07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ももクロとはきらきらと輝く助走期間である 


■ ももクロはまだ何も始まってはいない


バナナマン設楽統は言った。

「ももクロには小さい時からずっと売れ続けて最前線にいるマイケル・ジャクソンのようになって欲しい」


川上マネージャーはSMAPや嵐のように末永く愛されるアイドルグループになって欲しいと願っている。


そのためには今何が必要なのか。
バラエティ力が欠如している彼女たちにとって今すべきことは何か。

あらかじめ断っておくと、僕はバラエティ番組に出るももクロが好きだし、先日の男祭りでの茶番も楽しめました。
れにちゃん原理主義になっている脳では補正されまくっていていつもにこにこ見てしまいます。

ではファン以外から見たらどうか。
進行も下手だし気の利いたことも言えないし共演する芸人を貶める発言をするだけの色物アイドルと見る人もいるだろうと想像できます。

ファンによるファンのための考察はひとまず置いておき、ももクロがビッグスターになるために必要な批評を考えたいと思いました。

彼女たちの夢である紅白出場がまだ決まっていません。
嵐のような存在にもなっていません。
まだ何も始まってはいないのだ。
そんな今だからこそできる批評もあるでしょう。

一刻も早くこの記事が笑い種になることを望む。
「どこ見て言ってんだ。ももクロってこんなにおもしろいじゃないか」と。
その時には喜んで彼女たちの成長を素直に認め、ついにZ伝説が動き出したのだと高らかに宣言したい。



まずは、テレビ好きでお笑い好きの僕から見てももクロに足りないものを考えます。
次に、それを打破するためのキーパーソンが誰なのかを挙げます。
最後に、川上マネージャーへの意見という形で質問状のようなものを書きたい。


この記事は、ユーストリームで配信中の『梶原放送局』の出演者でありモノノフとして有名な伊東雅司氏からのリプライがきっかけで書いている。

「論客の坂本にお願いします!今回はZEPP前夜でれにちゃんもリーダーも出演なし!しかし 、だからこそ、ももクロについて熱く、深 く語る事が出来る回!サラバのリリース直前で運営に対する真摯な御意見を是非!宜しければ事前に!DMで頂ければ幸いですo(^▽^)o」

先輩モノノフに論客とまで言っていただけました。
大変光栄です。

この記事を書くきっかけを与えてくれた伊東氏への最大限の謝辞の代わりにももクロ論を展開したいと思う。


■ 「愛すべき欠点」が障害となる


ももクロはいろんなバラエティ番組に出演してきました。

我々ファンにとっては、不完全さも彼女たちの魅力であることがわかっていますので、どのようなことがあっても楽しめるように脳が勝手に変換してくれます。

『アイドルちん』で魅せた有安杏果リアクションや『ゴッドタン』でのヒムれになど、極まれにとんでもない破壊力を持った一撃を解き放ちますが、多くの場合はつまらない。
せいぜい「アイドルにしてはなかなかじゃないか」という程度。

素直さも彼女たちの魅力であるが、ももクロを知らない人たちには「素直に吸収した芸人の真似」が悪い印象を抱かせる原因にもなる。
わかりやすい例が「ダメ芸人をバカにする芸」を真似ている時です。

アンジャッシュ児嶋に対する罵りやむちゃぶりを見て不快に感じる方もいただろう。

我々ファンにはあの姿が、「がんばって芸人の真似をして喜ばせようとしている」というのがわかっている。
彼女たちは素直で純粋だからおもしろいと思ったことはなんでも真似をしてしまうんだ。

でもファンじゃない人にとって、単純につまらない上に嫌悪感さえ抱きかねない。
アンジャッシュ児嶋をバカにする芸はバナナマン設楽が先駆者だが、彼だからこそ笑いに昇華できる。


先に例として挙げた『アイドルちん』『ゴッドタン』は、おもしろい芸人がいるから成立しています。
一方『ももクロChan』のMCを勤めるオテンキが出る回は、彼らがももクロの魅力を引き出せていないのでつまらない。
(繰り返すが、ファンとして見てる分には十分おもしろいですからね!あくまでファンじゃない人が見れば、という前提です)

ももクロはモーニング娘。の道重さゆみやBerryz工房の嗣永桃子などのバラエティ力には到底及ばない。
どちらも嫌われ役というのが残念なところだが、それでもしっかり彼女たちの色が視聴者に伝わっている。


ももクロのとってバラエティ力の無さというのは深刻な問題だと思われる。
もしSMAPや嵐のようなグループを目指すとしたら、ファンでもない人たちが彼らの番組を眺めていられるような、そんな存在にならなければならない。


一方楽曲面に関しては心配していません。
ももクロに似た曲無し。
毎回のようにファンの予想を裏切り期待を越えてくる楽曲を持ってくる。
幅が広い楽曲ということは、そのフックに引っかかる人たちが増えることを意味します。
『Z伝説』はダメだけど『サンタさん』で引っかかる。『猛烈宇宙交響曲第七楽章「無限の愛」』はダメだけど『Z女戦争』で引っかかる。というように。

今後どんなアーティストがももクロに楽曲提供をするのか楽しみで仕方が無い。
そしてあーりん夏菜子ちゃんれにちゃんなど、徐々にではあるが歌唱力が上がってきているメンバーを見ていると、まだまだももクロは先が見えない、と思わせる。
しかもフォーク村が終わったあとのあーりんの態度である。
彼女たちはまだまだ成長を止めない。


だからこそバラエティ力の無さが際立ってしまう。

では次の項目で、バラエティ力アップと、ももクロ成長のキーパーソンについて考えたい。


■ しおりんと杏果ちゃんの可能性


川上マネージャーがクイックジャパンvol.102のインタビューで回答しているように、キーパーソンはしおりん杏果ちゃんだと思います。


僕はももクロ飛躍の鍵が杏果ちゃんにあると思ってます。
それはあーりんとのMC交替にあるのではないか。

マネージャーは杏果ちゃんが裏でMCを回してくれている、と言っている。
だからあーりんもMCをこなせている、と。

僕としてはメインMCはあーりんではなく杏果ちゃんにすべきと思ってます。

なぜならあーりんは自由にさせた方が破壊力があるからです。
あーりんの完璧さがあーりん自身の魅力を封印しているように見られます。
マネージャーは杏果ちゃんにこそ自由に振る舞って欲しいと思っているようですが、MCの素質と今後の可能性は杏果ちゃんの方があるでしょう。
ユーストリームなどで見せるあのつっこみ速度こそがバラエティに重要なのです。

あーりんは進行は完璧ですが、そこから先が見えません。
あーりんこそを杏果ちゃんMCの補助にすべきではないでしょうか。


杏果ちゃんがスピードのあるつっこみをメンバーにする。
だけどつっこみワードを間違える。
あーりんが単語修正。
これで笑いが2倍にも3倍にもなります。

つっこみに正確さなど必要ありません。
さまぁ~ず三村さんを見てればわかるでしょう。


MCとしてのスキルアップのために『ももクロ団BOT』れにちゃんと二人きりになったと踏んでますがいかがでしょうか。
(れにちゃんはこの番組と『青山ワンセグ開発』を見ればわかるようにMCに向いてません。そこがかわいいんですけどね!)


しおりんについてですが、彼女に必要なのは「壁」だと思います。

『もも見!!』『ももクロChan』を見てもわかるように、しおりんは器用で様々な物事に対して結果が安定しています。
不完全で欠点を持つ成長過程の4人からすれば、しおりんはずば抜けてなんでもできるように見える。

なので、ももクロファンにとって、しおりんを推す人と、他の4人を推してる人とでは、「推す背景」が違うのではないか、と感じます。
当然しおりんの表層ではなく深部の魅力に惹かれている人もいますが、しおりん推しだった人の推し変率・他界率を見る限り、表層の魅力だけで止まってしまってる人も多いのかなと思います。
つまり他の4人とは推し方が違うと。
(「推し変」とは推しを変えること。「他界」とは別のアイドルファンになること)


僕はしおりんの見た目も好きだし、自由に振る舞ってるところや夏菜子ちゃんに絡むところも好きですが、メンバーにいつも一緒にいてくれてありがとうと言って泣いちゃうところや、高いところが苦手なれにちゃんの心境を察して自ら交替を名乗り出る『VS嵐』でのエピソードこそが本質だと思っています。
以前しおりん評で書いたように、ももクロの調整役としてのしおりんです。

場の空気を瞬時に察し対応できる。

バラエティでの彼女の立ち居振る舞いは欠くことができません。
ですが残念なことに彼女自身はおもしろくありません。
(繰り返しますがファン以外の目線で見れば、ということです!ファンじゃなければ楽しめないというのがバラエティにとって益にならない、という話です)


欠点がわかりやすいからこそ推さざるを得なくなる4人。
そして4人の中にいるからこそ突出しているように見えるしおりん

つまり、4人が成長すれば「成長度」に震える。
でもしおりんは伸びしろが見えません。
歌もそこそこ歌えて、ダンスも楽にこなしているように見える。

だから、彼女に必要なのは「壁」です。

そして僕はこの「壁」が、4人なのではないか、と考えているのです。

4人が成長を続ける。
するとしおりんの「4人よりも物事を軽やかにクリアする」という魅力がかげります。
だから、4人にあって、4人はできるのにしおりんに無いもの、しおりんにできないことこそが重要になってくるのではないか。
しおりんが軽々とクリアできない「壁」こそが、しおりん飛躍の鍵になるのではないか。
そう思うのです。


まとめます。

川上マネージャーにはぜひこの二人についてうかがってみたい。

杏果ちゃんメインMC変更はバラエティ展開をする上で鍵になるのではないか
しおりんには無く4人にあるもので、しおりんの「壁」になるもの、しおりん大飛躍の鍵になるものはありますか?



最後に。

長々と書いたのは、西武ドームで心が離れてしまった人たちに対する罵倒の意味もある。
最初に書いたように、ももクロはまだ何も始まっていない。
まだきらきらと輝く助走期間だ。
紅白だってまだ出場していないのだ。

この助走の仕方が常軌を逸していて、今後どうなるのかわからないと困惑させ、期待させ、想像させてきた。
下手なたとえだがあえてしよう。


棒高跳びを見ていると、観客が思わず身を乗り出して応援したくなる5人組がいた。
しかも棒高跳びのはずなのに棒は持っておらず、でもなぜかあのバーをクリアしてしまうんじゃないか、という気持ちにさせてくれる。
5人でどうやってあんな高いバーを乗り越えるのか想像もできないけど、絶対やってくれるだろうという確信をさせるような助走が始まる。



今見ている5人はこんな感じだ。

まだまだ助走中。
今後どうなるのかわからない。
それなのに何も見ずに離れてしまう人がいることが理解できない。


なのでこの記事は最初に記したように、伊東雅司氏への謝辞と、川上マネージャーへの質問。
そして、もうももクロから離れてしまった人たちに対して「まだなんも見てねぇのに離れちまうなんてバカヤロウ!今までありがとな!」という気持ちを込めて書いた。
彼らの分まで見届ける。
彼らが好きだったももクロ。彼らが教えてくれたももクロ。
書き続けることでせめてものお礼としたい。


スポンサーサイト

テーマ: ももいろクローバーZ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

 ももクロは本当に不思議な存在ですよね。自分ではももクロの魅力をしっかりつかんで熟知していると思っていても、言葉で説明しようとすると、どうしても全部は上手く表現できないものです。僕自身、誰かにももクロの魅力を聞かれても、ただただメンバーが可愛いとか曲がいいとかしか言えません。本質的な魅力を言葉足らずで語っても、薄っぺらく聞こえそうでいつも誤魔化してしまいます。
 さかもとさんのブログでの推し事、いつも楽しみにしています。これからも、ももクロの魅力を文章化するというモノノフの永遠のテーマに挑戦し続けて下さい。

URL | 焼くぜっ!冷凍餃子 #-

2012/11/11 02:58 * 編集 *

焼くぜっ!冷凍餃子さんへ

コメントありがとうございます!

>  ももクロは本当に不思議な存在ですよね。自分ではももクロの魅力をしっかりつかんで熟知していると思っていても、言葉で説明しようとすると、どうしても全部は上手く表現できないものです。


説明できる部分の方が少なすぎますね。
「とにかく見ろ」としか言えない部分が多いです。

ファンがさらにももクロのことを好きになってくれて、
さらにファンじゃない人をも巻き込む動機づけになればいいと思い書いてます。


>  さかもとさんのブログでの推し事、いつも楽しみにしています。これからも、ももクロの魅力を文章化するというモノノフの永遠のテーマに挑戦し続けて下さい。


どこまでも語り尽くせませんが、「語り尽くせないのになぜかずっと書き続ける」という凄みでももクロのすごさを見せたいと思います!

URL | さかもと #-

2012/11/11 07:50 * 編集 *

ももクロのバラエティ出演に関してはいろいろ思う事がありますよね。


TVで見るももクロには『吉本色』が全然無いですよね。
(そこが良いんですが)

『おぎやはぎ、アンジャ児島、バナナマン、ドランク塚地 他』


山ちゃんは吉本ですがその色を感じさせない。


頻繁に仕事をしている構成作家のオークラさんも人力舎所属



バラエティといえば吉本って考えも古いですが・・・・。



杏果ちゃんがメインMCってのは賛成です

ラジオを聴いていても結構的確なツッコミなどもありますよね。

冷静にまわりを見る能力は高いと思います。



飽きが早く、なんにでも批判をして物が育つ環境を崩す

今のTVにどう食い込めるか、難しい問題ですね。


『Chan』や『ももクロ団』のようにメンバー内でキャッキャ

やってるままでは進化は難しいかもしれませんが・・・。

(そこも物凄く好きなんですが)


まわりの環境(スタッフ・タレント)は整ってきてると思います。




長々と芯の無いコメント申し訳ありません



先日、ももクロくらぶにてメールが読まれて

杏果ちゃん手書きの会員証が届きました。



本日はももクノ香川ですね。香川在住のノフとして嬉しい限りです。

在宅ですが雨の中で頑張るももクロちゃん・ノフのみなさんを

応援しようと思います。

URL | けんちろ #-

2012/11/11 08:56 * 編集 *

そうなんですよね。確かに最近のUstとか見てると、あーりんはMCよりも自由にしてる方がノビノビしてて破壊力が半端ない。
でもここまでMCをしてきた経験からかちゃんと周りも見えてる。

ハメを外し切れず、割りとクール。でも天然な杏果。
やっぱ杏果はツッコミの方が向いてると思います。滑舌や話が長いってのも逆にボケとして成立しそうですしね。

4人のホリケンを操る名倉みたいになればいいですねw

URL | noz #-

2012/11/11 10:07 * 編集 *

久しぶりにコメントさせていただきます。
メインMC、しおりんの件共に強く同意です! 西武ドーム以降僕の周りでも離れ気味になる人が多く寂しい気分だったのですがこの記事を読むと奮い立つような思いです。
今までもこれからも、自分の把握できる程度の世界なんてももクロちゃんに粉々に叩きのめして欲しいです。
最近落選続きで気持ちばかり昂ぶって目茶苦茶な文になってしまいました笑 早く現場でれにちゃんコールがしたいです!

