06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

チケット転売屋撲滅のためにできること 


僕は常々「チケット転売を批判する人たちの浅はかさはなんなんだろう」と考えてきました。
過去のブログを見ると去年もチケット転売批判について批判していて、気になったことはとことん考えずにはいられない人間性があらわになる。
悪く言うと成長していない。
というか社会学や経済学は好きだけど「興味がある」レベルで、知らない人よりは知ってる程度です。だから社会学や経済学の視点が無い人に新たな視点を獲得して欲しいという願いがあります。

前置きはこのぐらいにして。


僕のイライラの原因はひとことで言うと「転売屋嫌いの奴らって全然転売屋対策してねぇじゃん!」って事です。
ただ自分がチケット外れた運の悪さを棚に上げ、転売屋がいないから自分が外れたとでも言いたげな態度。

【参照】チケット転売はなぜいけないのか

【参照】転売屋対策が新たな弊害を生む


例えば10,000席のチケットが販売され、1,000席分が転売されてるとしましょう。
ここに応募が20,000アカウント分来ていたとします。
50%が当たる公演です。
おそらく転売屋アカウントは2,000あったのでしょう。
18,000アカウントの転売目的じゃない人が応募して9,000アカウントが当選しました。

もし2,000の転売屋アカウントが応募してないとしたら。
18,000の中から1,000が当たってたはずですね。
18分の1の確率です。

僕は数学とか確率とか詳しいことがわからないので中学レベルの考え方をしてみましたけど、結局「当たる人には当たるし、外れる人は外れる」ってことなんじゃないかと感覚的に思っています。
人気が出て応募者が多ければ外れる確率が上がるのは当然です。


僕は元々転売屋対策には否定的です。
チケットの流動性を抑える事の方が問題だと思うからです。

当選しなくてもチケットを譲渡してもらえれば行ける。
この自由度があるシステムの方が恩恵を受けられるファンが多い。
5,000円のチケットに10,000円出したくない人と出せる人がいるってだけの話です。
経済は人が手を加えると失敗しやすいです。なぜなら地球全体の経済は人の思考では及ばない部分が大きすぎるからです。


なかなか本題に入れません。
参照として挙げた二つの記事に、僕を熱くさせる批判コメントはきませんでした。
転売行為は違法だから絶対ダメで、転売屋対策をして自分が公演に行けない確率が跳ね上がっても良い!という人たちがいることがいまいち理解できないんですよね。

なので今回は、転売屋を減らしつつ、定価で行きたい人が行けるようになるにはどうすればいいかを考えてみました。
この記事に関しては法律に明るい方からの批判を渇望しています。
もちろん論点の甘さを指摘する書き込みもお待ちしているのでご一読していただければなと思います。
議論の重複を避けるために上記の記事ふたつも併読していただけるとかなり嬉しいです。



【転売屋アカウントを削除しよう】


公演に入場する際のチェックで「当選チケットに記載された氏名と同じ公的身分証」を提示する。
この時、譲渡チケットでも可とし、その場合公的身分証(コピーでも可)を必要とします。

当然オークションサイトなどでチケットを転売する者は、身分証のコピーも併せて送る事になります。
(オークションサイトの知識が皆無なのですが、評価数が高い人のものを競り落とすのが一般的なんですかね。詐欺っぽいのを見抜くスキルが普通の人にあるのでしょうか。というかオークションって詐欺のイメージがあって送られて来ないんじゃないか、って不安になります)



この公的身分証(コピー可)というのが今回僕が考えたところ。

友達からチケットを譲渡してもらった場合そのまま公演に入れます。
転売屋から買った場合、運営にそのコピーを渡すことで、運営側は身分証の名前からアカウントを調べ削除できる。
入場したあとで「転売屋の身分証コピー入れBOX」に入れれば良い。

これを繰り返すことで転売屋のアカウントは減少するでしょう。
今あるチケットぴあとかそういうチケット販売管理会社でやればいいんじゃないでしょうか。
ほかのアーティストの分もクリーンになるでしょう。
高い手数料を毎回搾取してるんだからこれぐらいやってもらわないと。


ここで問題なのは、ほんとに信頼できる友達じゃないとコピーを渡せない、というところ。
善意でチケット譲渡したのに、公演に行った人が転売屋BOXにコピー入れられたらたまったもんじゃありません。



