09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

温暖化問題が善なる道を覆い隠す 

■ 今何をすべきか【環境問題なのか倫理問題なのか】


地球温暖化問題は政治問題。
これは学問的に当然のお話です。

「地球温暖化」「エコ」などで利益を得る者がいる、ということ。
なので地球温暖化対策をしたところで、地球の温暖化に影響をほぼ与えられないし、温度を下げたいならもっと金が掛からずにできる方法がいくらでもあるし、そもそも地球は温暖化していません。


『地球と一緒に頭も冷やせ!温暖化問題を問い直す』ビョルン・ロンボルグ著山形浩生訳
『偽善エコロジー「環境生活」が地球を破壊する』武田邦彦著
を参考にしています。

以下はそのまとめのようなものですので、もし批判がある場合は原著を一読の上お願いいたします。


■ 真のエコQ&A


箇条書きで現在有名になってしまった嘘情報を批判していきます。
次の項目で軽く僕の所感を述べたいと思います。


Q、北極の氷はとけているか

A、とけていない。全体を見ずにある一箇所だけに注目すると、氷が崩落するところもあるが、全体で見ればほぼ変わっていない。


Q、氷がとけてホッキョクグマが死んでいるではないか

A、狩猟で死んでいる数の方が圧倒的に大きい。ホッキョクグマを救いたいなら狩猟者を取り締まるべき。


Q、暑さによる死亡者が増える

A、二酸化炭素削減に掛ける費用をエアコン設置に使うことで多くの人が救える


Q、温暖化は水不足を呼ぶ

A、熱帯でも大量に雨が降る。水不足問題は水の供給問題だ。


Q、レジ袋を減らしエコバッグを持とう

A、レジ袋は質の低い石油で作れるがエコバッグは質の良い石油で作られるので、石油の消費を加速させる


Q、リサイクルは良いこと

A、良くない。効率が悪く、「リサイクルできるから」という思い込みが消費と製造を加速させる



ざっとこんな感じでしょうか。
次の項目で所感も交えつつ説明していきます。


■ 目的を履き違えるな


人は自分の行動が良いことだと思い込みがちです。
それが国から言われたり、専門家が示したものだと言われてればなおさらです。

ですが一番最初に書いたとおり、温暖化問題は政治問題です。
なので発言には当然利権がからみます。
専門家の意見も、「専門家を頼んだのが誰か」によって信憑性が変わってきます。

偏ったデータを見せて自分の有利にことを運ぼうとするのは誰でもやってしまう。
例えば、親にゲーム機を買って欲しい時に「みんな持ってるもん」と言ったことがある方も多いでしょう。


データを提示された時には、誰が提示しているか、どの範囲を提示しているか、これらをしっかり見極めることが大切です。


それだけで前項のように批判が簡単になります。

地球の温度が上がってる。その結果ホッキョクグマが死んでいる。だから温度を下げよう。そのために二酸化炭素を減らそう。

これらはまったく論理的ではありません。

ホッキョクグマを救いたいなら狩猟者の取り締まりを強化すべきです。
そのほうが即効性があり低コストでできます。


温暖化により熱で死ぬ人が増えるという意見も一側面だけしか伝えないのでフェアではありません。

確かに熱中症などで死ぬ場合があります。
ですが多くの場合人は寒さで死にます。
なので寒さで死ぬ人が減るので温暖化は良いこととも言えるでしょう。
それにまず、世界で二酸化炭素の量を減らして100年後にほんの少し温度を下げる可能性にかけるよりも、エアコンの設置を急いだ方が効果的で低コストで済みます。


何が言いたいか。

「二酸化炭素を減らすのが目的化していて、本質を見失っている」
ということです。

何を救いたいのか。そのために今何ができるか。

二酸化炭素を減らすのが目的ではないはずです。
未来の子供たちを救いたいのであれば、二酸化炭素を減らすことに力を入れるよりも、開発に力を入れるべきでしょう。
現在苦しんでいる人を救いたいのであれば、軍事費を救済に使えばいい。


脳機能学者の苫米地英人は、軍事費を食糧などの支援に使えば多くの人を飢餓から救え、さらに、そのような国に戦争を仕掛けることは評価を下げ他国から非難が集中するから、そんな馬鹿なことをする国はいない、と説きます。
つまり防衛費が無くとも防衛できてる、ということですね。


ミスリードにより、もっと低コストでもっと効率的な手段がいくらでもあるにも関わらず、すごく非効率な方法を強いられています。

自分が「エコのため」と思ってやってたことが、まったくエコではなく、むしろ自分が目指すものとは逆だった場合、すごくむかつくと思うんですよね。
だから、もっとデータの見方と発言の信ぴょう性について注意を寄せた方が良いと思います。
そのための材料はこの世にいくらでもあるんですから。

スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

以前海外の人が日本のエコについて猛批判してました。
「ビルの真ん中に少し植物植えてエコ?二酸化炭素削減?笑わせんなよ」みたいなことを言ってました。
確か東南アジアとアフリカ系の人たちでした。
身近なことから始めよう、と謳ってエコが普及してますけど、ちゃんと本質を見定めないと駄目ってことですね。
勉強になります。

私はあんまりその辺意識せず、ゴミの分別ぐらいしかしてないんで……

今日もエアコンはガンガンについてます!笑

URL | アロエ #-

2012/07/14 00:34 * 編集 *

アロエさんへ

コメントありがとうございます!


> 以前海外の人が日本のエコについて猛批判してました。


もっともです。二酸化炭素を気にしてるのは日本人ぐらい。

まだまだ家電が使えるにも関わらずエコ製品に買い換えることがどれだけ二酸化炭素を発生させているのか。
しかも二酸化炭素減らすことになんの効果もありません。

本質を見失ってるし、喧伝にも騙されている。
バカとしか言いようがない。


買い換える分を先進国に寄付するだけで現在苦しんでる多くの人を今すぐ救えます。
ワクチンを送ったり飲料水を送ったりできるのに、ペットボトルのリサイクルに躍起になる。
バカというか害悪ですね。

確かに人は何をしてもいいです。
でも自分がしてることが地球のためになってると妄言を吐くのはやめていただきたいですね。

URL | さかもと #-

2012/07/14 02:45 * 編集 *

本質を考えると...

