09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ももいろクローバーZが年末まで駆け抜ける 


ももクロちゃん 紅白出場決定おめでとう!


「ももクロを紅白へ」というのがファン共通の願いになっていました。

去年の今頃「絶対今年出て欲しい!さいたまスーパーアリーナも決まったことだし!」という想いだったけどもそれが破れました。
メンバーみんなも決意を新たに2012年に挑むとブログで表明してくれました。

そして今年。
僕の中ではすでに紅白に出る事が当たり前過ぎるほど当たり前になっていて、むしろ今年出なくてもいいんじゃねぇか、ぐらいにまで想ってました。
NHKに「出てください」と懇願されるぐらいにまで2013年をかき乱してからでも良いんじゃないか、と。

以前ブログでも書いたように、2012年は桃黒亭一門で出て、2013年がももクロとして正式に、なんてことも考えました。

でもそんな無粋なことはありませんでした。

きちんとこれまでの評価が認められ、NHKに呼ばれるにまで成長しました。


今まさに路上でがんばってるアイドルの希望。

願いが叶うまで続ける努力。

みんなに感謝し、そしてみんなから愛されるももクロちゃん。


なんでみんなが支え続けてくれるか。

これこそが彼女たちの魅力。
なぜか支えたくなってしまう。
彼女たち自身が感謝を伝え続けている。
だから「感謝を伝え続けることの素晴らしさ」を知り、それを実践したくなる。

彼女たちがパフォーマンスで恩返しをしているのを見て、我々は声援で恩返しする。


大事な人に恩をどのような形で返すか。
とても重要なことが、とても感動的な形で目の前に繰り広げられている。



サマーダイブツアースタートの地NHKホール。
半年後に戻ってきた地。
だったら馬鹿騒ぎするしか無いだろう。


紅白をぶち壊して欲しい!
ももクロを呼ばなきゃ良かったと思われるぐらい騒ぎたいと言ったリーダー。
常にアウェイ上等。
ももクロはいつだって挑戦者。
『Chai Maxx』の歌詞を噛みしめて、『ピンキージョーンズ』にあるように「天下を獲りに行くぜ」。


サラバと昨日を脱ぎ捨て、振り返らずに始まったばかりの世界へと。

黒い週末はひかり輝く年末のためにあった。


「すべてが無駄じゃなく力になるってことをみんなで証明しようぜ」


ももクロよ!
関わったすべての者の想いを力にし日本中に見せつけてくれ!

スポンサーサイト

テーマ: ももいろクローバーZ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

も~ダメですね…コレは

紅白決定!

のニュースは『当然だろ』くらいに思ってたのでネットみなさんが

泣ける…


とか言ってるのみて何を今さら、いくら何でも大袈裟だ…なんて思ってましたけど、FC動画で泣いて、まとめノフの書き込みで泣いて、メンバーのブログで泣いて、締めにこのブログで泣く…もう何なんですかコレは!


塚地さんのメレンゲの時も『自分あーりん推しなんで…』とか思いつつ動画見て泣く…同じ現象を体験していながら今回も全く学習していない自分て…


今年の紅白は家族がいて生では見れないので、録画してコソコソ~ッと見るとします。


号泣必至!

URL | J・フェニックス #-

2012/11/27 10:38 * 編集 *

むしろこのブログ記事の「サマーダイブツアースタートの地NHKホール。」以降の文章で泣けます。

URL | SEIYA #-

2012/11/27 13:45 * 編集 *

紅白の向こう側

泣いた、泣いた、泣いた~(T_T)
NHKのHPでももいろクローバーZの文字を見た瞬間に泣いた。
昨年は途切れ途切れのNHK紅白出場者発表動画を見ながら悔しい気持ちいっぱいだったのも想い出した。
ツイッターのTLみて泣いた。
みんなの愛情が満ちあふれていた。
不意に流れたオレンジノートで泣いた。
良い曲なのは重々承知、でも紅白とこれほどリンクするとは思わなかった。
UstとAE動画を見て泣いた。
特にAEはあかん。夢が叶うと号泣する、その生の姿。支えてきた人々の涙。