本題の方が短い気もしますけど、もし不備に気付いた方はご指摘いただけると大変ありがたいです。
とにかく完全認証は人件費もかかりその分チケット代が高騰していくだけなので反対です。



【追記】

ありがたくいただいたコメントの中からこの案への問題点を抽出してみました。

・おとり捜査に抵触するのではないか
→当日のコピー回収ではなく後日だとどうなんでしょう。転売屋から買ったことを申告することがすでにおとり捜査になってしまうのか。この辺は議論が必要なところですね。

・身分証の写しを運営側が管理するのは難しい
→では後日チケットの名前をメール送信するということにしましょう。


多くの方のご意見お待ちしております!

スポンサーサイト

テーマ: 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル: 政治・経済

この記事に対するコメント

コメント。

さかもとさん、おはようございます。
ツイッターから飛んで、読みました。
さかもとさんの意見はごもっともで、昔からよくある、ただ『転売屋憎し』の方の意見とは違って、なるほどと思いました。(もちろん、全ての人の詳しい考えを聞いてまわっただけではないですがw)

僕は、さかもとさんの意見とはズレるかと思いますが、そもそもオークションサイトの在り方、もっと言えば実態みたいなものに疑念があります。
オークションサイトの場合、「いくらで落札されたか」によってサイトの収益があるわけです。
これは個人的な妄想かもしれませんが、大手オークションサイトがこれにより膨大な収益を上げていたとして、やってる事はダフ屋と紙一重なのに公正取引委員会などの手が入らないのは、ウラで何がしかの癒着があるんじゃ?と、昔から思ってるんです(かなり幼稚な妄想ですみませんw)

具体的にいくらのチケットをいくらまで上限価格として売買していいか?などは素人ですので全く解かりませんが、オークションサイトがなかった頃は金券ショップがそうやって売買してたわけですから、今の時代に合ったシステム(法律)を作るしかないんじゃないかと考えます。
結局、大手オークションサイトを何らかの理由で潰しても、また別のサイトがそれに成り代わるだけでしょうから。

さかもとさんが言うところのチケットの流動性には同意です。
だからサイトを利用する事には何の問題もないと思います。
ただ、少なくとも8千円のチケットが10万とかイッちゃってるのに、エライ人が問題にしない事に納得がいかんわけなんですよ。
(ぜってー、〇閣府の人間がヤ〇オクから金、もらってるんだわ!とか愚痴ってます。。。)

現状、さかもとさんのおっしゃるとおり個人個人が転売屋対策をし、賢い消費者になるしかない事は確かだと思います。

長文、失礼しました<(_ _)>

URL | やまさん@92yama #-

2013/06/15 08:19 * 編集 *

はじめまして。
いつも自分にない視点であったり、もやもやしてることを文章として表すさかもとさんのエントリを楽しく見させていただいてます。

転売屋は私は嫌いです。それは利用する時に定価より高いケースが多いからです。
ただそれはももクロのように行きたい人が多い場合だからだと思ってます。
そして私もどうにか行きたいと思い、定価より高い金額を払って利用します。
なので私は必要悪のような存在だと思っています。本当に悪なのかどうかは自分には判断出来ていません。

転売屋の利点として、チケットの入手に必要なことが抽選に当たる運ではなく、自分がいくら出せるかという予算の問題に変わることです。
また入手のタイミングも公演の存在を知らなかったけどチケットの販売は終わっていた、というケースでも開演直前に金券ショップで買って行けるということが出来ます。
高く付くケースが多いけど、入手方法に自分の思い通りになる割合が多くなるのが転売屋かなという認識です。

ももクロのライブを行くようになるまでは毎回チケットを抽選するようなこともなかったので、転売について是非を考えたことはそれほどありませんでした。去年の静岡公演での一列目がヤフオクで高額取引されてのを知って金額に引きましたが、それも個人の問題かなと捉えていました。

そこで思ったことはなぜ運営は転売対策を行なうかということです。一つの考えとしては「内容に見合った金額設定の公演をその前提条件を持って楽しんで欲しい」です。運営サイドがこの考えで転売対策を行なっているのであれば、私は色々面倒だけど納得出来ます。
一方興業面ではチケットがファンだろうが転売屋に渡ろうが最初にチケットぴあ等で売った時点で運営の収入は同じです。その先で転売屋がいくらで取引しようとも。
もし、ファンの外れたことによる不満が転売屋への嫌悪感に変わり、その矛先が「運営なんとかしろよ!」となり、その不満を抑えるために転売対策が取られているのだとしたら、色々煩雑になるし定価高くなるしあんまり納得が出来ないです。

