09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

男祭り2012観戦記【男を問い直せ!】 


■ 男とはなんぞや


男祭り2012に参戦してきました。

バカになるための男の戦い。

8月5日の西武ドーム以降何も無かった僕にとって、夏祭りがいまだ終わり切れて無い感覚がくすぶっていました。
西武ドームに置いてきた頭のネジのおかげでお祭り感覚が忘れられないのです。

今度はついに武道館!
武道館にも頭のネジを置いてきてやる。


できることなら早くから物販にならんだりして開場前のお祭り騒ぎを体感したかったのですが、17:30に仕事が終わってそこから駆けつけたので、生写真が早々に売り切れたりとか、津軽半島れにちゃん推し法被を拝んだり、女性ファンを拝んだりできませんでした。

大勢の人間が同じ想いを抱いて同じ場所に集結しているという熱量を感じたかったです。


仕事終わりで九段下駅に着くと、非公式の写真やらポスターやらを販売している人たちと、歩くのも困難なほどの人波。
すごい!

生写真は売り切れということで、奉納タオルの紫を物販代行してもらったものを受け取り、いそいそと入場列に並ぶ。
開演時間が遅れているようで、余裕で間に合いました。
でも性格上、早く席について落ち着きたいんですよね。
ペンライトとか紫の服の準備とかありますので。


あとツイッターでフォローしている方々ともお会いしたかったのですが、開場時間を過ぎているので自粛しました。

あらかじめ約束していた方とお会いする。れにちゃんをモチーフにしたTシャツを作ってもらっていたのです!
まぁそれは次回に取っておいて、今回はUFIゴリナTシャツで参戦!
ペンライトもれにちゃんの写真を入れたものと、祭りの旗の書体で「高城れに」と書かれたシールを貼ったもので参戦。
この高城れにシールもTシャツ作成者の方が作ってくれました。
ありがたいことです。


すごい行列をなんとか進み、身分証チェックも荷物チェックも終え、やっと武道館内へ。


なんだこれは。
セットがすごいとももクロメンバーのブログに書いてあったけど、ほんとすごいセット。

武道館らしく、格闘技のリングのようなステージ。
アルティメットファイティングチャンピオンシップなのか。
目潰しと噛み付き以外はノールールというももクロ版バーリトゥードなのか。

男祭りで男が負けちゃあ一生の笑いもんだぜ。
勝つぞ、この戦い。
当然敵は自分自身だ。


太鼓ありやぐらあり。
そして特筆すべきは、ステージ自体がビジョンになっていることです。
これから何が起こるんだろう。
わくわく感が半端ないです。


席に着くと思ったよりも前でした。
東の2階席。

隣の人に軽く挨拶をする。

左の人が箱推しで、頭には緑のタオルで、両手にダイヤ桃ンド全色装着という出立ち。
素晴らしい。

僕もいそいそとTシャツ姿に首タオルに両手ペンライトスタイルへ。


■ 男とはovertureをするものである


開演前の「愛を取り戻せ」に合わせてみんなで合唱したのがおもしろかったです。
これは僕のももクロ論文「世界が感情を取り戻す」へのアンサーですね。
光栄であります。
(冗談です。「ほほえみ忘れた顔など見たくはないさ」ということですよね。でも、だったら『ニッポン笑顔百景』が聞きたかった!)



そして暗転。

輝き出すサイリウムたち。
びりびりと震える空気。
怒号のような声援。


すべてが一変するような体験をした先に、『overture』が鳴り響く。
男たちの声援は加速し、ももクロMIXと呼ばれるコールが試合開始の合図のようにきれいに決まった。

もしかしたら僕はovertureをするためにももクロのライブに参戦するのかも知れない。
あとから考えると、ほんとそうとしか思えないほどの昂りでした。

当然僕は「うりゃ」側の人間です。
近くに「うりゃ」の人がいないので、勝手にみんなを引っ張ってってやるぜ、という気持ちで「うりゃ」と叫ぶ。
その後常に僕は「みんなを引っ張ってやる」と思い込んで参戦しました。
その意気込みがないと自分に負けると思ったのです。
最高のモノノフが欠けたら最高のライブにはならん!