環境や生物を生業にしているので、コメントさせていただきます^^;

本質的に考えると熱中症の問題は、エアコン設置では解決になりません。
実際に熱中症で亡くなられた方々は、都市で生活されている方が多いと聞きます。
人口密集地での室外機や車の廃熱、比熱の高いコンクリートなどの構造物などによるヒートアイランド現象が関係していると思います。
そうするとエアコン設置は逆効果になりかねません。
都市化の軽減が本質的な解決方法です。
自分だけが涼しければよい、と言うのがクーラーですので(^_^;)

また、リサイクルに関しては、AKBメンバーが昔CMやっていましたが(笑)、リユース♪、リデュース♪、リサイクル♪の順番で考えるべきであり、あくまでリサイクルは最終手段、一番金のかかる解決方法です。
裏を返すと、一番金になるお話しなので、リサイクルが有名になってしまったのでしょう。
こちらはゴミの話が本質的な問題点ですかね。

他にも氷の話やホッキョクグマの話などもいろいろといろいろと書きたいところですが、長くなりそうなので、おいておきます(笑)
それこそ本質的じゃないし^^;

便利と引き替えにいろいろな問題を抱えてきているのが「人間にとっての」環境問題だと私は思っています。
あくまでこの問題の主体は人間であり自然環境ではありません。
なので、さかもとさんの書かれているように政治など人間自身の問題です。
「地球のために」と言う言葉は心地よく感じる人が多いようですが、自分自身が自然にはぐくまれていると言うことを忘れてしまっている言葉でもあり、私にとっては「社会保障のためには増税を」などと同じように胡散臭く感じます。

ブログを読んで少し気になったのが、エアコンの設置や開発(具体的な話は無いのですが)に力を入れるべきと言う部分です。
個人的には科学技術も大好きなのですが、生きものとしての幸せを考えると都市に集中するよりも地方での負荷分散、地産地消がいろいろな意味で幸せになれる気がしています。あと人と人の繋がりも重要でしょう(ここはももクロちゃんの出番だし、いじめ問題の核心部分でもありますね。)。
特にエアコンに関しては、先ほども指摘しましたように対処療法的、近視眼的な気がしました。
まぁ、即効性を求めるとそちらに行ってしまいそうな気もしますが...。
「開発」が一部の人間のお金儲けの話であれば、エコロジー詐欺と同じなので、具体的な問題点とその解決策を考えなければならないですかね...。

今、日本でいろいろな問題がありますが、食糧問題が一番深刻かつ見えにくい問題なのではないか?と思っています。
食料生産者の人口比率が激減しすぎ、高齢化が進みすぎです。
こちらの方が生きていくためには本質的な問題でしょうね。
現在の生産者の年齢を考えるとあと10年もすれば危機的状況が確実に訪れます。
それこそ時既に遅しになる可能性が高そうです。
輸入に頼れば...という話も聞きますが、工業も含めて生産能力の低下した今の日本ではすぐに限界が来るでしょう。
海外にワクチンを!と言う話も個人的には偽善的な気がしてしまうので(製薬会社などのにおいがしてしまう(笑))、こういった実際の足下の問題を解決することが重要ではないか?と思います。
解決には農地の問題を何とかしないと行けないのでしょうね(土地の世襲制の問題)。

またまた長くなりすぎましたので、この辺りで失礼いたしますm(_ _)m

URL | なんくろ #-

2012/07/14 04:15 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


> 環境や生物を生業にしているので、コメントさせていただきます^^;

環境や生物。何者ですか?(笑)


> 本質的に考えると熱中症の問題は、エアコン設置では解決になりません。


あくまで、「二酸化炭素を減らして温暖化を防いで熱中症での死者を減らす」という意見に対して、という主旨です。
何年もかけて莫大な費用を投資するより、今すぐ救えると。


> 個人的には科学技術も大好きなのですが、生きものとしての幸せを考えると都市に集中するよりも地方での負荷分散、地産地消がいろいろな意味で幸せになれる気がしています。あと人と人の繋がりも重要でしょう(ここはももクロちゃんの出番だし、いじめ問題の核心部分でもありますね。)。


「生きものとしての幸せ」となるとかなり難しい問題になってきますね。
どの範囲まで救うのか、という議論が常につきまといます。
武田邦彦氏が言うのは、無駄な資金を開発と現在救える人に使え、と。
今救える人を救い、開発も行い未来に備えるのが良いと、僕も思います。

人と人とのつながりとなると僕の好きな社会学の分野でもありますね。

例えば、水で多くの人が救われるのですから、働きたい人を連れて途上国に水道のインフラを整えに行くとか。
防衛費をボランティア費にいくらか回しても全然だいじょぶだと思うんですけどね。
(このあたりは際限が無い話だし、そもそも詳しくないのでここで終わります)


> 今、日本でいろいろな問題がありますが、食糧問題が一番深刻かつ見えにくい問題なのではないか?と思っています。


日本は自給率が低く、輸入してもかなりの量捨ててるそうですね。
日本産は高いから安い輸入の方を買ったり。
これまた様々な問題が絡み合っています。


> 海外にワクチンを!と言う話も個人的には偽善的な気がしてしまうので(製薬会社などのにおいがしてしまう(笑))、こういった実際の足下の問題を解決することが重要ではないか?と思います。
> 解決には農地の問題を何とかしないと行けないのでしょうね(土地の世襲制の問題)。


日本は日本だけではもはや生きていけません。
生活水準を下げれば日本人全員が一定の生活を過ごせるようですけども。
なので海外との関係もよくしなければならないと。
僕は短絡的に、日本は技術提供をし、海外から穀物などを援助してもらえばいいんじゃないかなと思ってます。
ジャパニメーションやアイドル文化もあるし。

「ももクロがいるから日本は攻撃できない」なんて思ってもらえたら爽快です!

URL | さかもと #-

2012/07/14 13:18 * 編集 *

本質...難しいですね。


>環境や生物。何者ですか?(笑)

環境調査業という多分、人口の0.001%にも満たないマイナーなお仕事をしている、1ももクロファンです(笑)
コメントで触れられていた屋上緑化や壁面緑化、緑地帯などを生物の観点で調べたこともあります^^;
お仕事として開発に関しても直接かかわることになります。
矛盾というか、妥協点というか、人間の浅はかさというか、そういったものと葛藤しながら生活しています。
そのようなわけで思うところがたくさんある(ありすぎて論点が不明瞭になってしまい申し訳ないですm(_ _)m)話だったので、ついついコメントしていまいました。
反論とか文句とか言う感じよりも、より中身を深めるための議論、話題提供という想いですので、ご了承下さい(脱線しすぎですが...。)。
私自身、矛盾を感じながらコメントを書いておりますので(笑)

二酸化炭素を日本が気にしている(実際はドイツとかも結構配慮していますが)のは、環境サミットの京都議定書策定のホスト国だからと言う部分はあるかと思います。
ただ、その裏に隠れる本質は原発推進だったりするのかも知れないので、簡単ではないですが...。
クーラーに関しても小手先の手法を使うと電気使用量の増加を招き、二酸化炭素増加か原発推進を招くという結果になるやも知れません。
最近は日本では地球温暖化よりも電気使用量に関係する話の方が勢力を増しています。
火力発電所をフル稼働させて、原発を全て止めておくと日本の二酸化炭素排出量は増えていきます。
いろいろと隙を与えてしまう解決策に見えてしまったのです...すみません。
個人的な考えだと、本質的な解決策は先のコメントで述べたようなものだと思っております。
基本、電気の使用量を減らすと言うことは、二酸化炭素排出量の話だけでは無く、電気の話や資源の話にもかかわることなので(広い意味での環境問題)。
都市生活という便利さの代償なので(しかも設問にかかわる便利さ)、根本を変えなければ解決にならないかと。