緊急プチオフ会を開いてファンのみんなと握手。
お互い「おめでとう!」。よく考えると変な挨拶で、変な光景。でも、自然と出て来る言葉。
日本各地でもももクロちゃん紅白出場おめでとう宴会が行われていた感じ。

最近色々な方とツイッターでやりとりしていて、ももクロってなんだろう?紅白の向こう側ってなんだろう?と考えていました。
私の中では昨日答えが出ました。

歌手に紅白出場おめでとうってコメントするファンは今まで見てきましたが(最近は紅白出場自体それほど価値を見いだしていない人の方が多いかな?)、運営におめでとうやありがとうを伝えたり、ファン同士におめでとうやありがとうを伝える行動を取らせるような歌手やアイドルは記憶にありません。
それとTwiPlaで検索してみたのですが、他のアイドルと異なりオフ会が桁違いに盛んなグループでもあります。ファン同士がももクロちゃんのことを語り合いたい、フリコピしたい、コールしたい、そのファンの楽しむ姿を見ていたいと集まってきます。
他の歌手やアイドルに見られないももクロちゃんの特異な部分かも知れません。
もはやこれは、ももクロというカテゴリーでしょう。

一所懸命頑張ってファンのみんなを楽しませようとする。いつまでも初めと変わらずスタッフやファンに感謝の気持ちをを伝え続ける。そんなももクロちゃんに惹かれて良き大人であるスタッフが集まる。その姿に感動してファンが集まり、純粋なももクロちゃんに恥じないように自らを律して行動する。みんなが楽しみながら人と人を繋いでいく。笑顔の連鎖で。
そんな現象、ももクロ現象自体が紅白の向こう側なのじゃ無いでしょうか?

目標は達成してしまうと終わりになりかねませんが、現象は変化はあるけど終わりを決める必要はありません。
どんどん多くの人を巻き込んでいって、閉塞した世界に楽しみと平和をもたらしてくれる、そんなももクロ現象が続くといいなぁ。

紅白の向こう側よ永遠なれ!

URL | なんくろ #-

2012/11/27 15:39 * 編集 *

夢って信じ続ければ叶うものなんですね

絶対あきらめなければ叶うんだと

ももクロをみて思いました

ありがとう 



URL | e #zoRhL5W2

2012/11/28 00:08 * 編集 *

J・フェニックスさんへ

コメントありがとうございます!


> とか言ってるのみて何を今さら、いくら何でも大袈裟だ…なんて思ってましたけど、FC動画で泣いて、まとめノフの書き込みで泣いて、メンバーのブログで泣いて、締めにこのブログで泣く…もう何なんですかコレは!


今年は勢いとして出るのは当然だと思ってたんですけど泣きました。
川上さんの男泣きにはほんと。
ユーストとか見てる限り、5人とくだらないことばっか言い合ってたいと思うんですよね。
でも紅白に導くために心を鬼にして叱り続けてきたのだと思います。
ともみんという部下も抱えつつ(笑)。


> 号泣必至!


紅白では泣かないですよ。
笑顔の5人を見てなんで泣く必要がありますか!

URL | さかもと #-

2012/11/28 04:49 * 編集 *

SEIYA さんへ

コメントありがとうございます!

> むしろこのブログ記事の「サマーダイブツアースタートの地NHKホール。」以降の文章で泣けます。

いやいやいや。
5人がすごいだけです。

URL | さかもと #-

2012/11/28 04:50 * 編集 *

なんくろさんへ

コメントありがとうございます!


> 特にAEはあかん。夢が叶うと号泣する、その生の姿。支えてきた人々の涙。


30分は欲しかったですねぇ。もっと見ていたかったです。
乾いたともみんも(笑)。


> それとTwiPlaで検索してみたのですが、他のアイドルと異なりオフ会が桁違いに盛んなグループでもあります。


やっぱりそうなんですね。
僕のももクロ論文の見立ては間違っていなかった!