以下、詳細なレポートを期待している方にはまったくご希望に沿えないものとなります。

基本的に「れにちゃん!」と「ありがとう!」しか叫んでませんでした。
何が起こったのかあまり覚えていません。
叫んでたら終わりました。
いまだに現実感が無いです。
お祭りはすでに終わったんですね。


さて、男祭りですけど、まず「男に生まれたことの誇り」を感じました。
5人が「男」という文字を舞台に刻む。
僕は男なんだ。


『全力少女』でれにちゃんコールで絶叫する。

『最強パレパレード』はももクノで初めて見てまったくコールができず悔しい思いをしたので、今回はコールばっちりでした。
コマネチもしっかりできたし。
ステージビジョンに5人をキャラクター化したイラストが出現したんだけど、あれをグッズに使えば確実に人気出たろうなぁ、と思った。

『未来へススメ!』ではうっすら涙ぐむ。
「どんな困難でも今は構わない 倒れそうになった時は支え合えば大丈夫」

5人で支え合い、こんな大舞台に立つに到るまで成長した現実が目の前に繰り広げられている。


男バージョンの自己紹介の杏果ちゃんでも涙ぐみました。
「根性根性ド根性」
まさに杏果ちゃんを言い表したフレーズです。


■ 男祭りVS女祭り


2011年の秋の2大祭りと比較して胸が熱くなる。
DVDでしか見たことないけど、2011年の男祭りでは会場を覆うようにCO2が放出されていた。
でも目の前の光景は、CO2があまりにも小さく見える。
それだけ会場が広くなったんだ。
たった1年で。

『山里亮太の不毛な議論』でのエピソードを聞くと、彼女たちはZ以前の曲をやることに不安を感じていたということが語られる。
ファンが乗ってくれないのではないか、と。
だが昔からのファンが人数的に少ないながらも全力で応援し、それを学んだ新規ファンが追うように全力で応援する、という美しい関係性を山ちゃんは説く。

やはりももクロの語り部として山里さんは欠くことのできない存在だ。
そんな姿をさらけ出せるほどに山ちゃんを信頼している、ということでもある。
我々の前には決して弱みを見せませんからね。
特に夏菜子ちゃんは泣くところを必死に隠そうとします。


2011年の2大祭りは、女祭りがファッションショーや質問コーナーなどの歌以外の楽しみを見せ、男祭りが歌メインという構図でした。
当然今年もそれが踏襲されるだろうと思い、また女祭りでファッションショーをやるのではないか、と想像していたのですが、ふたを開けてみればがっつりライブ。
(セットリスト的にかなり僕好み。映像化が待たれる)

となると当然男祭りが今年はバラエティ色の強いものになるだろうと予想されました。

今回はすごかった。
空手の演武あり、角田信朗の歌あり、ヒールレスラーとの男問答ありと、歌以外での演出がたくさんありました。

これは今後の行く末を占うものだったのではないでしょうか。
ももクロに足りないものはバラエティ力だと思っています。
ファンならバラエティでのももクロちゃん達はおもしろいです。
かわいいし楽しめる。
でもテレビを見ている視聴者にはまったくおもしろさが伝わっていないのではないか。
ももクロよりも達者なアイドルはいっぱいいます。

そこに来てライブパフォーマンスではない壁を与える。
飢えた男どもを歌以外で満足させられるのか、と。

これについてもぜひ『山里亮太の不毛な議論』を参照していただきたい。
芸人山里にバラエティ力が向上したと言わせしめました。


僕は満足しました。
当然バラエティ力はまだまだだ。
でも成長はうかがえる。
いつだってももクロはミスマッチメイクでも全力でぶつかってきた。
その時その時によって「ももいろクローバーZ」という名前を別のグループ名に変え、さらには「ももクロに似たグループである」と、存在すらも変えているのはそう言った意味だろう。
つまり、相手のフィールドで戦ってやる、という気概。
相手のフィールドすらやがて自分たちのものにしてしまう勢い。
共演者が口々にももクロと仕事をすると好きになってしまう、という言っているのがすべてを表している。

今後のキーワードはバラエティ力にあるのではないか、と踏んでいるので11月16日のユーストリーム梶原放送局にてそのあたりについて質問状を送りたいと思っています。
採用して欲しいなぁ。


ヒールレスラーとの茶番ですけども、僕はプロレスを知りません。
なのでヒールが出てきたら野次るのが当たり前だと思ってました。
なので「帰れー!」とか「うるせー!」とか叫びました。
れにちゃんとの絡みもありましたから、れにちゃん推しとしては「もっとやれ!」の意味を込めての「帰れ!」です。
つまりダチョウ倶楽部理論ですね。

だけど周りは誰も野次を入れてませんでした。

僕だけガチオタの厄介系のような装い。


なんだよ!
空気読んで野次入れたのに!
バラエティのセオリーをわかってない痛いファンみたいになっちまったよ!
楽しいからいいけどね!