>転売屋から買った場合、運営にそのコピーを渡すことで、運営側は身分証の名前からアカウントを調べ削除できる。
>入場したあとで「転売屋の身分証コピー入れBOX」に入れれば良い。
個人的には撲滅したいならこの方法のように、ちゃんと報告すれば転売利用してもいいとすればいいのにと思っています。ただこの方法だと運営が転売屋による定価以上の金銭授受を問題視していた場合、一度は金銭授受を認めてしまうことになるのでそれを許容するか否かという点が議論にあがるかと思います。日本ではおとり捜査が基本認められていないという点と似ているのかなと。

今まで感じていたことをこの場をお借りしてつらつらと述べさせて頂きました。失礼いたししました。

URL | st #0iyVDi8M

2013/06/15 09:02 * 編集 *

たとえ転売屋、たとえコピーであっても、本人確認書類の写しを、第三者である運営側が、「本人」の了承なく管理するのは難しいです。個人情報保護に関するコンプライアンス違反となるでしょうね。 チケット発行期限→キャンセル→二次募集のシステムを作るか、完全に本人(と同伴者)以外チケット無効の、会員証+証明書原本で認証するシステムを作るかしかないかと思います。 自分はももクロへの愛がない人間がももクロを利用して儲けるのが気に入らないし、昨今のチケット転売はヤクザの新しいシノギになってるという話も(ダフ屋のネット移行)聞くので、何とかして撲滅したいです。こんなネタでも「ももクロがヤクザの資金源に!?」とか見出し打てるわけですし。 あ、事情があって行けない人が出たら、運営に連絡し、キャンセル待ちリストを作って当日券として出し、売れたら後日チケット代の九割くらいを返金してもらえるとかどうでしょう?

URL | ばるすた #-

2013/06/15 09:23 * 編集 *

やまさん@92yamaさんへ

コメントありがとうございます!


> オークションサイトの場合、「いくらで落札されたか」によってサイトの収益があるわけです。
> これは個人的な妄想かもしれませんが、大手オークションサイトがこれにより膨大な収益を上げていたとして、やってる事はダフ屋と紙一重なのに公正取引委員会などの手が入らないのは、ウラで何がしかの癒着があるんじゃ?と、昔から思ってるんです(かなり幼稚な妄想ですみませんw)


確かにオークションサイト側は利益がある以上それを停止するのは減益ですからなかなかやろうとしないでしょうね。

そして、転売屋対策をアーティスト側に求めれば求めるほど維持費や運営費がグッズやチケットに上乗せされていきます。
つまり人が参加すればするほど人件費が跳ね上がるのは当たり前ですね。


> 具体的にいくらのチケットをいくらまで上限価格として売買していいか?などは素人ですので全く解かりませんが、オークションサイトがなかった頃は金券ショップがそうやって売買してたわけですから、今の時代に合ったシステム(法律)を作るしかないんじゃないかと考えます。


よくある案は、座席でチケットの値段を変えろ、というものです。
そこが指標になってオークションなどの値段も変動しそうです。
そもそも座席がわかってないチケットのオークションに参加する意味がわかりません(笑)。
おそらく高騰させたいから自作自演で入札してるんでしょうけど。




> ただ、少なくとも8千円のチケットが10万とかイッちゃってるのに、エライ人が問題にしない事に納得がいかんわけなんですよ。
> (ぜってー、〇閣府の人間がヤ〇オクから金、もらってるんだわ!とか愚痴ってます。。。)


僕は自由経済だと思ってますので、石ころに100万払おうが、払った人が価値を認めたのならそれでいいと思っています。
それよりも利益を国内ではなく海外で使う方が問題だと思ってます(笑)。
これについては議論が複雑になり過ぎるのでここで終わりましょう(笑)。

URL | さかもと #-

2013/06/15 11:03 * 編集 *

stさんへ

コメントありがとうございます!


