09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

弘前再建に何が必要か 

■ 「弘前市の都市開発は俺に任せろ」:住みよい町づくりVS魅力的な町づくり


魅力的な街とはどういうものでしょう。


先日田舎に帰る機会があったのですが、5年ぶりぐらいに帰った街は、退廃を加速させ、より魅力を失わせていました。


「僕に街づくりを任せて欲しい」
思わずこうつぶやいてました。



多くの地方都市は開発に失敗しています。

駅前は閑散とし人がおらず、近くの商店街がシャッター通りとなり軒並みつぶれている。
車で移動可能な郊外にできた巨大ショッピングモールが休日賑わうが、そこは全国のチェーン店が集中し、風景は地域性を失っている。

やがて「どこでも同じ風景」が広がり、そこじゃなければいけない理由が喪失し、その土地は求心力を失います。


これは人口の問題ではありません。
活き活きとしているか、という問題です。

その土地のために生きているという感覚があるかどうか。

今回は「町づくり」について考えたいと思います。


■ 住みよい町と魅力的な町は共存しない


僕は青森県出身なので青森を例にします。

青森市も弘前市も駅前開発に失敗しています。
メインストリートはシャッターが閉まっている店ばかりで、若者が遊ぶようなところもほとんどなく、そもそも人通りが少ない。


青森市は夏のねぶた祭り、弘前市は春の桜まつりを観光資源にしています。

でも期間が限定され、天候に大きく左右されるので、これだけをあてにしていては当然つぶれます。



僕が思う一番の失敗は「住みよい町」と「魅力的な町」を混同しているところです。

「住みよい町」というのは市民が暮らしやすい町です。
「魅力的な町」というのは暮らしやすくはないけども何度も行きたくなる町です。


なので「住みよい町」と「魅力的な町」は共存できません。

例えば「カジノ」はどうでしょうか。
「カジノ」は魅力的で行きたい人が多いでしょう。
ですがすぐ隣に「カジノ」を建てられたくない人もいるでしょう。

「うるさい」とか「治安が悪くなる」とかいろいろ理由はあるでしょう。

なので市民のために暮らしやすい町を目指すか、市民の住みやすさはひとまず置いておいて、他県から人が来たくなるような町を目指すかを明確にする必要があります。
目指すべき地点がわからないまま漠然と町づくりなんてできませんからね。


弘前は弘前城桜まつりという観光の一大イベントがありますから、ここを活かさない手はありませんね。


■ 弘前市駅周辺の開発


当然ながら弘前市全体を観光地にする必要などなく、僕が言いたいのはしっかり住み分けをしよう、ということです。

駅周辺に活気が無いのは致命的です。

では駅前開発の失敗の原因はなんでしょう。


弘前市の都市開発の失敗は駅前にホテルを建てたからです。


他県から観光に来た人が駅に到着しホテルにチェックイン。
近くにはコンビニがある。

これでどうやってお金を使ってもらえるというのでしょう。
駅から弘前城までバスで行けるが、弘前城周辺には図書館や裁判所があるばかり。
誰が弘前まで来て図書館に行くというのでしょう。

もともと建てられていたのならそれでいいんです。
観光地なら周囲にもっと歓楽街を作るべきです。


駅を降りてすぐにホテルに泊まれるのでその周辺ではお金を落とさず、観光地でもその周辺でお金を落とす店がありません。



せめて駅周辺は「住みにくいが魅力的な町づくり」を目指すべきです。
駅周辺に利便性は必要ありません。
ごちゃごちゃしてる方がいい。

宿泊施設は少し離れた場所に建設すべきです。

弘前には鍛冶町という飲み屋街があるのですが、この付近にあると良かったですね。
駅から結構離れてますけど。


■ 汚れた町を計画する


「住みよい町づくり」は市民の声を聞いた上で設計していけばいいでしょう。

当然、全部受け入れることはできません。
全部受け入れ、選挙の票を稼いだ結果が今の弘前市なわけですから、市民の声に従うと町は衰退するのは自明です。

市民の声に逆らうような人を市長にすべきですが、市民はそんな人を市長に選ぶ民度がありません。


民度については、弘前市にある大きな本屋である紀伊国屋書店とジュンク堂を見れば先が暗いのは目に見えています。
ネットでも買えるような本ばかり置いていては、交通が不便な弘前ではネット通販に食われる。
せめてジュンク堂は書店員の好きなようにコーナーを設置させていただきたいです。
このままでは弘前市は知が育ちません。


話を戻しましょう。

汚れた町を計画する、というのは難しい。
僕の中での魅力的な町というのは、適度に汚れている町です。

適度に放置自転車があり、風俗店があり、古本屋がある。
放置自転車を厳しく取り締まるような町は魅力的ではありません。
監視カメラだらけの町も魅力的ではありませんね。