れにちゃんの「顔こえーんだよ!」に笑った。


■ 男とはアンコールするものである


ライブが終了しアンコールへ。

西武ドームの時と違い、病院に行ってしっかりのどは回復してる。
山ちゃんにも負けないようなアンコールをしてやるぜ!
印象的にはアンコールしてる割合は西武ドームの時よりも上がってました。
でもアンコール合わせるのって1万人以上の規模の場合どうしてるんでしょうかねぇ。
コールと同じで、声が合えばみんなもっとアンコールしたくなると思うんだよなぁ。


会場にライトが再び点く。
リングアナの「本日のメインイベントを行います!」という言葉!
否が応にもテンションが跳ね上がる。
まだまだ休んでんじゃねぇという声が聞こえてくるようです。


『ツヨクツヨク』でタオルを回しながらステージを見て泣く。
折立中の爽応援動画を思い出した。

空手家たちがステージの周りを囲んでタオルを振り回している。

「強く強くあふれる気持ち いつかあなたへと届けたい 涙隠す事ももうしなくていい 嘘も全部もういらない」

想いを全力で伝えたいと必死に歌い踊る笑顔の彼女たちを見ていると、こちらもありがとうの気持ちを全力で伝えたくなってしまう。
なのでやはり僕は「れにちゃん!」と「ありがとう!」を繰り返し叫ぶ。
聞こえてるかどうかは問題じゃない。
なぜなら彼女たちは絶対に受け取ってくれるからだ。

だから応援の仕方なんか決まっちゃいない。
彼女たちを見ていれば学べるはず。
笑顔ひとつあればそれでいいんだ。

左隣の箱推しの方が、それまでは名前を呼ぶだけだったんですが、後半僕と一緒に「ありがとう!」と叫んでたのには感動しました。
やっぱみんなありがとうを伝えたいんだよ!


最後は『あの空へ向かって』。

これは紅白への決意表明なのではないか。

時期的に単独ライブでこの歌を歌えるのは男祭りのこの日だけだろう。
NHKホールを目指した彼女たちはいよいよ手の届くところまで来たと言える。
でもまだ決まってはいない。

絶対に紅白に出たい。
その想いが伝わってくる「あの空」でした。

「世界のももクロナンバー1」と叫びながら、本当に世界の人たちがももクロに笑顔とコールを送っている姿が目に浮かびました。

まだまだももクロはこれからです。
どうなるのか見届けなければならないと熱く思いました。


■ 男とは出会いの連続である


さて、ライブですが残念なことが2点ありました。

携帯電話で撮影している人がいたこと。
ちょっと離れた席だったので係員を見つけて「こっちこっち」と手で合図をし、あの人撮影してますよ、とジェスチャーで伝えた。

あとはゴミをそのまま放置して帰った二人組。
せっかく隣で応援してて楽しかったのに、それを見るとゲンナリです。
着替えてペンライトを外して帰宅の身支度してたら杏果ちゃん推しの方が颯爽とゴミを拾って行かれました。
素敵です。


左隣の箱推しの方とお別れの挨拶を笑顔でして会場を出ました。
改めてすごい人数でした。退場も遅々として進まず。

姫クロの写真の交換をお願いした方と合流してると、西武ドームのれにちゃん感想戦に参加してくださった方にも偶然会えました。
こういうのって嬉しいですね。

姫クロ以外にも生写真を交換してほくほくの僕。
新幹線の時間があるということでお話もそこそこにお別れをしました。


九段下の駅のところでハチミツ二郎がいた。


ホームに着くとなんと津軽半島龍飛崎法被をまとってる方が!
隣には高円寺にあるモノノフ居酒屋ボカン亭の店主さんも。
なので声を掛けてしまいました。

その背中の口上は僕が考えたんですよ、なんてことは一切言えず、僕に演歌口上を書かせてくださった津軽モノノフ会の方がいないか尋ねると、まだ会場付近でいろんな人に会ってるそうで。
青森でもお世話になったので一言お礼を言いたかったのですが残念です。