> 転売屋の利点として、チケットの入手に必要なことが抽選に当たる運ではなく、自分がいくら出せるかという予算の問題に変わることです。
> また入手のタイミングも公演の存在を知らなかったけどチケットの販売は終わっていた、というケースでも開演直前に金券ショップで買って行けるということが出来ます。
> 高く付くケースが多いけど、入手方法に自分の思い通りになる割合が多くなるのが転売屋かなという認識です。


それと知人からのチケット譲渡もこれらの利点に当てはまりますね。
定額以下でこれらの恩恵を受けることができる。
でも完全認証化はこれらの救済措置を完全に捨て去ることになり、それが僕には理解できません。なぜそれを求めるのか、と。



> もし、ファンの外れたことによる不満が転売屋への嫌悪感に変わり、その矛先が「運営なんとかしろよ!」となり、その不満を抑えるために転売対策が取られているのだとしたら、色々煩雑になるし定価高くなるしあんまり納得が出来ないです。


おそらくこれが理由だと思いますよ。
去年のサマーダイブツアーの時に川上さんに「転売屋対策しないんですか?」と聞いた人がいたみたいで、それに対応する形でまずファンクラブが作られたみたいです。


> 個人的には撲滅したいならこの方法のように、ちゃんと報告すれば転売利用してもいいとすればいいのにと思っています。ただこの方法だと運営が転売屋による定価以上の金銭授受を問題視していた場合、一度は金銭授受を認めてしまうことになるのでそれを許容するか否かという点が議論にあがるかと思います。日本ではおとり捜査が基本認められていないという点と似ているのかなと。


ご意見ありがとうございます。
記事に反映させていただきました。

それでは後日コピーの写メを送るとかだとどうなりますか?
ただの違反アカウント報告になるのか、それともやはりおとり捜査になってしまうのか。
どうなんでしょうねぇ。

URL | さかもと #-

2013/06/15 11:11 * 編集 *

ばるすたさんへ

コメントありがとうございます!


> たとえ転売屋、たとえコピーであっても、本人確認書類の写しを、第三者である運営側が、「本人」の了承なく管理するのは難しいです。個人情報保護に関するコンプライアンス違反となるでしょうね。


ご意見ありがとうございます。
記事に反映させていただきました。

では写しをデジカメなどで撮影してそれをメールで送るのはどうなるんでしょうか。
それでも「書類の管理」と見なされてしまうのか。


> チケット発行期限→キャンセル→二次募集のシステムを作るか、完全に本人(と同伴者)以外チケット無効の、会員証+証明書原本で認証するシステムを作るかしかないかと思います。 


僕の論点は、これだと行きたい人が行けないままだ、というところです。
譲渡の自由度を残しておきたいんですよね。
結局転売屋よりファンの数の方が圧倒的に多いんですから、ファンでチケットを確保すれば済む話だと思っています。


>自分はももクロへの愛がない人間がももクロを利用して儲けるのが気に入らないし、昨今のチケット転売はヤクザの新しいシノギになってるという話も(ダフ屋のネット移行)聞くので、何とかして撲滅したいです。


ではももクロ愛にあふれる転売屋なら良いということですね(笑)。


> あ、事情があって行けない人が出たら、運営に連絡し、キャンセル待ちリストを作って当日券として出し、売れたら後日チケット代の九割くらいを返金してもらえるとかどうでしょう?


なるほど。
でも悪意ある人が本人になりすましチケット無効化しちゃう場合もありますね(ねーよ笑)。
こういう点からも譲渡自由度は確保したいです。
チケットをプレゼントに使うなんて素敵ですしね。

URL | さかもと #-

2013/06/15 11:19 * 編集 *

過去の2記事を含め読みましたが、なにせコメントが多くて読み取り切れていなかったらすみません。

ポイントは、経済原理に則っていない商品を販売しているから、転売屋が発生するということではないでしょうか。

価格は需要と供給のバランスで決まるという原則から、公演チケットは外れてしまっていて、だから裁定取引によって利ざやを稼ぐことができるんですよね。新株公開なんかもおんなじ構造なのに、なぜ公演チケットだけ違法になるのかわかりません。(違法といっても高々迷惑防止条例でしょうけど。この法律はなんでもかんでも主観的に違法にしてしまう怖い法律だと思っています。)

つまり、高いものは最初から高く販売すれば、転売屋はいなくなります。10万円で買う人がいるのなら、最初から10万円で販売すればいい。そうすると、たぶん前の方が非常な高値になって、でも逆に後ろの方は比較的安くなるのではなかろうか。そして、「行きたい人=お金を出せる人」に行き渡りますよね。