URL | kak #-

2012/11/11 10:08 * 編集 *

さかもとさま:
連続記事投稿お疲れ様です。しかも大作!文章を読むのが苦手な自分にはツライww
自分文章解析力が乏しいのでさかもとさんの意向と違う時は教えてくださいませ。
杏果MCの件ですが、自分は若干疑問です。杏果の能力は、さかもとさんの分析通りかと思います!
が、なにせ滑舌が悪すぎる・・・アイドルとしてはカワイさの武器なのですが、
司会進行はラジオを聞いててもツライ・・・
司会の条件として、最初の一言で観衆を引き込めるか、があります。
あーりんの通る声での「はい!」は十分、リーダーや玉さんでは「おまえらー」ですかね。
また、杏果MC論の前提にあーりん自由解放説があると思うのですが
それはヒジョーに危険です(笑)
過去の車内からのUSTでもわかるように典型的なAB型を自由にさせると
あのように歯止めが利かなくなります。
あの時はリーダー不在もあってあのザマ、杏果はキレることでしか止められません。
NHKってことでコントロールされるかもですが、ワンセグ開発でもMCを忘れると暴走しがちです。
NHKの放送で問題にならないかと、あーりん推しとしてヒヤヒヤしてます。
杏果論に戻れば彼女はクールにMC進行をフォローする方が合ってます。
MCが気になって責任感に押しつぶされて魅力が出せなし、歌やダンスにも影響でそうです。
では今の形態でのMC中で何故彼女の魅力を出せないかと言うと、それは
杏果の慎重な姿勢と周りを見過ぎる性格だと思います。もっとブッこんでも良いと思います。
今はありえませんが杏果はマネージャーや演出等の裏方の方が似合うと思います。
USTで物販の商品説明や写真封入を手伝う姿をみると更にそう思います。
まぁ杏果はステージで荒ぶるのが最も輝いているし似合うのは間違いなしですけど!
どっちにせよ今後の杏果の成長が、ももクロ発展のキーになってるってことですかね。
・・・玉さんの事を書くスペースがなくなってしまいましたので閉店ガラガラww

URL | はんchanだZ! #mQop/nM.

2012/11/11 11:20 * 編集 *

ちょっと違う視点で

いつも通り深い洞察力の文章、楽しく読ませていただきました。お笑いが好きなさかもとさんらしい的確な指摘ですね。笑いのセオリーから必要なものを抽出するという解析は、どのようなものを販売すれば売れるかというマーケティング手法と同じかと思いますので、逆の手法、こちらが持っている技術をどのように売り出すかの視点でコメントいたします。

完全に個人的見解ですが、ももクロの魅力はライブでの歌やダンスであるのは間違いないのですが、それを笑顔でやり遂げていることが重要なのかな?と。それはメンバーの仲が良かったり、周りの大人達を含めたチームももクロが家族のように見えたりすることに起因していると思います。彼女たちは本当に楽しんで笑顔でお仕事をしていると思うのです。ファンになるとその多幸感、笑顔の連鎖を求めてUSTREAMやももクロChanなどを見てしまうのだと思います。
一般的にアイドルを追いかける世代はエネルギーのある若い世代で、女性アイドルには男性がつくかと思います。これにはセックスアピールも関わっていると思います。ももクロにはこれが希薄であり、私の様なおじさん世代や女性のファンも多いと思います。それはももクロの魅力のひとつに人と人の繋がりを大切にしているところがあり、現代社会で必要且つ渇望しているものだからだと思います。生きるエネルギーをもらえます。メンバー同士がお互いを大切にしている。メンバーがスタッフを大切にしているので、スタッフもメンバーを大切にしている。ファンを大切にしているからファンもももクロを大切にする。感謝の気持ちや笑顔の連鎖がそこに生まれて周りが彼女らに引き込まれていく。
テレビのバラエティーに出ると演出上、共演した芸人さんをいじるシーンが出てきて舞台裏でのフォローなどは見えないため個人的には笑顔になりにくいです。テレビでの扱いがいまいちだと感じる理由がこれです。いじめ的な演出には見合わないグループなので。この手の演出は避けて欲しい。競争を煽る演出も。
もちろん、一般的に言われている全力パフォーマンスなどの魅力があってこその魅力ではありますが、米村さんとかが時折使う「奇跡の五人」という言葉の中には純粋に他の人を大切にする心をいつも感じます。これは簡単にまねできるものでは無い魅力だと思います。

いろいろある魅力の中で、この部分をしっかり見せて、演出では無い人間性を売りにしていくのはありだと思います。今考えるともも見とか非常に魅力的な番組でしたよね。若者だけが見るお笑いでは無く、おじいちゃんやおばあちゃんも笑顔になれる微笑ましい番組。成長期の彼女らには、その成長の姿が見えて社会と関わる姿が見える番組が今は良いかもしれません。夏菜子の笑顔、しおりんの器用さ、あーりんの努力、涙もろい杏果の姿、感受性の高いれにちゃんなど視聴者はその魅力にハッとするのでは無いでしょうか。七番勝負のようなトーク番組でも良いですよね。お笑いでは無く笑顔をモチーフとした番組を準備してお茶の間の人気者になって欲しいというのが個人的な結論です。

裏を返すとわちゃわちゃした彼女らを見て喜ぶのはファンだからではなく、わちゃわちゃした姿をみんなが見て喜ぶ世界に変えていければと言う事ですかね。世知辛い世の中で、ももクロが笑顔で世界に平和をもたらすと言うことで。

URL | なんくろ #-

2012/11/11 12:08 * 編集 *

けんちろさんへ

コメントありがとうございます!


> 杏果ちゃんがメインMCってのは賛成です
>
> ラジオを聴いていても結構的確なツッコミなどもありますよね。
>
> 冷静にまわりを見る能力は高いと思います。


そうなんですよ。
関西の血なんでしょうか(笑)。
あーりんは真面目につっこもうとするので不真面目なメンバーを処理しきれない感じがします(笑)。


> 『Chan』や『ももクロ団』のようにメンバー内でキャッキャ
>
> やってるままでは進化は難しいかもしれませんが・・・。
>
> (そこも物凄く好きなんですが)


僕も大好きです。
でもファンじゃないと楽しめないとも思います。
好きだからこそ見守れるというか。


> 先日、ももクロくらぶにてメールが読まれて
>
> 杏果ちゃん手書きの会員証が届きました。

羨ましい!
僕もぜひ欲しいです!
ずっとラジオも続いて欲しいです!

URL | さかもと #-

2012/11/12 00:21 * 編集 *

nozさんへ

コメントありがとうございます!


> ハメを外し切れず、割りとクール。でも天然な杏果。
> やっぱ杏果はツッコミの方が向いてると思います。滑舌や話が長いってのも逆にボケとして成立しそうですしね。


まさに!
さまぁ~ず三村さんを見ている限り正確なつっこみとか聞き取りやすいツッコミよりも直感とスピードが大事なんだと気づきます。
滑舌や話の長さの時はあーりんが指摘すればいいだけで、メインは杏果ちゃんがいいかなと思います。


> 4人のホリケンを操る名倉みたいになればいいですねw


そうなったら芸人にもつっこめるようになるのでかなりバラエティに重宝されると思います!

URL | さかもと #-

2012/11/12 00:25 * 編集 *

kakさんへ

コメントありがとうございます!


> メインMC、しおりんの件共に強く同意です! 西武ドーム以降僕の周りでも離れ気味になる人が多く寂しい気分だったのですがこの記事を読むと奮い立つような思いです。

賛同ありがとうございます!
進化し続けるももクロちゃんなのに、それを見届けないなんてもったいないです!
離れる契機は人それぞれでしょうが、つまらぬ理由だとしたら叱責したいです!


> 今までもこれからも、自分の把握できる程度の世界なんてももクロちゃんに粉々に叩きのめして欲しいです。
> 最近落選続きで気持ちばかり昂ぶって目茶苦茶な文になってしまいました笑 早く現場でれにちゃんコールがしたいです!

まさしく!
自分が自分じゃなくなる場所。
11月23日にれにちゃんコールしてきます!

URL | さかもと #-

2012/11/12 00:30 * 編集 *

はんchanだZ!さんへ

コメントありがとうございます!


> 杏果MCの件ですが、自分は若干疑問です。杏果の能力は、さかもとさんの分析通りかと思います!
> が、なにせ滑舌が悪すぎる・・・アイドルとしてはカワイさの武器なのですが、
> 司会進行はラジオを聞いててもツライ・・・


あおりなどで声を張っている時は滑舌の悪さが気にならないので、ライブでのMCは大丈夫かなと思います。
普段からそんなに滑舌が悪いとも思わないんですけどね。
ラジオはわちゃわちゃしてて、しかもファンしか聞いてないので従来のままで良いかなと思います。


> また、杏果MC論の前提にあーりん自由解放説があると思うのですが
> それはヒジョーに危険です(笑)


あーりん推しの方の意見が聞けて良かったです(笑)。

僕は、ユーストだからあそこまで砕けたあーりんになったのかな、と思います。
ライブではあーりんの負担が無くなってのびのびやってくれるのではないかな、と期待してます。

逆に杏果ちゃんにはプレッシャーになりますが、彼女なら確実に跳ね返してくれるでしょう!


> まぁ杏果はステージで荒ぶるのが最も輝いているし似合うのは間違いなしですけど!
> どっちにせよ今後の杏果の成長が、ももクロ発展のキーになってるってことですかね。


マネージャーも次のキーパーソンは杏果ちゃんだ、と言ってますので、
どのような形で杏果ちゃんに壁が出現するのか楽しみでもあります。
彼女なら絶対に乗り越えてくれますから!

URL | さかもと #-

2012/11/12 00:39 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


> テレビのバラエティーに出ると演出上、共演した芸人さんをいじるシーンが出てきて舞台裏でのフォローなどは見えないため個人的には笑顔になりにくいです。テレビでの扱いがいまいちだと感じる理由がこれです。いじめ的な演出には見合わないグループなので。この手の演出は避けて欲しい。競争を煽る演出も。


いわゆる「児嶋いじり」みたいのはももクロらしく無いですよね。
山ちゃんいじりも。
山ちゃんには感謝してるのはファンにとっても共通認識です。
児嶋や山ちゃんに対して感謝を伝えて「いやそれだと俺らおいしくならないから」みたいな展開の方がももクロらしいかな、とか思います。


> いろいろある魅力の中で、この部分をしっかり見せて、演出では無い人間性を売りにしていくのはありだと思います。今考えるともも見とか非常に魅力的な番組でしたよね。若者だけが見るお笑いでは無く、おじいちゃんやおばあちゃんも笑顔になれる微笑ましい番組。成長期の彼女らには、その成長の姿が見えて社会と関わる姿が見える番組が今は良いかもしれません。夏菜子の笑顔、しおりんの器用さ、あーりんの努力、涙もろい杏果の姿、感受性の高いれにちゃんなど視聴者はその魅力にハッとするのでは無いでしょうか。七番勝負のようなトーク番組でも良いですよね。お笑いでは無く笑顔をモチーフとした番組を準備してお茶の間の人気者になって欲しいというのが個人的な結論です。


やはり彼女たちが主導権を握って進めるのはまだ早く、先輩方に美味しくいじってもらう方が人気が出る気がします。
芸人に喰ってかかるのを良しとするのが佐々木演出・川上演出なのだとしたら、この点はマイナスに働いてるように見えるので批判します。
先輩と戦うのはライブのみで良いかなと。
「芸人みたいなアイドル」というのはすごく難しいように見えます。力量的に。

確かにもも見はももクロらしい番組だったと言えますね。
普通の女の子であるという点も見せていくと良いのかもしれません。


> 裏を返すとわちゃわちゃした彼女らを見て喜ぶのはファンだからではなく、わちゃわちゃした姿をみんなが見て喜ぶ世界に変えていければと言う事ですかね。世知辛い世の中で、ももクロが笑顔で世界に平和をもたらすと言うことで。


ももクロ団時間延長、時間帯浮上ができれば!
30分番組になって日曜夕方17時ぐらいに行ければすごいことになると思うんですけどね。
あんな内容が無い番組だからこそ日曜日の夕方で活きる気がします(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/12 04:06 * 編集 *

いつも楽しく、読んでいても色々な事を
考えさせてくれる評論をありがとうございます。
新しく加わった新人モノノフさんには、
いつもこのブログを読めと奨めています。

では、自分なりの意見を。
杏果MC論には反対です。
物を知らないことは、MC、ツッコミとして致命的です。
さまぁ〜ずも実質三村はボケ認識でしょ。
時折見せる瞬発力も、関西で育った人間ならあれくらいは標準装備です。

杏果のブレイクには、れにちゃんを脅かす大ボケへの
クラスチェンジだと思っています。
本人がイジられるのが嫌いな部分は、chan を見てれば分かりますが
奇跡的に物を知らない部分や、天然炸裂な部分は
計算では作れない可能性を感じます。

れにちゃんや夏菜子が杏果をイジるのは、
同じ匂いを感じているからなのではと思っています。
気配り上手のれにちゃんの、ケバブ的な作法は
杏果が自分の殻を破るための手助けにすら見えます。

MCはあーりん安定でしょう。
ミドルシュートも打てるトップ下。
精神年齢が一番高いであろう彼女が、
メンバーを生かし、詰まったら伝家の宝刀で自ら突破を図る。
現メンバーでこの役割はさすがに誰もできないんではないでしょうか?