つくづくライブの日は朝から現場に居るに限るな!と思いました。


いろんな出会いを生んでくれたももクロちゃんにはほんと感謝です。


れにちゃん公演後ブログに、「一階席二階席みんなちゃんと見えてたし、手を振ると振り返してくれる喜び」とあったので「僕のことだな」と思いました。
(結局痛いファンの僕です)




スポンサーサイト

テーマ: ももいろクローバーZ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

私はZepp NagoyaのLV参戦組でした。

ライブ以外の演出について、私は否定的でした。
特にヒールレスラーとの茶番(←あえての表現)については。
それまでのライブの流れで熱く燃え上がっていた気持ちが一旦クールダウンしてしまい、その直後のチャイマで完全に出遅れた感があって。
「ライブの流れを完全にぶった切ってんじゃねーか!」「この茶番って必要だったのか?」って思ってました。

しかし、「ライブパフォーマンスではない壁を与える。」というさかもとさんの論を見て、「なるほど。この演出も彼女たちには必要だったんだな。」って、腑に落ちた感じがします。

さかもとさんが残念に思われた2点。
それについては私も、ももクロちゃんのライブに限らず、過去いろんなライブ会場で見かけてとても残念に思っていた点です。
幸いZepp Nagoyaでは見かけませんでしたけど。

エチケット違反・マナー違反をしている姿を見ると、ホントにガッカリしてしまいます。
それを、そのアーティストのグッズ(Tシャツ・タオル)を身につけた人がやってるのを見ると尚更。

特に、会場の周りで、一般の人々の目に入る場所で、マナーの悪い言動をするのは、ホントに腹が立ちます。
「お前、そのTシャツ着てるってことは、そのアーティストの看板背負ってるってことなんだぞ。お前はファンであると同時に、そのアーティストの宣伝マンなんだぞ。自覚持てよ。」
…って思っちゃいます。
男祭りLV参戦前に、このようなことをツイッターで呟いたら、そのツイートがけっこう拡散されてビックリしたんですけど、「同じように思ってる人、いっぱいいるんだな…。」って嬉しくもなりました。

さかもとさんとは、是非ともぴあフェス会場でお会いしたいです。

URL | SEIYA #-

2012/11/09 07:03 * 編集 *

楽しむ心!

さかもとさんの男祭りを楽しむ姿が目に浮かびます。
まだお会いしたこと無いから完全に想像ですが(笑)

セットリストや演出に苦言を呈している感想もちらほら見かけるのですが、楽しむ心があればたいしたことじゃ無い場合がほとんど。盲信とかじゃ無くて見方、楽しみ方を切り替えられるかどうか。実際多くの苦言(?)が個人の好みの話だったりするので。そういった意味でも熱が伝わる報告で今回も楽しく読ませていただきました。
その時のコンサートはその時の想いが詰まっている物で、こちらがそれを読み解けるかどうかかな?と思います。チームももクロは決して手を抜きませんので。まぁ、今回は男祭りで完全に運営陣(男性)の悪ノリが主体のコンサートなので、それを楽しめるかどうかがカギですが。それでも初期の曲を入れてくるなどちゃんとメッセージが組み込まれています。
LVでしたが、私もさかもとさん同様、楽しんできました。世代的にツボの演出だったからですかね(笑)

さかもとさんが指摘した問題点は共にファン側の問題点。ファンが増えて層の変化も起きているので、民度の向上は重要課題ですね。ももクロが世界を変えると信じている一人として、何とかしていければと考えています。
押しつけや命令では無く、心地よく上手く巻き込める流れを作っていきたいものです。

URL | なんくろ #-

2012/11/09 12:28 * 編集 *

SEIYAさんへ

コメントありがとうございます!

> しかし、「ライブパフォーマンスではない壁を与える。」というさかもとさんの論を見て、「なるほど。この演出も彼女たちには必要だったんだな。」って、腑に落ちた感じがします。


完全に茶番でしたね(笑)。
僕はももクロはバラエティ的にまだまだおもしろくないと思ってます。
当然ファンが見てればかわいいしおもしろいし最高なんですけどね。
嵐を目指すならバラエティ対応力は大事です。


> エチケット違反・マナー違反をしている姿を見ると、ホントにガッカリしてしまいます。
> それを、そのアーティストのグッズ(Tシャツ・タオル)を身につけた人がやってるのを見ると尚更。


ほんとそうですね。
会社のロゴが入った車でマナー悪い奴いるとバカにしか見えませんが、あれと一緒ですね。
自分がももクロの一員であることの自覚がなさすぎます。
「お前はモノノフじゃない」と言いたくもなりますよ。


> さかもとさんとは、是非ともぴあフェス会場でお会いしたいです。


そうですね!
フェス中は結構時間あるんですかね。
見ないアーティストもいるし。
スチャダラパーは見れたら見たいです!

