますね。
それに純粋に立ち向かうももクロちゃん。
時間を設定され、かつファンのみんなも満足させなければならない。

確かに覚悟が半端ないです。


> 毎回全身真っ赤で覆面だと、逮捕はされなくても、公安関係のえんま帳に載りそうですよ。
> 昔ならアメリカ政府からも目を付けられたかも。

今度会ったら注意しておきますね(笑)。

URL | さかもと #-

2012/06/11 06:10 * 編集 *

アロエさんへ

ありがとうございます!
初ライブ行けました!


> ももクロに出会えて良かったっていうのは常日頃思いますが、それと同時にこんなに真っ直ぐで温かい人たちと一つの話題で共感して心を通い合わせられることにも幸せを感じます。

ほんとモノノフ推せます!
ももクロちゃんについて話してるだけですごい楽しいです。
なんなんでしょう。
ももクロちゃんがつなぐ輪。
すごいです。


> 特に「ももクロ」の話題だとコメント数が増えるので!笑

ほかの記事との落差が(笑)。
でもまぁ映画とか好きかって書いていきます。

URL | さかもと #-

2012/06/11 06:34 * 編集 *

みーすけさんへ

コメントありがとうございます!

感謝祭にご参加なさったのですね。
わざわざお越しいただきありがとうございます。


> 目の前の観客やチャンスを大事にする、
> 彼女たちが守ってきたその基本を今一度振り返ってほしくて、あえて苦言を呈してみました。


映像でしか知らない僕は感謝祭イベントを無銭エリアから見て
いつものように全力パフォーマンスをしている5人に見えました。

Z以前の5人がどのような感じかわからないので、
もっとどう変化したのか知りたかったです。

批判はすごく大事です。
どのあたりが口先だけのあいさつと感じられたのか細かく知りたいです。

URL | さかもと #-

2012/06/11 06:54 * 編集 *

Emeflowさんへ

コメントありがとうございます!


> タダ見行けそうかなぁ~とも思ったんですが、、、そこは無銭・新参・中年のおっさん。引け目ってヤツがそうさせました。

遠かったですが見えました。
むしろ会場の立ち見エリアよりもばっちり見えました!
次のももクノはぜひチケット無くても無銭エリア行きましょう!


> OVERTUREと共に響き渡る地鳴りのようなコール。

あの一体感すごいですよね。
一気に体温が上がります。


> ただ、もうこんな楽しみ方は1回で十分ですね。 えぇ・・・(遠い目)。

このままももいろクローバーZとして突き進んでいくでしょう。
「ポイント終了」のようなものが現在もう無いので、ほんと奇跡のような3部作でした。


> もしや藤子ファンですか?
> カンビュセスについての考察後程拝見させていただきます。

異色短編集だけ持ってます。
どこでもドアの哲学性についても考えたことがあります。
SF作家として素晴らしい先生だったと思います。

URL | さかもと #-

2012/06/11 07:09 * 編集 *

めたくろっくさんへ

コメントありがとうございます!

そちらのブログに書き込ませていただきましたさかもとです(笑)。


> ももたまいのばーかばーかやももかのさしすせそとかもう色々ありましたよねw

あれはもうほんと幸せでした。
夏菜子ちゃんなんなの(笑)。
ももたまいは毎回やってもいいぐらいですね。


> これだからももクロを追うのはやめられない!
> ってまた改めて思わされる神イベントでした!

参加した人が常に神イベントだと感じられるももクロちゃん。
素晴らしいですね。
会いに行くことが大事だと強く思いました。

URL | さかもと #-

2012/06/11 07:16 * 編集 *

みやむーさんへ

mixiなんですねぇ。

ももクロコミュニティに入ってますがほとんど覗いてないです。
ツイッターの情報の方が早いので。

今回のライブ感想書いたらこっそり教えてください(笑)
mixiでも同じ名前だったら検索します!

URL | さかもと #-

2012/06/11 07:19 * 編集 *

Hiroakiさんへ

コメントありがとうございます!


> 今回、走れの合唱があったのですね!いやー合唱したかった。ベルサール秋葉原では二部にて走れで、途中終了してしまい強制終了、退場でしたから。

秋葉原の時は仕事で行けず悔しい思いをしました。
強制終了も残念ですね。
ますます『走れ!』


> UFIもベルサール秋葉原でもあってツッコミをみんなで入れたのは懐かしい、いい思い出です。

つっこみ楽しい!
今度はちゃんと見ながらつっこみたいです。

URL | さかもと #-

2012/06/11 07:36 * 編集 *

Z前新規さんへ

コメントありがとうございます!