本人も認めている通り、あーりんにはレパートリーがありません。
破壊力のあるボケは予定調和の外から生まれるもの。
箱入りあーりんにそれは期待できないと思います。
芸能界で育った彼女の事。
バラエティの回し方や捌き方は、我々の知らない部分で
育まれていることでしょう、なんせ大天使様だし。

しおりんについては、一度濃い推しの方とお話してみたいです。
個人的にはサブMCの役割として、
まさに仰るとおり「調整役」だと思います。
会話の瞬発力に関しては、この子が一番あると思うし、
一番常識人に感じます。
その部分に、杏果がしおりんをリスペクトしてる様に見えます。

女性人気も高く、アイドルに抵抗のある人が
はじめに推すのはしおりんが多数です。

いみじくも、玉井詩織が「早見あかり」と同じレールに
乗ってしまっている様に見えるのはやはり錯覚なのでしょうか。

URL | ロベルト #-

2012/11/12 05:54 * 編集 *

いつも楽しく拝見させてもらってます。
今のままではまずいのかもしれません。しかし道重さゆみやももちがバラエティに浸透するようになったのは「キャラ」というのを押し出したおかげでもあります。
現在テレビに多く出演している人たちは何かしらのキャラを持ってるのではないでしょうか?
ももクロちゃんは素直です。キャラではありません。
それは今だから通じるところはあるのかもしれませんがいつかはキャラを押し出す必要が出てくる時がくる…そう考えると少し複雑な気持ちです。
あとワンセグ開発見てて思ったのですが杏果とあーりんの組み合わせは面白いですね。
あーりんもボケますし杏果もボケます。この2人は今までどこか抑えていたところがあるように見えます。
ですからMCはあーりんと杏果を所々使い分けて行く感じがいいのかなって思います。
あとしおりんがれにちゃん&かなこのバランスを保つといった感じでしょうか。
話が逸れますが僕としてはこれからはバラエティよりアーティストとしての力を確立して欲しいところです。
ライブが凄いアイドルじゃなくて、ライブが凄いアーティスト…
僕の希望ですけど笑

長々と失礼しました。

URL | はたはた #-

2012/11/12 07:52 * 編集 *

しおりんはスペックの高さのわりに熱烈なファンの数は群を抜いて多くないような気はしてました。さかもとさんがしおりん推しだけ背景が違うことの指摘を見てはっとしました。
確かにしおりんの欠点のなさ目に見えた弱さがないのでコアな層に感情移入しにくい気がします。ただでさえ日本人は判官びいきしやすい側面があると思います。そういう部分ではあかりんを受け継いでるような気はします。しおりんに関して言えば内面をさぐらず天才を天才のまま表層をただ素直に愛するのも悪くないと思います。内面というエクスキューズをせず表層を愛する人間が真のしおりん推しのスタイルかなと。

一般人が一連のバラエティで目にしたももクロの印象は「評判ほど面白くない」だと思います。あとなんだかんだで共演者にも恵まれているのでそこまで力不足は露呈してませんがこのまま時間に比例した成長ではSMAPは高望みかなと思います。chanで内輪ウケするいじょうのことが地上波でできるのか。chanをそのまま流せばつたわるという方もいらっしゃいますがおそらく伝わらないでしょう。理想を標榜するならバラエティ力は必要不可欠です。補い方はわかりませんが。

ももかのツッコミは消去法ではありだと思いますが、積極的にはあまり納得できない部分もあります。かなことももかは言外の意図や行間を読めないタイプで文字を文字通り受け取ってしまうアスペ的なツッコミになってしまうので、ボケのビジョンを共有した上で修正したり拡大したりしているわけでなく、ただ発言が違うから違うと言ってるだけでさらにツッコミという役割を公的にあたえたらと思うと少々不安を感じます。
それでも枷のない自由度の高いあーりんの破壊力は見てみたいところではあります。

URL | ひゃくた #-

2012/11/12 09:41 * 編集 *

いつも楽しく拝見させていただいています。

芸人いじりなどについて、同意です。
彼女たちは正直まだ笑わせる能力はそこまで備わっていないかなというのが自分の考えです。

MCについてですが、今のままでいいかなというのが僕の考えです。
何も具体的なことは言えないのですが、ここ最近あーりんと杏果の相性が良くなってきているように感じるので、今のままメインと裏回しの関係でうまくいくんじゃないかなと感じています。(なんかぼんやりしててすいません)
もう少し言えば、杏果×しおりん、夏菜子×しおりんあたりの組み合わせでもう少しお笑い的な化学反応が起きればもう少し面白くなるかなと思います。
特に夏菜子×しおりんに関しては相性が良すぎるのかコンビとしての面白さでは少し他に劣る印象です。

とはいえ、ももクロちゃんが5人の優しくて頑張り屋の普通の女の子だということが視聴者に伝われば笑わせずとも愛してもらえるはずだと思うんですがね。
ファッションアイコン化が止まらないももクロちゃんを見て冷めてしまう気持ちはわからくないですが、嫌いになれるはずはないだろうし、逆にどんな入り口から入ってきた人たちでも虜にしてしまう魅力は十分あると思います。

ライブ、ラジオ、chan or もも見(終わっちゃいましたね)あたりさえあれば鷲掴みにできるはずと思ってしまうのはファンの贔屓目でしょうね(笑)

URL | モモモフ #-

2012/11/12 10:08 * 編集 *

久しぶりにコメント致します。
なかなかバッサリと斬る論評ですね(笑)
しかし、歯を食いしばって歯茎から血が出てるんじゃないかというぐらいの愛を感じます。
既存のバラエティ番組ではなかなか良さが出ませんね。
しかし、常に新しい笑いのホームランを狙って大振りしていく貪欲な姿が一番の良さであるから、既存の笑いの方程式にハマって欲しくなく感じます。
つっこみ体質を持つ杏果とボケ職人の高城さんが磨きかかってくればもっと期待できますね。
なお、高城さんは画で笑いを取る喜劇女優としても成長著しいので成長が楽しみです。

URL | MCZppl #-

2012/11/12 11:32 * 編集 *

全く別の視点で^^;

皆さんのコメント、そうそう!とか、なるほど!とか思いながら拝見させていただいております。
考えが深まりますね。このような場所を準備していただきありがたいです。
私もしおりん推しの方に深い考察のお話しを聞いてみたいです。
よく考えるとお笑い芸人は自分たちで新しい笑いを作っていく人たちであり、今のももクロちゃんは基本芸人さんのまねをして喜んでいるだけなので芸人にはなれませんね。あーりんはレパートリー少ないって言ってるけど他のメンバーはオリジナルレパートリーさえ無いのが実情かと^^;

ももクロ団は実は他のアイドル番組と大きな違いがあります。基本メンバーのみの出演で芸人などのMCがいないのです。そういう意味ではバラエティー対応のための非常に良い訓練をしている気もします。だからこそ2分番組なのかも知れませんが(笑)

ブログの中身と大分離れてしまうので、迷ったのですが、命題がももクロが末永く愛されるアイドルグループになるためには、であれば触れておいた方が良いかな?と思う事があったので。
バラエティ対応などと全く異なる視点で、ももクロちゃんが長期活躍する上での壁として、恋愛禁止があると思っています。近年のアイドルにいつの間にか付加されている掟(?)なのですが、結婚後も活動して貰うためにもこれは運営陣には再考して貰いたい部分です。アイドルという枠を超えるためにも。もちろんそれにはファンの意識改革も必要ですが。
そして、今頑張っている途中だと思うのですが、歌唱力のアップも必須ですね。今は激しい動きでも音程を外さない方向のトレーニングのようですが、いつかは歌を聴かせる方向のトレーニングが必要になってくるでしょうね。
それとダンスがアクロバット的なものから楽しいけど美しいものにシフトして行っていると思います。これは体の負担や今後の体力を考えると妥当な方向性であり、それでもももクロらしさが損なわれていないので、凄いことだと思います。ゆみ先生はいろいろな意味でありがたいですね。そう考えると怪盗少女のエビぞりなどをいつまでやるのかなど少し気になります。まだ先の話ですが。
あと、運営が準備する壁として大きな箱を準備するというのはこれからはプラスにならないのでは無いか?と思います。これはももクロちゃん自体よりもファン側の問題でもあると思いますが、西武とかでは一体感を重視するファンはせっかく取れたチケットで十分な満足を得られなくなってきている気がします。参加していないので、推測でしか無いのですが...。

上記の4点は多分、皆さん感じていることだと思うのですが、触れられていなかったので。もし、梶原放送局で取り上げていただけるのであれば、皆さんでこれら他の点にも触れても良いのかな?と思ったので。違ったらごめんなさい、スルーして下さい(笑)

URL | なんくろ #-

2012/11/12 13:11 * 編集 *

 当方あーりん推しです。また、長いことお笑いが好きで見ているので自分なりの意見を。

 MCや大枠としてのつっこみはやはりあーりんが適しているのかなと思います。たくさんのタレントさん・芸人さんを見てると、MCやつっこみとして活躍される方のほとんどはセンス型より努力型であると言えます(もちろんさまぁ~ずの三村さんもです)。そういう意味では天然(ボケ)の部分をあまり持たないあーりんが最適であるかと考えます。くりぃむしちゅーの上田さんなんかは深夜帯になると有田さんをMCに置き、自分は自由にやるといったような側面もあります。あーりんの自由奔放な面は比較的ファン向けの感が強い番組で発揮してもらいたいと思ってます。そのときこそがつっこみ有安の出番だとも。

 芸人さんイジリですが、最近のお笑いは出演者の関係性を少しくらい知っていないと笑いどころが分からなくなる要素が多い気がしますね。それと同じでバラエティに出るももクロちゃんを一般層が見た時に「この子たちがホントに人気あるの?」と思われてしまうのが怖くていつもハラハラしながら見てます。そんな中でも比較的安心して見ることができた番組を考えると、いつも”親ももクロちゃん”ではなく”嫌ももクロちゃん”の存在があったかと思います。”嫌”という言葉を使いましたが、嫌いということではなく・・・ん~スッキリ出演時の加藤浩次さんであり、さんまのまんま出演時の明石家さんまさんの様な、「元気な女の子たちに”イヤイヤながらも”振り回される大人」というスタンスでももクロちゃんと視聴者の間に入ってくれる存在です。もちろん山ちゃんにはすごく感謝しているのですが、これからはももクロちゃんを一般層の視点からいじってくれるタレントさんとの共演が世間に浸透していく一つの方法かと思います。

 ももクロ団にはかなり期待してます。今や紅白の司会を務める程の人気ものになった嵐というグループにとっての「Dの嵐」的な番組になって欲しいです。ホントはももクロchanにそうなって欲しいのですが、地上波でないというのはやはり・・・。

 かなり思いつきを書いただけの乱文になってしまいましたが、あまり現実にこういう意見交換の場を持たないものでスッキリとさせて頂きました(笑)

URL | やざえもん #-

2012/11/12 15:33 * 編集 *

いやー、また難しい話ですねぇ(笑)

確かにももクロが今後『嵐』や『SMAP』の様になる為にはバラエティ力は不可欠だと思います。

今ちょうど『HEY!HEY!HEY!』見てるんですが(笑)、テレ朝で『パパパパPuffy』みたいな番組を持てるといいかなと個人的には思いますね。

ゲストを招くスタイルで。
つまりは『七番勝負』の延長のような番組ですね。

ももクロchanのような番組はCSだからこそ活きるような気がしています。

いや、ファン視点としてはたまらん番組なのは間違いないんですが(笑)

実際問題その『ファンとしては』っていうところが嵐やSMAPとの大きな違いなんでしょうね。

ももクロちゃんは『但し書き』が必要なところを目指してるわけではないと言うのはさかもとさんが本文で言っている『QuickJapan102』でkwkmさんが言っている通りですし。

また同じ号でkwkmさんが言っている『有安が化けたとき、もっと違うギアに入ったときが、またももクロが違う段階に行くときだろう』という発言。

その片鱗が今週放送される『秘密の嵐ちゃん』で見られるのではないかと先週の予告を見て密かに期待しとります(笑)

それはさかもとさんが仰るようにMCとしての形なのか全く別の形なのかは分かりませんが、ももか推しの僕としては嬉しい限りです。

いや、しかしコメントをしている皆さんの鋭い考察を見ているとなるほどなぁと思ってしまいますねぇ。

これだけファンに思われているももクロちゃんは幸せ者だなぁとほっこりしてしまいました(笑)

今後もさかもとさん、およびコメントをしていらっしゃる皆様の愛のあるももクロちゃん考察を期待しております。

URL | ドレスデン #-

2012/11/12 20:46 * 編集 *

ロベルトさんへ

コメントありがとうございます!


> 新しく加わった新人モノノフさんには、
> いつもこのブログを読めと奨めています。

そんな畏れ多い(笑)。
大変光栄です!ありがとうございます!


> 物を知らないことは、MC、ツッコミとして致命的です。
> さまぁ〜ずも実質三村はボケ認識でしょ。

杏果=三村 あーりん=大竹
この二重のつっこみ配置が予想外のトークを生むのだと信じています。
あーりんの比重を分散させたい、という感じです。


> 杏果のブレイクには、れにちゃんを脅かす大ボケへの
> クラスチェンジだと思っています。
> 本人がイジられるのが嫌いな部分は、chan を見てれば分かりますが
> 奇跡的に物を知らない部分や、天然炸裂な部分は
> 計算では作れない可能性を感じます。


おそらく僕と考えてる方向性は一緒かなと思います。
ボケ役を任せるとおそらくおもしろくならないでしょう。
なのでMCなのにMCできてないという、本人の意図とは違う部分でのボケが花を咲かせるのかな、と。
歌もダンスもうまい、という杏果ちゃんにひとつ役割を増やして成長を見たい、という思いです。



> 精神年齢が一番高いであろう彼女が、
> メンバーを生かし、詰まったら伝家の宝刀で自ら突破を図る。
> 現メンバーでこの役割はさすがに誰もできないんではないでしょうか?


僕はあーりんMCに限界を感じています。
安定さこその飽きというか。
見ていてハラハラしないんですよね。
つっこみワードが説明的過ぎる部分もテンポを悪くしている気がします。


> 会話の瞬発力に関しては、この子が一番あると思うし、
> 一番常識人に感じます。
> その部分に、杏果がしおりんをリスペクトしてる様に見えます。


しおりんも安定なんですよね。
だからこそ彼女だけが壁となる何かが知りたいです。
4人は軽々できるのに、というのがあればなお良いです。


> いみじくも、玉井詩織が「早見あかり」と同じレールに
> 乗ってしまっている様に見えるのはやはり錯覚なのでしょうか。


夏菜子ちゃんがいる限り辞めないでしょうけど(笑)、どうしても4人に比べて余裕のようなものが感じられますね。
当然しおりんだって相当な努力をしてきているのでしょうけど、努力を我々に隠すのもうますぎる、と言えばいいのか。

とにかく杏果ちゃんとしおりんの激変に期待します。

URL | さかもと #-

2012/11/12 21:23 * 編集 *

はたはたさんへ

コメントありがとうございます!