>武田邦彦氏が言うのは、無駄な資金を開発と現在救える人に使え、と。
>今救える人を救い、開発も行い未来に備えるのが良いと、僕も思います。

基本同意なのですが、難しいのは無駄の判断かと思います。
国家予算という観点では、その判断を私たちが直接行うことが難しい状況です。
実際、既得権益者にとっては無駄ではないことが私たちにとっては無駄だったりしますので、間接政治である限り私たちに与えられている参政権や各種世論を盛り上げる行動が重要になるかと思います。
開発に関しては、通常の予算の他に見えにくい予算をガンガン使っていわゆる箱物を作り続けており、既に国民一人当たりに換算しても数百万円の膨大な借金を抱えておりますので、いつか必ず破綻が来ます(これも既得権益の構造)。
日本列島改造論とは異なる、別の生活構造を作らなければいけない状況にすでに達していると思います。

地方を盛り上げる方法として、開発という形で中央から地方に国家予算を持ってくると言う観点だけだと失敗に終わる気がします。
短期的にしか予算は下りませんので。
その地域での生活、経済活動をうまくまわるようにするという視点から再度始めなければならないでしょう。
初期のインフラ整備、開発行為はこれに合致していたと思いますが、生活インフラ整備が一通り揃ってからはほとんどがいわゆる無駄な開発行為になっている可能性が高いです。
高度成長期以降、壊れてきた生活を修復する必要があると思うのですが、その最も大きなものが食料生産かと思います。
食料を輸入に頼らなければならないという状況は戦後に構築されたものです。
戦後生まれの私たちは、これが当たり前になってしまっているので、「なんか変」という事に気づきにくくなっているかと思います。
また、対米的な問題も多くこの話は絡んできますね...話が長くなりそう(笑)

一方、今救える人を救うのは、国の政策に頼らなくても、個人でも可能な事だと思います。
即効性では個人の方に分があります。
そしてそれは先のコメントでも書きました人と人の繋がりが重要なキーワードになるかと思います。
都市に人口が集中する事でコミュニティーの崩壊が起きている今、その再構築が必要かと思います。
自己満足になりかねないエコよりも身近な人間同士のコミュニケーションの方が人を救える効果がはるかに大きいです。
熱中症になった人も他の人と連絡が取れることで助かる可能性がはるかに高いです。
いじめの問題もコミュニティーで「いじめはかっこわるいよ」という雰囲気を作れれば激減することでしょう。
いじめの本質は「自分はいじめられたくない」という集団心理ですから、いじめという行動自体をいじめてしまえば良いかと思います。
また、その根幹にあるのが競争原理を押しつける教育なので、その部分は変えないと行けないかも知れません。
ただこれも逆に振りすぎて「全員一等賞」みたいなかけっこも明らかにおかしいですし、難しいですね。

>生活水準を下げれば日本人全員が一定の生活を過ごせるようですけども。

都市生活(いわゆる便利な生活)を基準にして最高の生活と思ってしまうと「生活水準を下げる」という話になるのですが、裏を返すと発達した交通網や電器を贅沢に使う生活、必要以上の消費活動を必要としない生活は生活水準の低下かどうか?と言う話にもなります。
個人的には地方での生活は十分な生活水準だと思っています。
関東で生活していたこともあるのですが、視点を変えると都市生活の方が生活水準が低いと感じることもあります。
また、生活水準を維持するためにサービス残業や都市での過酷な通勤で生きものとしての幸せを減らしている事実も気になるところです。
特に過労はコミュニティーの基本である家庭を壊しかねない非常に大きな問題だと思います。
いじめも家庭でのコミュニケーションがうまくいっていると軽減できると思います。

海外協力に関しては、国家予算使用額としては世界屈指の国ですが、逆に国内では予算のやりくりに困っているという問題もあります(前述のように国内での使い方も再考する必要はありますが。)。
また、技術供与に関しては、現時点ではまだしも、技術力の低下(人の力の低下)は確実に起きていますので、あまり楽観的には考えない方が良いと思っています。
それでも基礎的な技術は持ち続けられると信じていたいので、何とかなってくれるという希望も捨ててはいないのですが...。

>ジャパニメーションやアイドル文化もあるし。

これも現場では厳しい(仕事内容や生活が)という話もありますよね。
それでも優れたクリエイターが出ているので、希望を持ちたいところです。
また、箱物じゃない文化的は経済活動は資源のない日本という国では重要な産業になると思います。
そして何より精神的な生活水準を引き上げることが可能な分野だと思います。

>「ももクロがいるから日本は攻撃できない」なんて思ってもらえたら爽快です!

同感です!
独立国家としての防衛力は必要だと思うのですが、人と人を繋げる力が最大の防衛力になるなんて最高じゃないですか。
それこそZ女戦争(笑)
平和の祈りを届ける国を攻撃するなんて!という世界の流れが出来ると良いですね。
宇宙戦艦ヤマトIIIのシャルバート星みたいで好きです。

そう考えると夏ツアー神戸大会でのゴタゴタはちょっと哀しいですね...。
今後、チームももクロとしてどのように動くのか気になるところです。
ももクロちゃんを心配するファンの声が多いのが唯一の救いですが、「このパフォーマンスは無し。」という方法以外の解決策を期待したいです。
中高生応援プロジェクトの映像を見ていると、ももクロちゃんも幸せそうじゃないですか、同じようにもみくちゃになるパフォーマンスなのに。
ファンの人数が増えてそれに伴い問題行動を起こす人数も増えるのですが、それが原因で過度の規制になると握手会や手売り会もなくなってしまいそうです。
ある意味、チームももクロにとって一番の高い壁かも知れませんね。
「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」「今会えるアイドル」という根幹部分にかかわるかも知れません。

元々のブログの趣旨から大分離れてしまった上に意味不明なコメントまで書いてしまい申し訳ないです。

URL | なんくろ #-

2012/07/16 13:55 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


すごいお仕事ですね。

環境問題は複雑ですね。
利権の問題もあれば、日本と似た国が無いから比べようがないという問題もあると思います。
そして日本人が圧倒的に民度が低い(笑)。当然僕も含め。


> クーラーに関しても小手先の手法を使うと電気使用量の増加を招き、二酸化炭素増加か原発推進を招くという結果になるやも知れません。
> 最近は日本では地球温暖化よりも電気使用量に関係する話の方が勢力を増しています。
> 火力発電所をフル稼働させて、原発を全て止めておくと日本の二酸化炭素排出量は増えていきます。


