07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ロードムービーのような時間 【リンクステーション青森大会での出来事】 

■ 東京―青森

伝説的なツアースタートを切ったNHKホール大会から1週間。
ついに我が故郷である青森でのももクロ初ライブが開催される。


ももクロファン仲間のご厚意により、青森に向かう車に同乗させていただくことになりました。
大変ありがたいです。
通常よりも安く済むというのもありますが、何よりももクロ好き7人が車で10時間近くかけて一緒に戦場へ向かう、というのがグッときます。


れにちゃんの誕生日後ということもあり、紫のサイリウムを5本買ってから待ち合わせ場所へ。
(公式紫ペンライト買えばよかったのですが、ギガペンライトを紫加工すればいいと高をくくってました。紫のセロハンを差し込んだら光量が激減。模様などを切り抜く器用さも無く。安いサイリウムで代用しました)


初対面の方々もいらっしゃいましたが、挨拶もそこそこにさっそく乗り込む。
隣の方と漫画『よつばと』の話などをしながら向かう。
もちろんももクロをガンガン流しながら!
1曲目が『あの空へ向かって』で車内爆笑。
終わっちゃった、みたいな。

他の曲も当然コール入れまくりだし、大変テンションの高いスタートでした。


途中のパーキングエリアなどで飯食ったりして軽く休憩。

『みてみて☆こっちっち』の振りコピの練習などした。
ここでもいろいろ笑ったなぁ。
『Z女戦争』の振りコピ練習もおもしろかった。


僕は運転免許を持ってるんだけど、取得後に一切乗ったことが無く、あの鉄の精密機械を動かせる自信がまったくありません。
運転を代われたら良かったんですけども、ドライバーを買って出てくれたあーりん推しさんには本当に感謝です。
(僕はそのまま青森県に滞在する予定なので帰りは乗ってないんだけど、どうやら帰りも全部運転したそうだ。その体力に感服します)



長旅を終え、ついに青森入り!

早朝に到着したのですが、まずはリンクステーション青森へ向かいつつ、駐車場を探す。
会場に到着するやいなや車内からメンバーへのコールが。
れにちゃーん!

騒々しいです。

「あーりん東京から会いに来たよ~↑↑」というコールが「怖いから」とつっこまれてて爆笑。

早朝なのに一気にボルテージが上がった。


あいにくの小雨でしたけど、どうやら予報ではこのまま雨が上がるみたい。

あーりんの雨女ジンクスなんか青森の祭り魂が吹き飛ばしてやんよ!



その後青森駅近くの温泉に行き身を清める。

なんかここの店員の態度が悪く、接客業をやってた僕としてはどうも気になる。
しかも言葉のイントネーションで地元民ではないこともわかるはずなのに、他県からの客に対してこの態度はよくないな。

少し休憩し、その後単独行動。
地元青森を散歩したくなって。
あとは重たい荷物をコインロッカーに預けたかったのでね。
みんなもばらばらに飯食いに出掛けてたし。


そして青森の町並みはやはり閑散としていました。

コインロッカーに荷物を預け、いざ会場へ。
歩くと結構あるんだけど、途中で飯食うとこ探しながら行くか、と。


そしたら飯屋に入る前に会場に着いてしまった。
青森が5色に染まる。


このリンクステーション青森は以前青森市民文化会館という名前で、僕が幼稚園の時に20人ぐらいでステージに上がりました。
和太鼓の発表だった気がする。
余り記憶にないです。

開演前に入り口で兵藤ゆきを見たことだけは覚えてる。
幼いながらに『元気が出るテレビ』でよく知っていた顔だったのです。


でもももクロと同じステージに立ったと考えると勝手に感慨深くなりますね。


■ リンクステーション青森大会が東北魂で燃え上がる


物販はすでに整理番号が600番台ぐらいらしい。

もう物販買えないかなぁ、と思い、ひなたぼっこしながら時間つぶした。
ちびノフちゃんがかわいい。

あとZ伝説あーりんコスプレしてる方がかわいかった。
僕がカメラ小僧だったら写真お願いしてるんだろうなぁ。
「目線くださーい。Zポーズくださーい」


そしてついに「青森りんごは鉄板です法被」を目の当たりにした。
青森モノノフ会があり、以前弘前に帰郷したときもこの会の方がツイッターで誘っていただきまして、短い時間でしたけどもれにちゃんの魅力を語り合ったのでした。

この法被欲しいけど、お高いんでしょうし、何より僕は現在青森在住ではないので、この法被をまとうのは申し訳なさが先に立ちます。


おじいちゃんのようにぽへー、としてると、NHKホール大会鑑賞会のあとの飲み会でお会いした女性が声を掛けてくださいました。
弾丸ツアーで来ちゃいましたと。

ほんとみなさん遠路はるばる青森までお越しいただいてて感謝です。
ここまでの魅力を持っているももクロちゃん達にも当然感謝なんですけども、青森に来てくださる、というのがほんとうにありがたいですね。
こんななんにも無い地に。


しおりん推しのその女性は休みを取って来たそうです。

現在無職な僕はほんと自由だなぁ、と思った。
(まだ御存知ない方もいらっしゃるので改めて。僕無職。ブラック企業の過酷さに耐えかねて辞めて、念願だったライブにようやく参戦できるようになりました。仕事下さい。あと肩こりとか腰痛でお悩みの方は御一報を。交通費と昼飯代でもおごってもらえたらどこでもいきまーす。アフターケアのアドバイスまでお教えいたしますので)