> そんな現象、ももクロ現象自体が紅白の向こう側なのじゃ無いでしょうか?


やはりももクロが社会を変えるんですね。
くだらない社会をぶち壊して欲しいです。
3.11以降の表現に注目していた僕が引っ掛かったのは必然だった!


> どんどん多くの人を巻き込んでいって、閉塞した世界に楽しみと平和をもたらしてくれる、そんなももクロ現象が続くといいなぁ。


この巻き込みはすごいですよね。
でもそうなってくると今度は「オフ会の質」というのも重要になってきます。
細かい話ですが。
オフ会で期待はずれに陥りファンを辞める、なんて悲しすぎます。

まぁひとつのオフ会、ひとつの人間関係にこだわる必要なんか無いんですが。

URL | さかもと #-

2012/11/28 04:57 * 編集 *

eさんへ

コメントありがとうございます!


> 夢って信じ続ければ叶うものなんですね
>
> 絶対あきらめなければ叶うんだと


がんばった分返ってくる。
これは現代にとってまさに希望ですね。
武器は笑顔!
5人だけでは決して達成できなかったでしょう。

URL | さかもと #-

2012/11/28 04:58 * 編集 *

ついに紅白!

以前も書いたのですが、今年の夏からももクロにハマりました。正直もっと早く気付いていたかったという気持ちはありますが、紅白出場決定で、この感動に間に合って良かったと思います。
私ですら涙しっぱなしなので、もっと長くももクロを見てきた方はその分感動も大きいんだろうナと思います。
初期から応援されている方々がいるから今のももクロがある。もちろんメンバーの頑張り、スタッフの支え、共演された方々、全てに“ありがとう”と言いたいです。

紅白は念入りなリハーサルがあるハズなので、ブッ込みは基本NGだったと思います。なので、パフォーマンスでいつも通り明るく力一杯楽しんできて欲しいと思います。

URL | もりおん #-

2012/11/29 06:01 * 編集 *

ももクロおめでとう!
本当に嬉しいですね。
泣きに泣きましたが31日は笑顔で紅白見たいと思ってます。
笑顔を日本中に届けられたらいいですね!

URL | はたはた #-

2012/11/29 09:26 * 編集 *

お久しぶりです!
結局ももクリの抽選が2回とも外れてしまいましたが、遠方から応援しています。

そして……いよいよ現実となった紅白出場。今年はっていう思いが以前からありましたが、本当に叶うと嬉しくて嬉しくて、、、代々木公園でNHKホールを見ながら踊っていたというエピソード、あかりんとの別れで誓った紅白への熱い決意、
サマーダイブからの凱旋。色んな思いを込めてあのステージに立つと思います。ももクロちゃん自身言ってたことですが、「紅白の向こう側が見たい」という目標。勿論紅白への期待が高まりますが、そのあとももクロちゃんが何を目指して突っ走るのか。楽しみで楽しみで、この後の自分の人生を頑張って生きられそうです!笑
本当におめでとうございます!

URL | アロエ #-

2012/11/29 21:14 * 編集 *

アフター紅白・・・?

さかもとさま:
紅白はあくまでも過程・経過だと思えば今年のHNKの貢献から
当然の結果ですが・・・やはり涙でますね・・・・
なぜ紅白がこんなにも貴ばれるのか、常々不思議に思いますが
Mステの反響を見ても、やはり生放送の歌番組という点がポイント
なんでしょうか
自分の時代、歌番組は生が基本でしたが、時代の流れなんですね
あとは日本人のDNA生体時計に「大晦日はNHK紅白」が刷り
込まれているとしか思えません・・・ww
密かにアフター紅白、来年の活動内容が心配なんですけど・・・
杞憂であれ!!ww

URL | はんchanだZ! #mQop/nM.

