07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

映画『ボクたちの交換日記』は我々に伝わらない 


■ 内村光良監督の不在


ウッチャンが監督した『ボクたちの交換日記』を鑑賞しました。
先に言うと不満が残る作品でした。

映画好きのウッチャンが「映画」を撮ったというだけ、という印象。
ウッチャンの人柄が画面にあふれ、ストレス無く鑑賞ができ、しかも飽きることなく最後まで見れて、ラストに向けて感動が押し寄せてきます。
この優等生的な映画は、優等生的であるからこそ映画として不満足になります。

映画は見た人の実存を破壊するほどの威力がなければならない。
見て「あーおもしろかったね。何食べる?」みたいな会話ができるようなものはテレビドラマでいいのです。

ウッチャンは映画とお笑いが好き過ぎて映画の枠を越えるような映画は撮れないのでしょう。
そこがウッチャンらしいところでみんなから好かれる部分なのでしょう。


巷ではこの「ウッチャンらしさによる賞賛」があふれているでしょうから、僕はあくまでそこから突き放して映画的に足りない部分を書いていきたいと思います。

この映画はずばり内村光良監督でなくても撮れた映画です。
内P軍団であるさまぁ~ずやTIMなどを出演させていれば一気にウッチャンらしい映画になったことでしょう。
本人も言ってるように『ピーナッツ』とは対極になっている今作。


伊藤淳史と小出恵介の二人の主人公にはそれぞれ欠如しているものがあり、そこが映画の真実味を失わせています。


以下ネタバレを含みますのでご了承の上お進みください。




■ 伊藤淳史の怒りの欠如


この物語のあらすじは、伊藤淳史演じる田中と小出恵介演じる甲本の売れないコンビ「房総スイマーズ」が交換日記をして絆を深めていく、というものです。
M-1をイメージさせる大会でミスをしたツッコミ役の甲本は芸人を辞め、ボケとネタ作り担当の田中は新コンビを結成して大御所の仲間入りをします。
そこに甲本の娘が現れ渡されることのなかった交換日記を受け取り田中が現在陥っている状況を知るのでした。


田中の役どころは生真面目であり相方思いであることが段々わかってくるというもの。
プロデューサーから一人で構成作家としてやっていかないか、と打診を受けますが甲本と芸人を続けたいということでその話を蹴った過去があります。

なので甲本にコンビ解散を切り出された時の怒りの表出に弱さを感じる。
なぜウッチャンはこれでオッケーを出したのでしょう。
映画好きだったら何十回でもリテイクするべきだったでしょう。
ここにウッチャンの優しさが垣間見えます。

伊藤くんの怒りの表現は弱いです。
怒ってるように見えないし、悔しいのが伝わってきません。

田中は甲本への恨みから、ライバルだった芸人とコンビを組まされても17年間必死にがんばってきました。
売れてやることが甲本への復讐だからです。
それなのに17年も恨む原動力である怒りが何も見えてきません。

看板番組をいくつも持つ大御所になれるかな、と不安にさせます。


一方小出恵介は怒りの表現が抜群にうまい。

だが彼にも欠如しているものがあります。
甲本は男としての魅力に欠けているのです。


■ 甲本は幸せな家庭を築けるのか


つっこみ担当の甲本は田中と正反対でチャラチャラしておりヒモのような生活をしていて、後輩におごったりコンパに出かけたりするような男です。
自身の才能の無さに薄々気づいてますが、それを認めたくないという役どころ。

彼女役を長澤まさみが演じるのですが、昼は薬局、夜はキャバクラでバイトをしている苦労人です。
なぜこんなかわいい彼女が献身的に甲本を支えているのかはこの映画で一切描かれていません。
例えば、一人で悲しみの淵にいる彼女を笑いで必死にこの社会に引き戻したとか、そういう場面があれば我々も納得しやすいです。
彼女は甲本により生きることができ、甲本もほかの人には理解不能な何かに突き動かされて一人の女性を笑わせようとした経験があるのだ、と。

これだけ可愛くて献身的な女性であれば他にいくらでも良い男がいるはずで、なぜ甲本と縁を切らなかったのか不思議でしょうがないです。


そして甲本も男から見て魅力的に見えないのです。


甲本は海外ロケから帰ってきて田中とライバルだった男の新コンビをテレビで目の当たりにしました。
その冠番組を見て妻に「俺芸人辞めるわ」と告白します。

ここを「こいつおもしれぇだろ」と妻に言うだけですべて伝わると思うんですよね。
そして甲本はずっと田中のことを認めていたことや、新コンビを認める男気みたいなものが伝わり、だからこそ長澤まさみはこの男に惹かれたんだな、と納得できます。


他にも、甲本はバイト先の先輩に芸人を辞めたことを茶化されます。
「どうせネタもつまらなかったんだろ」と言われ激昂する。

「芸人やったこともねぇ奴が言うんじゃねぇ!」

ここは「見たこともねぇのに言うんじゃねぇ!」とか、田中のネタを守るようなセリフが良かったと思います。
自分がバカにされるのは不甲斐なさを知ってるからしょうがない。でも田中を馬鹿にされるのは我慢できない。

こういう男だからこそ彼女は惹かれるはず。
でもあくまで自分勝手に映り、甲本の男としての魅力が見えてきません。



細かいようですが、この2点があるので映画として素直に受け取ることができませんでした。

最初に書いた通り、ストレス無く鑑賞でき、感動もします。
でもただそれだけ。
なぜウッチャンがこの映画を撮ったのか、というのが伝わってきません。
芸人なら痛いほどわかるんでしょうけど、僕にはわかりません。


そしてこれを書いている時に「ゴッドタン キス我慢選手権」の映画化を知る。
劇団ひとりが全部アドリブで1本の映画にしたそうだ。
僕が言いたいのはこういうことです。
このあと何が起こるかわからない。
世の摂理は人智を越える。
主人公だと思ってた男が次の瞬間には死んでいる。こんな理解不能な、そしてこの世界を一コマで表し切ったような映画を見たいんだ!




スポンサーサイト

テーマ: 最近見た映画 - ジャンル: 映画

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1517-d9ddaf75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top