09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

私立恵比寿中学『手をつなごう』の寓意 


ももクロの妹分、私立恵比寿中学の新作PVが公開された。
6月に発売の『禁断のカルマ』のカップリング曲『手をつなごう』。


これを見て僕は涙で目がにじんだ。
なぜならこのPVが寓意的だからだ。

寓意的とは「この世がそのようになっている」ということ。

キーワードは「連続性」と「接続」。


『手をつなごう』



このPVは1カット約5分40秒の長回しで撮影されている。
メンバーそれぞれがフィルムの1コマ1コマを演じそれが連続していく。
そして様々な人と出会い関わりを持つ。

このPVがなぜ感動的かと言うと、私立恵比寿中学のメンバーが「手をつなごう」と声を掛け、自らが実践することでこの社会に新たな関係性を構築していくからだ。

『大人はわかってくれない』ではそれぞれ別の制服を着て、決して目を合わすことが無かったメンバー。
ただ「大人は私たちのことを永久にわかるはずがない」というかたくなでもろい思考のみが一緒だった。
(参照:私立恵比寿中学『大人は分かってくれない』PVとももクロの比較


それが『手をつなごう』では9人が手を取り合い動き出すことでこの社会も動き出すという構図になっている。

もっとも感動的なのは4分14秒辺りの演出だ。
これまでまったく関わりが無かった他者同士の手を廣田あいかがつなぐのだ。
そして最終的に体育館全体が映し出され、日常とはすべてがひとつに地続きとなっていることが表現される。

長回しの性質上、どれかひとつが失敗してもこの映像が成立し得ない。つまりこの社会は「風が吹けば桶屋が儲かる」だ。
9人が歩き出すことでなぜか知らない人同士がつながり始める。


ただ一点気になるのが、真山りかがジャンプして黄色い携帯電話を叩くのだが、あれはキャッチミスなのか、それとも携帯電話を取らない演出なのか。
僕としてはぜひ前者であって欲しい。
なぜならこの世界は我々に一回性しかもたらさないからだ。


スポンサーサイト

テーマ: 私立恵比寿中学 - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

僕も気になってました。あれはキャッチミスですね。真山がなにくわぬ顔して続けたから、いい意味で続いたんでしょうね

URL | あ #-

2013/07/22 17:02 * 編集 *

あさんへ

コメントありがとうございます!


> 僕も気になってました。あれはキャッチミスですね。真山がなにくわぬ顔して続けたから、いい意味で続いたんでしょうね


やはりミスですよねぇ。
でもだからこそあのPVの奇跡感が増します!

URL | さかもと #-

2013/07/24 21:34 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1556-d2daaec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top