> 今のままではまずいのかもしれません。しかし道重さゆみやももちがバラエティに浸透するようになったのは「キャラ」というのを押し出したおかげでもあります。


確かにキャラ消費というのはありますね。
キャラは目立つけど飽きられます。
一発屋芸人を見ればわかりやすいです。

その点ももクロ陣営はうまいかな、と。
アクロバットを売りにしたかと思えば変顔を売りにしたり、今度はファンがいかに熱いかを見せたり、楽曲提供アーティストを異色にしたりと、どれがももクロなのかわかりづらくしています。

SMAPとか嵐ってファンじゃなくてもある程度人柄みたいのがわかると思うんですよね。
そんな感じになったらいいですねぇ。


> ですからMCはあーりんと杏果を所々使い分けて行く感じがいいのかなって思います。

僕もそれが理想です。
一人にMCを任せきりにするのではなく、要所要所で分担していけばいいかな、と。


> ライブが凄いアイドルじゃなくて、ライブが凄いアーティスト…


アーティストとしては未来は明るいと思います。
たぶん楽曲提供したがるアーティストは今やいっぱいいるんじゃないでしょうか。
今後ものすごい曲が生まれると思います!

URL | さかもと #-

2012/11/12 21:31 * 編集 *

ひゃくたさんへ

コメントありがとうございます!


> しおりんはスペックの高さのわりに熱烈なファンの数は群を抜いて多くないような気はしてました。さかもとさんがしおりん推しだけ背景が違うことの指摘を見てはっとしました。


ツイッターを見てる限りで、しおりん推しだった人の推し変が目立つんですよね。
主に他界です。
ただしおりんの芯の部分に惹かれている人は今でもずっと推し続けています。


> 一般人が一連のバラエティで目にしたももクロの印象は「評判ほど面白くない」だと思います。


色物に見えて彼女たちは真面目ですからね。
大人たちの言う通りに動きますが、指示が悪いとまったくおもしろくないように見えちゃいます。

現在「余計な演出をするな」というファンの意見が目立ちますが、こういう部分への反動からかな、と思います。

インスタント女王様の設楽さんの命令で活きた手島優ちゃんのようなものが見たいです。
わかりづらい例えですいません(笑)。



> ももかのツッコミは消去法ではありだと思いますが、積極的にはあまり納得できない部分もあります。かなことももかは言外の意図や行間を読めないタイプで文字を文字通り受け取ってしまうアスペ的なツッコミになってしまうので、ボケのビジョンを共有した上で修正したり拡大したりしているわけでなく、ただ発言が違うから違うと言ってるだけでさらにツッコミという役割を公的にあたえたらと思うと少々不安を感じます。
> それでも枷のない自由度の高いあーりんの破壊力は見てみたいところではあります。


夏菜子ちゃん、杏果ちゃん、れにちゃんは正しいつっこみができませんね。
でもつっこみは正しくなくていいと思ってます。
直感で何か嗅ぎ取って何か言葉を発すればいい。

三村さんの「らぃ!」みたいなのでもいいんです(笑)。
真面目なワードのあーりんに対し、杏果ちゃんは瞬発力で非言語的ワードで野性的につっこんで欲しいです。
「ちょっと待ってちょっと待って」だけでも萌え死ぬ人がいるはず(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/12 21:38 * 編集 *

モモモフさんへ

コメントありがとうございます!


> 彼女たちは正直まだ笑わせる能力はそこまで備わっていないかなというのが自分の考えです。

山ちゃんほどの力量があればいいんですけど、児嶋みたいにまだいじられ慣れてない人物の場合は活きないです。
まだまだ相手に依存的な笑いしかできないので、無理して笑いを取りに行こうとしないで欲しいという思いです。


> 特に夏菜子×しおりんに関しては相性が良すぎるのかコンビとしての面白さでは少し他に劣る印象です。


仲良いだけですからね(笑)。
ファンは二人を見て幸せな気分になりますが、知らない人は二人を見てもおもしろくもなんともないでしょう(笑)。


> ファッションアイコン化が止まらないももクロちゃんを見て冷めてしまう気持ちはわからくないですが、嫌いになれるはずはないだろうし、逆にどんな入り口から入ってきた人たちでも虜にしてしまう魅力は十分あると思います。


ももクロはいろんなメディア展開をしていて、フックをいたるところに用意してるので、「これがダメでもあれで行く。それでもダメなら他でいく」という戦略だと思います。
テレビ好きの僕としては、テレビ展開でまだまだ行けるのに、という気がしないでなりません。

ほんと視聴者に強制的にももクロ映像を見せ続けたいです(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/12 21:45 * 編集 *

MCZppl さんへ

コメントありがとうございます!


> しかし、歯を食いしばって歯茎から血が出てるんじゃないかというぐらいの愛を感じます。


そう言っていただけると書いた甲斐があります。
常により良き道を模索し続けたいです。


> しかし、常に新しい笑いのホームランを狙って大振りしていく貪欲な姿が一番の良さであるから、既存の笑いの方程式にハマって欲しくなく感じます。


確かに!
予想を裏切るももクロ。
新たな「バラエティ需要」すら発見するのかも知れません!

そう考えるとますます現状のスタイルに不満を持ってしまいます。
この点に関してはアンチ佐々木敦規です。

URL | さかもと #-

2012/11/12 21:47 * 編集 *

なんくろ さんへ

コメントありがとうございます!


> 皆さんのコメント、そうそう!とか、なるほど!とか思いながら拝見させていただいております。

ほんとありがたいことです。
まさかここまでコメントいただけるとは。


> バラエティ対応などと全く異なる視点で、ももクロちゃんが長期活躍する上での壁として、恋愛禁止があると思っています。近年のアイドルにいつの間にか付加されている掟(?)なのですが、結婚後も活動して貰うためにもこれは運営陣には再考して貰いたい部分です。アイドルという枠を超えるためにも。もちろんそれにはファンの意識改革も必要ですが。


僕の周りでは彼氏がいようと別に問題ない、という意見が多い気がします。
女性アイドルとしてほんとここはネックになりそうですね。
でもいろいろな方面から好きになっている人が多く、女性ファンも多いことから、僕は割と楽観視してます。
ももクロちゃんを性対象として見てる人は皆無ではないでしょうか。
処女性の喪失で輝きを失われると思ってる人は人の深さをまったく理解していません(笑)。
そういう人たちはとっととファンを辞めていただきたい(笑)。

まぁ言い過ぎにしても、個人的な意見を言えば、早くれにちゃんの赤ちゃんが見たいです!
かわいい女の子ちゃんを産んでしあわせそうなれにちゃんのほほえみが見たいのです。



> それとダンスがアクロバット的なものから楽しいけど美しいものにシフトして行っていると思います。これは体の負担や今後の体力を考えると妥当な方向性であり、それでもももクロらしさが損なわれていないので、凄いことだと思います。ゆみ先生はいろいろな意味でありがたいですね。そう考えると怪盗少女のエビぞりなどをいつまでやるのかなど少し気になります。まだ先の話ですが。


僕はもうエビぞりやって欲しくないんですよね。
ここで体壊されたら選手生命に関わります。
ゆみ先生はほんと凄いですね。
あまり使いたくない言葉ですが、あの人も天才だと思います。


> あと、運営が準備する壁として大きな箱を準備するというのはこれからはプラスにならないのでは無いか?と思います。


同感です。
ドラゴンボールの戦闘力数値のように、観客収容人数での驚きはもはやフラット化しています。
ももクリで、東京ドーム7デイズ!ぐらいの発表されたら度肝抜かれますが(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/12 22:01 * 編集 *

やざえもんさんへ

コメントありがとうございます!


>  芸人さんイジリですが、最近のお笑いは出演者の関係性を少しくらい知っていないと笑いどころが分からなくなる要素が多い気がしますね。それと同じでバラエティに出るももクロちゃんを一般層が見た時に「この子たちがホントに人気あるの?」と思われてしまうのが怖くていつもハラハラしながら見てます。そんな中でも比較的安心して見ることができた番組を考えると、いつも”親ももクロちゃん”ではなく”嫌ももクロちゃん”の存在があったかと思います。


確かに!
これはすっかり忘れてました。
最近はちょっとももクロちゃん寄りの共演者ばかりだったので。

おっしゃる通りももクロちゃんの敵役がいることで、彼らが視聴者の代弁者という構図にもなり、彼女たちの魅力も引き出してくれますね!


>  かなり思いつきを書いただけの乱文になってしまいましたが、あまり現実にこういう意見交換の場を持たないものでスッキリとさせて頂きました(笑)


いやいやかなり有意義なコメントをいただけました。
ありがとうございます!
もしまた何かもやもやしたらスッキリしに来てください(笑)。

URL | さかもと #-

2012/11/12 22:08 * 編集 *

ドレスデンさんへ

コメントありがとうございます!


> 今ちょうど『HEY!HEY!HEY!』見てるんですが(笑)、テレ朝で『パパパパPuffy』みたいな番組を持てるといいかなと個人的には思いますね。


ほんとまさにそうなんですよね。
あの番組は画期的でした。
PUFFYのやる気のなさにまさに合致したというか(笑)。

出演者によって面白さが引き出される度合いが決まってしまうももクロちゃんなので、
毎回ゲストMCが変わる番組スタイルはかなり魅力的です。


> その片鱗が今週放送される『秘密の嵐ちゃん』で見られるのではないかと先週の予告を見て密かに期待しとります(笑)

早くみたいですね。
VS嵐でもおもしろかったので、嵐との共演はかなり相性が良いのかな、と思います。


> これだけファンに思われているももクロちゃんは幸せ者だなぁとほっこりしてしまいました(笑)


そうなんですよね。
日夜議論が交わされるアイドル。
ほんと愛されてるなぁ、って思います。

その一端をこのブログが担えればこれほど喜ばしいことはありません。

URL | さかもと #-

2012/11/12 22:18 * 編集 *

SMAPと比べて、というけれどSMAPも昔から「ああ」だったわけではありませんよ。
初期の彼らはヤンキー臭丸出しの垢抜けないアイドルでトークも下手糞だったしコントも全然出来ていませんでした。
売れてからでも森脇健二や森口博子の脇でがんばってましたがそれほど冴えてたわけではありません。
SMAPが本当に大化けしたのはスマスマが始まってからですよ。
それでも最初の頃のスマスマはコントはサブい代物でとても笑えるモンじゃなかったですね。

何が言いたいかというとあのSMAPですら経験と場を与えられたお陰で開花出来たわけです。
今のももクロがトークやバラエティのスキルが未熟なのは当たり前なのです。
かつてのSMAP程の場数をこなしてるわけではないのですから。

トーク番組なんてただ喋るだけだから簡単だろう?と思うでしょうがそんな楽なモンじゃないですよ。
秒刻みの進行や素人の喋りに当為即妙な返事をするなんてのは熟練したアナウンサーや司会者でも骨が折れる仕事なわけです。
しかも「青山ワンセグ開発」などは生放送をやってるわけです。
彼女らは平気そうに見えますが内心は激しい緊張感やストレスと戦って番組をやってる。
かなこなど現役高校でありながら司会をつとめています。これは実はもの凄い事ですよ。
SMAPの中居も現在は売れっ子司会者ですが若い頃は酷いもので、今のかなこほどのトークスキルなどありませんでした。

>ももクロはモーニング娘。の道重さゆみやBerryz工房の嗣永桃子などのバラエティ力には到底及ばない。

僕はこの二人がももクロメンバーよりトークが上手いとは全然思わないですが(笑)、道重さゆみは23歳、嗣永桃子は20歳の成年です。
二人ともデビューは早かったしももクロよりカメラに映ってる時間も多いTV慣れしてるのは当たり前でしょう。
とにかくももクロはまだ若いのです。全員が十代で一人除き女子高生なのです。
そこを忘れてはダメです。
女子高生が見事に司会やバラエティをこなすなんて製作者は期待もしてないし、もちろん視聴者も同様ですよ。
至らない点はあって当然です。
ファンとしては歯痒い部分もあるのは僕も一緒ですが、もっと長い目で見てあげなくてはいけません。
繰り返しますがバラエティは場数を踏んでなんぼの世界ですから今の段階で不備をあげつらいのはナンセンスです。
森三中とか柳原加奈子あたりの女芸人だって現役高校生時代は大した事は無かったと思いますよ。

URL | #LkZag.iM

2012/11/12 23:46 * 編集 *

こんにちは。

また、伺いました。
ぴあイベントには行かれるんですか?
僕も行く予定なのでひょっとしたらお会いできるかも。今度ツイッターに返信してみますね。

今回のお題も興味深いですね。
僕は「お笑い」には造詣がないのでそこはご容赦頂くとして・・・・
基本的に、僕は彼女たちの主戦場は『アーティストとして』であり
「ライブパフォーマンス・楽曲」であってほしいと考えております。
(彼女たちが、アーティストかアイドルか?は意見が色々あると思いますがここでは割愛)
なので、バラエティetcについてもそこで得た成果が
アーティスト活動・グループとしての活動に効果的にFeedBackされてほしいと強く願っています。

で、そういう僕が是非見てみたいのは彼女たちの音楽番組なんです。
ジャンルを問わずミュージシャン・歌手たちをゲストに招き、語り、コラボする。
彼女たち自身のライブも積極的に紹介していくような。
彼女たち以外に進行役がいたほうが無難でしょうが、その場合は芸人ではなく
音楽的知識の面で彼女たちをサポートしてくれる人がいいですね。
ロックバンドから演歌歌手までをおもてなしして、番組でコラボなんてことになれば
おそらく彼女たちにとっても得るものはすごく大きいはず。
これ、例えるなら、「7番勝負2」の在日ファンクの回をもっと練ったようなイメージです。
(7番勝負2の映像を見ていないので推測ですけど)
もちろん、今の彼女たちのスキルではこんな企画はちょっと難しいし、
負荷の重さも想像できます。
でも、こうした企画が1.2年後に検討されるように
運営・スタッフには彼女たちを育ててほしいと思うのです。
(さかもとさん、UST関連で関係者の方?とコンタクトされるとのこと、
 1ファンの要望ではありますが機会があれば提言してみてもらえませんか笑)。