しおりん推しさんが物販頼まれてて買うということなので、一緒に並ばせていただいた。

単推しペンライトはすでに全種売り切れ。
(ももクロのすごいところはファンが偏らないところだと思います。一推しとか二推しとか箱推しとかで、極端な差が一切無い。)

そして物販で並んでいると紫をまといし女性に「ここ物販の列ですか?あれ、さかもとさんなんですか?!」と言われたので、「はい」と答えた。

先週もらったツイッターアイコンを首からぶらさげていたので、それを見てくれたのでした。
偶然にも声掛けた人がフォロワー同士という奇跡。
嬉しいものです。
なので一緒に並びましょう、ということに。


ちょうどその頃高校時代の友人が到着したとの連絡が入る。
ももクロを勧めたらファンになってくれたのです。
れにちゃん杏果ちゃん推し。

彼には渋谷で買っておいた物販を渡したので、買ってくるまで待っててもらう。


そしてなんと!
物販購入後に川上マネージャーと古屋マネージャーと一緒に写真撮ってもらいました!
なんて良い人なんだ!

しかもその後に川上マネージャーは毎回大きな声で「ももいろクローバーZ!」と叫びながら写真撮られてました。
マネージャーからしてこのファンサービス。
ここにももクロ人気の本質を見た気がします。

ともみんは恥ずかしそうにしてた。

それから写真待ちの大行列になってしまって、本当に申し訳ないことをしたなと思いました。


購入代行を頼まれてたツアーパンフレットを引き渡しに会場外に出るも見つからず、代わりに『Music Lover』でお会いした杏果ちゃん推しのイカす杏果Tシャツを自作した方に遭遇したり、開場間近でバタバタした。
無事ツアーパンフをお渡しし、開場の行列に並ぶ。


そしていよいよ戦場への扉が開かれる。


■ 「ありがとう」って叫ぶことがこんなにも難しいなんて


ステージ上に映し出されているツアータイトルを目にするだけで声を上げずにはいられませんでした。

この「ライブに来た!」感。
客席の斜度がきつめで、身長差とか気にせずステージを鑑賞できる作りです。

座席について装備を整える。

左となりの杏果ちゃん推しの方と軽く会話を交わす。
一緒に戦う同士ですから御挨拶は当然なのです。

NHKホールにも行った方で、なんと1階席を数万で落札したそうです。
すげぇ財力だ!
僕にもくれ!


そして前の座席のあーりん推しの方に「暴れてペンライト当たったらすみません」と言われた。
あらかじめ断ってくるのは紳士的ですね。
その後の応援の姿はほんと暴れてましたが。


開演まで座って待ってる人が多数でしたけど、僕はもうそわそわしてしょうがねぇんですよ。
ずっと立ってゆらゆら揺れてました。

偶然にも東京から一緒に車で来た人も声掛けれる程度の距離。
青森を盛り上げようと視線を送る。

物販で並んだれにちゃん推しの女性も近くでした。

完全なる憶測ですけど、青森県内で予約した人は1階席に多いのかもなぁ。



そして、場内は暗くなった。

空気が一気に激震するような感覚。
怒号と言っていいぐらいの歓声。
5色のペンライトが客席に灯る。


overtureってなんでこんなにまで気持ちを高めてくれるのだろうか。

以前ためしにAKB48のovertureを聞いてみましたけど、全然高ぶらない。
ももクロovertureで高まることがモノノフの証か。


そして「うりゃ側の人間」である僕は、これまた周囲に「うりゃ」をする人が少ないながらもうりゃりました。
みんなもっとうりゃろうぜ!



ライブの感想ですけども、『ピンキージョーンズ』を生で見れた!
感無量でございます。
『BIONIC CHERRY』も!


あとやっぱ『みてみて☆こっちっち』のメロディラインが美しいなぁ、と思った。
すごい好き。
真夜中に振りつけの練習したのも活かされたし。

あと『LOST CHILD』の演出がNHKホール大会に比べはやく金網から外に出てくるな、と思った。


今回のツアーはいろいろな意見をすぐに取り入れて修正していきながら進化していくのかな、と思った。
セットリストが似てる、との批判もこう考えるとすぐに合点が行くと思います。
完璧なパフォーマンスをするためには、比較対象がはっきりしていた方がわかりやすい。
同じ演出をしているのにお客様からの見え方が変われば、それは成功にしろ失敗にしろとてもわかりやすいでしょう。

西武ドームに向けての9戦はこの「精度を上げる」というテーマがあるのかも知れません。
そして似た構成でもその時のライブこそが最高だったと参戦者に思わせる強さも。


僕自身もともとセットリストを覚えられないというのもありますが、NHKホール大会を大画面で見て比較してみても全然遜色無いんですけど。というか最高過ぎなんですけど!


ももたまいのかわいさも最高だし、あーりんの「一気に会場をひとつにするパワー」もすごいし、何より、杏果ちゃんのソロ曲が素晴らしすぎた。

久しぶりの『ありがとうのプレゼント』だったらしいのですが、これには落涙でした。
なんだろ、ほんとにありがとうを受け取ったと言えばいいのか。

「強くなるのに必要なことってマイナス要素たっぷりの涙の多さね」

ほんと素晴らしい歌詞を杏果ちゃんに与えてくださいました。


そしてやはりれにちゃんの『津軽半島竜飛崎』来ました!
美しいれにちゃん

青森に来てくれてありがとう!


僕はもういっぱい「ありがとう!」って叫びました。
なんで僕の声はこんなに小さいんだ!
いらいらする!
もっと彼女達にありがとうを伝えたいのに!
だからのどが張り裂けんばかりに叫んだ。
そして1日経った現在でも声がガラガラでかすれているのでありました。


最高のライブだった。
何より応援の声がみんなすごかった。

正直あまり知名度が高くない青森という地だったので、「これは青森を盛り上げねば!」とおごった考えをしてましたが、ふたを開けてみればなんてことはない、想像以上に青森ファンの層は熱かった!