京都議定書というのがまずわからないんですけど、日本は二酸化炭素を増やすと何か罰則があるんですか?
炭素税というのもよくわかりません。

それと、「二酸化炭素排出」をどこまで考えるか(把握しているか)も知りたいです。
例えばものを作ると二酸化炭素が出ると思いますが、原発を作ったり維持したり廃炉したりする二酸化炭素総量と、火力発電をこのまま使い続けることで発生する二酸化炭素の総量はどれぐらい差があるのか。


> 基本同意なのですが、難しいのは無駄の判断かと思います。


まさしく。
無駄に見えるようで、そのおかげで回ってる部分はあるでしょうね。
開発も、10年後活きるのか100年後活きるのかわからず、我々も10年後大丈夫ならいいか、100年後(我々が死んだあと)を守るかで何をすべきかが変わってくるでしょう。


> 熱中症になった人も他の人と連絡が取れることで助かる可能性がはるかに高いです。


確かにそうですね。
まったく二酸化炭素関係無いですね(笑)。


> 独立国家としての防衛力は必要だと思うのですが、人と人を繋げる力が最大の防衛力になるなんて最高じゃないですか。
> それこそZ女戦争(笑)


戦争を無くすための戦争。
フランスでもっとモノノフが増えてくれると嬉しいです。


> そう考えると夏ツアー神戸大会でのゴタゴタはちょっと哀しいですね...。
> 今後、チームももクロとしてどのように動くのか気になるところです。


ももクロちゃんが観客席に降りてくる時は全員着席、ということになったそうですね。
僕はこれで良かったと思います。
ももクロchanを見てると、ツアーごとにテーマを設けているようなので、今回はテーマを曲げずに突き進むということなのかなと思います。
それにおそらくももクロちゃん自身の意見も反映されてるでしょうから。
あんなことがあっても降りてきてくれる彼女たちに感謝します。


> 元々のブログの趣旨から大分離れてしまった上に意味不明なコメントまで書いてしまい申し訳ないです。


ブログの趣旨は「社会を平和にする」ことなので、どんなコメントでもありがたいですよ!

URL | さかもと #-

2012/07/16 22:10 * 編集 *

環境問題は人の問題


>すごいお仕事ですね。

仕事に貴賤無し、普通じゃないお仕事なだけです(笑)

虫嫌いなももクロちゃんの姿を見ていると少し哀しいのですが(T_T)
そう言えば、れにちゃんが「庭にツルが居た!」と話していますが、あれは多分、アオサギなんだろうなぁなどと思っています(コサギかも知れないけど)。
子供が見るとツルだと勘違いすると思います。
あと畳の下にカニがたくさん居たという話もありますが、海や河川近くであれば十分可能性がある話なので、そういった場所に住んでいたんだろうなぁ、などと思っています。
そういった楽しみ方も出来るので、生物の分野に進んで良かったと思っています(笑)

>京都議定書というのがまずわからないんですけど、日本は二酸化炭素を増やすと何か罰則があるんですか?

他の国も含めて一応あります。
お金での形だけの買取りも可能なので、ある意味罰金もあるという見方も出来るかも知れません(これも税金。)。
逆にビジネス的でもあり、本質からかけ離れてもいるのですが...。
概要に関してはWikipediaを軽く見ておいても良いかも知れません。

>炭素税というのもよくわかりません。

ペナルティ兼次世代エネルギー開発費にという名目ですが、開発目的のガソリン税(これは先のコメントで触れた見えにくい予算のひとつ)を既に取っていて道路作るのに使っていて二酸化炭素排出を間接的に推進しているのに炭素税まで取るとは矛盾するなぁと個人的には思っています。
ガソリン税をそちらに回せば良いだけです(もちろん、既得権益で出来ないのですが)。
道路は補修中心にして別のところに予算を回した方が良いでしょう...車好きだけど(笑)

>それと、「二酸化炭素排出」をどこまで考えるか(把握しているか)も知りたいです。

輸入している化石燃料やら吸収する森林の量やらで算出しています。
もちろん完璧ではなく、そのパラメーター自体も試行錯誤中のようです。
詳しくは温室効果ガスインベントリのHPで見れるようです。
http://www-gio.nies.go.jp/aboutghg/nir/nir-j.html
日本国温室効果ガスインベントリ報告書(NIR)に書かれています(私も初めて軽く目を通しましたが^^;)。

原発での排出量減少度合いに関しては、誰か比較算出しているかも知れませんが、それこそ御用学者がいそうなので私には玉石混淆の判断がつきかねます...。
多くは単純に発電量を火力発電所と原子力発電所で比較して二酸化炭素排出量の増減を論じているのではないでしょうか?
ただし、原発の初動には膨大な電気が必要で、必ず火力発電所を併設しているという話もあります...石油がなくなったら原発も動かない?(笑)
発電所の設置、廃止に伴う二酸化炭素排出量はその作業スピードなどもかかわってくるでしょうから、簡単には算出できないかも知れませんね。
ただし、半減期とか考えると廃炉後の維持費はほぼ無制限になるので、どう考えても原発は不利です。
つまり原発の場合、化石燃料使用量やそれに伴う二酸化炭素排出量以外の負荷が大きすぎるけど、3.11以前はそれを見ないようにしてきたという事実があります。
見えてしまったので、考えなければならなくなったというのが現状かと。
送電ロスとかもあるので、消費地の中心に発電施設は置く方が効率的なのですが、恩恵を受ける人間がその負荷を受け入れる事が出来るのだろうか...。
半径2mぐらいしか配慮できなくなってしまった人間が増えているので、難しいだろうなぁ。

>あんなことがあっても降りてきてくれる彼女たちに感謝します。

先のコメントを書いたあとにネットで着席のMCの情報を見ました。
ほんと、感謝ですね。
安直に中止にしなかった事に賞賛を送りたいです。
善意だけでは成り立たなくなったので、参加者に協力を求める...良い決断だったと思います。
多分、ファンへの信頼と繋がりがあるからこそ出来る対策ですよね。
それが無ければ出来ない対策だし、楽なのは明らかに中止という選択ですから。
二次的な効用としてコンサートを休みながら(?)見れるという体力的弱者にうれしい対策だったかも知れませんね。
女性やチビノフも増えて欲しい(笑)

URL | なんくろ #-

2012/07/17 00:46 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


> そういった楽しみ方も出来るので、生物の分野に進んで良かったと思っています(笑)


聞いてばかりであれですけども、例えば都市部に集中している人口をもっと分散させるとしますよね。
ベッドタウンを増やすというか。
山を切り開いたりすると思うんですけど、それはどの程度行けるんですか?
当然切り開きやすい山とそうでない山もあるんでしょうけど。


> 輸入している化石燃料やら吸収する森林の量やらで算出しています。
> もちろん完璧ではなく、そのパラメーター自体も試行錯誤中のようです。


何か決定するとすぐに抜け駆けできそうですね。法の網の目をくぐるというか。
例えば自国の森林量となると、他国から木を輸入するのが加速するわけですよね。
結局は政治問題という感じですね。


