07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

自殺予防ではなく弱者救済 

9月10日は自殺予防デーらしい。

自殺予防週間のおかげで自殺が減るとは考えにくいが、自殺についてしっかり考えることはとても大事なことでしょう。


自殺問題は複雑なのでそもそも「自殺」について語ることは難しい。

先進国の中でも日本は異常なまでに自殺率が高い。

「自殺したい奴には自殺させておけ」「自殺する事態になったのは自己責任だろ」と思ってる人たちが多いであろうことも、問題を膠着化させる。


確かに尊厳死、安楽死、自死というのも見なければならない。
だが「苦しいから死ぬ」というのではなく、「苦しまされ死なさせられる」と言い方を変えたい。

自殺は自分で死を選ぶ行為ではなく、死を選ばされる事だ。


ある環境である状況になった時に自殺する。


となると「ある環境」と「ある状況」を変えて自殺という手段を選びにくいようにするのが良いでしょう。


金銭面での自殺が多いそうだが、「金が無くなったから自殺する」という状況を手当てするのは難しい。
なぜなら人はどのような事で金が無くなるかわからないからだ。
(そもそも生きるのに金がかかるって事が異常じゃないか、と言うのが坂口恭平新政府総理大臣だ。『独立国家のつくりかた』を読み始めていますが大変刺激的でおもしろい考え方を持つ方なのでぜひご一読いただきたい)


リストラで収入が断たれたのかも知れないし、職場が嫌で仕事を辞めたから金が無いのかも知れない。
会社が倒産したからかも知れないし、災害で会社が無くなったからかも知れない。
日本円に価値が無くなったからかも知れないし、そもそも経済自体が破綻したからかも知れない。

自分のせいで金が無くなる場合もあれば、自分が何もしなくても金が無くなる場合もある。

だからその一個一個の問題を解決するのは難しい。
当然ひとつひとつ議論を重ねて解決に向かうということは大切です。
でもそれだけでは自殺し続けていくことが考えられる。


だから大事なのは自殺しやすい環境を見つめ直すということです。
金が無くなっても自殺という選択肢が出ない環境。
金が無くなったら死ぬしかないという洗脳を解く社会。
この事の方がずっと大事だ。


でも日本という国は弱者を切り捨てようとする。
単純に考えて、市民が減れば税金の徴収源が減ってしまうのだから、ただちに救済した方が良いと思うんだけど、どうやら人命よりも天下り先とかの方が大切みたいなのだ。



自衛隊ってすごく大事だと思うんだけど、軍事費を自殺志願者救済に使えないものでしょうかね。
ミサイル1発分のお金で結構な人が救われる気がしますけども。

国をまもるのは大事なことでしょうけど、そのまもるべき日本国内でバタバタと人が死んでいってるわけですからね。
その内まもるべき国が無くなっちまうぞ。


問題は「再分配の失敗」だと思っています。
当然時代ごとに何が大事かはわかりませんが、弱者を救えないような国は未来が無い。だから弱者を救える社会が望ましいです。

そして、最初に書いたように「死にたい奴は死ね」とか「自殺を選ぶのも自己責任」なんて言う奴が少しでも減ることが大事です。
自分がいつ弱者になるかわからないのに、それを想像できないような奴は「なんでそんな金つかうんだ」とほざきますからね。


