09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

日々想う 

最近iPhoneばっかりいじってて全然ブログ更新してませんでした。

まぁほとんどの人が「だから何?」って感じでしょうけど、これからも多くの人にとってどうでもいいことを書いていきたい!


最近地下アイドルのライブばっか行ってて、好きに騒げるライブって楽しいなぁ、と思っているところです。

地下アイドルにもいろんな人たちがいて、それはアイドルもファンもそうなんだけど、やっぱり見てて楽しいのは「遠慮してない人たち」だと思った。

ももクロの場合、ももクロちゃん達はまったく遠慮しないで想いをぶつけてきてくれるんだけど、ファンの方はまだ遠慮してる人が多いんじゃないでしょうか。

ここでの「遠慮」というのはアイドルや周囲に迷惑がかかっても気にしないとかの話じゃないですので、マナーがどうこうとか議論したい方はどっか行ってください。


アイドルが遠慮してる場合は見ててわかりやすく、なんとなく恥ずかしさが見えるとか、誰も応援してないだろうなぁ、って思ってそうな感じを受けます。
だから見ててもおもしろくありません。

別に歌のうまさや踊りのうまさやかわいさを求めていないわけですよ。
楽しませてくれればいい。

ファンの方の「遠慮」というのは、応援することがカッコ悪いと思ってるというか、「ほんとはこんなとこにいるはずじゃなかった」みたいな感じで突っ立ってるような人ですね。
何度もこのブログで書いてますけど、お互い「情念」が感じられないとつまんないです。

地下アイドルの現場に行って何度も激アツのファンに目を奪われることがありました。
そりゃあ常識的に考えて変な掛け声だったり尋常じゃない大声だったり普段は絶対にしない動きをしているので、冷静に考えるとすごくカッコ悪いです。
なんだけど、その熱い想いを見てると「こいつスゲェ!」って思います。

ももクロのライブだと全然ファンの事は気にならず、純粋にももクロちゃんばっかり見ています。
気違いじみたファンが全然いないんですよね。


地下アイドル現場を体感したあとで参加したももクロファンクラブイベントは最高に楽しめました。
4,000人ぐらいで5公演中で2番目に観客が少ない回だったんですけど、見事の最後列。
自分の席運の無さに笑いました。
でも最後列なので後ろに遠慮なく大いに騒げました。

結果すごい楽しめた。
ももクロで一番楽しかったんじゃないかってぐらい楽しめた。
結局自分の楽しみ方で変わってくるんだなって思った。

このライブレポートについては今度出る予定のももクロ論壇第2弾に載せる『覚醒から覚醒せよ ももいろクローバーZ音楽論』にてじっくり書きます!
だからこっちに書く事無いの!
原稿の締め切りが近くてこっちに文章を提供する余裕などない!


あと第1弾の増刷についても準備などがいろいろあって、誤字脱字の修正とかしてますのですでに買ってる方もぜひ買ってください!
マニアならば初版と2版も買うでしょ!
ぎゃーぎゃー!


ほんとなんかいろいろものが溜まってて大変です。
ももクロの24時間ユーストリームもまだ全部見てないし。
全然起きない杏果ちゃんをまた見たい!


それとあとれにちゃんの誕生日プレゼントも買わなきゃ!

あとれにちゃんが「責任編集」という言葉を使っていて、完全に僕への私信だと思ったので編集長をやっててよかったと思いました。
もうどんな事象からでもれにちゃんに結びつける思考を獲得しました。


あと筋肉少女帯のセルフカバーアルバムはかっこいいなぁ。


まぁ何が言いたいかと言うと、ほかの人を気にせず自分がやりたい事をやれば、って事です。
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1574-19946244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top