URL | さかもと #-

2012/11/10 11:13 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!

> さかもとさんの男祭りを楽しむ姿が目に浮かびます。

にこにこしてるだけです(笑)。
れにちゃんしか見てないです!


> セットリストや演出に苦言を呈している感想もちらほら見かけるのですが、楽しむ心があればたいしたことじゃ無い場合がほとんど。


セトリに文句言う人はDVD見てろって感じです。
自身の思い出に執着して先に進めない者です。
ももクロちゃんが期待と不安の中新曲を披露しているにも関わらず、過去の曲しか認めない愚か者です。
(段々言い過ぎ)

僕はそれほどセットリストにこだわりが無いので、ただれにちゃんが笑顔で歌って踊ってればいいです。


> さかもとさんが指摘した問題点は共にファン側の問題点。ファンが増えて層の変化も起きているので、民度の向上は重要課題ですね。ももクロが世界を変えると信じている一人として、何とかしていければと考えています。
> 押しつけや命令では無く、心地よく上手く巻き込める流れを作っていきたいものです。

そうですね。
マナー知らないならまだしも。
マナー守るの当たり前じゃん、ってのが良いですね。
ももクロちゃんの行動基準に従っていればすべて丸くおさまります!

URL | さかもと #-

2012/11/10 13:26 * 編集 *

はじめましまて

こんにちは。興味深い記事をいつもありがとうございます。

僕は広島でのライブビューイングにてももクロライブ初参戦させていただきました。

確かにマナーの悪い方はいましたねー。座って携帯ゲームをずっとやってた人がいて、いったい何しにきたんだろう?と思っていました。

ただそんなことはさておき、ライブは本当に一瞬で終わってしまいましたね。となりが杏果ちゃん推しのかただったので、それに対抗するようにれにちゃんの名前を叫びまくりました。届くわけないけど届いて欲しいと思いながら。

今は田舎に戻ってしまったので生ライブにありつける機会はなかなかありませんが、自分のできる限りで応援していきたいと思います。

これからも記事を楽しみにしています。同じれにちゃん推しということでお互い頑張っていきましょう。

URL | すーさん #-

2012/11/10 14:51 * 編集 *

さかもとさま:
男祭り!お疲れでありやした!
自分はチケ争奪戦に敗れ、初ライブビューイングでした。
大画面で見れるうえ、座席にも余裕があって、暴れフリコピ派の
自分には合ってるかも!会場も大盛り上がりで楽しかったです!

夏菜子にヤジられた通り仕事サボり参戦で武道館の雰囲気だけ
満喫したく、11時には物販に並んでました。でもLV会場に向うため
武道館を離れる時はやっぱ寂しかったです・・・
さかもと口上法被のお方とは物販並び列ですれ違いましたよ。
カッコよかったです!

ライブ内容は空手実演あり、マイクパフォーマンスあり、花の慶次
ありで男を鼓舞する演出でしたが、ちょっと長い・・・
限られた時間内に濃密な舞台演出ってのも期待したいです。

序盤の初期楽曲は、この曲を武道館で歌いたい、という彼女たちの
念願をかなえたためだと聞きましたが、そうだとしたら憎い演出です。
でもパレパレには驚き!ハローグッバイとかレアな曲によくでくわしますww

そううえば生写真!れにちゃんのサイン&メッセージ入りが出た場面
にちょうどでくわしました!引き当てたのが杏果推しだったので交換し
たがってましたww

URL | はんchanだZ! #mQop/nM.