ここで、例えば日産最後列のチケット価格が3万円になったとしても、ではお金持ちしかいけないコンサートになっちゃうじゃないか!という不満はなにか変です。そもそも、全てのコンサートに顔を出している人は年間何十万円も使っていそうですし、グッズ買ったり、遠征したり、結構使っているじゃないですか。でも、チケット価格だけ高いと文句を言うっていうのはオカシイと思うんですよ。それよりも、ちけっと価格に10万円出したいのなら、それを稼ぐために日頃汗水垂らして労働する(もしくは節約する)、ってのが本来なのではないでしょうか。

アーティストサイドも、そんなことをすると強欲ババアみたいに見えてイメージ悪い、というならば、上積み分はすべて何かで還元するとか。グッズを配るとか、FC限定イベントを安く開催するとか、寄付するとか。(僕はそんなことしなくていい、もっと素晴らしいパフォーマンスを見せるための原資にしてほしいと思いますけど。)

さらに(長くてすみません)、経済的弱者救済は別途やる。すなわち学割。むしろ、学割の分を大人モノノフが全額出してやるぜ、くらいでもいいですね。そちらは比較的安く、席数限定(場所はちらばってていい)、転売禁止、要学生証で。一般枠が主なので、わざわざ学割を転売して稼ぐなんて言うリスキーなことはしなさそう。

どうでしょう?

URL | 五次元 #-

2013/06/15 20:26 * 編集 *

はじめまして。

建設的な意見ではなく、転売屋について思うことをただ書きます。

自分は今まで30回程ライブに行っていますが、
ちゃんと当選したのは、10回程度です。

転売行為が規則で禁止されていることは知っていますし、
毎回アリーナの前方なので、その額も膨大です。
自分の行動が胸を張って言えることじゃないってことも、
重々自覚しています。

ただ、どうしても行きたい、それだけなんです。
「今」を逃したら、その先は絶対に観れない。

例え定価の何倍もの金額でも、後悔したことは一度もないです。

ファン数が膨大となった今では、チケットの獲得なんてほぼ不可能です。
チケット転売は、落選した人にとっては最後のより所なんです。

対価を支払えば、確実にライブに行けて、
しかも、限りなく自分の観たい席で観れる。

極めて自己中心的な意見だと思いますが、
こんなに良いシステムが、なぜ批判されるのか。

URL | みちみち #-

2013/06/16 00:21 * 編集 *

はじめまして

さかもとさんの内容に対する意見でなくて恐縮ですが、ネット上の意見を見てみると(信憑性はさておき)、AE先行で全然当たらないのに、オークションにチケットが出回っていることに怒っているような印象を受けます。
確かに自分が全然当たらないのに、オークションサイトにチケットが出回っていれば、良い気はしないのは理解できます。
ただし、自分がそれなりにあたっていればあまり気にならないのではないのかなと思います。
要するにAE会員であっても中々チケットが当たらないことが(心情的な)問題なのかと思います。

また、出品者側ですが、この中にも2種類あると思います。一つはいくら当たろうが、自分は公演を観に行くつもりはなく、転売によって利益を得ようとするためにAE会員になるもの(便宜上、ここではプロとします)。他方、基本的には自分が観るためにAE会員となったが、事情により観に行けないチケットを取り、出品するもの(同じくアマとします)。例えば先の5Dツアーにおいて、自分が行ける公演以外も申込み、そのチケットを転売して利益を得るなど。

ここで、自分が考える案は、過去の当選履歴により確率に差をつけ、尚且つそれを公式にアナウンスします。具体的には過去一度も当選してない人から優先的にチケットを割り振り、直近の公演に当選した人が最後になります。なので、これは抽選ではない形です。
また、応募していない公演は落選として扱い、新規会員は入会直近の公演に当選したものとします。本当は新規の人ほど参加しやすい方が良いのですが、こうすると重複登録や、一度退会しての再入会を助長してしまいます。
こうすると、待っていればいずれは当選します。

こうすることで、アマの出品者はほぼ排除できるのではないのでしょうか?
わざわざ虎の子の当選権利を、ちょっとの小遣い稼ぎのために使う人はまず居ないでしょう。また、申込みしないものを落選としてカウントされれば、とりあえず申し込むという行為も減り、当選確率のアップが期待できます。
一方、プロの出品者はこれだけでは排除できません。何故なら、彼等は収益が上がるかどうかのみで動くからです。簡単に言えば年会費以上の収益があれば良い訳で、年間一当選(2枚)でもペイ出来そうです。
出来ることといえば、AE入会時に本人確認を徹底して、重複登録を防ぐことくらいでしょうか?