話を戻すと、彼女たちのトークスキル・バラエティスキルはまだまだ発展途上だけど
絶賛向上中ではないかと。
MCその他に関しても意見が交わされていますが、今はことさらに固定せず
ライブと同様にいろいろなフォーメーションでの「化学反応」を楽しみたいです。
未完の部分はありますが、そこは共演者やスタッフに頼り、学んでいけばいい。
なんせ彼女たちはまだ10代なのだから。

ただ、中長期的に展望すると、ちょっと気になるのは彼女たちの底抜けなアホッぷりです。
ファンじゃない人はひょっとして「引いて」しまうのでは?と心配する場面がごくたまにあります。
(これはメンバー全員該当。リーダーだけに限らずです。)
徐々にでいいので、彼女たちの「素の良さ・面白さ」を損なうことなく、
社会常識・言葉づかい・立ち居振る舞いなどを少しづつ
大人仕様にシフトしていってもらいたいと思っています。
(僕は彼女たちのファンであり、このアホっぷりも楽しんでいます。
そしてこれが今の彼女たちの魅力の一つであることも重々承知の上であえて書いてます。)
彼女たちが成人したころの更なる飛躍のことを考えると、
こうした「緩やかなシフト」は意外と重要だと思うのです。
そして、このシフトはあくまでも「素の魅力」を損なわないことが前提です。

冒頭にも書きましたが、バラエティなどへのさらなる進出は基本的に賛成。
でも、彼女たちの音楽活動に実りをもたらすものであってほしいです。
さかもとさんが引き合いに出していた、道重さん嗣永さん、
バラエティでの存在感は認めますが
その活動がグループへ効果的にFeedBackされているとはいまひとつ思えなくて。。。

また長くなりました。
ではまた。
チャンスがあれば、ぴあイベントにて・・・・

URL | 8 #68RaQNfU

2012/11/13 02:41 * 編集 *

個人的な嗜好ですがこういう記事は好きです
男祭り行って来ました、ライブは初めてだったんですが非常に楽しかったです

皆さんのコメントを見ていてふと思ったんですが運営側が「SMAPや嵐のように末永く愛されるアイドルグループ」のどこに重きを置いているのかが気になりました
現在のSMAPの様な形ではなく「末永く愛される」という意味合いが強いんではないでしょうか
どうしてもSMAPの様にMCやメンバー中心で面白いコントを成立させるようにならなければいけないのでしょうか?
まあ、SMAPのコントが面白いとは思えませんが。。。

芸人などをMCに置いたUFIの番組みたいなのが多分、一番彼女達の魅力を損なうことなく見るに耐える番組を作れるんじゃないでしょうか
もちろんそれにはバラエティ力が必要だとは思います
演出の佐々木さんがどこかで「アイドルは笑わせるより笑われる位が丁度いい」と言う意味合いの発言をしていたように思います
既成概念をぶっ壊してくれたらそれはそれで面白いですけどね

URL | fs #-

2012/11/13 08:24 * 編集 *


面白い!とにかくここまで的確かつ鋭い文章、ほんとさかもとさんの記事には感心しっぱなしです。


そして末永く愛されるアイドルという例でSMAPや嵐を例に挙げたのを重々承知で書きますが、SMAPが若手芸人と絡んだ時の芸人いじりだって未だに荒いし、「こう言っときゃいいんでしょ」って感じで、大御所芸人の真似事してるだけだし。コントなどみてても決してお笑い能力、バラエティー能力があるとは言えません。



歌だって中居くんが下手すぎるのが目立ってあれだけど、他のメンバーも決して上手くはないです。

結局、キムタクという問答無用のスターがいるからこそ説得させられ、成立しているグループなんだろうなと。今さらSMAP論なんて誰も語らないぐらい、絶対的な存在だし。

そんな彼らが歌う「世界にひとつだけの花」という歌も彼らのメタ的ソングなんだなと解釈できます。





話をももクロに戻すと、ももクロちゃんの今の勢い、人気は今までのアイドルとまた違う感じ、ぶっ飛んだ感があってこそだし


ももクロちゃんにはヘンにかしこまってほしくないというか、


自分がモノノフだからこそかもしれませんが、メンバーの普段喋ってる時などのわちゃわちゃ感が凄い好きだし、面白いし


メンバーがたまに言う、「私たち明日がみえないアイドルなんです」っていうのも共感覚えるし、こんな純粋な少女たちがこんなにも頑張ってんだから俺も頑張るしかない!って思えるし


そんな不安すらもぶっ飛ばせ~!って感じで これからも壁を破壊し続けていってほしいです!


だから結局俺がいいたいのは、誰かを目標にするのでは無く 過去に前例の無いアイドルだからこそ、過去に前例の無いオンリーワンな存在になってほしいです



URL | 加納 #-

2012/11/13 14:08 * 編集 *

このブログはちょくちょく拝見させていただいてたのですが、はじめてコメントさせていただきます。
というのも、自分はブログ主さんが想定なさるまさに「一般人」だなと思い、これはコメントせねばと思ったしだいだからです。

わりとももクロは贔屓目に見ていて、ようつべなんか見たり、ネット徘徊したりしてるのですが、自分がまさにブログ主さんがおっしゃる「一般人」だなと思う根拠は、記事内で言及されているように、僕には脳内変換はなく、また記事内の通りのバラエティの違和感を持っていたからです。

いじり方とか危ういというか、これいつか炎上あるんじゃないか……みたいなことをちょうど考えていたときにこの記事に出会いましたww


一般人なんで表面的なことしか分からないのですが、ブログ主さんがおっしゃるようなポイントに次からは注目して見ていこうと思いましたww

で、ブログには言及ない点をひとつ、一般人からの一意見として聞き流していただければと思うのですが、僕はももクロのバラエティ関係見ていて百田かなこの語彙力のなさが気になりますww

もちろん、ファンの人からするとそのおばかがたまらないのでしょうが、一般人からすると、まん中にいてリーダーなのに……って思うときがあります。今は18で若いからで通用するけど、長くやっていくつもりなのにこれでいいのかいな……同世代が大学出て就職とかしだして仮にこのままだとヤバくね……っと。

ただ久本と番組やってますよね。それで吸収できたりするのかなあ…とか。後、SMAPもテレビ出始めたころは、めちゃくちゃトーク下手くそだった記憶があります。だから数こなせば案外なんとかなるのかなあ…とか。


そんなことをぼんやり読みながら考えてました。

長文アンド不愉快にさせたならすいません。

以上一般人でした。

URL | 通りすがりの一般人 #-

2012/11/14 00:07 * 編集 *

さかもとさん、おひさしぶりです。
ファンとしてのフィルターを外した考えは大事ですよね!
私、クノに参戦したんですが、不参戦の友人(杏果推し)に「杏果の舌打ちを生で聞けたよ」と報告したところ、大変悔しがっておりました。
一般の方から見たら、明らかにおかしなやりとりです(笑)

しおりんについては、私も以前から似たような事を思っていました。
私の場合は壁ではないのですが、しおりんが「本気」になる物(決して、ももクロに本気じゃないって事じゃないですよ)を見付けた時に大化けするんじゃないかと。
しおりんって典型的な器用貧乏なんだと思います。
基本スペックが高く、どんな事でも嫌味なく、そつなくこなす。
よく言われる「飽きっぽさ」も、しおりんが広げているアンテナに色んな事や物が次から次へどんどん引っ掛かっていって「絞りきれない」ってだけだと思います。
だから、「坂」に「生」を見つけ・求めた「弱ペダ」の真波のように「全てを懸ける!」って物を見付けたら、凄い事になるんじゃないかと。

しかし、それが「ももクロのしおりん」ではなく「玉井詩織」として見付けた場合、ももクロから旅立っていってしまいそうで怖くもあります。
でも、しおりんに限らず、あの娘達もいつかは「与えられた壁」ではなく、「自ら見付けた(選んだ)壁」に挑む時が来る筈なんですよね・・・
あー、まとまんなくなってしまった。

杏果メインMCについては、裏MC→メインMCではなく、裏MC→あーりんやすダブルMCかな~なんて思います。
「感」で動く三人側(直感の夏菜子、感覚のしおりん、感性のれにちゃん)に、MCから開放されたあーりんまで加わってしまったら再びカオスが・・・
それこそ、ファンは大喜びですが、初見の方はドン引きされてしまいそうな気がします。

でも、さかもとさんの問いに対してkwkmさんがどう答えるか楽しみですね。

URL | 週末サイクリスト #-

2012/11/14 00:38 * 編集 *

お初にお目にかかります。
いつもさかもとさんの鋭い分析には感服させられてます。でも今回は同じれにちゃん推しとして、ちょっと反論させて頂きます。
自分はワンセグ開発見て、「高さん意外と回せるじゃん」と思った口なんで(笑)
そこで自分なりの拙い分析を書こうと思います。と言ってもさかもとさんの分析に乗っかってるだけですけど。


自分の考えでは日本のバラエティは3つの役割の人物によって進められていることが多いと思います。
便宜的に以下のように分けてみました。

メイン司会:全体の空気を把握し、誰かに振ったり自らボケることにより場の空気を支配する人。例)タモさん、たけし。
MC:主に番組の進行を担当し、場が加熱したとき収拾を計る人。例)局アナ、阿川佐和子。
サブ司会:メイン司会やゲストへ突っ込みを入れたり、ボケを挟んで番組の進行を円滑にする人。例)中堅芸人。

で、この線で行けば、
自らの意思で笑いを取れる。案外周りを観察している。時に応じてシリアスな発言もできる。
ということでれにちゃんはメイン司会向きだと思うわけですよ。
但し、メイン司会は立場上自らは番組進行を進めたり、突っ込んだりできないのでMCとサブ司会が必要になってくる。
そこで完璧進行のあーりんとつっこみの速いももかが、それぞれMC、サブ司会として生きてくる。
この三人のトロイカ体制で司会をさせれば、スキルは飛躍的に向上するんじゃないかと思います。

そして、司会が捌いていくゲスト。
スキルのある芸人やタレントばかりゲストにしていても、司会は助けられてかえって能力の向上に繋がらないと思います。
むしろ素人同然の相手を捌いていくことで鍛えられるのではないでしょうか。
幸いももクロちゃんはスタダアイドルの頂点です。
どうですかね。推され隊+あーりん司会でスタダアイドル総出演の番組。


そして・・・、今まで無視してたももたまいなんですが、正直ももクロちゃんが地上波でつまらない理由はこの二人にある気がします。(皆さんすみません)
というのも、ももたまいは場の空気を完全に支配してしまうのに、傍目から見るときゃぴきゃぴしてる女の子に過ぎないからです。
二人が騒いでると他の三人は完全に飲み込まれます。バラエティスキルを上げるなら、あえてももたまいを引き離すべきだと思います。

引き離したももたまいですが、かなこは行動力があってド天然なのでスタジオよりロケ向きだと思います。ロケで鍛えていけば、スタジオでも面白くなるのでは?
で、しおりんなのですがメイン司会以外は全部こなせそうなんですよねー。さかもとさんのいう通り、ここがしおりんの長所であり、弱点ですね。


結局何が言いたいのかわけのわからない長文になってしまいました。すみません。
まあ、れにちゃん重要ってことで。
でも自分の案に限らなくても、五人一緒じゃなくて、敢えてバラけさせるってのはこれから必要になってくると思います。

URL | かいばしら #-

2012/11/14 01:04 * 編集 *

経験不足を幕は待たない

男祭りはステージ上でも表情が解るくらいだったので、サカモトさんの言う通り外周を走ってるメンバーの表情がよく見えました。れにちゃんもいい笑顔してましたよ♪


あーりんの次にですけどねっ(爆)すいません…本題にはいります。

ももクロの『バラエティ力の無さ』と『世間で言われてるほど面白くない』という評価をされてしまう…は私も感じていました。


ファンは背景も知ってるから『まだ若いし馴れてないから』『みんな優しいし真面目だから、ぶっ込んだ発言できないよね』とかを汲み取って、それさえほのぼの見守っていられますけど…冷静に考えると


影が薄い…


ファンじゃない人から見れば経験不足や10代であることは関係なく、その時見た状態がその人にとってのももクロになってしまいます。

印象に残らないくらいなら道重達みたいに嫌われた方が『まだ』良いかなと?思ってしまうくらい薄い時がありますので『ももクロは凄いんだ!』って色んな人にも伝えたいし、伝わってほしいからバラエティ力は伸ばしてほしいですね。


フォーク村後のあーりんには燃えましたね!あーりん推しとしてはブログ読んで『大丈夫?』となるところを私は軽くガッツポーズさえとりました。西武ドームを満員にした慢心もなくあーりん、ひいてはももクロはまだまだ伸びて行くんだ!てことを予想させる熱いブログだったので落ちているあーりんには申し訳ないけど…燃えます!


これから人気が出てきてチケットがさらに取りにくくなって離れていく人もいるかと思いますが、より多くの人にももクロの良さ知ってほしいので、ももクロには宇宙の果てまで人気がでてほしいと思っています。理想ですけどね!



『どうしたらバラエティ力が伸びるか?』については良い考えがまとまらなので思った事だけ書かせていただきました。

URL | J・フェックス #-

2012/11/14 18:01 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!