> ただし、半減期とか考えると廃炉後の維持費はほぼ無制限になるので、どう考えても原発は不利です。


原発は低コストという喧伝でしたけど、聞いて呆れますよね。
金かかりまくりで、しかも天下り先になってると。
さらに原発事故が甚大な被害を及ぼすときたら、これは気が狂ってるとしか思えません(笑)。


> 安直に中止にしなかった事に賞賛を送りたいです。
> 善意だけでは成り立たなくなったので、参加者に協力を求める...良い決断だったと思います。


「観客が演出にコントロールされるようになってしまった」となげく声がありましたがバカかと(笑)。
何事もコントロールすべきに決まってます。
理想はコントロールされてないように見えてコントロールされているというもの。
ゲームがわかりやすいですね。
ドラクエはコントロールされてるからおもしろい。自由度が高すぎるとおもしろくありません。

おそらく彼女たちの意見も反映されているであろう今回の処置は歓迎します。
座ってるから見えやすくなって良かったとの声もありましたね。

ももクロちゃんに言わせるな、との意見もありましたが、それこそ運営が悪者になってももクロちゃんをかばってる証拠だと思うんですけどね。

着席の合図が出ても座らなかった人がいたそうですね。
しょせんその程度なんですよ。
だから注意する勇気も必要ですよね。
つまり結局は我々の問題です。

URL | さかもと #-

2012/07/17 22:05 * 編集 *

そろそろお仕事のシーズンなのでこの辺でROMにまわりますm(_ _)m

質問と受け取りましたので、お返事いたします。
毎回長い返事を書いてしまい申し訳ないのですが(^_^;)

>山を切り開いたりすると思うんですけど、それはどの程度行けるんですか?

個人的には今追加で切り開く必要はあまり感じていません。
都市化の裏返し、過疎化の問題は至る所に転がっています。
弘前とかもそうかも知れませんが、多くの地方都市、田舎などは人口が少ないことが問題ですよね。
そこにみんなが移動すれば良いのです。
多分、都市の周辺に生活することに意義を感じてしまうとピンと来ないかも知れません。
都市の特徴というか魅力は情報と職だと思います。
情報に関してはありがたいことに地方でも距離を縮めることが出来るインターネットが存在しています。
私もめんたいこの国でももクロちゃんの情報をたくさん得ることが出来ています。
情報リテラシーの格差を気にする方も居ますが、それこそビジネスチャンスで、若い情報リテラシーを持っている人が別能力を持っている人と繋がってWIN-WINの関係を築けば良いかと思います(インターネットで情報を集めてあげるとかだけでなく、農産物や民芸品をネット販売など。)。
地方行政でネットショップを開いて宣伝をするとか悪くないと思うのですが、ほとんどやられていないですよね?なぜだ?
地方に少しづつでも人が集まればコミュニティーも活性化するでしょうし、それに伴っての職のチャンスも巡ってくるでしょう。
また、個人的に職に関しては、一番のお薦めは農業です。
あーりんも知っている(笑)TPP問題は某国が食を武器に世界を支配することを推し進めるためのお話しだと思うのですが(なので、法律や公共事業などに関しても条項に含まれている。)、ちゃんとした農業を行っている国じゃなければ実行支配から真逃れないかと思います。
映画が好きと言うことでしたので、「フード・インク」「ダーウィンの悪夢」などを見ると面白いと思います(大きめのレンタル屋にはおいていると思います。)。
フード・インクはアメリカの話のように見えますが、それを他の国でも行えるようにしようというのがTPPですかね。
食肉産業で言えば、日本も似たり寄ったりで、学生の頃アルバイトで自販機の設置で某フライドチキンの工場に入ったことがあります。鉄のかごに大量に入ったニワトリを生きたまま熱湯にちゃっぽん。かごから逃げ出したやけどで羽根がほとんど抜けたニワトリが走り回っている姿にショックを覚えました。まぁ、数ヶ月後には6ピースパックとか買っていましたが(^^;)
ダーウィンの悪夢は他人事ではなく、日本でも安くて美味しいお弁当の白身魚のフライのほとんどがナイルパーチだったりするし...。メインはヨーロッパですが、ちゃんと輸出国として日本という国も出てきます。
農産物は生活に必要という事で、不当に安く販売されており、農家の収入が厳しい状況にあります。戦後の経済発展は、家庭内のサービスの外注化による部分が大きいかと思います。ほんの数十年前には50%を遙かに超えていた農家が現在は数%にまで激減しております。身近な食を作るサービスの外注化です。これは取り戻した方が良いサービスなのではないかと思います。
問題は農地を得にくい今の土地制度ですかね...。
休耕田はメチャクチャ多いです。
農業を行える体制が整えられないのが今の現状かと思います。

ちょっと脱線しました^^;

都市生活は情報や職を得る代わりに通勤時間や希薄なコミュニティ(これが心地よいという人もいますが)、必要以上の出費などマイナスの部分もありますので、地方で足りないと思われる情報や職を地方で準備すれば人の流れは起きると思います。

生きものというか自然環境が好きというか、本当は精神安定剤としても必須の要素だと思う山野を切り開くのはもったいないと個人的には思います。
人は都市を造ることは出来ても山野を作ることは出来ません。
作れる!とおごっているとまた東南アジアやアフリカの方に笑われます。
そういったビオトープや緑地帯のなんと多いことか...(笑)
自然は人が嫌がるものも内包しています。
それを含めて受け入れることが出来ないといけないと思うんですよね。
とうか、自然を楽しみたいです。
Nature include Me!
上手くやるためにはゾーニングは必要でしょうね。
まだ自然を残すだけの収容力が場所を変えれば存在すると思います。

>原発は低コストという喧伝でしたけど、聞いて呆れますよね。

少し考えればわかることなのに、多くの人々が疑問を持たなかったのが私には謎でした。ダマされたみたいなコメントが多いのがビックリ。自分が考えていないだけじゃん!
理系離れとか言われていますが、それにしても限度があると思うのですが...。
もう20年以上前になるのですが、「某原発は大丈夫です」と公開討論の席で電力会社の方が力説していたので、「もし、航空機が落ちてきても大丈夫ですか?」と聞いたら「落ちてきません。」と答えたので、「ハイジャックで突っ込んできても?」と再度聞いたら「ありえません。」の一点張りで、事故は起きないという前提でしか話していなかったのを覚えています。
奇しくも9.11をテレビの生放送で見たときにその時の質問を思い出しました。その当時はテロという言葉は思いつきませんでしたが...。
別の時に自販機設置のアルバイトで原発内に入ったとき、保健室に放射能ではなくエイズに注意のポスターを見たときに何というか、笑いの衝動を抑えるのに苦労した記憶があります。