お読みいただきご意見までくださって感謝しています。
文面から察するに、もうももクロのファンではないと読めますので、本当に今までおつかれさまでした、と言わせてください。


我々新規ファンにはももクロちゃんがどのように変わったか知ることができませんでした。
その儚さを知っている方をうらやましく思う気持ちと、このまま知らないでいたいという気持ちとがあります。

れにちゃんのセットリストから勝手にこのように読み取りましたが、
それがZ前新規さんに届かなかったということは、彼女たちの力量不足ということでしょう。
過去に戻って円満に離れさせるより、現在をぶつけてまた再び好きになってもらう、という賭けに出て失敗した、ということかも知れません。

僕としてはその心構えこそがももクロだと思って好きになっています。


> 絶対また来てね すら、上でみーすけさんも書いていらっしゃるように口先だけに聞こえました。
> なかばおちょくられているようにも取れました。


僕が見た限りでは、れにちゃんは本当にまた来て欲しいと思ってるように見えましたよ。
あんな叫び方は素のリアクションの時でしか見たことありませんから。


> またまツイッターで流れてきてこんなこと書くのは失礼でしょうが
> これが中に入っていた一ヲタの心境です。


わざわざコメントくださり本当にありがとうございます。
感謝祭参加者の方の意見を聞けてよかったです。

URL | さかもと #-

2012/06/11 08:50 * 編集 *

感謝

こんにちは。山里さんのRTから知りました。CPイベに関しての大変意義深い考察ありがとうございます。自分はゴッドタンど新規の勘違いヤローなんですが、このリポートを読んで自分の浅はかさをつくづく思い知らされました。そして、それと同時にももクロを創り上げてるすべての関係者へのリスペクトが深まりました。なんと言ったらよいのか分かりませんが、お礼だけは述べたくてコメントさせていただきました。本当にありがとうございます。

URL | コチトラダクション #-

2012/06/11 13:12 * 編集 *

コチトラダクションさんへ

コメントありがとうございます!


山里さんの件は本当に驚きました。
まさか読んでもらえてリプライまでいただけるなんて。

ももクロちゃんを好きであれば浅はかなのかどうかなんて無いと思います。
見え方がそれぞれあるだけで。


もしこれを読んで違った見方もしていただけたのであれば、
これほど嬉しいことはありません。


URL | さかもと #-

2012/06/11 15:04 * 編集 *

拝見させて頂きました

ももクロの検索をしていたら辿り着き、
興味深く拝見させて頂きました。
過去記事も拝見し、正直、泣いてしまいました^^;
アイドルなどあまり興味がないのに、ももクロだけは知ってから惹かれてしまったのですが、
彼女たちの類稀な魅力の意味がわかった気がします。
何かを否定するのではなく、全てを受け入れた上で、それを乗り越えようとする彼女達のひたむきな姿勢に、
そして感謝の心を忘れない姿勢に、頭が下がります。

URL | snow #BejLOGbQ

2012/06/11 22:09 * 編集 *

さかもとさん


お返事ありがとうございます。


うまく言えないけど、あのイベントから私の中にはずっともやもやした気持ちがあって、それだけは真実なんだと思っています。
つまり、感謝祭は、私を初めとして、多くのファンの心に刺さらなかった。

あの会場は一種アウェイのような状態にありました。
「ももクロ」を期待したファンに対して、彼女たちは普段どおり。

たしかにパフォーマンスはいつもどおり一生懸命でした。
でも、アウェイなんだから、ただやっただけでは観客の心に響かないのは当然の結果です。


彼女たちを語る上での大事なキーワード「全力」はただ一生懸命なことを指すものではなかったと思います。

彼女たちには夢がありました。「紅白出場」
無名なアイドルには大きすぎる夢だったと思います。
でも、彼女たちはその夢をどうしてもつかみたかった。
目の前を素通りしていくお客さんたちに振り返ってほしかった。
だから、持っているものを迷わず全て観客にぶつけた。
歌もダンスも大したことないけど、そのギラギラした想いだけは伝わってくる。その想いに通行人は観客になり、やがて魅了されてファンになる。
彼女たちの夢がいっぱいに詰まったパフォーマンスが、「全力」という言葉になったのだと思います。

そんな全力は、あの会場では見られませんでした。
一度離れたファンの心をつかもうというギラギラした想い。どうして、もっとつかみに来ないのか、私はとっても歯がゆい思いで、ライブを見続け、そして、楽しみにしていたイベントはそのまま終わりを迎えてしまいました。

「また来てね」
そういうならそれだけのパフォーマンスをしなくてはなりません。なのに、それをしなかった。
だから、口先だけなんだと感じました。
(たしかに言い出しっぺのれにちゃんだけは違ったのかもしれませんね。ファンをつかめなかったけど、どうしてもつかみたくて心の底からそう叫んだのだと。でも、それを他のメンバーのようにああやって連呼したのでは、台無しです)


彼女たちはまだまだ夢にたどりつけていません。
ももクロもそれなりに売れてきてはいますが、CDのセールスではAKBはもちろん乃木坂にさえ全く及びません。
無限の愛がオリコン5位だと喜んでいましたが、一年前のミライボウルでは3位だったではないか。
少しちやほやされたくらいで、自分たちの今の状況を見誤ってしまったのか?