また、この方法だと善意でチケットを譲るという行為はかなり難しくなってしまうことも問題と思います。私も個人的には知り合いにチケットを譲るということについては肯定的ですが、その一枚のチケットの後ろに沢山の落選者が居ることを思えば、仕方ないのかと思います。
ただし、行くつもりで応募・当選し、その後何らかの事情で行けなくなった場合の救済は可能です。なので、それなりの流動性は確保は出来るかと。

そして、一番の問題は公演のキャパと会員数の兼ね合いによっては、丸一年チケットが当選しないという可能性もあることです。そうすると年会費が丸損と感じてしまう人も出てくるでしょう。更に言えば、これからの新規会員は会費だけ払って当分当たらないという事も起こりえます。
これについては、AEのチケットの優先入手以外のその他のコンテンツの魅力を上げるしかないと思います。
また、来年以降もAE限定イベントが行われれば、この部分でかなり担保されるとは思いますが…
勿論、全体のキャパを上げる事が必要でしょうが、余りに公演数を増やすことも、メンバーへの負担となって跳ね返りますし、1公演のキャパを増やすと(実際に増えていますが)、どうしても大きな箱で豆粒のようなメンバーを見ることになるばかりです。(余談となりますが、先日のUSTで秋ツアーは3~5000位のキャパと言っていたことは支持します)

長期的には兎も角、中短期的(数か月~1年)においては、ファン層は拡大していくことは間違いないですし、どれ位の機会が得られるかが一番の肝となると思います。

これだけのことをするのに掛かるコストも想像つきませんが、少なくとも会場で大掛かりな完全認証は必要ないとは思います。

経済も社会学もズブの素人の意見ですが、如何でしょうか?

URL | すこっと #-

2013/06/17 16:30 * 編集 *

五次元さんへ

コメントありがとうございます!


> 過去の2記事を含め読みましたが、なにせコメントが多くて読み取り切れていなかったらすみません。

お読みいただきありがとうございます。確かにコメントまで含めると膨大な文字量になりますね。


> ポイントは、経済原理に則っていない商品を販売しているから、転売屋が発生するということではないでしょうか。


ここは難しい問題です。
10万円チケットは確かに転売屋のうまみが無くなり結果転売屋がいなくなるかも知れませんが、同時にアーティストのイメージが悪くなり結果ファンが減ってしまい、運営側の本意ではない展開になるかも知れません。

また、チケット代というのはそもそもそれを払えない人をあらかじめ振り落としています。
なので「好きだったらその分稼げ」というのは弱者に通用しません。
応援のために死んでしまったら本末転倒ですからね。


抽選は平等。
もし当たったチケットがいらなくなった場合は欲しい者が手にする。
単純でわかりやすいと思います。


> さらに(長くてすみません)、経済的弱者救済は別途やる。すなわち学割。むしろ、学割の分を大人モノノフが全額出してやるぜ、くらいでもいいですね。そちらは比較的安く、席数限定(場所はちらばってていい)、転売禁止、要学生証で。一般枠が主なので、わざわざ学割を転売して稼ぐなんて言うリスキーなことはしなさそう。


転売屋は学生証もセットで売りつけてくるのではないでしょうか?

ただ座席によってチケット代を変えるというのは当然ですよね。もっと多くのアーティストがやって欲しいです。

URL | さかもと #-

2013/06/18 04:21 * 編集 *

みちみちさんへ

コメントありがとうございます!