何かおかしいぞ~♪


>つまり結局は我々の問題です。

再度いろいろな方のコメントやコンサートに参加した方の意見、ももクロちゃん達のブログやツイートを読んで、本当にすごい決断であり、最高の解決方法だったのではないか?と思いました。
エアーポンポン(笑)
夏菜子らしい表現...良い意味でアホっぽい表現ですよね。
他のアイドルには提案させることも出来ない表現。
着席、起立もしかり。
お座りください、お立ちくださいじゃないところが良い(笑)
MCの中で解決させたことや暴徒に責任を負わせなかったこと、ファンとの距離を変えないようにしたことなど非常に配慮の行き届いた処理だったと思います。
ももクリ2011の「寒い中待ってくださりありがとうございました」コメントに匹敵する配慮です。
裏では一所懸命みんなで考えたんだと思います。
運営とももクロちゃんの二重構造が良い方向で働いていると思います(気づいていない人は運営批判にまわるみたいですが...ある意味可哀想、だってももクロちゃん達の愛を感じることが出来ていないのだから。)。
れにちゃんが言っていたように「ももクロとモノノフは一心同体」。
そういった意味でも私たちの問題なので、ちゃんと乗り越えていきましょう!

ん?コールしにくい曲はこれからエアーポンポンしようかな?
こっちっち合いそう(笑)

URL | なんくろ #-

2012/07/18 00:43 * 編集 *

なんくろさんへ

お忙しいところご教授いただきましてありがとうございます!


> 個人的には今追加で切り開く必要はあまり感じていません。


情報格差は無くなりましたが、それで余計に距離の問題がはっきりしますよね。
たとえば東京の観光地の情報はすごく詳しいけど飛行機じゃないと行けない、とか。
当然東京の観光地に行きやすいから東京に住んでいるわけではありませんが、
「行こうと思えば行ける」という心理的距離というのは大きい気がします。


弘前の記事で書いたように、地方都市がチェーン店の出店ラッシュで平均化しました。
空洞化した町は確かに過ごしやすいけど魅力を失っています。
人を移すのは難しいと思います。


> また、個人的に職に関しては、一番のお薦めは農業です。


おすすめしていただいた映画見てみます!
農業良いですね。
でもすごく難しそうです、農業って。

> もう20年以上前になるのですが、「某原発は大丈夫です」と公開討論の席で電力会社の方が力説していたので、「もし、航空機が落ちてきても大丈夫ですか?」と聞いたら「落ちてきません。」と答えたので、「ハイジャックで突っ込んできても?」と再度聞いたら「ありえません。」の一点張りで、事故は起きないという前提でしか話していなかったのを覚えています。


日本も核を持ちたいということですよね。
ハイジャックで突っ込んできても迎撃する技術も判断力も無いような気がしますが(笑)。
地震と津波と人災で原発事故が起こり、「それは想定外」だと。
自然もヒューマンエラーも想定できるはずがないのに。
とにかく原発が明らかに無駄だということがわかりました。


> MCの中で解決させたことや暴徒に責任を負わせなかったこと、ファンとの距離を変えないようにしたことなど非常に配慮の行き届いた処理だったと思います。


予測でき防げた事件だっただけに、運営側が責任を負った形になったのは当然と言えますね。
ただライブに参加した人の多くが楽しんだようなので良かったと思います。
「川上さんに怒られた」として川上さんに批判を向けさせたのもすごいと思いました。
ほとんどの人がそんなことは無いと思ってるみたいですけど。

URL | さかもと #-

2012/07/18 21:51 * 編集 *

浅薄な知識での評論は恥ずかしい

何かお二人の著書に影響を受けているようですが、それらの学会や研究者等の間での位置づけはご存知ですか?

一度、wikiで両著者について調べてください。著書への批判も載っています。もちろん、wikiが全てではありませんし、一読の上で「真実を暴かれると都合の悪い人による言論弾圧だ」と捉えるのはご自由ですが。

投げっぱなしも良くないので、一点だけここに記すと、北極の氷問題は、水面に浮かんでいる氷山のことだけではなく、グリーンランドといった北極圏の陸地の氷原も含めてのものなのですが、武田氏はこの陸地部分を無視しています。

> データを提示された時には、誰が提示しているか、どの範囲を提示しているか、これらをしっかり見極めることが大切です。

ご自分で良いことを言っているのに、惜しいです。

本文個々の内容への批判は、その著書を読んでいない(読む価値なしと判断しました)ので控えますが、一点だけ教えてください。

あなたの言う 「もっと効率的な手段」 とは何ですか?

地球温暖化対策なのか二酸化炭素排出削減対策か明記の上、ご教示いただけたら幸いです。

URL | #-

2012/07/21 03:00 * 編集 *

Re: 浅薄な知識での評論は恥ずかしい

コメントありがとうございます!


> 何かお二人の著書に影響を受けているようですが、それらの学会や研究者等の間での位置づけはご存知ですか?
>
> 一度、wikiで両著者について調べてください。著書への批判も載っています。もちろん、wikiが全てではありませんし、一読の上で「真実を暴かれると都合の悪い人による言論弾圧だ」と捉えるのはご自由ですが。
>
> 投げっぱなしも良くないので、一点だけここに記すと、北極の氷問題は、水面に浮かんでいる氷山のことだけではなく、グリーンランドといった北極圏の陸地の氷原も含めてのものなのですが、武田氏はこの陸地部分を無視しています。
>
> > データを提示された時には、誰が提示しているか、どの範囲を提示しているか、これらをしっかり見極めることが大切です。
>
> ご自分で良いことを言っているのに、惜しいです。
>
> 本文個々の内容への批判は、その著書を読んでいない(読む価値なしと判断しました)ので控えますが、一点だけ教えてください。
>
> あなたの言う 「もっと効率的な手段」 とは何ですか?
>
> 地球温暖化対策なのか二酸化炭素排出削減対策か明記の上、ご教示いただけたら幸いです。


武田邦彦の名前を書くと必ず誰かがコメントをくれます(笑)。


「もし批判がある場合は原著を一読の上お願いいたします。」と書いたはずですが、僕は優しいのでお答えしますね(笑)。
二酸化炭素を減らして地球温暖化を食い止めることよりも効率的なこと、です。

詳しくは原著を。
そしてご批判があれば著者へどうぞ(笑)。

URL | さかもと #-

2012/07/21 04:18 * 編集 *

浅薄な知識での評論は恥ずかしい(簡略版)

話がかみ合わないので下記2点を教えてください。

①「二酸化炭素を減らして地球温暖化を食い止めることよりも効率的なこと」とは具体的に何ですか?そしてそれは何に対してですか?複数でも結構ですが、一例だけを挙げるなら最も効率的と思われるものをお願いします。

②本文で挙げている2冊の著書の科学的信頼度は何%程度とお考えですか?