少しのチャンスをもつかみに行っていた昔の気持ちを、もう一度思い出してほしいと、私は切に願います。

URL | みーすけ #-

2012/06/11 22:53 * 編集 *

キモイ
人の口調真似するアニオタレズおええええええ

URL | #-

2012/06/12 02:26 * 編集 *

snowさんへ

コメントありがとうございます!


> 過去記事も拝見し、正直、泣いてしまいました^^;
> アイドルなどあまり興味がないのに、ももクロだけは知ってから惹かれてしまったのですが、
> 彼女たちの類稀な魅力の意味がわかった気がします。


いろいろ読んでいただけたみたいで大変嬉しいです!
ですがここに書かれてるのはほんと一端というか、僕がただ思っただけのことなので
実際のももクロちゃんはこの何倍も素晴らしい存在です!

これを読んで新たな視点を獲得していただけると大変ありがたいです。
これからもももクロちゃんの魅力をともに探求していきましょう!

URL | さかもと #-

2012/06/12 03:12 * 編集 *

みーすけさんへ

大変貴重なご意見ありがとうございます。


> 目の前を素通りしていくお客さんたちに振り返ってほしかった。
> だから、持っているものを迷わず全て観客にぶつけた。
> 歌もダンスも大したことないけど、そのギラギラした想いだけは伝わってくる。その想いに通行人は観客になり、やがて魅了されてファンになる。
> 彼女たちの夢がいっぱいに詰まったパフォーマンスが、「全力」という言葉になったのだと思います。
>
> そんな全力は、あの会場では見られませんでした。


なるほど。
これは僕には到底わからない指摘です。
僕は彼女たちの全力を当たり前のものとして享受してきました。

確かにご指摘の通り、「がむしゃらさ」みたいのは感じられませんでした。
キラキラしたパフォーマンスが全力であるとしか知り得なかったのでしょうがないですが。

ようやくおっしゃってた「ももクロの変化」の意味がわかりました。
コメントいただき大変ありがたいです。


> ももクロもそれなりに売れてきてはいますが、CDのセールスではAKBはもちろん乃木坂にさえ全く及びません。
> 無限の愛がオリコン5位だと喜んでいましたが、一年前のミライボウルでは3位だったではないか。
> 少しちやほやされたくらいで、自分たちの今の状況を見誤ってしまったのか?
>
> 少しのチャンスをもつかみに行っていた昔の気持ちを、もう一度思い出してほしいと、私は切に願います。


確かにそのとおりですね。
僕も今年も紅白はまだまだなのではないか、と思っています。
CD売り上げ枚数もそうだし、国民的とまではまだいけてないですから。

重ね重ねですが、貴重なご意見ありがとうございます。

URL | さかもと #-

2012/06/12 03:24 * 編集 *

Re: タイトルなし

> キモイ
> 人の口調真似するアニオタレズおええええええ


気持ち悪いのは合ってますがアニメオタクでもレズでもないです。
人の口調を真似する、というのはどのあたりを指してるのでしょう。
誰に真似だと。

まぁ指摘できないだろうからどうでもいいんですけどね。

URL | さかもと #-

2012/06/12 03:35 * 編集 *

さかもとさん

つたない文章から私の意図をくみ取っていただきありがとうございます。

改めてですが、さかもとさんの考察は見事でした。
私ももっとくみ取ってあげられたらよかったのかもしれません。

ももクロにはこんな素敵なファンがいてくれることが、とても嬉しいです。
「モノノフ」がいることは、ももクロのもうひとつの魅力だと思っています。

これからもももクロを支えてあげてください。
私もなかなかライブに行けませんが、この声届かなくても、変わらず応援し続けます、。

長々と私の管巻きにお付き合いいただき、ありがとうございました。

URL | みーすけ #-

2012/06/12 21:56 * 編集 *

みーすけさんへ

重ね重ねになりますが、普段聞くことのできない意見を聞けて本当に感謝しています。
ファンは盲目なので見えなくなっている部分が多々あると思います。
なので僕が絶対に認識できない部分についてのご意見は大変ありがたいです。