2012/11/10 19:09 * 編集 *

さかもとさんへ

>フェス中は結構時間あるんですかね。
>見ないアーティストもいるし。

困ったことに、今回のぴあフェス出演者、全員観たいんですよね私(笑)。
というかぶっちゃけ、一番楽しみにしてるのはももクロちゃんではなくて、じつはホルモンだったりします…。(ももクロはSSAで堪能しますので)

URL | SEIYA #-

2012/11/10 23:19 * 編集 *

初コメです。
いつも楽しく読ませてもらっています。

男祭り自分も参戦しました。
2階西のF列でしたが、とても楽しいライブでした。

ただメンバーが近くにくると2階の後ろの列は見えなくなったことが残念でしたが、会場に参加できただけでも大満足でした。

ところで今回の男祭りも最後に「世界のももクロナンバー1」コールが発生しましたね。そのことについては「マンネリ化している」とか「横アリ2日目の真似事」など賛否両論あるようです。

自分は「世界のももクロナンバー1」コールはモノノフの意思表示であり、ももクロを心から応援したいと思う気持ちが、会場全体が一つになりそのような形になって表れていると思うので一つの素晴らしい試みだと思うのですが、
このように否定的な意見も出ているということは、「世界のももクロナンバー1」コールはやらないほうがいいということは否めないのでしょうか?

鋭い考察力をお持ちのさかもとさんの意見を是非聞きたいです。



URL | m #zoRhL5W2

2012/11/11 00:26 * 編集 *

すーさんさんへ

コメントありがとうございます!


> 確かにマナーの悪い方はいましたねー。座って携帯ゲームをずっとやってた人がいて、いったい何しにきたんだろう?と思っていました。

ももクロちゃんの目に入らなくて良かったです(笑)。
付き添いなんですかね。


> ただそんなことはさておき、ライブは本当に一瞬で終わってしまいましたね。となりが杏果ちゃん推しのかただったので、それに対抗するようにれにちゃんの名前を叫びまくりました。届くわけないけど届いて欲しいと思いながら。

届いてるはずです!
カメラに向かってLV用レスがあったのがうらやましいです!
ファン同士のそういう対決は素晴らしいですよね。
戦いです!


> これからも記事を楽しみにしています。同じれにちゃん推しということでお互い頑張っていきましょう。


ありがとうございます!
共にれにちゃんを推し続けましょう!

URL | さかもと #-

2012/11/11 01:33 * 編集 *

はんchanだZ!さんへ

コメントありがとうございます!


> 大画面で見れるうえ、座席にも余裕があって、暴れフリコピ派の
> 自分には合ってるかも!会場も大盛り上がりで楽しかったです!

そうなんですよね!
僕はNHKホールをスポーツバーで観戦しましたけど、踊り放題なのでかなり楽しめました。
これでライブ外れてもLVで十分楽しめる、って思いました!


> 夏菜子にヤジられた通り仕事サボり参戦で武道館の雰囲気だけ
> 満喫したく、11時には物販に並んでました。でもLV会場に向うため
> 武道館を離れる時はやっぱ寂しかったです・・・
> さかもと口上法被のお方とは物販並び列ですれ違いましたよ。
> カッコよかったです!

僕もサボればよかった(笑)。
やっぱ開場時間のずっと前から祭りは始まってるんですよねぇ。
津軽半島法被欲しいです!
ももクロChan新法被よりも数段かっこいい!


> ライブ内容は空手実演あり、マイクパフォーマンスあり、花の慶次
> ありで男を鼓舞する演出でしたが、ちょっと長い・・・


長いですね。あの時間で5曲以上はできましたね。
まぁ着替えの時間も必要なのですが。
花の慶次演出があったんですか?
読んだことないのでわからず。


> でもパレパレには驚き!ハローグッバイとかレアな曲によくでくわしますww


パレパレのイントロで一瞬思考停止しました(笑)。
まさか!と思って。
あのイラストかわいかったなぁ。


> そううえば生写真!れにちゃんのサイン&メッセージ入りが出た場面
> にちょうどでくわしました!引き当てたのが杏果推しだったので交換し
> たがってましたww


生写真買えなくてくやしいです。
まさか無くなるとは思わず。
津軽半島法被の制作に関わった方がれにちゃんサイン入り引き当てたので
僕もれにちゃんへの想いを強めなければ、と思ってる所存です。

URL | さかもと #-

2012/11/11 01:44 * 編集 *

SEIYAさんへ

> 困ったことに、今回のぴあフェス出演者、全員観たいんですよね私(笑)。
> というかぶっちゃけ、一番楽しみにしてるのはももクロちゃんではなくて、じつはホルモンだったりします…。(ももクロはSSAで堪能しますので)


僕は筋肉少女帯とホルモンとスチャダラパーが見たいです!
終了予定が20:30なので、21時には集合できるのではないかと甘い読みをしてます(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/11 01:47 * 編集 *

mさんへ

コメントありがとうございます!