なのでありきたりな表現をすると「風通しの良い社会」が望ましいということですね。

大事な人は必死に守るから大丈夫、と言えなくなる社会が訪れています。

スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

重い問題なので

コメントしづらい内容ですが...。
自殺者の統計の資料があります。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/keisatsutyo.html
これを見ると、一見、健康問題で自殺者が多いように受け取れます。しかし、よく中身を見ると健康問題の約半分は鬱病。全てがとは言いませんが、経済問題、労働問題が原因の多くを占めている、と言うのが事実では無いかと思います。
また、自殺者数は平成10年以降に急増しており、その原因は経済的な問題が大きいのでは無いか、と考えている人が多いようです。
http://q.hatena.ne.jp/1162881439
実際に過酷な労働時間を過ごすと精神的に参ってしまいます。就職できないというのも大きなストレスです。この状況は、海外との経済格差(貨幣価値の違い)も関連していると思います。海外から安いものが入ってくるので、国内の生産が低迷する。お互い厳しいかも知れないけど、物の値段に労働価値を見いだして、購入に結びつける必要もあるでしょう。税金の再分配じゃ国民の生活を保障するのは到底追いつかないはずです。
ただ、この状況を作り出した会社勤めという社会構造はまだ100年も経っていません。そう言った意味では、自分たちも含めて社会構造を変えていく必要は有ると思います。自営業や農業、自給自足、低い収入でも生活できる環境作り。もちろん、御上に動いて貰わなければならない部分もありますが、一人一人の意識も重要なんでしょうね。金額の多い少ないじゃない生活の価値観の確立が必要なのだと思います。
戦後、日本社会の構造は家庭内のサービスを外注化することで繁栄してきました。それは何でもお金で買えるという幻想を生み出し、家族の絆も弱めました。今はそれと逆の流れが必要なのでは無いか?と思うのです。介護も教育も税金でまかなう話では無く、本来は家族の中でお金では無い絆で成り立っていたはずですので。
ぎゅっとぎゅっと握った手、繋いでいこう...DNA狂詩曲が心に響きます。

URL | なんくろ #-

2012/09/12 13:15 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


> これを見ると、一見、健康問題で自殺者が多いように受け取れます。しかし、よく中身を見ると健康問題の約半分は鬱病。全てがとは言いませんが、経済問題、労働問題が原因の多くを占めている、と言うのが事実では無いかと思います。


ツイッターでも触れましたが、家族や近所などに絆コストをかける時間が無くなっているので、結局気付いてくれる人が周りにいなくなってしまいます。
金が無いから時間を費やして稼ぐ。
でも労働に時間を取られるとプライベートが充実しない。
労働を減らすと金が無くて生きていけない(と思い込んでいる)。


> 税金の再分配じゃ国民の生活を保障するのは到底追いつかないはずです。

宮台真司が言うには、再配分と再スタートの環境作りが大事だと言っています。
失敗してもやる気があればまたスタートを切れる。

というような見直しができる環境作りも含め、税金はうまく使って欲しいなと思います。


> 戦後、日本社会の構造は家庭内のサービスを外注化することで繁栄してきました。それは何でもお金で買えるという幻想を生み出し、家族の絆も弱めました。今はそれと逆の流れが必要なのでは無いか?と思うのです。介護も教育も税金でまかなう話では無く、本来は家族の中でお金では無い絆で成り立っていたはずですので。


まさに「金の切れ目が縁の切れ目」ですね。
「安心安全便利快適」な社会は、絆も薄まり、「個性だ」「プライベートだ」と一人でいることを洗脳されてきたみたいです。

便利で快適だけど助け合う共同体が崩壊し、その代わりに裁判などの法的な手段にすぐ頼る日本。
もっと人間味のある解決方法を選んで欲しいです。

URL | さかもと #-

2012/09/13 00:27 * 編集 *

さかもとさんと同感です。痛いほどわかります

自殺とは死を「選ばされる」こと

親からもらった大切な命

あなたが生きている今日は誰かが生きたかった今日かもしれない

そういうことも全部ひっくるめて わかってるうえで そうせざるをえない状況になって自らで自らを終わらせるのですからね。


僕自身も以前よりはだいぶ減りましたが、たまに、ふともう死ぬしかないななんて思って でもまだ希望が捨てきれず ギリギリで生きています コンチクショーって感じで


自分で精一杯で、社会全体のことまで考えが及ばないのが本音ですが、


弱者に厳しすぎる社会ですね 本当。「そういう環境になる前に立ち直らなかったお前が悪い」なんて手厳しいこと言われて門前払いですからね。


悲劇のヒーロー気取ってるわけでもなんでもないんですが 世の中、せちがらいっすよね



だけど、俺には好きな音楽もあるし 五色に色分けされた とある最高で全力少女なアイドルもいるし


そのために気合い入れて生きていきます


ああ、すいませんこんなダークな文章書いちゃって…


明日もガツンとカツいれて ポジティブシンキングで シリアスに考えすぎず 生きていきます!