> ファン数が膨大となった今では、チケットの獲得なんてほぼ不可能です。
> チケット転売は、落選した人にとっては最後のより所なんです。
>
> 対価を支払えば、確実にライブに行けて、
> しかも、限りなく自分の観たい席で観れる。
>
> 極めて自己中心的な意見だと思いますが、
> こんなに良いシステムが、なぜ批判されるのか。

僕も同じ考えです。

完全認証になったら絶対行けなくなってしまう。
なのになぜみんなこっちに走るのか疑問です。
まるで転売屋がいなくなれば自分が当たるとでも言いたげで噴飯ものです。

というか自分のお金を何に使っても良いと思うんですよね。

よく「アーティストにお金が行かない」とか言う人もいます。
でもチケット代の分は支払われてるし、アーティストにお金を落とさないけどファンだという人だっているわけですしね。
どうも批判者の頭の悪さばかり目立ちます。

URL | さかもと #-

2013/06/18 04:26 * 編集 *

すこっとさんへ

コメントありがとうございます!


> ここで、自分が考える案は、過去の当選履歴により確率に差をつけ、尚且つそれを公式にアナウンスします。具体的には過去一度も当選してない人から優先的にチケットを割り振り、直近の公演に当選した人が最後になります。なので、これは抽選ではない形です。


確かにおもしろい案ですね。
ですがよく考えると複数アカウントを持っている人ほど(つまりプロ)かなり有利ですよね。
アカウントを大量に寝かせて当選確率が高くなっているものを大量に確保しているわけで。

今よりも転売屋確保数が増えそうな気がしますがいかがでしょうか。


ただ、「ファンクラブに入っているのにチケットが当たらない」と不満を口にして、結局ますますファンにチケットが回らなくなるという害悪でしかない展開になってますので、これはなんとかしたいですね。
(個人的にはとっととファンクラブから退会して欲しいですが)


ファンクラブ先行は全員入れる。余った座席は一般チケットで。
これで十分だと思うんですけどね。
広いところでしかできませんが。

またちっちゃいライブハウスとかでは1枚10万円チケットにするとか。

完全認証をして結果的にチケット代が上がっていくよりは、こっちの方がわかりやすいと思うんですけどね。

URL | さかもと #-

2013/06/18 04:38 * 編集 *

さかもとさん
早速の返信ありがとうございます。

さかもとさんのご指摘通り、これではプロの転売屋を排除することは出来ませんね。
仮に年一回程度の当選が見込めるとなれば、大量アカウントを取得して安定的にチケットを転売することが狙えます。

AE発足以降の公演をざっと数えてみると20万人を超える程度のキャパシティがありそうです(日産まで、単独イベントのみ)。
現在AE会員数がおよそ10万人として考えると、今の抽選方式で、これからの1年で一度は当選することは見込めるのではないかと思います。
この数字だけでは分からない数字、まず公演のうちAEの枠がどれ位あるか、またどれだけの会員が応募して、連番と単独の比率がどうかがありますが、仮にAE枠がキャパの6割、全会員の7割が応募し、その内連番と単独の比率を7:3とします。
これは全く推測の数字ですが、川上氏かツイッター上でAEが確率が高いのは紛れもない事実とつぶやいており、少なくとも過半数はあるだろうとの見込み、後は自分の勝手な予想です。

例えばここで1万人規模の公演があると、AE枠が6千席、連番と単独の当選確率が同じならば、連番当選者は2470人(4940席)、単独は1060人=席となります。
となると、7万人の応募に対して3530人の当選ですので、当選確率は約5%です。これを20回繰り返せば、確率上どこかで当選すると言えます。

となると、現在の方式であっても年間1回程度の当選は見込めるとも言えます。
そしてアカウント数(=標本数)が大きくなるほど、確率値に収束していきます。
勿論、これは過程の数字での話なので、どこかが狂えば簡単に前提がひっくり返りますが、今の状態でも大量アカウントを取ってのチケット確保は収益が上げられるのかもしれません。

仮に順番制になってもトータルのキャパと申し込み数が変わらない限り、当たりやすさが変わるわけではありません。
自分で計算してみて驚いたのですが、年2回以上の当選をしようとすると、キャパを倍にするか、AE枠を大幅に増やすか、或いは申込者数がもっと少なくならないといけません。
もしかしたら、自分の計算方法が間違っているのでしょうか?
それにしても、ももクロのチケットがプラチナチケットになってしまっていることは、間違いなさそうです。

一方、転売屋としてのリスクとして考えられるのは…
① 1アカウントで1年間全く当選しない
これは年会費を丸々損しますので、年間5000円(2年目以降は4000)の損失
② チケットの転売価格が低くなる
これを評価するのは難しいですが、プロの転売屋なら間違いなく連番申込してるでしょうから、1枚辺りの利ざやが2500円以上なければ赤字となります。
③ チケットが売れない
転売屋としてはこれが一番怖いでしょう。彼らにとっては売れないチケットは紙くず同然ですので、例えば日産を例にとると、2枚と会費で25000円の損失です。