2012/11/30 06:47 * 編集 *

ご無沙汰しております。

今はただ、喜び幸せを噛み締める日々。
私自身、ファン歴は一年にも満たないけれど、
毎日ももクロに出会った日から今までの最高楽しく熱かった時間がフラッシュバックします。
そして、これからのももクロの活躍を想像し、待っているであろう新たな楽しく熱い時間がとても楽しみです。

URL | ムーンリバー #-

2012/12/06 14:33 * 編集 *

もりおんさんへ

コメントありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ありません!


> 以前も書いたのですが、今年の夏からももクロにハマりました。正直もっと早く気付いていたかったという気持ちはありますが、紅白出場決定で、この感動に間に合って良かったと思います。


確かに紅白出場決定の瞬間に立ち会えない人たちが大勢いるんですよね。
それでもこれからファンになる人もあの感動を味わってほしいです。
僕はあかりん脱退後にファンになったので、脱退の重みがわからずにいましたが、それでもあかりんへの感謝は変わりませんから。
今後ファンになっていく人にも紅白までの道のりを追体験していただきたいです!


> 紅白は念入りなリハーサルがあるハズなので、ブッ込みは基本NGだったと思います。なので、パフォーマンスでいつも通り明るく力一杯楽しんできて欲しいと思います。


そうですね。
基本原則である「ももクロちゃん達が喜んでれば全部オッケー」という構えです。

URL | さかもと #-

2012/12/15 01:30 * 編集 *

はたはたさんへ

コメントありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ありません!


> ももクロおめでとう!
> 本当に嬉しいですね。
> 泣きに泣きましたが31日は笑顔で紅白見たいと思ってます。
> 笑顔を日本中に届けられたらいいですね!


僕も31日は涙はいらないと思います。
ずっと夢見た舞台で涙なんかいりません。
涙はあかりんに紅に点を入れさせた時まで取っておけばいいんです。
今年はまず日本中を笑顔にしてほしいと思います。

URL | さかもと #-

2012/12/15 01:32 * 編集 *

アロエさんへ

コメントありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ありません!


> 結局ももクリの抽選が2回とも外れてしまいましたが、遠方から応援しています。

残念ですね。
僕は初日新宿のライブビューイングが当たりました!
LVもなかなか激戦だったようで、ラッキーでした。
アロエさんの分も合わせて応援してきます!


> そして……いよいよ現実となった紅白出場。今年はっていう思いが以前からありましたが、本当に叶うと嬉しくて嬉しくて、、、代々木公園でNHKホールを見ながら踊っていたというエピソード、あかりんとの別れで誓った紅白への熱い決意、
> サマーダイブからの凱旋。色んな思いを込めてあのステージに立つと思います。


ついに来たって感じですね。
今はまだももクリのことで頭がいっぱいでしょうけども。
ぜひファンの度肝を抜くような、紅白出場者をびびらせるようなパフォーマンスに期待しています。


来年はどうなっちゃうんでしょうね。
いろいろライブが決まってきてますが、来年も突っ走ってほしいです。

URL | さかもと #-

2012/12/15 01:36 * 編集 *

はんchanだZ!さんへ

コメントありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ありません!


> なぜ紅白がこんなにも貴ばれるのか、常々不思議に思いますが
> Mステの反響を見ても、やはり生放送の歌番組という点がポイント
> なんでしょうか


確かに生放送というのがももクロの魅力でもあるライブ感に近いんでしょうね。
やはり「次の瞬間何が起こるかわからない」というのは視聴者を惹きつけますね。



> 密かにアフター紅白、来年の活動内容が心配なんですけど・・・
> 杞憂であれ!!ww


どうなんでしょうね。
こればかりは来年になってみないとわかりませんね。
西武ドーム同様、紅白で他界する人もいるんでしょうねぇ。

URL | さかもと #-

2012/12/15 01:43 * 編集 *

ムーンリバーさんへ

コメントありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ありません!