なんか訳わかんない文章になっちゃってすみません! いきます!


URL | 加納 #-

2012/09/16 17:48 * 編集 *

加納さんへ

コメントありがとうございます。

> そういうことも全部ひっくるめて わかってるうえで そうせざるをえない状況になって自らで自らを終わらせるのですからね。

自殺を選ぶのは異常な状態ですからね。
来週のジャンプ読むまで死ねないという程度もいるでしょうし。
希望を全て捨ててしまうというのは普通ではありえませんからね。
当然自分から捨ててしまう人もいるんでしょうけど、自ら捨てるのはある意味前向きですし。


> 弱者に厳しすぎる社会ですね 本当。「そういう環境になる前に立ち直らなかったお前が悪い」なんて手厳しいこと言われて門前払いですからね。

そうなんですよ。
普通ならば、どんな失敗してもチャレンジ精神を認めて再スタートの援助をするのが良い社会です。
でも今は正反対。
弱者は排除して弱者に金掛けるのは無駄だという考えが蔓延しています。

ほんと「まずももクロ聞けよ」って思いますよ(笑)。
自殺相談のコール音はももクロにせよ!(笑)。

URL | さかもと #-

2012/09/16 19:09 * 編集 *

またコメント失礼します


ほんとそうですよね!


ももクロちゃん聴いちゃえば よっしゃ! って


まるで無敵な気分になっちゃいます なんであんなくだらないことで悩んでたんだろうって思います


あと最近 このブログがバイブル化しちゃってる自分がいます(笑)


2ヶ月弱ぐらい前、ももクロがたまらなく好きになりはじめて 濃厚にももクロのこと語ってる文章ないかな?って ももいろクローバー論 ってググッたらここにたどり着きました


さかもとさんほど頭がキレる方なら 文章で飯食っていけると思います すでにそういうお仕事されているのかもしれませんが。



今、中国で物凄い反日デモとか 領土問題とか


テレビのニュースつければ ため息こぼれるようなことばっかですが



世界中のみんなが 平和だなぁ~ なんて思える日が来ればいいですね!

URL | 加納 #-

2012/09/17 08:48 * 編集 *

加納さんへ

コメントありがとうございます!

> あと最近 このブログがバイブル化しちゃってる自分がいます(笑)

すごく嬉しいです!
賛成意見でも反対意見でもどしどしお待ちしております!
いろんな意見が集まってももクロちゃんのすごさが広まれば嬉しいです!


> さかもとさんほど頭がキレる方なら 文章で飯食っていけると思います すでにそういうお仕事されているのかもしれませんが。

ライターになりたいです!
ももクロちゃんのすごさを広めるには媒体も広げなければ!


> 世界中のみんなが 平和だなぁ~ なんて思える日が来ればいいですね!

ももクロを見てるときっとそんな世の中が来ると信じられます!

URL | さかもと #-

2012/09/17 11:12 * 編集 *

>そして、最初に書いたように「死にたい奴は死ね」とか「自殺を選ぶのも自己責任」なんて言う奴が少しでも減ることが大事です。
自分がいつ弱者になるかわからないのに、それを想像できないような奴は「なんでそんな金つかうんだ」とほざきますからね。

自分が弱者側になったことを想像できても無駄金じゃないかなあと思います。
死を選ばされることを強制され、生きたいと願ってる人には無駄ではないですが。
生きることを死ぬことより優れていると思っている生存教は絶対的なものなのでしょうか?
生きることをいつでも辞められるからこそ今を自由に生きられる気がします。
そのためには死ぬことも許されていないといけません。
何かが絶対に許されないというコトは人を追い詰めると思います。
(犯罪など他人を傷つけるものは論外ですが)

URL | #-

2013/02/17 01:18 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!