> 何が言いたいかというとあのSMAPですら経験と場を与えられたお陰で開花出来たわけです。
> 今のももクロがトークやバラエティのスキルが未熟なのは当たり前なのです。
> かつてのSMAP程の場数をこなしてるわけではないのですから。


そうですね。
でもジャニーズではない彼女たちは彼らよりもチャンスが巡ってくる回数が限られているとは思いませんか?
明らかに恵まれておらず、女性アイドルの移り変わりも早い中でどうするか。
世間は彼女たちが20代になるまでのんきに見守ってくれるでしょうか。


> トーク番組なんてただ喋るだけだから簡単だろう?と思うでしょうがそんな楽なモンじゃないですよ。
> 秒刻みの進行や素人の喋りに当為即妙な返事をするなんてのは熟練したアナウンサーや司会者でも骨が折れる仕事なわけです。
> しかも「青山ワンセグ開発」などは生放送をやってるわけです。
> 彼女らは平気そうに見えますが内心は激しい緊張感やストレスと戦って番組をやってる。
> かなこなど現役高校でありながら司会をつとめています。これは実はもの凄い事ですよ。
> SMAPの中居も現在は売れっ子司会者ですが若い頃は酷いもので、今のかなこほどのトークスキルなどありませんでした。


簡単だとは思ってませんし、緊張してないとかストレスが無いとか高校行ってることを配慮してないわけではありません。


> 僕はこの二人がももクロメンバーよりトークが上手いとは全然思わないですが(笑)、道重さゆみは23歳、嗣永桃子は20歳の成年です。
> 二人ともデビューは早かったしももクロよりカメラに映ってる時間も多いTV慣れしてるのは当たり前でしょう。
> とにかくももクロはまだ若いのです。全員が十代で一人除き女子高生なのです。
> そこを忘れてはダメです。
> 女子高生が見事に司会やバラエティをこなすなんて製作者は期待もしてないし、もちろん視聴者も同様ですよ。
> 至らない点はあって当然です。
> ファンとしては歯痒い部分もあるのは僕も一緒ですが、もっと長い目で見てあげなくてはいけません。
> 繰り返しますがバラエティは場数を踏んでなんぼの世界ですから今の段階で不備をあげつらいのはナンセンスです。
> 森三中とか柳原加奈子あたりの女芸人だって現役高校生時代は大した事は無かったと思いますよ。


うまくトークをしろ、とは思っていません。
れにちゃんについてはMCが下手だと言ってますが、上手になって欲しいわけではありません。
現状の力量を見て、メインMCをあーりんから杏果ちゃんにすれば良いのではないか、という提案です。

道重さゆみなどについてもトークの上手さについて書いていません。
彼女たちはインパクトがあり、ファンでなくてもキャラクターを知っています。

世間に浸透するには何が必要なんでしょうね。

URL | さかもと #-

2012/11/14 23:59 * 編集 *

8さんへ

コメントありがとうございます!


> ぴあイベントには行かれるんですか?
> 僕も行く予定なのでひょっとしたらお会いできるかも。今度ツイッターに返信してみますね。


行きます!
筋肉少女帯にマキシマムザホルモンにスチャダラパー!!
これはすごいことになりますよ!
お会いできたらぜひご挨拶させてください!


> ロックバンドから演歌歌手までをおもてなしして、番組でコラボなんてことになれば
> おそらく彼女たちにとっても得るものはすごく大きいはず。
> これ、例えるなら、「7番勝負2」の在日ファンクの回をもっと練ったようなイメージです。


それはいいですね!
僕もやはり、みんなにももクロのパフォーマンスを見て欲しいと思ってます。
笑顔と歌声を世界に届けて欲しいと思ってます。
なので音楽についての成長も見込めるような番組は素晴らしいと思います!


> (さかもとさん、UST関連で関係者の方?とコンタクトされるとのこと、
>  1ファンの要望ではありますが機会があれば提言してみてもらえませんか笑)。


モノノフの方がやるユーストリームで、そこに川上マネージャーがゲスト出演する、というものです。
なので川上マネージャーにコメントが読まれる可能性もありますが、それはマネージャーにリプライ飛ばすのと同じようなものだと思います(笑)。


> 徐々にでいいので、彼女たちの「素の良さ・面白さ」を損なうことなく、
> 社会常識・言葉づかい・立ち居振る舞いなどを少しづつ
> 大人仕様にシフトしていってもらいたいと思っています。
> (僕は彼女たちのファンであり、このアホっぷりも楽しんでいます。
> そしてこれが今の彼女たちの魅力の一つであることも重々承知の上であえて書いてます。)


あーりんはかなり躾が行き届いている印象がありますけど、
年配の方々には「礼儀知らずな若い娘」と見られる可能性もありますね。
芦田まなちゃんの人気は「幼いのに礼儀正しい」というのもあるかな、と思います。
なんだかんだ言ってもやはり愛される人物は礼儀なんですよね。


> さかもとさんが引き合いに出していた、道重さん嗣永さん、
> バラエティでの存在感は認めますが
> その活動がグループへ効果的にFeedBackされているとはいまひとつ思えなくて。。。


確かにそうですね。
ソロ人気にグループ人気がついてきてないようですね。

スマスマも音楽は捨ててませんからね。
音楽に関わる番組というのは大切ですね。
ご意見ありがとうございます。

URL | さかもと #-

2012/11/15 00:08 * 編集 *

fsさんへ

コメントありがとうございます!


> 皆さんのコメントを見ていてふと思ったんですが運営側が「SMAPや嵐のように末永く愛されるアイドルグループ」のどこに重きを置いているのかが気になりました
> 現在のSMAPの様な形ではなく「末永く愛される」という意味合いが強いんではないでしょうか


そうですね。
おっしゃる通りSMAPや嵐になるのが目的ではなく、末永く愛される存在になることの方がメインですね。


> どうしてもSMAPの様にMCやメンバー中心で面白いコントを成立させるようにならなければいけないのでしょうか?
> まあ、SMAPのコントが面白いとは思えませんが。。。


ももクロ5人でコント、というのは想定していませんでした。
ライブのMCであーりんメインよりも杏果ちゃんがメインであーりんが補助、というのを想定しました。
彼女たち5人だけではおもしろくなく、能力のある人にいじってもらうことで爆発すると思っています。

UFIの時は小木さんが悪役を買ってくれたのが良かったですね。

URL | さかもと #-

2012/11/15 00:17 * 編集 *

加納さんへ

コメントありがとうございます!


> そして末永く愛されるアイドルという例でSMAPや嵐を例に挙げたのを重々承知で書きますが、SMAPが若手芸人と絡んだ時の芸人いじりだって未だに荒いし、「こう言っときゃいいんでしょ」って感じで、大御所芸人の真似事してるだけだし。コントなどみてても決してお笑い能力、バラエティー能力があるとは言えません。


SMAPの場合はすでに人気が出てからのスマスマだったので、すでに下地はできあがってましたね。
やはりジャニーズの看板は大きいです。
ジャニーズではないももクロがジャニーズであるSMAPや嵐のようになるには何が必要なんでしょうね。


> ももクロちゃんにはヘンにかしこまってほしくないというか、
> 自分がモノノフだからこそかもしれませんが、メンバーの普段喋ってる時などのわちゃわちゃ感が凄い好きだし、面白いし


そうですね。
みんなにこの魅力を知って欲しいんですが、ここだけ見てもはまらない人ははまらないでしょうね。

今まで出た意見にもあるように、ライブパフォーマンスで惹かれ、わちゃわちゃ感をも好きになる、と。
なのでまずフックにひっかかる事が大事かなと思います。

多くの人はYoutubeで漁ることは無く、ぼーっとテレビを見てますから、そこでなんとかならないか、という思いです。


> だから結局俺がいいたいのは、誰かを目標にするのでは無く 過去に前例の無いアイドルだからこそ、過去に前例の無いオンリーワンな存在になってほしいです


そうですね。
SMAPや嵐を追っていても彼らにはなれません。
アイドルというカテゴリを更新し続けて欲しいです。

URL | さかもと #-

2012/11/15 00:25 * 編集 *

さかもとさま
どうも、他のメンバーに比べてあーりんに対する評価が厳しいですね~
自分みたいにライブでもほとんどあーりんしか見えていない者には
キツイです。
確かに最近のMCでミスが多いです。長崎でのハローグッバイ久しぶり発言とか、NHKでのももかの煽り失敗とか
それは彼女一人に負担がかかってるかもしれません。歌って踊って、次はMCというのはキツイでしょうし。
となると杏果やれにちゃんがもっとMCで自主的にブッこんでくるしかないでしょう。期待してます。
ただ事前打つ合わせとかで、話の分担とか決めてしまっては、魅力半減なので、難しいところです。
おっと、あーりん論になってしまって脱線ですので閉店ガラガラ・・・
自分のしおりん論はまたの機会にww

URL | はんchanだZ! #mQop/nM.

2012/11/15 07:27 * 編集 *

いつも楽しく拝見させていただいております。

今回の記事を読んでいて、MCあーりんと裏回しももかちゃんが必要に応じて並び位置をチェンジするといいのでは?と思いました。

テレビなどでは大体、
ももかちゃん・あーりん・かなこちゃん・しおりん・れにちゃん
という並びですよね。
ももかちゃんがツッコミをいれつつ、さりげなくあーりんと並び位置を交代して、ライブMCのときの、
あーりん・ももかちゃん・かなこちゃん・しおりん・れにちゃん
の並びになると、あーりんの背後から窺っているときよりも、さかもとさんが指摘しているももかちゃんのスピードあるツッコミが出てきやすくなるんじゃないでしょうか。

ただ、座ってトークする場合やカメラで撮る側の都合(画角?)をまったく考慮に入れていない意見ですが・・・

URL | shimada #-

2012/11/15 23:43 * 編集 *

通りすがりの一般人さんへ

コメントありがとうございます!


> いじり方とか危ういというか、これいつか炎上あるんじゃないか……みたいなことをちょうど考えていたときにこの記事に出会いましたww


芸人いじりを見てると危ういですよね。
「まだ児嶋だから許される」みたいな雰囲気はあります。


> で、ブログには言及ない点をひとつ、一般人からの一意見として聞き流していただければと思うのですが、僕はももクロのバラエティ関係見ていて百田かなこの語彙力のなさが気になりますww


なるほど。
そこは見えてませんでした。
夏菜子ちゃんは段々しゃべれるようになってきてますが、まだまだですよね。
一般常識の無さを活かしてボケに回った方がいいかもしれませんね。
僕としては必死にリーダーを全うしようとする姿に惹かれますが。


> ただ久本と番組やってますよね。それで吸収できたりするのかなあ…とか。後、SMAPもテレビ出始めたころは、めちゃくちゃトーク下手くそだった記憶があります。だから数こなせば案外なんとかなるのかなあ…とか。


久本がしゃべり過ぎです(笑)。
だから隙を突くスキルは上がるかも知れませんね。
こんな機会は滅多にないのでぜひいろいろ経験して欲しいです。


> 長文アンド不愉快にさせたならすいません。


全然不愉快ではありませんよ。
ご意見いただきありがとうございます!

URL | さかもと #-

2012/11/16 03:45 * 編集 *

週末サイクリストさんへ

コメントありがとうございます!


> 私、クノに参戦したんですが、不参戦の友人(杏果推し)に「杏果の舌打ちを生で聞けたよ」と報告したところ、大変悔しがっておりました。
> 一般の方から見たら、明らかにおかしなやりとりです(笑)


確かに(笑)。
普通アイドルの舌打ちは聴きたくないものですからね(笑)。
他のアイドルと比べて求めているものが違うということでしょう。


> 私の場合は壁ではないのですが、しおりんが「本気」になる物(決して、ももクロに本気じゃないって事じゃないですよ)を見付けた時に大化けするんじゃないかと。
> しおりんって典型的な器用貧乏なんだと思います。


そうなんですよね。
4人に比べてこれと言った欠点が見当たりません。
泣き虫を封印して急成長したからでしょうけども。
甘えん坊に特化しているようですが、それは欠点ではありませんからね。
彼女にとって壁がなんなのか気になります。
おそらくしおりん自身「メンバーよりしっかりしなきゃ」という想いが強いんだと思います。
まとまらなくなっちゃいますからね。

書いてて思いましたが、4人は「怒ってる姿」が想像できます。
夏菜子ちゃんはあかりん脱退のエピソードもあって感情をあらわにするのを知ってます。
あーりんはダンスなどのパフォーマンスに対して真剣に怒るでしょう。
杏果ちゃんはメンバーには怒らないかも知れませんが家で母親とかに怒ってるんじゃないかなと(笑)。
れにちゃんも感情的になりやすいかなと。

ただしおりんは何に対して怒るのかわかりません。
この辺りに壁のヒントが存在してそうです。



> だから、「坂」に「生」を見つけ・求めた「弱ペダ」の真波のように「全てを懸ける!」って物を見付けたら、凄い事になるんじゃないかと。


その時は実際に天使のはねが生えるわけですね!
はやく見たいです!


> しかし、それが「ももクロのしおりん」ではなく「玉井詩織」として見付けた場合、ももクロから旅立っていってしまいそうで怖くもあります。


なるほど。
残念ですけど彼女たちには彼女たち自身の人生をしっかり歩んで欲しいので泣きながら見送りたいと思います。


> 「感」で動く三人側(直感の夏菜子、感覚のしおりん、感性のれにちゃん)に、MCから開放されたあーりんまで加わってしまったら再びカオスが・・・


大舞台のライブではあーりんもしっかり裏MCをしてくれると思います。
ももクノみたいな時はグダって良いと思いますが。

URL | さかもと #-

2012/11/16 04:08 * 編集 *

かいばしらさんへ

コメントありがとうございます!


> 自分はワンセグ開発見て、「高さん意外と回せるじゃん」と思った口なんで(笑)


僕もワンセグのれにちゃん好きですよ!(笑)。
ただゲストによって良い時と悪い時がある気がします。


> 自らの意思で笑いを取れる。案外周りを観察している。時に応じてシリアスな発言もできる。
> ということでれにちゃんはメイン司会向きだと思うわけですよ。
> 但し、メイン司会は立場上自らは番組進行を進めたり、突っ込んだりできないのでMCとサブ司会が必要になってくる。
> そこで完璧進行のあーりんとつっこみの速いももかが、それぞれMC、サブ司会として生きてくる。
> この三人のトロイカ体制で司会をさせれば、スキルは飛躍的に向上するんじゃないかと思います。


なるほど。
3人司会は考えませんでした。
今ちょうどワンセグ開発総集編の録画を見ながら書いてますけども、あーりん杏果ちゃんれにちゃんのトライアングルは良いかも!


> どうですかね。推され隊+あーりん司会でスタダアイドル総出演の番組。


完全に見たいです!
しゃちほこやたこやきやみにちあなど、今後売り出していきたいアイドルもいっぱいいるでしょうからね。
MXテレビあたりでやってほしいですね!


> そして・・・、今まで無視してたももたまいなんですが、正直ももクロちゃんが地上波でつまらない理由はこの二人にある気がします。(皆さんすみません)
> というのも、ももたまいは場の空気を完全に支配してしまうのに、傍目から見るときゃぴきゃぴしてる女の子に過ぎないからです。


なるほど。鋭いですね。
わいわいして楽しみたいしおりんに引っ張られるのかも知れませんね。


> 引き離したももたまいですが、かなこは行動力があってド天然なのでスタジオよりロケ向きだと思います。ロケで鍛えていけば、スタジオでも面白くなるのでは?
> で、しおりんなのですがメイン司会以外は全部こなせそうなんですよねー。さかもとさんのいう通り、ここがしおりんの長所であり、弱点ですね。


夏菜子ちゃんのロケコーナーみたいですね!
4人をローテーションでコンビ組ませていろんなとこ行って欲しいです。

スターダスト番組やってほしい!