だってももクロちゃんも「初めてやる地だったけど盛り上がりも鉄板だね!」って言ってくれたし!

そしてなんと言っても青森でやる「青森りんごはテッパンです!」ですね。
この瞬間だけホールが揺れたと思う。
それぐらい大きなテッパンコールだった。


寒い青森を一足先に夏祭りにしてやったぜ。

すべてが終了し、ヒロインインタビューへ。

どうしてもれにちゃんをヒロインインタビューに立たせたかった僕としては感無量。
応援してよかった!

れにちゃんから「絶好調!」のおたけびいただきました。
往年の中畑清か。


もう抜け殻です。
絞りつくしました。

今日一緒にきたメンバーにもライブの感動を共有したり、かすれた声で感想を言い合ったりしました。
最高だった!



■ 猛省せよ


ただ、ほんとすごく残念なことに、良くない情報も聞きました。
実際にはどうだったかわからないし、それが青森県人だったのかどうかもわかりません。
でもこのような行為が行われるのであれば、もうももクロちゃんは青森に来てほしくないです。
ももクロちゃんを悲しませるような行為があるところには来てほしくない。


まずひとつめ。
これはまだ軽い方ですが、5人が登場する前のムービーに手の影を入れた奴がいました。
メンバーが映ってるのに影で邪魔してやんの。
ガキかよ。
本人じゃなかったのがせめてもの救いだった。
ほんと青森馬鹿しかいねーな、と思った。
青森県人かわかんないけど。


ふたつめ。
携帯電話で撮影した奴がいたらしい。
ほんと出入り禁止にして欲しい。
こんな奴らがチケット取れて、ほんとに応援したい人が会場に入れないなんておかしいだろ。
画像撮りたいのなら来るな。
応援したい人だけが応援して欲しいです。


そして三つ目。
あーりんソロで客席に下りて歌ってる時に腕を引っ張った奴がいるみたい。
見つけたらそいつの腕へし折る。
16歳の女の子に何やってんだ、って怒りもあるし、今後国の宝となるアイドルになんてことしやがったんだ、という怒りもあります。



この3つがもうももクロちゃんを招けない理由です。
ももクロちゃんが悲しむようなことをやる奴は刺し違えてでも制裁したいです。


でもももクロちゃんのことだから、その制裁自体にも悲しむんだろうな。
どうすればいいんだ。

マナー守れカス。


■ 青森2部は彩りの宴


気を取り直して。

その後青森モノノフオフ会が開催されました。

開催する場所まで高校時代の友人と歩いたのですが、同じ道順のモノノフがいたので「オフ会参加するんですか?」と聞いたら「え?違います」と言われて恥ずかしかったです。
なんかライブ後って声かけたくなるぜ。


会場につくと一番乗りだったみたいで、座って参加者を待ちました。
ほどなくして大学生二人が来店。
でもすぐ帰るみたい。


あとは先週ツアーパンフレットを代理購入した方とか、さっき代理購入した方とかとも再会。
熟女トークしよう、と決めてた方と会えた。山口県から御参加です。
ほんとツイッター上でやりとりしている方にいっぱい会えました。

大変申し訳ないんですが、お顔を覚えてない方もいますので、次回会った時に僕の反応が薄くても気になさらないでくださいませ。
僕の脳が悪いのでございます。


そして何より嬉しかったのが、「さかもとさん!ブログ読んでます!」って言ってくださったり、「あのさかもとさん?ブログの?!」って言ってくださったりと、読んでくださった方がわざわざ来てくださったことです。

僕「くださった」言い過ぎ。


でもほんと嬉しい。
「マジすか!あのシャーマンの!」とか。

中には、八王子から参加の若者でほんとうにれにちゃんの写真をくださったりも。
今度夏菜子ちゃんの写真お渡ししますので!


オフ会主催者さまにも本当に感謝です。
このような場が無ければ出会えなかったですから。

そしてライブ後だというのにライブDVD鑑賞で再び荒ぶれる逸脱した大人たち。
これこそが馬鹿騒ぎ!
これこそがサマーダイブ!

僕はもう出ない声を必死で振り絞りました。


そして「世界のももクロナンバー1」コールで泣いた。


ほんと声が枯れてコミュニケーション取れない。
いっぱい話したいことあんのに!


0時になりオフ会終了。
マジすか。
みなさんにお別れの御挨拶。
合い言葉は「西武で会おう!」


というか朝までいて始発で実家に帰ろうと思ってたんですけどー。
途方にくれてたところ、『Music Lover』観覧でご一緒だった杏果ちゃん推しさんも行くあてが無いということで、とりあえずネットカフェで寝ませんか?という話になる。

近くにネットカフェがなく、タクシーでしか行けないぐらいの距離ということで、タクシー代割り勘できるのはほんと助かりました。
あと携帯電話の電池がゼロっていうね。

会場でお話しした方々をツイッターでフォローしたかったのですが電池無くてできなかったのです。
もしこれを読んでくれてたらフォローしたいっす!


んでネットカフェに着いて会員登録し部屋を任せたらまさかの隣同士というね。
ちょっと気まずいだろ。
音立てないように、とかいろいろ考えちゃうだろ!