> >そして、最初に書いたように「死にたい奴は死ね」とか「自殺を選ぶのも自己責任」なんて言う奴が少しでも減ることが大事です。
> 自分がいつ弱者になるかわからないのに、それを想像できないような奴は「なんでそんな金つかうんだ」とほざきますからね。
>
> 自分が弱者側になったことを想像できても無駄金じゃないかなあと思います。

とありますが、この記事では主に

> 死を選ばされることを強制され、生きたいと願ってる人には無駄ではないですが。

について書きました。


> 生きることを死ぬことより優れていると思っている生存教は絶対的なものなのでしょうか?
> 生きることをいつでも辞められるからこそ今を自由に生きられる気がします。
> そのためには死ぬことも許されていないといけません。
> 何かが絶対に許されないというコトは人を追い詰めると思います。
> (犯罪など他人を傷つけるものは論外ですが)

おっしゃる通りですね。
そして繰り返しになりますがこの記事では
「死にたいと思ってる奴を生きさせる」についてではなく
「自殺を選ばされてしまった人と、いつ自分がそのような状況に見舞われるか想像できない人」について書きました。

URL | さかもと #-

2013/02/17 16:53 * 編集 *

「自衛隊ってすごく大事だと思うんだけど、軍事費を自殺志願者救済に使えないものでしょうかね。
ミサイル1発分のお金で結構な人が救われる気がしますけども。」

僕は、いまこういうことを言う人が減っていると思う。
公の場でこういうことを言うと、やれ現実を見ていないとか、それなら丸裸で戦場へ行って来いとか、ぼこぼこに叩かれる。
しかし、それでいいのだろうか?
僕は、さかもとさんがこう書いていることに100%共感しますし、賛成します。
しかし、現実にそういうことが可能か?と聞かれると、う~んと悩んでしまいます。

ですが、実現できないことを言うのは、ただ単に夢を見ていることなのでしょうか?
夢を見ていることかもしれません、確かに。
しかし、こういう理想を語れなくなると、社会はとても住みにくく、病んだものになると思います。
こういう理想・理念を、こういう時代だからこそ語る必要があると思います。

長文失礼しました。

URL | ふに #S6Zyic9Y

2013/02/18 03:53 * 編集 *

ふにさんへ

コメントありがとうございます!

> 「自衛隊ってすごく大事だと思うんだけど、軍事費を自殺志願者救済に使えないものでしょうかね。
> ミサイル1発分のお金で結構な人が救われる気がしますけども。」
>
> 僕は、いまこういうことを言う人が減っていると思う。
> 公の場でこういうことを言うと、やれ現実を見ていないとか、それなら丸裸で戦場へ行って来いとか、ぼこぼこに叩かれる。


どうなんですかねぇ。「現実を見てない」という人こそ何も見えてない気がしますが。
単純に考えて軍事費を食糧費に転用すれば多くの人が救われますからね。


> 僕は、さかもとさんがこう書いていることに100%共感しますし、賛成します。
> しかし、現実にそういうことが可能か?と聞かれると、う~んと悩んでしまいます。


現実可能なのにやらないんですよね。
殺人兵器で稼ぐ人の方が権力を持ってるからですね。
だから殺人兵器で稼いでるというのがみんないけないことだって思える社会になる必要があります。
そのためにはいろいろ知る必要があります。
どれぐらいお金がかかっていて、そのお金で代わりにどんなことができるのか、など。

URL | さかもと #-

2013/02/18 21:57 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1247-5e1708ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top