ここから先は、以前のコメントへの解説や補足なので読み飛ばしていただいても結構です。

1.あなたの持論を批判するつもりはありません。あなたの言う「もっと効率的な手段」が気になったので質問しました。

2.拝読して、2冊の著書が理論の拠り所になっていると感じました。読了する時間がないのでネットで情報収集したらwikiに当たり、データの信憑性に疑問符がつきました。

3.「wikiを見てください」だけじゃ不親切と思い、極地の氷問題だけ一例としてあげました。

4.あなたへの批判と同様に著者への批判もするつもりはありません。それは既に専門家達が直接していますので。

武田氏への批判と捉えられたようですが、違いますよ。個人的には大好きです。「ほんまでっかTV」もよく見ますし。ただ客観的に見てこの著書については如何なものかと思った次第で。

あなたはお優しい人のようなので、ぜひ前述の2点にご回答いただきたく、よろしくお願いします。

URL | #-

2012/07/21 17:29 * 編集 *

Re: 浅薄な知識での評論は恥ずかしい(簡略版)

コメントありがとうございます!


> 話がかみ合わないので下記2点を教えてください。
>
> ①「二酸化炭素を減らして地球温暖化を食い止めることよりも効率的なこと」とは具体的に何ですか?そしてそれは何に対してですか?複数でも結構ですが、一例だけを挙げるなら最も効率的と思われるものをお願いします。
>
> ②本文で挙げている2冊の著書の科学的信頼度は何%程度とお考えですか?
>
> ここから先は、以前のコメントへの解説や補足なので読み飛ばしていただいても結構です。
>
> 1.あなたの持論を批判するつもりはありません。あなたの言う「もっと効率的な手段」が気になったので質問しました。
>
> 2.拝読して、2冊の著書が理論の拠り所になっていると感じました。読了する時間がないのでネットで情報収集したらwikiに当たり、データの信憑性に疑問符がつきました。
>
> 3.「wikiを見てください」だけじゃ不親切と思い、極地の氷問題だけ一例としてあげました。
>
> 4.あなたへの批判と同様に著者への批判もするつもりはありません。それは既に専門家達が直接していますので。
>
> 武田氏への批判と捉えられたようですが、違いますよ。個人的には大好きです。「ほんまでっかTV」もよく見ますし。ただ客観的に見てこの著書については如何なものかと思った次第で。
>
> あなたはお優しい人のようなので、ぜひ前述の2点にご回答いただきたく、よろしくお願いします。


①に関してはホッキョクグマについてはホッキョクグマについて書いたところをお読みください。
②に関しては科学的なことを知らないので何%信じるかはよくわかりません。

URL | さかもと #-

2012/07/21 18:28 * 編集 *

浅薄な知識での評論は恥ずかしい(最終版)

面白いですね。

あなたの本文にあった「もっと効率的な手段」について質問したら、その回答は「二酸化炭素を減らして地球温暖化を食い止めることよりも効率的なこと」。曖昧なので具体的にと質問したら「ホッキョクグマの狩猟取締り」ですか。

「ホッキョクグマの狩猟取締り」が二酸化炭素削減や温暖化対策につながるんですね。

> 目的を履き違えるな
ここで私に対抗することが目的になって、本文で主張している内容と整合性が取れなくなってますよ。

> ②に関しては科学的なことを知らないので何%信じるかはよくわかりません。

あなたに次の言葉を贈ります。

> もっとデータの見方と発言の信ぴょう性について注意を寄せた方が良いと思います。


URL | #-

2012/07/21 19:26 * 編集 *

Re: 浅薄な知識での評論は恥ずかしい(最終版)

> 面白いですね。
>
> あなたの本文にあった「もっと効率的な手段」について質問したら、その回答は「二酸化炭素を減らして地球温暖化を食い止めることよりも効率的なこと」。曖昧なので具体的にと質問したら「ホッキョクグマの狩猟取締り」ですか。
>
> 「ホッキョクグマの狩猟取締り」が二酸化炭素削減や温暖化対策につながるんですね。
>
> > 目的を履き違えるな
> ここで私に対抗することが目的になって、本文で主張している内容と整合性が取れなくなってますよ。
>
> > ②に関しては科学的なことを知らないので何%信じるかはよくわかりません。
>
> あなたに次の言葉を贈ります。
>
> > もっとデータの見方と発言の信ぴょう性について注意を寄せた方が良いと思います。


ぜひ著書をお読みください!

URL | さかもと #-

2012/07/21 19:33 * 編集 *

浅薄な知識での評論は恥ずかしい(追記)

あなたの挙げている著書は、内容の信頼性が低いので読む価値がないことは以前に書きましたし、あなたも信用度を答えられてません。にも拘らず、「ぜひ著書をお読みください!」って、頭に虫でも湧いてるんですか?

逆の意味で興味が出てきたので、その本をどのような位置づけで読んだら良いか教えて下さい。内容を鵜呑みにして、笑いものになればいいですか?それとも、フィクションの夢物語として楽しめばいいですか?

数分で読めますので、wikiもご一読いただき、その感想もあわせて教えて下さい。

URL | #-

2012/07/22 08:05 * 編集 *

Re: 浅薄な知識での評論は恥ずかしい(追記)

> あなたの挙げている著書は、内容の信頼性が低いので読む価値がないことは以前に書きましたし、あなたも信用度を答えられてません。にも拘らず、「ぜひ著書をお読みください!」って、頭に虫でも湧いてるんですか?
>
> 逆の意味で興味が出てきたので、その本をどのような位置づけで読んだら良いか教えて下さい。内容を鵜呑みにして、笑いものになればいいですか?それとも、フィクションの夢物語として楽しめばいいですか?
>
> 数分で読めますので、wikiもご一読いただき、その感想もあわせて教えて下さい。


ぜひ著書をお読みください!

URL | さかもと #-

2012/07/22 13:00 * 編集 *

Re: 浅薄な知識での評論は恥ずかしい(結論)

読まねーよ。コミュ障バカ!

URL | #-

2012/07/22 18:14 * 編集 *

Re: Re: 浅薄な知識での評論は恥ずかしい(結論)

返信が遅れてすみません。


> 読まねーよ。コミュ障バカ!