URL | さかもと #-

2012/11/16 04:24 * 編集 *

J・フェックスさんへ

コメントありがとうございます!


> 印象に残らないくらいなら道重達みたいに嫌われた方が『まだ』良いかなと?思ってしまうくらい薄い時がありますので『ももクロは凄いんだ!』って色んな人にも伝えたいし、伝わってほしいからバラエティ力は伸ばしてほしいですね。


そうなんですよね。
おそらくれにちゃんがヒールを演じてインパクトを残してるんでしょうけど、まだまだ浸透してない感じですね。
みなさんおっしゃる通り、テレビではパフォーマンス映像を流す機会が少な過ぎますね。
新曲披露の1曲だけ。

テレビ埼玉で極楽門を流してそこからファンになった方もいらっしゃるように、
やはりパフォーマンスを見せる場が増えればな、という感じです。
そのためにはテレビで人気が出ることが必要ですね。


> これから人気が出てきてチケットがさらに取りにくくなって離れていく人もいるかと思いますが、より多くの人にももクロの良さ知ってほしいので、ももクロには宇宙の果てまで人気がでてほしいと思っています。理想ですけどね!


ほんと宇宙を制して欲しいです(笑)。
世界平和はももクロにかかってます!
みんなに笑顔と歌声を届けて欲しいですね。

URL | さかもと #-

2012/11/16 04:53 * 編集 *

はんchanだZ!さんへ

コメントありがとうございます!


> どうも、他のメンバーに比べてあーりんに対する評価が厳しいですね~

かなり評価高いですよ!(笑)。僕のあーりん評を読んでみてください!(笑)。
ただ彼女の真面目さが型どおりのMCにおさめてしまってる感があります。
進行としてはうまいけど、おもしろさという面ではどうか、という問題です。


> ただ事前打つ合わせとかで、話の分担とか決めてしまっては、魅力半減なので、難しいところです。


大きな舞台では台本が決まってると思うのでしょうがないと思いますが、
テレビ番組に出た時は印象に残る言動が見たいですねぇ。
「あーりんだよぉ」もVS嵐では嵐メンバーに振ったから活きましたけども。

URL | さかもと #-

2012/11/16 04:57 * 編集 *

shimadaさんへ

コメントありがとうございます!


> 今回の記事を読んでいて、MCあーりんと裏回しももかちゃんが必要に応じて並び位置をチェンジするといいのでは?と思いました。


そうですね。
きっちりメインMCが誰と決めるのではなく、あーりんの負担を分散させる、という感じが良いと思います。


> ももかちゃんがツッコミをいれつつ、さりげなくあーりんと並び位置を交代して、ライブMCのときの、
> あーりん・ももかちゃん・かなこちゃん・しおりん・れにちゃん
> の並びになると、あーりんの背後から窺っているときよりも、さかもとさんが指摘しているももかちゃんのスピードあるツッコミが出てきやすくなるんじゃないでしょうか。


なるほど。
確かに端にいるというのもトークに入っていく心理的な障壁になっているかも知れませんね。
他のメンバーが見えにくいとつっこみづらいですし。

たまたま嵐の番組見てましたけども、今回の杏果ちゃんは活き活きしてました!
立ち位置って重要ですねぇ。

URL | さかもと #-

2012/11/16 05:01 * 編集 *

心理学的な分析、内面に踏み込んだ洞察、どれも興味深く拝見させてもらっています。

Zeppを前に、ピアフェス&オフ会前に自分の足跡を残そうと思いました。
でも、私はももクロちゃんを好きになり、尊敬し始めたのは去年の夏なので、勘違いかもしれません。

まず、バラエティーについて
確かに、バラエティはグループを印象づけるには良い媒体です。
ただ、今のバラエティは欠点を茶化すことで笑いをとる、もしくは身内でふざけて楽しむだけ、という傾向が強く、良い印象がありません。
これは、ももクロちゃんの魅力を陰らせないかと懸念しています。

大阪出身の私は、吉本や松竹で育ちました。世代的にはドリフ世代です。
彼らの笑いは、訓練とセンスの融合、緻密な計算に基づく笑いです。
ストーリーの中に笑いがある。一つのドラマです。
この笑いは、ももクロちゃんのライブに対する姿勢に通じると思います。
バラエティを取るなら、この道を選んでほしいです。

次に、歌について
PA故障、NHKアカペラ、フォーク村とたどる中で、ある思いが生まれました。
私は、ももクロちゃんは歌の力に真摯に向き合う時期だと思います。

彼女達は振り付けを重視するあまり、ブレスがダンス寄りと感じます。
気持ちを歌とダンスと媒体に私たちにぶつける。その力はすばらしい。
私もそのエネルギーに助けられました。

でも、ぶつけるだけでは伝わらない想いもあります。
そっと、届けてくれる。そんな優しい調べを必要とする人たちもいます。
想いの届け方を学べば、ももクロちゃんはもっと多くの人に幸せを届けられると思います。

かなこちゃん 気持ちを曲に乗せてぶつけるセンスは素晴らしいと思います。気持ちを調べに乗せて届けることができれば、更に輝くと思います。
しおりん 天才肌、でも満点は取れない。歌が単調なので、情感を抑揚に込めると、更に輝くと思います。
あーりん ファルセットへの切り替えが素晴らしい。一番伸びしろがあると思います。でも、音程が安定しない。言葉の調べに芯を持てば、もっと輝くと思います。
ももか パンチ、グルーブ感は素晴らしいです。でも、高温を鼻にかかった声でごまかすことがある。音域が広くなれば、もっと輝くと思います。
れにちゃん 一番、透明感のある声を持っています。優しい、暖かい声です。これに伸びやかさがでれば、より多くの人の心に想いを届けられると思います。

偉そうに、書いてしまいました。すいません。
でも、私はももクロちゃんに救けられた人なので、より多くの人に彼女の本当にキラキラした輝きを知ってほしいと思っています。
だから、言葉にしておこうと思いました。

URL | myopomme #-

2012/11/16 23:05 * 編集 *

こんばんわ!
この記事の存在を今日の梶原放送局で知りました!(笑

ちょうどこの記事のアップの時には某うどんの国におりましたもので、アハハ笑

さて、玉様の件。これは禿同です。
以前コメントさせていただきました、映画「桐島~」の宏樹と玉様は似ている。なんていう与太話。

宏樹は勉強スポーツなんでもそれなりに出来るし、ルックスもイケてる。
ただ、ほぼ全方位でスペックが高いだけに、長所も短所も特にありません。

作中徐々にうっすらうっすら気づいてきますが、映画のクライマックスで、宏樹は前田と出会うことにより自分が持たざる者だということを完全に気づかされる訳です。

そして玉様。
(あくまでももクロ内でw)勉強スポーツ、トークや絵心なんかもそれなりに出来、手足もすら~っと長く、顔もちっちゃくてたれまゆで愛くるしくルックスも最高。
ダンスが軽やかできれいとか、歌声がしなやかできれいとか、飽き性だけど実は努力家とか、とてもやさしい心の持ち主だとか、自分のペースはしっかり持っているけど、柔軟に人に合わせられるところとか、そういうのはもちろんありますが、ももクロとして、ひいては芸能人として特筆すべき長短は、もしかしたら少ないかもしれません。

そんな玉様が宏樹のように気づきをしてしまう、分からされてしまう、それこそ壁にぶち当たってしまう!と、いったとき、玉様がどんな変貌を見せるのか、はたまた・・・とか考えてしまうと、もう大変です。
玉様も「弱くない!」なので、心配いらないとは思いますがっ!



最後に、桐島~のコメントの時は希望的観測として、ラストは野球部に宏樹は戻っていくんだ、宏樹に色が戻っていくんだと申し上げました。

玉様の場合はもう物理的に色付いてしまっていますので(笑)、ももいろクローバーZの玉井詩織といったらこれだよね!なんていうものが見つかった暁には、まぶしすぎて直視できないほどの新しい黄色にリカラーされるものだと期待しております!

URL | まぼろし #mQop/nM.

2012/11/17 02:55 * 編集 *

初コメント失礼します

私はまだライブ参戦の経験がありませんので、以前より、さかもとさんのももクロ記事を楽しみに拝見させてもらってます。
今回キーパーソンとして挙げられた、しおりんと杏果ちゃんに対する私の思いを書かせていただきます。
私は奇跡の5人組の大ファンになりましたが、若干先の2人に対する思いが少しだけ強いかな?と思います。
あまりにも見た目も中身も好対照な2人を、いつのまにかセットで観ている事があり、この2人の関係性だけが他に比べて異質に感じています。
傍から見て分かりやすい杏果ちゃんは、何でも出来ちゃうしおりんに一目置いている事が見ていて伝わって来ます。反対に細かく観察してると、しおりんはマジメな杏果ちゃんに気を使う場面をよく見かけます。
「アイドルちん」で輝きを放った杏果ちゃんと、輝けなかったしおりん。実はしおりんも杏果ちゃんにコンプレックスを抱いているのかな?と感じたりします。

私が思うしおりんのの魅力は何か?最近までは自分でもよく分からず、ルックスや煽り文句などの微笑ましい姿、どSな自由人っぷりなどの表面的魅力しか出てこなかったんですが、横アリの2日目の映像を観た時に気付いたような気がしました。
それは、しおりんの持ってる『儚さ』に引かれていると思いました。
例の「世界のももクロNo.1」コールが起こる前、5人が感想を述べるシーンの、れにちゃんが涙ぐんで話している時に1度しおりんの表情が抜かれます。その時の表情がずっと忘れられません。
この日の360度のステージでは夏菜子ちゃんに位置の間違いを修正されるシーンもあり、まさに壁にぶち当たったステージだったのでは?と推測していました。
泣き虫を返上した、みんなの妹の儚さに引き込まれている、のではと自分は感じています。
まとまりの無い文ですいません。

URL | HBK #-

2012/11/17 08:24 * 編集 *

myopomme さんへ

コメントありがとうございます!


> ただ、今のバラエティは欠点を茶化すことで笑いをとる、もしくは身内でふざけて楽しむだけ、という傾向が強く、良い印象がありません。
> これは、ももクロちゃんの魅力を陰らせないかと懸念しています。


そうですね。
ももクロちゃんにはぜひあらたなバラエティの地を作り上げて欲しいです。
塚地さんとキンコメ高橋さんは、ももクロについて熱く語ることが取り上げられてます。
なのでこの辺りと何かバラエティで融合できないかなぁ、って思ってます。


> かなこちゃん 気持ちを曲に乗せてぶつけるセンスは素晴らしいと思います。気持ちを調べに乗せて届けることができれば、更に輝くと思います。
> しおりん 天才肌、でも満点は取れない。歌が単調なので、情感を抑揚に込めると、更に輝くと思います。
> あーりん ファルセットへの切り替えが素晴らしい。一番伸びしろがあると思います。でも、音程が安定しない。言葉の調べに芯を持てば、もっと輝くと思います。
> ももか パンチ、グルーブ感は素晴らしいです。でも、高温を鼻にかかった声でごまかすことがある。音域が広くなれば、もっと輝くと思います。
> れにちゃん 一番、透明感のある声を持っています。優しい、暖かい声です。これに伸びやかさがでれば、より多くの人の心に想いを届けられると思います。


歌がうまくなることも大事ですね。
僕はこの辺はとくに心配していません。
このままいけばうまくなるんだろうなぁ、って楽観視してます。

僕はやはり、歌のうまさよりも相手に届けたいという想いの方が大事だと思ってます。
「うまくないのになぜか響いてくる」という理解不能性が魅力だと思ってます。
ざつな例を言うと、「人気あるのって歌うまいからだけじゃん」みたいに思われたくないというか。


> でも、私はももクロちゃんに救けられた人なので、より多くの人に彼女の本当にキラキラした輝きを知ってほしいと思っています。


僕も救われたので恩返しし続けます!

URL | さかもと #-

2012/11/17 08:56 * 編集 *

まぼろしさんへ

コメントありがとうございます!


> この記事の存在を今日の梶原放送局で知りました!(笑
> ちょうどこの記事のアップの時には某うどんの国におりましたもので、アハハ笑

いいんです!読んでいただけてありがたいです。
ももクリおつかれさまでした!
良いイベントだったようでうらやましいです!


> さて、玉様の件。これは禿同です。
> 以前コメントさせていただきました、映画「桐島~」の宏樹と玉様は似ている。なんていう与太話。


いろいろコメントいただきまして、僕の中でのしおりん論が再構築されつつあります。

やはりしおりんはサブリーダーに徹しようとしてるんじゃないか、と思ってます。
彼女ほどの器用さだからこそ、自分を押し出さずに周りを立てることができる。
他の4人に比べて感情を出さないのもそのせいかなと。
(しおりんが怒ってる姿も理由も想像できません。このあたりも宏樹に似てるかなと)

イチャイチャキャラがいないからしおりんが率先して(素を出して?)行なっているのかなと。
もしほかにイチャイチャキャラがいたとしたらしおりんなら身を引くような気がします。


> ダンスが軽やかできれいとか、歌声がしなやかできれいとか、飽き性だけど実は努力家とか、とてもやさしい心の持ち主だとか、自分のペースはしっかり持っているけど、柔軟に人に合わせられるところとか、そういうのはもちろんありますが、ももクロとして、ひいては芸能人として特筆すべき長短は、もしかしたら少ないかもしれません。


オールラウンダーとしては「ひな壇芸人」みたいなポジションかも知れませんね。
自ら番組のメインゲストになれるほどの力量もありつつ、
ひな壇で番組自体を盛り上げる能力がある、と。


> そんな玉様が宏樹のように気づきをしてしまう、分からされてしまう、それこそ壁にぶち当たってしまう!と、いったとき、玉様がどんな変貌を見せるのか、はたまた・・・とか考えてしまうと、もう大変です。
> 玉様も「弱くない!」なので、心配いらないとは思いますがっ!


彼女の壁がなんなのか。
4人の成長を見届けたあとでしっかり自分の壁に向き合うんでしょうかね。
とにかく、ももクロはしおりん無くして成立しません!