> ただメンバーが近くにくると2階の後ろの列は見えなくなったことが残念でしたが、会場に参加できただけでも大満足でした。


2階のへり(?)が邪魔して見えませんでしたね。
もう少し舞台側を歩いてくれたら2階席でも見えたのですが。
ビジョンでも映されないのでやきもきしました。


> 自分は「世界のももクロナンバー1」コールはモノノフの意思表示であり、ももクロを心から応援したいと思う気持ちが、会場全体が一つになりそのような形になって表れていると思うので一つの素晴らしい試みだと思うのですが、
> このように否定的な意見も出ているということは、「世界のももクロナンバー1」コールはやらないほうがいいということは否めないのでしょうか?
>
> 鋭い考察力をお持ちのさかもとさんの意見を是非聞きたいです。


鋭い考察力はないですけども(笑)。

僕は各曲のコールと同じでやりたい人がやればいいと思ってます。

曲との違いは入れるタイミングがわかりづらいところで、これはアンコールにも言えます。
まとまらないしなんなの?って思う人がいるんでしょう。

横浜アリーナの時も最後のBGMで「あの空」が流れてましたが、トーク終了のタイミングとBGMでのコールのタイミングとが合致したので一気に広まったのでしょう。


僕はこの際最後のBGMを変えるべきだと思っています。

今回は記事にも書いたように、紅白への表明だと思ってるのでセットリストとBGMに入れるのはありだと思ってますが。

それにしても二番煎じってどういう批判ですかね。
後半に怪盗少女を持ってくるのなんか何十番煎じなんですか(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/11 01:55 * 編集 *

男祭りお疲れ様でした。

私も男祭り参戦しました。しかも1階の前から6列目という良席、さらにあーりん側という熱い展開!周りの方達にも『良かったですね』と言われルンルン♪でした。

内容については西武ドームの時も同じでしたけど、盛り上がり過ぎて記憶が途切れ途切れになり詳細や感想を聞かれても


『凄い楽しかった』


て小学生みたいな回答になってしまいます(笑)そんな中でも感じた事をいくつか…


ペーパー氏はちょっときつかったですが、基本的には茶番好きです♪プロレス好きなので今回は特に楽しめました。『夏菜子↑↑』の要領で『邪道↑↑(スキンヘッド)』てコールが聞こえてきたのには爆笑しましたね


セトリに関しては女祭り派ですけど、男祭りも凄い良かった♪私は5ヶ月くらいの新規ファンなので昔の曲はライブで聴けないのかな?と思ってた中『ももパン』『全力少女』『未来へススメ』を聴けたのは上がりました。欲を言えば『ラフスタイル』も聴きたかったですが…色んな事を試してより良いライブにしようってももクロ陣営の取り組みは素敵です。

ネットでセトリや演出に反対意見を言うのは良いですけど『演出辞めろ』とかまで言う人は何なんでしょうね?そこまで言うならアナタの考えたセトリと演出の構想を聞かせて下さい…て思います


男祭りおおむね楽しめましたが、不満が2点

・極真空手の瓦割りとかに歓声が起きるのは解りますけど、演舞の最中にオーオー言うのは茶化してるように見えて少しモヤッとしました。自分が武道経験者だからかもですけど…


・もう一つはやっぱりゴミ問題ですね!隣の二人組そこそこの年齢ぽいのに、帰ったと思ったら足元にゴミだけポツンと…友人と拾って帰りましたけど目の当たりにすると腹が立ちますね


愚痴はこの辺りにしておきまして暖かい人達ともふれ合えて、ももクロファンになって良かったな感じる今日この頃です。



URL | J・フェニックス #-

2012/11/12 16:01 * 編集 *

J・フェニックスさんへ

コメントありがとうございます!


> 私も男祭り参戦しました。しかも1階の前から6列目という良席、さらにあーりん側という熱い展開!周りの方達にも『良かったですね』と言われルンルン♪でした。


うらやましい!
何度かステージ外周を歩いてたのでかなりよく見えたんじゃないですか?
西武ドームよりはよっぽど近く見えましたけど、ビジョンも見えづらくれにちゃんのお姿がよく見えませんでした。


> 『凄い楽しかった』
>
>
> て小学生みたいな回答になってしまいます(笑)


もう言葉など要りません。
ただ楽しむのみです!