> 毎日ももクロに出会った日から今までの最高楽しく熱かった時間がフラッシュバックします。
> そして、これからのももクロの活躍を想像し、待っているであろう新たな楽しく熱い時間がとても楽しみです。


ほんとよく言われる表現ですが、「ももクロを知る前どうやって生きていたのかわかりません」という感じです。
一日一日があっという間で、その毎日でももクロを考えない日がありません。
なんなんでしょう(笑)。

来年も楽しみですね。
どんなことを仕掛けてくるんでしょう。
振り落とされないようにしがみついていきたいと思います。

URL | さかもと #-

2012/12/15 01:58 * 編集 *

向こう側に待つもの

さかもとさま

Zepp白秋前でしたので、1ヶ月ぶりにコメントさせていただきます。
以前は、恐れ多くも、歌唱力のupが課題といってしまいました。

でも、白秋、ぴあフェスオフ会で、それは私の杞憂だったと知りました。
ぴあフェスの初モッシュの中、5人は天性の想いを伝える力に、確実に調べを奏でる力を身につけている。
実感しました。


また、USTで、ももたかぎの歩んできた道を、想い、kwkmさんとの絆を改めて実感しました。
その直後の紅白決定。
TLを見た瞬間。何ともいえない気持ちが湧き上がり、デスクを離れ、トイレで泣いていました。
不思議です。他人の幸せなのに、こんなに泣けるなんて。
幸せに包まれる、湧き上がる感情。
自分にまだこんな感情があったんだと、思い出させてくれた一瞬でした。
AE動画、UST報告。どちらも今の彼女たちの姿。多幸感とはこのことなんだと思いました。
気がついたら、みんなにありがとうとtweetする始末…


脱線しました・・・
今日は、ももクリ前、紅白前に、「向こう側」について、想いを残したいと思います。

始めは「紅白の向こう側を見てみたい」と言っていたと記憶しています。
ですが、夏に「一緒に行こうぜ、紅白の向こう側」と「ここに帰ってくる」と発言しました。
いみじくも、紅白発表直前にUSTで語り合った二人が。

想いが乗った言葉は言霊となり、やがてそれは具現化する。これは私の持論です。
二人はももクロであり続けた。年長であり、リーダーであった。
ももクロという存在は、二人の言霊によって命を持ち、意思を持ち、未来を引き寄せたのではないかと思いました。

いよいよ、ももクリです。
私は参戦できませんが、白秋で見せた成長が大箱と交わることで、新たな化学反応を起こすと信じています。
そして、それは紅白へと繋がるレッドカーペットとなるのでしょう。

で、紅白。
先に書いた言葉、「見てみたい」は「紅白が一つの目標」という気持ちが含まれ、「一緒に行こう」、「戻ってくる」は紅白を通過点と捕らえ始めていると感じています。

そして、kwkmさん。振り返ると、彼の戦略は紅白を目標としつつ、毎年、秋頃から来年の布石を打っています。
今年の布石は、「フォーク村からの白秋」と「ももクノ」じゃないでしょうか?

ぴあフェスや周りの反響から、彼女たちには「30~40代の(独身)女性層へのアピール」が弱い。
マーケティング的に見れば、嗜好に厳しいが、一旦、見方になれば非常に強力な武器になる層です。
そのために必要なのは、歌唱力と統制の取れたパフォーマンス力です。

白秋の挑戦は歌唱力。
一般層は、震災の痛みが薄れる中、再び「歌うま」の方向へ流れています。
歌唱力を武器に想いを調べにのせれば、心へ優しく届ける力となるでしょう。

ももクノの挑戦はパフォーマンス力。
5人の個性が光り始めました。一方でgdgd感がカオティックに感じます。ファンは面白いですが、一般層には不快に移るでしょう。
60分で完成させる、その力はgdgdの良さを残しつつ、きっちりと仕事を仕上げる力になるでしょう。


最後に。
紅白の向こう側に待つものは何か。
それは、「ももクロ」という化け物と戦うことだと思います。
2012年、ももクロという生き物は、彼女たちの成長よりも遥かに大きくなってしまったように感じます。

