09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

『メン・イン・ブラック3』のタイムパラドクスの浅さ 

■ 『メン・イン・ブラック3』のタイムパラドクスの狭さ


『メン・イン・ブラック3』を見てきました。

宇宙人と戦う秘密結社のお話ですけど、今回は映画的に見てとても残念な作品でした。

以下ネタバレを含むのでご了承の上を進みください。



■ 回収されない伏線


ウィル・スミス演じる「エージェントJ」が過去に戻り昔の「エージェントK」を助ける、という内容。


「K」の過去に触れるということで、いくつかの謎が散りばめられてます。


・過去饒舌だった「K」が現在無口なのはなぜか
・「K」と「O」の関係は?
・凶悪宇宙人を助けたのは誰か
・「J」だけが「K」の記憶を失わなかったのはなぜか


僕の見落としという可能性もありますので、ご批判はありがたく受け取ります。


これらの謎は明らかにされないまま映画は終了します。


未来を予見できる宇宙人がカオス理論に触れます。
小さなできごとが予想できない大きなできごとを呼び込む。

だとしてもタイムパラドクスに対する思考の浅さにはがっかりです。


現在過去に戻ることはできないとされています。

例えば、33歳の僕が10年前に戻り23歳の僕を殺すとします。

すると23歳で死んだ僕は33歳になることはありえませんので、「10年前に戻って23歳の僕を殺す」ということができません。

これがタイムパラドクスです。
成立しない。

逆に言うと、「この現在」は安定せざるを得ない。
パラドクスなんて起きる余地がない。
「この現在」はすべてが収斂した結果です。
未来から来た何かが過去をいじったとしても、それらがすべてに決着を付けた結果が「この現在」です。


過去をいじられたか知り得ない我々にとって、「実は現在は数回目の改変中」というのはありえない。



となると、凶悪宇宙人を助けたのは誰なのか、となる。

自分の手から出る小さい宇宙人が助けてくれたんだけど、あれを運んだ女はどうやってきたのか。

そして助かった凶悪宇宙人が過去に戻るということは、凶悪宇宙人はそもそも捕まらないということになる。

「K」は殺され凶悪宇宙人は逮捕されない。

となるとそもそも凶悪宇宙人は脱獄する必要もないわけですから、過去に戻って「K」を殺すということもできません。

タイムパラドクス。



そしてなぜ「J」は記憶が消えなかったのか。

「K」と一緒の場所にいたからだ、と説明された気もするが、その後の説明もなく。



タイムパラドクスだから矛盾するのは当たり前です。
なので、そこを活かして映画的に昇華するのが素晴らしい。

でもこの映画は何もそこが活かされていません。


物語のラスト、若い「K」を助け命を落としたのは実は「J」の父親だった。

その事実を知り「K」は幼い「J」を育てようとしたのだと理解した。


1、「J」が過去に戻らなければ「J」の父親が死ぬことはなかった
2、「K」が死ねば「J」はMIBにスカウトされない
3、つまりはそもそも「K」を救う者など存在せず、「J」はジェームズのままで父親と平和に暮らしていただろう


でもタイムパラドクスを使ってもっと感動的な物語をつむげたはず。

現在の「K」が無口になった理由がここにあった、などして伏線を回収することができたはずだ。



派手な映像も少なく、宇宙人との戦いも地味。
物語としての美しさも皆無。

ハリウッド映画は日本人をなめてるのか。
シリーズ物で知名度ある人物を出しておけばいい、と思ってるんだろうか。

スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

この記事に対するコメント

タイムパラドっクスの話は過去と現在、未来の線が一本に繋がって初めて価値のあるものになるのに、伏線が回収されてないとなると見終わった後に後味の悪さが残りそうですね。
まだ映画をみていない私がこんなことを言うのもなんですが!汗

そう思うと一昔前に爆発的にヒットした「バックトゥザフゥーチャー」は本当によく出来た映画だったと思います。
ドラえもんでもタイムマシンで過去や未来に行く話はありましたが、話がこじれないように最後はしっかりまとめていたというのが記憶にあります。

本編を見てないので突っ込んだ話が出来ないので申し訳ないですが。


キングオブコメディさんのことをそんな以前から知っていたんですね。
お笑いを見るセンスもあったという事実に尊敬です。


前回の「Z女戦争」のブログがすごいことになっていますね。一つのコミュニティかと思われるぐらい深くて熱い議論がなされているので、楽しく拝見させて頂いています。

URL | アロエ #-

2012/06/16 17:27 * 編集 *

アロエさんへ

コメントありがとうございます!


バックトゥザフューチャーの1のラストと2の冒頭がおもしろいつなぎをしてますが、
あんな感じで、すべてのできごとは全部が同時に起こってるのです。
つまり「1回目に過去に戻った」というのは理論上矛盾します。
一度過去に戻った以上は無限回過去に戻っているのを繰り返しているはず。


> ドラえもんでもタイムマシンで過去や未来に行く話はありましたが、話がこじれないように最後はしっかりまとめていたというのが記憶にあります。


藤子不二雄先生は大変素晴らしいSF作家でした。
ドラえもんを見ればその哲学性を自然と学べますね。


> キングオブコメディさんのことをそんな以前から知っていたんですね。
> お笑いを見るセンスもあったという事実に尊敬です。


お笑い好きなだけです。東京03も全部DVD持ってますが、優勝した時嬉しかったですねぇ。
飯塚さんのつっこみは天才的です!
ウレロ2楽しみ!


> 前回の「Z女戦争」のブログがすごいことになっていますね。一つのコミュニティかと思われるぐらい深くて熱い議論がなされているので、楽しく拝見させて頂いています。


ほんとありがたいことです。
ただちょっとコメント欄での限界も感じ始めました。
明らかに議論が読みづらいですね。
他に方法も無いんですけども。

URL | さかもと #-

2012/06/17 01:54 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1136-f4eba9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top