そして隣同士なのにツイッターで会話する僕達。

まぁ声が枯れて出ないので助かりますけども。


さっそく携帯電話を充電してお世話になった方々に御挨拶しました。

あとは『よつばと』を読みました。
あとは寝ました。


朝になり「飯でも食いましょう」ということに。
青森駅に向かうバスもちょうどいい時刻が無く。
歩いて行く。

快晴。熱過ぎるほどの快晴。
ももクロ話しながら歩くけど、少し寝たくらいじゃ僕の声は治らず。

思いのほかすぐに青森駅周辺に。


「のっけ丼」がツイッター上ですごい話題になってたので食べてみる。
ご飯を購入してよそってもらい、市場の各店にある小鉢の新鮮な魚介類を100円とか200円で好みのどんぶりしていくという楽しいイベント。

スーパーうまいどんぶりができた。
やばい。
大盛りにしたのに全然ご飯の方が足りない。

おすすめはご飯300円分に、食券チケット800円分でのっけていく、というもの。
満腹だし味もうまいしすごい!

あと昨日オフ会で会った方たちにも市場で会った。


のっけ丼おすすめ。
ももクロちゃんたちにもこの楽しさとおいしさを味わってほしかったなぁ。


そうして杏果ちゃん推しさんに青森駅まで見送っていただき、青森の地を去り弘前へ向かったのでした。



ほんと充実した時間を過ごしました。

車乗せてもらって遠征できたし、いろんな人にも出会えたし、客はクソだけど(事実ならばね)最高なライブも見れたし。

何よりももクロちゃん達が青森の熱さを知ってくれて、れにちゃんがヒロインインタビューに選出されたのだから!


ツイッターすごい!
ももクロちゃんすごい!

そして、ただ思ったことしか書いてなくて、すごいのはももクロちゃんなのに、「ブログ読んでます!」と言ってくださる方々のあたたかさ。


感謝。
感謝しかありません。


本当にありがとうございます。

みんながずっと笑顔でいられますように!



追伸:オフ会途中で帰った友人が、なんとももクロ機材運搬車の後ろを走行して帰ったそうです。ももクロスタッフさんもおつかれさまです!



だらだらとした長文をお読みいただきまして本当にありがとうございます。
今回お会いできなかった方もいますが、読んでいただけることが大変励みになっております。
あわせてお礼申し上げます。


スポンサーサイト

テーマ: ☆女性アイドル☆ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

お疲れ様でした

青森最高でしたね!
色々とありがとうございます!!
そんでもって…よつばと!鉄板です!!

URL | もちゃ #/xfe79BI

2012/06/26 11:45 * 編集 *

お疲れ様です。
青森熱かったらしいですね。
モノノフの方と一緒の車でっていうのは楽しいですね。
1曲目が「あの空へ向かって」がウケました。終わっちゃった!笑

ツイッターで色んな人と関われるのがすごいですね。私もさかもとさんとお会いしたときには「あのさかもとさんですか?」って言ってしまうと思います。

「よつばと」はあのノホホンとした感じがイイですね。兄の部屋に全巻あって読んでました。

西武で会おう、がめっちゃカッコイイです。本当に武将みたいな感じで。
そこでお会いしたかたは皆さん西武ドーム当たったんですか?

URL | アロエ #-

2012/06/26 14:33 * 編集 *

さかもとさま:
青森参戦お疲れ様です!故郷公演って格別でしょう!!

まさに驚喜と狂気は紙一重ですね・・・自分は過剰演出の責任もあり
と感じてますよ。あくまでもうわさであって欲しいです。でなきゃ妄信
あーりん推しの自分が黙っていないっす!理由です・・・

1.ももクロちゃん達の完璧な安全性確保に疑問(最重要課題)
2.座席によっては観覧に支障が出る。誰かの近くに来るということは他の者から遠ざかること。
3.2.がやむを得ないのであれば統一料金は不公平
4.音を楽しむため座席統一料金であれば、歌唱に支障の出る演出は不可
5.何よりもうらやましい僻み根性はパパ譲り・・・・

ジジイの自分が恥ずかしくなるぐらいモノノフのマナーは天下一品
ですが、100%の信頼関係はムリです。基地の外にいるべき輩は
どこにでもいます。
すばらしいステージが設置されているのですから、その華舞台で
勝負して欲しいです。全力で受け止めます!
ちなみにももクロちゃん達は何も悪くないです!過剰演出が問題!

URL | はんchanだZ! #mQop/nM.

2012/06/26 15:55 * 編集 *

お疲れ様でした。

青森すごかったみたいですねー!

「モノノフ青森」の熱さにメンバーもスタッフさんもみんなくらくらだったんじゃないですかね(笑)

自分もいつかライブ参戦したいです。

あと別件ですが、6/23発売のsmart見ました!?

メンバーみんなかわいかったですけど、れにちゃんヤバイっす…。特に5人集合してるところ(見開き)美人っぷり丸出しって感じです…。

もう延々見てられます(笑)

URL | ドレスデン #-

2012/06/26 19:01 * 編集 *

はじめまして

はじめまして。先日ツイッターにてフォローしていただいたatsuko0919です。

青森遠征お疲れ様でした。まわりのモノノフの方含め、すごい楽しそうですね♪車中ももクロなんて楽しい絵しか思い浮かばないです。
愚行で、ももクロちゃん達に迷惑かけるのは頂けないですよね!
僕はまだライブは未体験ですがその辺の常識は分かります。
西武ドームまだ確保できてないですが、もしお会いする機会があったら僕も、さかもとさんですか?って尋ねます(笑)
長々失礼しました

URL | エアマスター #-

2012/06/26 22:35 * 編集 *

もちゃさんへ

コメントありがとうございます!