「表現」と「表出」とわけて考えているのですが、
「表出」の成功の判定基準は「自分がすっきりしたかどうか」
「表現」の成功の判定基準は「相手に伝わったかどうか」です。

今回のイベントでは「表出」に成功し、「表現」に失敗した、ということだと思います。
僕のような新規ファンには、あそこが頂点としか知らないので「表出」も「表現」も成功しているように見え感動できます。
でもみーすけさんのような方にはZ以降の曲での「表現」がまだまだ成功しなかった。

不満足だったみーすけさんに失礼ではありますが、僕はここにまだまだ伸びしろがあることがわかり嬉しいです。


> 改めてですが、さかもとさんの考察は見事でした。

そう言っていただけると本当に心強いです。
批判をパワーに変えて強くなるももクロちゃんをこれからも見続けたいと思います!

URL | さかもと #-

2012/06/12 23:06 * 編集 *

過去記事掘り返してのコメントお許しを(-_-;)
見逃していたもので・・・
コメントした方が読まれるかわかりませんが
どうも納得いかなかったもので。

古参?の方の意見を読みましたが
自分としては、去っていった人間がなにをいまさらというか
自分勝手な事を言ってるようにしか見えませんでした。

ももクロちゃんがグループとして変わったから
ファンではいられなくなった、っていうのは分からないでもないんです。
そういうことは多々あると思うので。

ただ、離れてしまった頃(Zになった頃かな)と現在を比べても
ももクロちゃんは大きく変わってるはずであり
そんなことは言わなくてもわかると思うのです。
にもかかわらず、昔のギラギラが感じられなかっただの
昔の「ももクロ」が見たかったのにだの、と
それは無理な相談ってもんですよ。
年齢も変わったし、周りの状況だって大違い。
いくらももクロちゃんとはいえ、昔と同じパフォーマンスを求められても
はい、わかりましたと出来るものでは無いし。

古参の方に向けてのイベントではあったんだろうけども
だからと言って、昔のももクロを期待するってのは
お門違いというもんじゃないんですかね?
ファンの期待に応えるのがプロだろとか思うのかもしれませんが
それとこれは別問題だと思うし。

無印だった頃の、幼い少女達が発するがむしゃらさや
キラキラ感というものは無くなっているかもしれませんが
今は今の、段々と大人へと成長してきている彼女達の魅力があるわけで。
ライブを久々に見に行くという事だったのであれば
現在の「ももいろクローバーZ」を見るつもりで行くべきだったのでは?
主様とは意見がちょっと違いますが
昔とは変わっているけれど、今の私たちはどうですか?
ってのを見せたかったんだと思います。

心に刺さらなかった、もっと掴みに来ないのかとか言ってますが
最初から、古参の方達が今のももクロちゃん達を見ようとしていないのだから
刺さりもしないし、掴めるわけもない。
ももクロちゃん達は精一杯やった。
ただ貴方たちが向き合おうとしなかったんじゃないんですか?

路上で応援し始めたのも、ちょっと見てみるか、と
向き合ってみたからこそ興味を持って声援を送るようになったんでしょう?
昔の気持ちを忘れてしまったのは貴方たちの方じゃないんですかね。
自分の事は棚にあげて、ももクロちゃんがもっとちゃんとやってくれれば
みたいに言うのは、すごく自分勝手ではないでしょうか。

現場にも行けてないし、全ての方の意見を聞いたわけでもないですが
少なくとも、ここのコメントを読んだ限りでは
そう感じられました。

皆さんのように上手く言えませんけど
これが率直な感想です。


URL | バナナモモ #-

2012/07/31 05:46 * 編集 *

バナナモモさんへ

コメントありがとうございます!


> 古参?の方の意見を読みましたが
> 自分としては、去っていった人間がなにをいまさらというか
> 自分勝手な事を言ってるようにしか見えませんでした。


僕個人としてはいろんな人の意見を聞きたいと思っています。
当然離れる理由は人それぞれだと思うし、年齢にともない変化する部分もあるでしょう。
でもいろんな意見を聞くことで今後の参考になると思うんですよね。
まぁ自分が安心感を得たいだけかもしれませんが。
(その程度じゃファンを辞めないな、というような)



> ライブを久々に見に行くという事だったのであれば
> 現在の「ももいろクローバーZ」を見るつもりで行くべきだったのでは?


確かにクローバーイベントということで過度に過去を期待した結果
期待はずれに陥った、という面もあるでしょうね。

ライブは予習していって楽しむもの、という立場からすると
予習しないで行って楽しめないのは当然かもしれません。

URL | さかもと #-

2012/08/01 01:54 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1126-d273336f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top