ちょっとした犯罪でもいつでも逮捕しようとしている町は魅力的ではありません。

このような町を意図的に設計するのは難しいです。
まず市民の賛同を得られません。
そして現在構築されてしまった町を再び壊すことを誰もやろうとしません。


ですがシンガポールにこのようなエピソードがあります。
清潔な街で有名なシンガポールですが、オカマ街などの色街を排斥し、清潔な町づくりをしたそうです。
すると観光客が激減。
そこでなんとシンガポール政府は再び色街を構築し、観光客も戻ったそうです。


なので弘前市はまだまだ立ち直るチャンスはいくらでもある、ということです。


まずは条例を見直して色街を復興させます。
人間味あふれる人材を育てたいのであれば、その町にいろいろな人が住んでいることを知らせる必要があります。
「こんな生き方もできるんだ」と子供たちに見せることで、自己信頼が上がるし、いろんな人が生活できるその包摂性(包み込める力)を持つ町を愛することができます。



汚れた町を意図的に設計することで遠い未来をも見据えた社会を設計することができます。

色街を排除することで犯罪がアンダーグラウンド化するのが学問では常識ですが、それらも解決可能です。
色街を可視的にすることで犯罪が地下化せずにすむ。表面の内に取り締まれるし、犯罪抑止効果もあります。


つまり、「住みよい町づくりではなく観光客などにも魅力的に見える町づくり」を目指すことで、結果的に住みよい町になります。

何度も言うように、「住みよい町づくり」を目指した結果が誰も魅力を感じない空疎化した現在なのです。
住みよい町を目指したはずが、住む価値もあまり見出せない町になる、という逆説に敏感になるべきです。


■ 弘前よ立ち上がれ


このままでは青森は潰れるでしょう。

なので今までとは違ったことをしなければなりません。


弘前市にはかつてダイエーがあったのですが、現在は閉館しており、巨大な廃墟のようになっています。
駅の近くにこのような閉店した建物をずっとそのままにしているなんてどうかしています。

なのでまずここを経済特区にしましょう。

ここに出店する人は税金を無くします。
有名チェーン店を3つぐらい入れて、あとは地元の人が出店しやすいようにするのがいいかな、と考えてます。

このへんの割合についてはもっと計算した方がいいんでしょうけど、そこは経済学者とかに任せた方がいいとおもいます。




・駅の近くに宿泊施設を置くな
・色街を復興せよ
・ダイエー跡を経済特区にせよ


などなどいろいろ書いてきましたけど、こうすることで間違いなく人が動きます。
経済を動かすにはまず人を動かさなくてはなりません。

コールタールのように停滞した町に未来は無い。

なので今すぐ僕を弘前市長にしなさい(笑)。


スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

社会学的な許容  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

この記事に対するコメント

初コメです。

はじめまして。
1ヶ月前位から楽しく拝見させて頂いてます。
私は山奥出身の人間なので弘前でも結構な都会に感じますね。映画見に行ったり、デートしたり、買い物したり、花見に弘前城に行ったりで結構好きな街ですよ。
ただ東北の主要都市ってパッとしないですよね。思い切ったことしたほうがいいんでしょうけど、さかもとさんの言うような街づくりは難しそうですね。劇的な変化嫌う人って結構いますからね。

URL | けむけむ #-

2012/07/16 22:11 * 編集 *

けむけむさんへ

コメントありがとうございます!


> ただ東北の主要都市ってパッとしないですよね。思い切ったことしたほうがいいんでしょうけど、さかもとさんの言うような街づくりは難しそうですね。劇的な変化嫌う人って結構いますからね。


思い浮かぶのは仙台ですかね。宮城県というより仙台の方が有名になってるような(笑)。

おっしゃる通り地方は変化を嫌いますね。
どんな問題もシステムに依存する勢力が多いという点が目立ちます。
このまま行けば悪くなるのがわかってるのに、変化してさらに悪くなる方が嫌だとずるずる沈んでいく。

まぁ何かしらしないといけないのは当然の話なので、弘前市が僕にアドバイス求めてきたら答えないではないです(笑)。

URL | さかもと #-

2012/07/16 22:19 * 編集 *

>システムに依存する勢力が多い

さかもとさんのような人が市長になってもこういう輩に妨害されたりして、結局実を結ばないような気がしてならないですね。

URL | けむけむ #-

2012/07/17 12:48 * 編集 *

けむけむさんへ

コメントありがとうございます!


> >システムに依存する勢力が多い
>
> さかもとさんのような人が市長になってもこういう輩に妨害されたりして、結局実を結ばないような気がしてならないですね。


まさしく(笑)。
いろんなデータを出して僕の意見をつぶしに来るでしょうね。
それはそのままいじめ問題と同じです。
いじめは減らせるのに対策をしない。
なぜならシステム依存だからです。

URL | さかもと #-

2012/07/17 22:10 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1178-c7b0b296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top