青森ライブ最高でした!
しかも道中もおもしろかったっす!
爆笑!


あとよつばと!欲しい!
すごいかわいいです!

お祭りの時の、ふさふさで頭なでられて頭良くなって「今日は土曜日」と答えたり。
全巻集める!

URL | さかもと #-

2012/06/26 23:40 * 編集 *

アロエさんへ

コメントありがとうございます!


> モノノフの方と一緒の車でっていうのは楽しいですね。
> 1曲目が「あの空へ向かって」がウケました。終わっちゃった!笑


ランダム再生したんですけど大爆笑でした(笑)。あのイントロで。
ほんと楽しかったです。車内でコール!


> ツイッターで色んな人と関われるのがすごいですね。私もさかもとさんとお会いしたときには「あのさかもとさんですか?」って言ってしまうと思います。


ほんとツイッターすごいです。
多くの方と出会えました。
アロエさんとも早く会いたいっす!
なので西武ドーム来て下さい(笑)。


> 「よつばと」はあのノホホンとした感じがイイですね。兄の部屋に全巻あって読んでました。


よつばと良いですね。よつばちゃんかわいい。
あと次女のむくわれなさ(笑)。


> 西武で会おう、がめっちゃカッコイイです。本当に武将みたいな感じで。
> そこでお会いしたかたは皆さん西武ドーム当たったんですか?


ほとんど当たったか譲ってもらったかですねぇ。
ダフ屋対策にはつながりしかないと思ってます!

URL | さかもと #-

2012/06/26 23:55 * 編集 *

はんchanだZ!さんへ

コメントありがとうございます!


> 1.ももクロちゃん達の完璧な安全性確保に疑問(最重要課題)
> 2.座席によっては観覧に支障が出る。誰かの近くに来るということは他の者から遠ざかること。
> 3.2.がやむを得ないのであれば統一料金は不公平
> 4.音を楽しむため座席統一料金であれば、歌唱に支障の出る演出は不可
> 5.何よりもうらやましい僻み根性はパパ譲り・・・・


確かに演出は僕もハラハラしました。
日常と非日常ではどんな人も理性を保てるかどうかは保障できませんからね。
客席が近すぎましたね。

今回は紅白を想定した演出なのかな、と勝手に思ってるんですが、
ホール全体を使おうとすればやはり見えない人もでますよね。
というかオールスタンディングだと身長差で見えないから僕も安くして欲しいです(笑)。



> ちなみにももクロちゃん達は何も悪くないです!過剰演出が問題!


ももクロちゃんが傷つかないのが一番ですね。

URL | さかもと #-

2012/06/27 00:11 * 編集 *

ドレスデンさんへ

コメントありがとうございます。


> 「モノノフ青森」の熱さにメンバーもスタッフさんもみんなくらくらだったんじゃないですかね(笑)

そう思ってもらえてたら声を枯らした甲斐があります。
また青森来て欲しい!


> あと別件ですが、6/23発売のsmart見ました!?


見ました!
かわいい!
あと各メンバー評みたいのもかわいい!

URL | さかもと #-

2012/06/27 00:17 * 編集 *

はじめまして

玉井詩織さんの記事を書かれたあたりからコメントをしよう、と思っていたのですが中々勇気がでず、今更ながらコメントさせていただきます。

まず、玉井さんの記事に関しては「おぉー言いたい事を代弁してくれた!!」と素直に感動しました。僕がももクロにハマった最初のきっかけが玉井さんだったので、この記事を読んで、本能的に惹かれてた玉井さんの魅力がはっきりと目で見れたような気がしました。ありがとうございました!



僕も青森での話は本当であるなら許せません。
客席で歌うというのはファンとの信頼関係があってこそのものであり、ももクロサイドが僕たちを信頼してる証でもあるわけですから。
これからのツアーではこのような事があってももクロを裏切るようなことはしてほしくないですね。

ですが他の話で、空港でももクロ達がお土産を選んでるのを声もかけずそっと遠くから見守っていたモノノフ達や
飛行機でももクロの前後の席がモノノフだったけど騒がず静かに座っていた、などの話を真偽はわかりませんが耳にするとやはり僕らのモノノフだなと嬉しくなります。


青森の楽しいお話をありがとうございました。
これからも更新を楽しみにしてます

ライブ会場でお会いしましたらぜひ一緒に盛り上がりましょう!!

いつかさかもとさんとももクロについて熱く語れる日が来ることを願っています!!
高城れには今年熱いです!!!!


長文失礼しました。

URL | yunpappa #-

2012/06/27 00:25 * 編集 *

エアマスターさんへ

コメントありがとうございます!
フォローもありがとうございます!


> 青森遠征お疲れ様でした。まわりのモノノフの方含め、すごい楽しそうですね♪車中ももクロなんて楽しい絵しか思い浮かばないです。


すごい楽しいです!
ももクロ話とももクロの曲と!
いろんな人のエピソードも聞けて楽しい!


> 愚行で、ももクロちゃん達に迷惑かけるのは頂けないですよね!
> 僕はまだライブは未体験ですがその辺の常識は分かります。


ほんと!ももクロ狂信者である僕としては(笑)ほんと信じられません。
たしかにライブは非日常なので理性的になれないのはわかります。
でもやはり社会的に非常識な行動は許せないですね。


> 西武ドームまだ確保できてないですが、もしお会いする機会があったら僕も、さかもとさんですか?って尋ねます(笑)


お願いします(笑)。
ツイッターのアイコンを首からぶらさげてますので。

URL | さかもと #-

2012/06/27 00:48 * 編集 *

yunpappaさんへ

コメントありがとうございます!


