07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』は世界を崩落させる 

■ 劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』は世界を崩落させる


劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』前編後編を見てきました。

テレビシリーズに関しては長い感想を書くほど興味深かったので、(参照:アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に不幸を引き受ける特異点の奇跡を読み取る)映画版にも期待してました。


結果から言うと大変残念でした。
なぜか。
それはテレビシリーズの壮大な物語が矮小化していると感じたからです。


以下、テレビシリーズと劇場版のネタバレを含む感想になります。
ご了承の上お進みください。




■ 『まどか』は商業の魔女と化し我々に襲いかかる


劇場版前編後編はテレビシリーズに少し手を加えたものでした。
手直しと少しの追加。

前編と後編でオープニングムービーを変えて欲しかったですがそれも無く。

何も変わらないまま終盤へ。

まどかが世界を更新し宇宙意思となり終了。

世界から「魔女」は消え去り、代わりに魔獣と戦うほむら。


その後魔法文字みたいなエンドロールが流れる。
ここで期待が高まりました。
もしかしたら新たな終わり方が提示されるのか?と。

すると孤独に戦うほむらが映し出され、その後5人の後ろ姿が描かれる。

ここで僕は「なぜさやかとまどかがいるのだ」と不満に思う。
まどかはこの世界から消え去り我々には認識できなくなってしまったのではなかったのか。


するとなんと、新作の予告が始まった。
新編まどマギが2013年に公開だと。

まどかが居なくなった世界で戦うほむらにまどかの声が聞こえる。
予告編なので正確なことはわからないが、再びまどかが登場するような雰囲気だった。


なんということだ。
まどかが救った世界など資本主義のもとでは無力だったのだ。

まどかが更新した世界は結局何も変えておらず、金稼ぎの道具でしかなかった。


映画2本分の長い長い予告編を見せられ、来年公開の新作を少しだけ見せられた我々は、首筋に魔女の刻印がつけられたような感覚で劇場をあとにするしかなかった。


まどかが宇宙意思となりこの世から消え去ることで救ったテレビシリーズ。
次の世界では魔女はいなくなり魔獣と戦い続けるほむら達がいる。

魂をソウルジェム化され肉人形のゾンビを操り魔女と戦い自ら魔女になっていく残酷な物語の回収。

新編ではこの壮大な物語をどう展開していくのか。

ただの魔法少女アニメに成り下がってしまうのか。

まどかは再び人のかたちをして登場してしまうんだろうか。

もし我々にまどかの声が聞こえるとするなら、それは製作者の底が浅いと言わざるを得ない。


次回作に遠大なる期待と膨大なる嫌悪を込めて。




スポンサーサイト

テーマ: アニメ - ジャンル: 映画

この記事に対するコメント

自分も昨日観てきました。
確かに凝縮されすぎていてちょっとう〜ん・・・ていう感じでした。
ただ、個人的にほむらが何度も時間遡行をしてきた後に流れる「コネクト」が
すごく好きな展開だったので、そこを削らなかったところだけはほっとしました。
一応全てのキャラにスポットがちゃんと当たっていて、おそらく初見の人には
どんなストーリーなのかは伝わるようにまとめていたとは思いました。

新作に関してはどうなんでしょう・・・。あっさりまどかが復活するというのは
解せないです。

URL | akira_kawa #-

2012/10/28 20:57 * 編集 *

akira_kawaさんへ

コメントありがとうございます!


> ただ、個人的にほむらが何度も時間遡行をしてきた後に流れる「コネクト」が
> すごく好きな展開だったので、そこを削らなかったところだけはほっとしました。


僕もあそこは好きです!
やっぱあの主題歌が一番好き。
エンディングテーマのおどろおどろしい感じも好きですが。


> 新作に関してはどうなんでしょう・・・。あっさりまどかが復活するというのは
> 解せないです。


僕はあっさり登場する気がします。
ほむらを助けるために。

「魔女」という存在を消すのがまどかの願いだったわけですから、その願いの外にあるような行為が次作に持ち込まれるのは解せないですねぇ。

どんなアクロバティックな展開が待っているのか早く知りたいです!
来月はエヴァQもあるし。
大変ですよ!

URL | さかもと #-

2012/10/28 21:12 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1306-e5974f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top