ももクロには代表曲があります。
ヒャダインさんやNARASAKIさんや只野さんといった無敵の布陣です。
でも、これは逆に見ると、枠にはまり、何を聞いても同じ曲、とも言えます。「ザ・ももクロ」なんです。

彼女たちは、彼女たちの「今」を歌う吟遊詩人と思います。
でも、「ザ・ももクロ」は彼女らしくない。「予想を裏切ることで期待を裏切らない」こそ、ももクロ。
(サラバは、その意味でkwkmさんの布石なのかも)
今までは「対バン」という目に見える敵でした。これからは目に見えない敵との戦い。

5人が本当の自分を手に入れ、「ももクロ」という化け物に打ち勝つこと、それが新たな戦いなんだと思います。

(選挙のモヤモヤ感がハンパないので、前回にまして支離滅裂でした。すいません。)

URL | myopomme #-

2012/12/16 23:59 * 編集 *

myopommeさんへ

コメントありがとうございます!


> 幸せに包まれる、湧き上がる感情。
> 自分にまだこんな感情があったんだと、思い出させてくれた一瞬でした。


そうなんですよ!
「世界が感情を取り戻す」んです!
感情を失って生きることが是とする風潮の中、彼女たちは人間賛歌を奏でています!
ジョジョとの共通点である「人間とは素晴らしい」という感覚です。


> ももクロという存在は、二人の言霊によって命を持ち、意思を持ち、未来を引き寄せたのではないかと思いました。


そうですね。
あーりんや杏果ちゃんはあとから加入でしたが、しっかりと紅白の夢を一緒に歩んできましたからね。
みんなが「行けるわけないじゃん」と思ってたのに、5人(とスタッフさん)は絶対行くと決めてたんでしょうね。


> 私は参戦できませんが、白秋で見せた成長が大箱と交わることで、新たな化学反応を起こすと信じています。


今日のラジオで佐々木氏が「4年間の集大成になる」と言ってました。
普段ここまで風呂敷を広げる方では無い印象なので、これはいよいよ、という気にさせます。
去年と同じクリスマスじゃあファンが納得しませんからね。
ものすごく楽しみです!


> そして、kwkmさん。振り返ると、彼の戦略は紅白を目標としつつ、毎年、秋頃から来年の布石を打っています。
> 今年の布石は、「フォーク村からの白秋」と「ももクノ」じゃないでしょうか?


川上さんはNHKに執着してない印象でした。
おそらく5人とのバランスを取るためなんでしょうけど。
本当は泣いて喜ぶほどです。

当然「紅白で気が抜けた」なんて事態が一番いけませんから、先へ先へと計画を進めてるんでしょうね。
歌唱力は以前から指摘されてましたから、あーりんの失敗(あえてこういわせていただきます)が絶好のタイミングだと踏んだのでしょう。


きっちり歌い上げる。ぐだぐだとまとまらなくなる。
どちらもももクロちゃんの魅力です。
その両輪を走らせるのはさすが知将と言ったところでしょうか。


> ぴあフェスや周りの反響から、彼女たちには「30~40代の(独身)女性層へのアピール」が弱い。


なるほど。確かにそうかもしれませんね。
マネージャーの年代の男性の食いつきはいいですからね。



> ももクノの挑戦はパフォーマンス力。


アドリブ力、考える力、というのも付きますよね。
演出に頼らなくても楽しませられるのか、と。
あと何より大きな会場でもできるももクロちゃん達が、みんなの顔を見るための広さなんでしょうね。


> 2012年、ももクロという生き物は、彼女たちの成長よりも遥かに大きくなってしまったように感じます。


彼女たちは自分たちの人気をいまいち把握しきれてない印象がありますね。
謙遜ではなく、ほんとに人気あると思ってない感じです。
おっしゃるとおり、「名実ともに」という域へ。
むしろ「実」をパンパンに蓄えたアイドルになって欲しいです。

URL | さかもと #-

2012/12/17 22:38 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1345-9f7a160a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top