> 玉井詩織さんの記事を書かれたあたりからコメントをしよう、と思っていたのですが中々勇気がでず、今更ながらコメントさせていただきます。


「泣き虫返上」のあたりですか?
結構以前からお読みいただいてるのですね!恐縮です!
しおりんのことをもっと好きになっていただけたのであれば、これほど嬉しいことはありません!


> 客席で歌うというのはファンとの信頼関係があってこそのものであり、ももクロサイドが僕たちを信頼してる証でもあるわけですから。


ほんの少しの違反行為のせいでモノノフ全体が悪い印象になってしまうのは、ほんとももクロちゃんに申し訳ないですよね。
れにちゃんが自慢のファンって言ってくれてるのに!


> ですが他の話で、空港でももクロ達がお土産を選んでるのを声もかけずそっと遠くから見守っていたモノノフ達や


ほんとそうですよね。
僕はモノノフも大好きなんですよね。
ももクロを知ってまず思ったのがこの、ファンの規律正しさです。


> 青森の楽しいお話をありがとうございました。
> これからも更新を楽しみにしてます
>
> ライブ会場でお会いしましたらぜひ一緒に盛り上がりましょう!!


長々と失礼しました。
ぜひ会場でお会いしましょう!
オフ会あったらぜひ!


> いつかさかもとさんとももクロについて熱く語れる日が来ることを願っています!!
> 高城れには今年熱いです!!!!


語り合いたい!
れにちゃんは今年勝負の時なんです!
大輪の華を咲かせることでしょう!

URL | さかもと #-

2012/06/27 01:23 * 編集 *

青森参戦、お疲れ様でした。
いつもは冷静な分析をされるさかもとさんの記事ですが、今回は「熱さ」がいっぱいですね。

故郷での公演、羨ましいですわ。
うちの故郷に来てくれたら、狂気乱舞するんだろうな…。
(ちなみに「ライブもしました♪」と歌ってくれてるところなんですがね。)

「マナー守れカス」
この言葉に激しく同意します。
ももクロちゃんのライブに限らず、ライブでマナー違反する輩を見かけると、一気にテンションが下がります。
携帯で撮影してる奴を見ると、その携帯取り上げてへし折ってやりたくなります。
「ルールも守れない奴に、ファンを名乗って欲しくねーよ!」って思います。
ファンは、その応援しているアーティストの名前を背負ってるんです。
ファンの愚行が、応援するアーティストのイメージを悪くすることを、肝に銘じなきゃいけないと思ってます。

人のふり見てわがふり直せ。
反面教師にして、自分の言動にも気をつけたいです。

西武ドーム、私も行きます。
お会いできたら、是非ともご挨拶したいです。

URL | SEIYA #-

2012/06/27 01:39 * 編集 *

SEIYA さんへ

コメントありがとうございます!


> うちの故郷に来てくれたら、狂気乱舞するんだろうな…。
> (ちなみに「ライブもしました♪」と歌ってくれてるところなんですがね。)


岐阜県ですか!
僕の統計では(笑)、一度行ったところはもう一度行くと出てます。
「またライブしに来るって約束したから来ました!」と。


> 「ルールも守れない奴に、ファンを名乗って欲しくねーよ!」って思います。
> ファンは、その応援しているアーティストの名前を背負ってるんです。
> ファンの愚行が、応援するアーティストのイメージを悪くすることを、肝に銘じなきゃいけないと思ってます。


そうですね。
とくにモノノフはTシャツも着てるので外で目立ちますし。
ファンである前に社会を生きる人間として、当たり前のマナーは守りたいです。

つーか目の前で必死になってがんばってる人がいるのに携帯いじんなって話です。
馬鹿か。


> 西武ドーム、私も行きます。
> お会いできたら、是非ともご挨拶したいです。


ぜひ!
SEIYAさんとはグレンラガンの話をしなくてはなりません!

URL | さかもと #-

2012/06/27 02:58 * 編集 *

お疲れ様でした!!
自分の回りにはモノノフがいないので、羨ましい限りです^^;
サークルでも浮きまくりです(笑)

頭のネジを外すのもいいのですが、マナーをまもって楽しんで欲しいものです。
これからはモノノフの質も問われてくるのではないかと思いました。

西武ドーム行きます!!
一般でチケット必ず取ります!!

URL | kei #-

2012/06/27 06:44 * 編集 *

keiさんへ

コメントありがとうございます!


> 自分の回りにはモノノフがいないので、羨ましい限りです^^;
> サークルでも浮きまくりです(笑)


ただちにサークルをモノノフ会にせねば!(笑)。
山口県からいらっしゃった方はツイッターで日本各地に同士を募ってるそうですよ。
ツアーの先々でオフ会に参加するそうです。


> 頭のネジを外すのもいいのですが、マナーをまもって楽しんで欲しいものです。
> これからはモノノフの質も問われてくるのではないかと思いました。


普段空気読めとか言いませんけど、こればっかりはほんと守って欲しいですね。
ライブで何やってもいいと思ってますけど、迷惑行為はダメに決まってます。
モノノフの自浄効果に期待ですね。
マナー向上しますように。


> 西武ドーム行きます!!
> 一般でチケット必ず取ります!!


西武で会おう!

URL | さかもと #-

2012/06/27 12:45 * 編集 *

青森お疲れ様でした

お疲れ様です。自分は仙台に参戦してきました!ツイッターにもつぶやきましたが、2階席にれにちゃん、杏果、夏菜子が来ました!れにちゃん、杏果は自分のすぐま横を通りました!もう驚きでした! 夏菜子はココナッツのときに、ガス噴射してきました!