と思ったらこんなこと書いてたんですね。

URL | さかもと #-

2012/07/27 19:14 * 編集 *

今日は中休み、明日からまた死の行軍(笑)


ネット社会の良いところは多くの人が情報発信、意見を述べることが出来るようになったこと。
そのため玉石混淆の情報から何を読み取るのかが重要なスキルになってきていますよね。
浅薄な知識での評論はそう言った意味ではもはや普通のこと。
人によって得手不得手もあるし、科学的常識と言われるものも時代によって変わっていきます。
それも含めて意識することが重要なのかな?
外から与えられた情報を鵜呑みにするのではなく、いろいろなことに自分で疑問を持ち、いろいろな情報を元に自分で判断して、自分自身に責任を持って行動する、と言うのが必要になってきているのでしょうね。
先のコメントでいくつか質問をされていたのもこれらを踏まえているからだと思いました(もちろん私も浅薄な知識しか持ち合わせていませんが(笑))。
例に挙げられている著書の中身が真実かどうかと信じるかどうかは別の話。
そしてブログ中で出てきているQ&Aは実は設問自体がおかしいものが含まれていますよね(環境問題だと言ってミスリードさせるための常套手段の設問。昔は割り箸問題なんてのもありましたね。)。
私は「ほんまでっかTV」を楽しんで見ていますが、「おいおい!」と突っ込みたくなったり、「それをそう言った論法で持っていくか!」と飲み屋での与太話的なノリで見ています(最後のテロップにも単なるひとつの説だと書かれていますしね。)。
ブログでのQ&Aと同等の内容のACの地球温暖化ストップのCMなどはある意味この与太話以下のレベルだと私は思います。
著書を読んではいないのですが、表題やQ&Aから読み解くとさかもとさんは科学的信憑性以前のレトリックに関して社会学的に指摘しているのだと感じました。
さかもとさんの「自分が「エコのため」と思ってやってたことが、まったくエコではなく、むしろ自分が目指すものとは逆だった場合、すごくむかつくと思うんですよね。」という言葉が全てを表していると思います。
その想いは、科学的真偽以上に大切にしなければいけないと思います。
そして検証を続けるためのアンテナは張り巡らせ続けなければならないと思います。
武田氏のレトリックがおかしいと思って指摘することも出てくるかも知れません(無いかも知れません^^;)。

生物もそうですが、地史とかも好きなので、「温暖化」に関して少し。
2000年ほど前は、縄文海進と呼ばれる時期で、気温が高く、海水面が100m~200mほど上昇していました。
現在丘陵地や台地と呼ばれる場所は概ねこの高さで過去の海水面近くで、貝塚などが見つかっていたりします。
地球温暖化で海水面につかると言われている島は基本その頃は存在していません。
また、海浜が減少するとCMでやっていますが、平野は減りますが海岸線は維持されますし(リアス式海岸が増えるので、海岸線が増えるかも)、海砂減少という意味では、河川護岸、ダムによるせき止めなどによる砂の流出減少の方が大きな要因かと思います。
生物の絶滅に関しては、シロクマという愛称もあるホッキョクグマだから同情票をもらえるともくろんでいるのでしょう。
命は平等なのですがね...。
名も無い生きものたちが減少しているのは、人間の別の活動の方が大きな影響を与えていると思います、森林伐採は共通の課題でもありますが...。
気温上昇という意味では、分布を広げる生物もいます(基本的に気温上昇に伴って北上する方が気温が下がって南下するよりも生物にとってやりやすいと言われています。)。
まぁ、日本でマラリアとか流行ったら困るかも知れませんが(^_^;)

地球にもホメオスタシス機能があるようで、気温が上がって氷河や極の氷が溶けて海洋に流れ出ると冷やされた海水が深層水として長い時間をかけて流れて行き、地球の温度を冷やしたことがあるようです。
氷期間氷期の繰り返しの理由のひとつと言われています。
つまり、極の氷が溶けることは決して悪いことでは無いのです(まぁ、地球に甘えているという見方も出来ますが。)。
また、人類が出てくる遙か前、恐竜時代のジュラ紀や白亜紀は平均気温が今よりも高い世界でした。
これは赤道を一周できる海流が存在し(今は東南アジアや北米アメリカで遮られている)、高温化したと考えられています。
二酸化炭素も徐々に減って今の水準になったのであり、時には火山性のガスで二酸化炭素などが増えた時期もあったと記憶しています。
時間の流れも考えると人間活動による二酸化炭素排出量は急激ではありますが、それ以上の水準の時期もあったわけだし他の要因も含めた高温期は長く続いていますので、地球としてはたいした問題ではないかも知れません。
現代生活に慣れた人間は住みにくいかも知れませんが(笑)

ブログでとりあげたQ&Aは地球温暖化とは異なる別の問題を内包しているので、解決方法もそれぞれ別の対策を立てなければならないと思います。
しかも根本を見据えて、小手先では無い本質的な議論が必要なのだと思います。

URL | なんくろ #-

2012/07/29 17:56 * 編集 *

なんくろさんへ

おつかれさまでございます(笑)。


> 先のコメントでいくつか質問をされていたのもこれらを踏まえているからだと思いました(もちろん私も浅薄な知識しか持ち合わせていませんが(笑))。


質問にお答えいただきありがとうございました。
環境に関わる仕事をしてる方になんくろさんのような考えを持つ方がいて(というか僕ごときの質問を聞く方が居て)良かったと思います。


> 著書を読んではいないのですが、表題やQ&Aから読み解くとさかもとさんは科学的信憑性以前のレトリックに関して社会学的に指摘しているのだと感じました。
> さかもとさんの「自分が「エコのため」と思ってやってたことが、まったくエコではなく、むしろ自分が目指すものとは逆だった場合、すごくむかつくと思うんですよね。」という言葉が全てを表していると思います。


僕は基本的に「怒り」が出発点です。
なんで?みたいな。100億円あったら今救われる人いっぱいいんじゃん、みたいな。
当然社会で生きる上で洗脳されるのはなかなか避けられません。
でも僕は心情的に(人情的に?)巨額を儲ける奴よりは書籍の印税しか設けてない人の方を信じがちです。
封殺されるリスクを犯して発言してる人に惹かれます。

僕が絶対的に正しいとかありえないし、そもそも興味がないです。


> 生物の絶滅に関しては、シロクマという愛称もあるホッキョクグマだから同情票をもらえるともくろんでいるのでしょう。
> 命は平等なのですがね...。


坂口恭平という新政府総理大臣を標榜してる人に興味があって動画を見ましたがダンゴムシにまで意識を広げていました。
鈴木宗男は広い北海道にすごい量の生物がいるにもかかわらず議員数が他の県と変わらないと嘆いてたそうです。
「社会」というのが何かを指し示すのにとてもわかりやすいエピソードだと思います。
人が人の法律で人以外を勝手に排除しているわけですからね。


> 時間の流れも考えると人間活動による二酸化炭素排出量は急激ではありますが、それ以上の水準の時期もあったわけだし他の要因も含めた高温期は長く続いていますので、地球としてはたいした問題ではないかも知れません。
> 現代生活に慣れた人間は住みにくいかも知れませんが(笑)


地球の活動に比べて人間の活動って微々たるものな気がするんですよね。
それこそ地球温暖化対策に必死になっても巨大隕石で滅亡する、みたいな(笑)。
表層のちっぽけな人よりも地球の大循環の方が偉大だし逆らえないと思います。
地球のためと思うのなら、政治問題や経済問題に騙されない方法を考えたいです。

URL | さかもと #-

2012/07/29 20:33 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1174-f2340dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top