> 玉様の場合はもう物理的に色付いてしまっていますので(笑)、ももいろクローバーZの玉井詩織といったらこれだよね!なんていうものが見つかった暁には、まぶしすぎて直視できないほどの新しい黄色にリカラーされるものだと期待しております!


黄金にキラキラと輝くことでしょうね!
しおりんはメンバー内でも表層を評価されがちですからね。
内面に注目されだしたらもっともっとももクロはすごいことになると思います!

URL | さかもと #-

2012/11/17 09:07 * 編集 *

HBKさんへ

コメントありがとうございます!


> 傍から見て分かりやすい杏果ちゃんは、何でも出来ちゃうしおりんに一目置いている事が見ていて伝わって来ます。反対に細かく観察してると、しおりんはマジメな杏果ちゃんに気を使う場面をよく見かけます。
> 「アイドルちん」で輝きを放った杏果ちゃんと、輝けなかったしおりん。実はしおりんも杏果ちゃんにコンプレックスを抱いているのかな?と感じたりします。


杏果ちゃんは4人の中でしおりんになりたいと言ってますしね。
劣等感を抱きやすい杏果ちゃんはなんでもできるように見えるしおりんに憧れるのでしょうね。
一方しおりんは杏果ちゃんのひたむきに努力する輝きを知っている気がします。
うがった見方をすると、この部分は勝てないとすら思ってるのかも知れません。


> それは、しおりんの持ってる『儚さ』に引かれていると思いました。


確かにキャッチフレーズからしてただひとり儚いですね。
子供祭りの時に「みんなの妹」と言って恥ずかしがったらしいですが、歳を重ねていくと周りの年齢が下がっていきますからね。


> 例の「世界のももクロNo.1」コールが起こる前、5人が感想を述べるシーンの、れにちゃんが涙ぐんで話している時に1度しおりんの表情が抜かれます。その時の表情がずっと忘れられません。


見直してみます!

僕はやはり以前書いたしおりん論にあるように、全体の調整役になれる力量と、調整役をできてしまう悲しみを最近感じます。

URL | さかもと #-

2012/11/17 09:13 * 編集 *

はじめまして!以前から楽しくブログ読ませていただいておりましたが、今回初めてコメントさせていただきます。
今年の冬からももクロにはまったド新規の意見で申し訳ないですが、しおりん激推しとしてはぜひ混ざりたい議論でしたので(笑)

しおり推し、確かにライト層が多い印象ですね。ライブ会場で割と黄色いペンライトを見かけるのですが、いざライブがはじまるとしおりんに対するコール等が他のメンバーに比べて明らかに少ないです(もちろんコールだけがメンバー愛ではありませんし、私自身感極まってしおりパートだけ立ち尽くしてることもあります)
この背景はやはり自分含め急激に増えたファンの中で判断する材料がルックスに偏らざるを得なくなった結果だと思います。とかいいつつ私自身の入り口はれにちゃんでしたが(笑)

1つ言えることはコアなファンが少なければ少ないほど応援し甲斐がありますよね!逆境上等です。



しおりんの器用貧乏さについてですが、おおむね同意です。
第一「感電少女」「小さな巨人」等に比べて「泣き虫、甘えん坊、妹」というとってつけたようなキャッチフレーズをつけられている時点で個性がないですよね(苦笑)

私がしおりんに対して1番心惹かれる瞬間は、ライブでの他メンバーとの掛け合いですね。
しおりんはダンスの振り付けで他メンバーと絡む機会が圧倒的に多いように感じます、また振り以外にも目配せやMC中のじゃれあい(これは賛否両論ですが)を多くします。chanの舞台裏でもスタッフに声をよくかけています。

こういったメンバー(旧メンバー含む)、スタッフへの分け隔てない愛情こそが彼女の魅力ではないかと私は捉えています。まあ舞台裏といってもカメラが回っているので本当の意味での素の姿なんてわからないんですけど…

しおりん個人や、ももクロとしての将来性については考えないようにしています。というか考えてもしょうがない部分もありますよね。私はライブ至上主義なのでテレビでどのように立ち回っているかなどはあまり気にしていません。
ただしおりんのライブでの成長はモーレツソロの高音部分を安定して歌えるようになってきたとか、もはや全然脱力ダンスではないところ等色々感じています。


文を書くことに慣れていないので、長文駄文になってしまいました。
さかもとさんの書く文章とても好きなのでこれからも応援しています!
またしおりん考察の際は顔を出すかもしれません(笑)

失礼しました。

URL | はなしおりん #-

2012/11/17 11:33 * 編集 *

はなしおりんさんへ

コメントありがとうございます!


> しおり推し、確かにライト層が多い印象ですね。ライブ会場で割と黄色いペンライトを見かけるのですが、いざライブがはじまるとしおりんに対するコール等が他のメンバーに比べて明らかに少ないです(もちろんコールだけがメンバー愛ではありませんし、私自身感極まってしおりパートだけ立ち尽くしてることもあります)


そうですね。
応援の仕方は人それぞれなので何をやってもいいんですけど、ショートカットにした程度で推し変した人の話とか聞くと「どうなんだ?」って思ってしまいます。
それに僕はショートのしおりんの方が好きです(笑)。


> しおりんはダンスの振り付けで他メンバーと絡む機会が圧倒的に多いように感じます、また振り以外にも目配せやMC中のじゃれあい(これは賛否両論ですが)を多くします。chanの舞台裏でもスタッフに声をよくかけています。


なるほど。
ダンスでの絡みという点は注目していませんでした。
さすがしおりん推しという感じです。
舞台裏でもカメラ目線が多いのはしおりんらしいですね。
いろいろ気遣ってるんでしょうねぇ。


> しおりん個人や、ももクロとしての将来性については考えないようにしています。というか考えてもしょうがない部分もありますよね。私はライブ至上主義なのでテレビでどのように立ち回っているかなどはあまり気にしていません。


おっしゃる通りですね。
ももクロは今を見るより他ありません。
彼女たち自身が先が見えないと言ってますからね。
彼女たちと同じように混乱に巻き込まれながら共に突き進むしかないと思います!

URL | さかもと #-

2012/11/18 22:27 * 編集 *

いまさらのコメントですみません!
毎日見てます。コメント含め笑

黄推しなんでしおりんの壁についてコメントさせてください。

さかもとさんもおっしゃていたchanでメンバーにありがとうって言って泣いちゃった件なんかをみてると自分がまわりに支えられているという気持ちがが強いんじゃないかと思います。
(そういった気持ちを積極的に表現しようとしないしおりんですが、ライブ中、特に他のメンバーのソロのときなんかにはメンバーやスタッフ、モノノフたちに感謝してるんだなー大好きなんだなーて思える場面があります。先にもコメントありましたけどメンバーとの絡みがほんとに多いんですよね。個人的なオススメはキミノアトの大サビ行く前のとこです。笑極楽門がわかりやすいんでよかったらみてくだい!)

脱線しちゃいました。笑

飛躍しすぎかもしれないけど裏返すとアウェーではやりきれてないっていう意識があるんじゃないかと思うんですよね。まわりのあっての自分だと。実際内弁慶なとこありますし、ここらへんがしおりんの課題なんじゃないかと思ってます。

となったらソロ活動ですかね。
やはりももクロでの活動が好きですが、いろいろ吸収できるしそれをももクロに還元できる子だと思うんでがんばってほしいです。

めちゃくちゃな内容ですみません。なんかさかもとさんのしおりんやももクロへの愛がうれしくて(笑)コメントせずにはいられなくなってしまいまいた。

URL | 腹減 #-

2012/11/19 12:55 * 編集 *

腹減さんへ

コメントありがとうございます!


> 毎日見てます。コメント含め笑

大変ありがたいです!
僕が記事を書くのは、文章を書きたいというのもありますが、コミュニケーションのきっかけになればという想いもあります。
さまざまな意見をいただいてますのでコメントも読んでもらえるのは「これぞ目指すべきところ!」って感じです!


> さかもとさんもおっしゃていたchanでメンバーにありがとうって言って泣いちゃった件なんかをみてると自分がまわりに支えられているという気持ちがが強いんじゃないかと思います。


メンバーへの想いも強いですよね。
VS嵐でれにちゃんを救ったエピソードなんか最たるものですよね。


> 飛躍しすぎかもしれないけど裏返すとアウェーではやりきれてないっていう意識があるんじゃないかと思うんですよね。まわりのあっての自分だと。実際内弁慶なとこありますし、ここらへんがしおりんの課題なんじゃないかと思ってます。


なるほど。
確かに5人の中で取り立てて特徴の無いしおりんなので、ソロで活きるのは今のところ「ももクロという奇抜なアイドルの割に礼儀正しいお嬢様」という感じでしょうか。
なのでここはひとつドカンとぶちかましてほしいですね。

最近のテレビ番組では杏果ちゃんがかなり活躍してますので、その勢いを受け継いでしおりんも行って欲しいです。

URL | さかもと #-

2012/11/20 00:58 * 編集 *

初めて

コメントさせていただきます。つたなく纏まらない文章ですが…

ももクロ程、「地上波」でつまらないアイドルはいないのではないでしょうか。まぁ僕自身、他のアイドルには興味がないのでよくわからないんですけど…とにかくバラエティ番組に出ているももクロはつまらないんですよ。
いや、ファンの僕からすれば面白い所の方が多いんですが、「絶対ファンじゃない人は笑えないし嫌がるだろ」っと冷静に見てしまう所が多々あります。
例えば、芸人さんを罵(書き出したら坂本さんが書いてる事が沢山あったので略)
ももクロだから許せる、となるのは今の所ファンだけ。初めてみる人は「ウザいだけ」だと思う…
ただ、場の空気を自分達の物にしちゃう力もあるんですよね「あれ?これももクロchanだっけ?」となるぐらい(笑)でも、そうなると一般は付いてこれない…

ま、一般目線は「赤、バカ」 「黄、口悪い」 「緑、話し長いし目立たない」 「ピンク、ぶりっこ」 「紫、変顔」
の印象が大きいハズ…
でもライブ等で、よく知っているファンなら「赤、バカだけどやるときゃやる子」 「黄、それでキャラを作ってるが本当は良い子」 「緑、さらっと吐く毒(ツッコミ)が癖になる」 「ピンク、本当は凄いしっかりしてる子」 「紫、言い表せない魅力が沢山」となるんです。

ごめんなさい、言いたい事は沢山あるのに上手く言葉に出来ないのでここらで…
とりあえず、ももクロは繰り返し見ることで魅力が増していく、日々成長して、新しい発見が沢山ある。 この先ずっと見ていたくなるグループです。
だからこそ今は初見でも引き込めるバラエティ力を鍛えるべきなんですね。

(注、赤とかファンとか書きましたが頑張って短く纏めようとしました。結局長いですがね(笑)以上!)

URL | とーいん #-

2012/11/22 20:55 * 編集 *

とーいんさんへ

コメントありがとうございます!


> ももクロ程、「地上波」でつまらないアイドルはいないのではないでしょうか。


バラエティ番組で好印象を残すというのは難しいようですね。

ライブパフォーマンスに惹かれる人は必然的に膨大な量の動画に出会えますけど、
ライブに惹かれない人がテレビ番組でのももクロちゃんを見ても何も感じないでしょうね。
そこからライブを見ようとはあまりならないような気がします。

それより知り合いに「ももクロライブがすげーんだぜ」って言われた方が興味わきます。



> でもライブ等で、よく知っているファンなら「赤、バカだけどやるときゃやる子」 「黄、それでキャラを作ってるが本当は良い子」 「緑、さらっと吐く毒(ツッコミ)が癖になる」 「ピンク、本当は凄いしっかりしてる子」 「紫、言い表せない魅力が沢山」となるんです。


そうですね。
知ってる人にしかわからない、というのはもどかしいものがあります。
テレビの影響力は大きいので、あまりマイナスイメージを出して欲しくないんですよねぇ。

URL | さかもと #-

2012/11/23 00:25 * 編集 *

嵐やスマップとももクロ

初めてコメントさせていただきます。

昨年秋頃にファンになったド新規ですが、一気にさかもとさんの記事は読ませていただきました。

実は私、ももクロのファンになってすぐに、ジャニーズのような力のあるプロダクションではないし、アイドルを育てあけだ経験のないプロダクションだけど、いつかは嵐やスマップみたいに一人ひとり映画やドラマに主演し、ももクロとしては年に数回新曲を出し、コンサートも出来るグループになって欲しいと思いました。(川上マネージャーが同様のコメントしているのを知ったのは、ずっと後でした^^;)

先日、朝の番組で嵐のニノがお笑いを勉強する事が、演技をする上で大変役に立っているということを話していました。

元々、女優志望であった彼女達にはぜひお笑いのセンスを磨いてもらい、息の長い芸能人であり続けて欲しいのです。

女性ファンは好きなタレントが女性であれ男性であれ、歳を重ねていっても離れることは少ないのです(松田聖子や郷ひろみのディナーショーが今でも昔からのファンでいっぱいになるように…)

女性グループで、解散もせずにグループでコンサートしつつ、個別で女優や司会者として活躍出来れば、日本初!

これが出来るのはももクロ以外にいないと期待込め、応援するためにも今後もさかもとさんの俯瞰的な記事を大人のモノフフさん達には理解してもらいたいと切に願います。

URL | 1964生まれ #-

2013/03/22 21:29 * 編集 *

1964生まれさんへ

コメントありがとうございます!


> 先日、朝の番組で嵐のニノがお笑いを勉強する事が、演技をする上で大変役に立っているということを話していました。
>
> 元々、女優志望であった彼女達にはぜひお笑いのセンスを磨いてもらい、息の長い芸能人であり続けて欲しいのです。


東京03やバナナマンを見ていると、演技に没頭しないと笑いを生み出せないことに気づきます。
舞台にいるのは芸人じゃなくコントに登場する人物なんですよね。
吸収力の高い彼女たちですからいろんなことに挑戦して今後に活かして欲しいですね。


> 女性グループで、解散もせずにグループでコンサートしつつ、個別で女優や司会者として活躍出来れば、日本初!
>
> これが出来るのはももクロ以外にいないと期待込め、応援するためにも今後もさかもとさんの俯瞰的な記事を大人のモノフフさん達には理解してもらいたいと切に願います。


SMAPとか嵐みたいに司会とかドラマとかバラエティとかいろいろ出て欲しいものです。
そのためにも語り継ぐというのがとても大事だと思うので、これからもいろいろ考察していきます!

URL | さかもと #-

2013/03/24 13:06 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1323-30a593f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top