Zepp仙台は7月1日で閉館してしまうので、最後のライブでした。思い出のある会場ですが良い終わりかたができたとおもいます!

URL | Hiroaki #CvPplrP.

2012/06/28 03:09 * 編集 *

Hiroakiさんへ

コメントありがとうございます!


> お疲れ様です。自分は仙台に参戦してきました!ツイッターにもつぶやきましたが、2階席にれにちゃん、杏果、夏菜子が来ました!れにちゃん、杏果は自分のすぐま横を通りました!もう驚きでした! 夏菜子はココナッツのときに、ガス噴射してきました!


うらやましい!
おめでとうございます!
ちっちゃかったですか!

ぼくはココ☆ナツの時にしおりんが来ましたけど人垣であまり見えず。
炭ガスは少しだけ感じました。


Zepp仙台というのもももクロちゃんにとって思い出深い場所でしょうからね。
とても大切な時間だったと思います。

URL | さかもと #-

2012/06/28 23:38 * 編集 *

おくればせながら

 青森は、遠征組が多く、しかも青森まで行くガッツのあるファンは筋金入りであることから、一体感の強い会場となった、という話をきいていました。
 しかし、その後あちこりから「あーりんの腕ひっぱるバカがいた」という話をきいて、私ははじめて国民IDシステムに賛成しようかと思いましたよ。そいつの登録番号をブラックリストにのせて、出入りできないようにしてやればいい。
 もちろん、ほとんどのファンはマナーをわきまえているし、敬意をもって彼女らに接しているはずです。というか、私なんぞは彼女らが近くに来ても硬直してしまうでしょう。
 しかし、レアケースというのは記憶に残りやすいものです。また、一部の危険要因のために大部分を切り捨てるのは当然のことです。

 オフ会などでモノノフの方々とお会いすることがあり、ほとんどの方は気持ちのいい、分け隔てのない、共感できる方でした。はじめて会った人とでも、旧知の仲であるかのように、まるで同窓会の会場のように和やかに話して。
 今後、ファンが拡大するにしたがって、そういうバカも増えるでしょう。
 バカはバカのままですので、自省を促しても無駄です。何らかの規制をかけるほかないと思います。
 そのバカのせいで、彼女らのファンにタイする印象が変わってしまっても仕方ないし、そんな危険があるのなら、遠ざけてもらってもかまわない、と思います。

 あるいは、そんなバカでも彼女らの必死な姿をみていたら、「あれ、こんなことしてたらだめなんじゃねーの」とか気づくんでしょうか。

URL | こじ丸 #-

2012/06/29 03:23 * 編集 *

こじ丸さんへ

コメントありがとうございます!


>  青森は、遠征組が多く、しかも青森まで行くガッツのあるファンは筋金入りであることから、一体感の強い会場となった、という話をきいていました。


僕自身、地元に東京の熱を持ち込まねば!と思ってました。
青森初ライブですからね。
ももクロちゃんに恥をかかすわけにはいかん!


>  しかし、その後あちこりから「あーりんの腕ひっぱるバカがいた」という話をきいて、私ははじめて国民IDシステムに賛成しようかと思いましたよ。


青森オフ会幹事の方とも話してましたが、目撃証言がその後出ないんですよね。
ガセなのかなんなのか。
でも真実でもうそでも彼女達が危険にさらされているのは事実ですからね。
監視員をもっと増やしてもいいんじゃないかな、と思います。


>  オフ会などでモノノフの方々とお会いすることがあり、ほとんどの方は気持ちのいい、分け隔てのない、共感できる方でした。はじめて会った人とでも、旧知の仲であるかのように、まるで同窓会の会場のように和やかに話して。


ツイッターで出会った人(相互フォローも似た思想でしやすいでしょうから)やオフ会に参加する人はみんないい人なんですよね。
かと言って一人で楽しんでる人全員が悪い人なわけありません。
ほんと一人の異常者のせいでファン全体が悪く見られ、アーティストがパフォーマンスできる範囲もせまくなっていきます。


>  あるいは、そんなバカでも彼女らの必死な姿をみていたら、「あれ、こんなことしてたらだめなんじゃねーの」とか気づくんでしょうか。


思わないでしょうね。
おそらくこうした選民意識の持ち主は、「自分は選ばれてるからアイドルに何してもいい」と思い込んでることでしょう。
社会には一定数異常者が生まれるので、規制するよりほかありません。

URL | さかもと #-

2012/06/29 12:34 * 編集 *

 今日のももクロchanで、青森のあーりんソロの客席シーンがほぼノーカットで流れていました。最後のあたりが遠景になっていましたが、ほぼアップで配信。私の見た限り、腕を強くひっぱるような場面は見受けられませんでした。(強めのハイタッチはありましたが、『引っ張る』という行為はなかったように思います。)
 これは、運営側がその噂を聞いていて、それに対するアンサーなのかもしれませんね。
 古屋マネージャーがずっとそばにいたので、古屋twitterがあったら、訊いたらポロッと言っちゃいそうですが、ないので映像で確認。
「そんな場面はありませんでした」という答えを、ももクロchanを通してメッセージ出したのか、と。
 

URL | こじ丸 #-

2012/06/30 02:55 * 編集 *

こじ丸さんへ

コメントありがとうございます!


>  私の見た限り、腕を強くひっぱるような場面は見受けられませんでした。


なかったことにしたいのでしょうね。

今回のツアーの演出にも関係してくることですし。
実際に無いことを望みます。
ももクロファンにそんなやつがいるなんて考えたくありません。

実際にあったとしても、今後真似する人を出さないためにも事実は隠すでしょうね。

その後目撃証言が出ないことからも、最初にツイートした人が見間違えたのかも知れません。
そうであってくれ!