> セトリに関しては女祭り派ですけど、男祭りも凄い良かった♪私は5ヶ月くらいの新規ファンなので昔の曲はライブで聴けないのかな?と思ってた中『ももパン』『全力少女』『未来へススメ』を聴けたのは上がりました。


未来へススメ!良かったですね!
不毛な議論で3.11のあとにこの曲を流したそうで、そういうのもあって涙ぐんでしまいました。


> ネットでセトリや演出に反対意見を言うのは良いですけど『演出辞めろ』とかまで言う人は何なんでしょうね?そこまで言うならアナタの考えたセトリと演出の構想を聞かせて下さい…て思います


僕は「DVDでも眺めてろ」って思います(笑)。
みんながみんな聴きたい曲を願ったら、ももクロちゃんは6時間ライブぐらいになっちゃいます。


> ・極真空手の瓦割りとかに歓声が起きるのは解りますけど、演舞の最中にオーオー言うのは茶化してるように見えて少しモヤッとしました。自分が武道経験者だからかもですけど…


確かに。
僕も割る瞬間までじっと見守ってましたが、AKBのじゃんけんみたいな掛け声でしたね。
叫びたくなる気持ちも分かりますが。
人が集中してる時は黙ってるもんだと思うんですけどね。



> ・もう一つはやっぱりゴミ問題ですね!隣の二人組そこそこの年齢ぽいのに、帰ったと思ったら足元にゴミだけポツンと…友人と拾って帰りましたけど目の当たりにすると腹が立ちますね


ももクロファンはかなりゴミが少ないそうですけど、それでも見ちゃうと不快ですね。
自分の分を持ち帰ればいいだけなんですが。


あとはライブの最後にマイクを通さず生の声を届けようとする5人ですけど、
この時に静かにしない奴が嫌いで嫌いでしょうがありません。
お前の声はどうだっていいんだよ、って思います(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/12 22:15 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2012/11/12 22:54 * 編集 *

ありがとうございます!

誤字指摘ありがとうございます!
よく調べもしないまま変換されたままで投稿してました。

また見つけたらお願いします!

URL | さかもと #-

2012/11/12 23:12 * 編集 *

男祭り楽しかったですね!
北側2階席だったので、ほとんど後ろ姿ばっかりでしたが(笑)
いやー、でもバカバカし過ぎて(褒め言葉ですよ)、なんだか西武より男祭りが「真のバカ騒ぎファイナル」って感じました。
ももクロのライブなのに、ももクロちゃん達が一切出てこないガッツリ演武なんてサイコーでした。
でも、J・フェニックスさんも書かれていた演武中の掛け声は「礼を欠く行為」ですよね。
私の前ブロックに居た空手着の方(極真の関係者?)、後姿でしたが段々イライラされているのが分かって、なんだか申し訳なかったです。

でも、空手もプロレスも角田さん(パチンコ番組の歌なので、ももクロちゃんとパチンコが繋がっちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしたのは内緒)も知ってる私は楽しめましたが、分からない人には運の悪いライブだったかもですね。

あ、でも、すいません、いつもアンコールで喉を潰す私はクノ参戦も控えていたので、全力アンコール出来ませんでした。
その分、クノでは全力でれにちゃんコールしてきましたので、お許しを・・・ <(_ _)>

URL | 週末サイクリスト #-

2012/11/14 01:34 * 編集 *

週末サイクリストさんへ

コメントありがとうございます!


> いやー、でもバカバカし過ぎて(褒め言葉ですよ)、なんだか西武より男祭りが「真のバカ騒ぎファイナル」って感じました。


確かに。
僕自身も夏祭りのつもりで参戦しました!
周りのファンを引っ張るつもりでコールもしました!
やっぱバカにならねば!


> でも、J・フェニックスさんも書かれていた演武中の掛け声は「礼を欠く行為」ですよね。


盛り上がるのはいいですが、なんでも騒げば良い、というのは良くないですね。
何度も言いますが、最後のマイクを通さず「ありがとうございました!」と叫ぶ時にも騒いでるのは許せません!


> あ、でも、すいません、いつもアンコールで喉を潰す私はクノ参戦も控えていたので、全力アンコール出来ませんでした。
> その分、クノでは全力でれにちゃんコールしてきましたので、お許しを・・・ <(_ _)>


アンコールは気持ちの問題だと思います。
「また見たい」と思う人と「どうせアンコールで出るじゃん」と思う人の違いというか。
ももクノおつかれさまでした!

URL | さかもと #-

2012/11/16 04:38 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1318-29138482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top