URL | さかもと #-

2012/06/30 23:04 * 編集 *

幸せな時間

めんたいこな私はトンテキな親友とこめこでの生コンサートに初参加いたしました(サンパレスはお仕事の関係で参加できなかったのです(T_T))。
開演前にkwkmさんがファンの方々にいろいろな要望を聞いたり意見交換しており(私も発言できました!)、その姿にチームももクロ箱推しをこれからも続けたいと固く誓いました。
コンサートは一番後ろの座席だったのですが、手が届く目の前でれにちゃんが推され隊を歌ってくれました!
もちろん手は出さずに(笑)精一杯応援して感謝の気持ちを伝え続けて一緒にコンサートを熱く盛り上げました。
れにちゃんのその華奢さと美しさには息を飲みました。
ももかも目の前で歌ってくれてハイタッチが出来てその優しさ心遣いに感動しました(なんとまんべんなくハイタッチするためにファンを把握しながら歌っていた!)。
しおりんにもCO2やスプレーを吹きかけてもらい、最高の幸せをももクロちゃんたちからもらうことが出来ました。
メンバーを必死にガードするkwkmさんをはじめとしたスタッフの姿を目の当たりにしましたので、私はチームももクロを信じています。
もちろんこれだけ人数が増えれば心ないファンも出てくるでしょうが、そのようなシステムは運用でカバーするしか手段はないと思います。
さかもとさんのブログでの表明のようなファンリテラシーの向上呼びかけ、スタッフさんの努力などなど。
メンバー、スタッフさん、ファンの皆さんすべてがチームももクロです。

Chanの映像、私も見ました。
体に軽くタッチするシーンは見られましたが(うまくハイタッチできなかった感じ?)、歌詞を表現するためにあーりんが不機嫌な顔をするシーンもあったので、どなたか勘違いされた情報が流れてしまったと思いたいです(^_^;)
こめこはワンフロアーで階段を大急ぎで移動する演出は最小限に抑えられており、中央のお立ち台でワニシャンを踊ったり、ファンを楽しませるための演出をももクロちゃんたちも提案したようです。
ファンを楽しませる演出と危険とのバランスを見極めていかないといけないと思いますが、ファンの言葉に耳を傾けていたkwkmさんの姿を見てこのようなスタッフがいれば絶対何とかなる!と思いました。
私もエビ反りジャンプはかなこの、ももクロの売りではあると思いますが、ある時点で封印しなければならないと思っています(そのためにもZ女戦争のような振り付けの曲が増えていかなければならないとも思っています。)。
危険な演出よりも笑顔で世界を照らし出すももクロちゃんたちでいてほしいです。
最近よくSMAPのようなグループに...という話を聞きますが、個人的にはクレージーキャッツやドリフターズの様なグループになって欲しいです(年代的に?(笑))。
ドリフはビートルズの前座を務めたバンドですし、クレージーキャッツもすばらしいバンドです。
音楽がしっかり出来た上でのギャグソングやコントであり、それはももクロちゃんたちの振り付けやPVにさえ影響を与えるほどの偉大なものです。
それ以上に本当に国民に笑いと幸せを与えてくれた存在だと思います。
またそれはファンを喜ばせることと危険のバランスの戦いでもあったと思います。
チームももクロが同じ試練に打ち勝ちすばらしい足跡を残してくれることを信じたいです...いや、みんなで作り上げましょう!
これからも幸せの連鎖を広げていきたいですね!

相変わらずの長文、失礼いたしました。

URL | なんくろ #-

2012/07/01 04:10 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


> コンサートは一番後ろの座席だったのですが、手が届く目の前でれにちゃんが推され隊を歌ってくれました!


うらやましい!おめでとうございます!
れにちゃん推しの世界へようこそ!(笑)。


> さかもとさんのブログでの表明のようなファンリテラシーの向上呼びかけ、スタッフさんの努力などなど。
> メンバー、スタッフさん、ファンの皆さんすべてがチームももクロです。


僕がまずすごいと思ったのはファンのマナーの良さなんですよね。
みんな口々にモノノフは良い人ばっかりと言いますし、ライブマナーもすぐに改善される印象があります。
なので今後もそれが浸透し、拡大することを望みます。
そのためにも常に発言し続けることが大事ですね。


> 体に軽くタッチするシーンは見られましたが(うまくハイタッチできなかった感じ?)、歌詞を表現するためにあーりんが不機嫌な顔をするシーンもあったので、どなたか勘違いされた情報が流れてしまったと思いたいです(^_^;)


あーりんが不機嫌な顔するときは常に「アイドルあーりん」ですからね。
VTR見てる時のちっちゃい画面でも常に「あーりん」なのでさすがです。
たぶん彼女の場合はサバサバしてるので不機嫌になった時はもっとあっさりしてると想像します。

腕引っ張りは勘違いであって欲しいです!


> チームももクロが同じ試練に打ち勝ちすばらしい足跡を残してくれることを信じたいです...いや、みんなで作り上げましょう!
> これからも幸せの連鎖を広げていきたいですね!


今回のツアーを見て、「ももクロとはメンバー、運営、ファンの三位一体だ」と改めて強く思いました。
ファンの力がももクロちゃん達を押し上げます。
プロレスも安全性が確保されてはじめてショーとして成り立ちます。
運営にはこれからも彼女達の安全を第一に考えていただきたいですね。

URL | さかもと #-

2012/07/02 00:11 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1149-2331a181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top