私の昨日の書き込み後気づいたのですが、昨日午後に川上氏のツイッターのつぶやきがあり、その後AEサイトで本人確認を行う旨の発表がありました。
これは転売屋にとっては大打撃でしょう。
彼らにとっては、転売したチケットで入場できなくても知ったこっちゃないでしょうが、認証が行われるかもという恐怖心でチケットが売れないことが一番困ります。
勿論彼らも対策を打ってくるでしょうが、確実に入場させられるのは、奇しくも前の記事でさかもとさんが書かれた、同行入場ということしかなさそうです。
そうなれば、転売相場も大幅に上がるでしょうし、何より転売チケットの半分は死に席となります。

このことの是非については前の記事でも盛んに議論されてますので省略します。

私も色々考えながらコメントを書いていて気づいたのですが、確率で考えればそんなに当たるものじゃないのですが、それぞれ個人としては、1年間全く当たらない人もいれば、何度でも当選する人もいます。
当たり前すぎる話ですが、当たらない方になれば、そりゃ不満も出るわなという感じです。
それならば、いっそのこと順番制にしてしまえば、基本的には公平にチケットが回ります。(抽選も公平なんですが…)
なので、いずれ当たるという安心感で待っていられるのではないかということです。
そして行くつもりのないチケットを取ったりすることなく、後で待っている人に回してあげようよ、という考えです。

この例が適切かどうか分かりませんが、電車のホームの列は1列に並んでいますが、先に来た電車に全員が乗る訳ではありません。
後発の電車の方が途中で先発列車を抜くので、ある駅からはそちらのが速い。或いは途中の分岐で別方向に行ってしまう。
そんな時、前に並んでいる人が横によけて後の人を乗せてあげる。そしてその電車が出発すると元の場所に戻る。
このときによけた人は列の後ろには戻りません。
私の住む地方では普通に見る光景ですが、全国で一般的かどうかは分かりませんが、そんなイメージです。
そして、一度乗った人は(電車では行きっぱなしですが)列の後ろについてよ。新しく来た人も後ろについて、ということです。
こうすることで、ある程度自分の行きたい公演を選ぶことも可能です(時間は掛かりますが…)。

今は駅に積み残しが出ている状況で、これが一番の問題の根源とは思いますが、日本人の感覚的にはこちらの方が受け入れやすいのではないかという印象です。

さかもとさんの質問の答えになっているか不安で、尚且つ長文非常に恐縮ですが、こんな感じです。

URL | すこっと #-

2013/06/18 17:49 * 編集 *

すこっと さんへ

コメントありがとうございます!


ご指摘の通り転売屋はリスクが少ない割に利益が多いから減ることはありません。
アーティストの所属事務所が突如倒産しチケットが無効になるとか、円の価値が突如無くなるとかしない限り(笑)。


> この例が適切かどうか分かりませんが、電車のホームの列は1列に並んでいますが、先に来た電車に全員が乗る訳ではありません。
> 後発の電車の方が途中で先発列車を抜くので、ある駅からはそちらのが速い。或いは途中の分岐で別方向に行ってしまう。
> そんな時、前に並んでいる人が横によけて後の人を乗せてあげる。そしてその電車が出発すると元の場所に戻る。
> このときによけた人は列の後ろには戻りません。
> 私の住む地方では普通に見る光景ですが、全国で一般的かどうかは分かりませんが、そんなイメージです。
> そして、一度乗った人は(電車では行きっぱなしですが)列の後ろについてよ。新しく来た人も後ろについて、ということです。
> こうすることで、ある程度自分の行きたい公演を選ぶことも可能です(時間は掛かりますが…)。


整列順ということですね。
とてもわかりやすいですね。
でも1回行って、その次もどうしても行きたい人のために転売屋が活躍します。

今回ファンクラブの会員証がICカード化するとのことで、どのような要素が盛り込まれるのかわかりませんが、転売屋撲滅の決定打にはなり得ないだろうなと思っています。
むしろもっとほかのためにお金掛けて欲しかったです。



まぁ結局は何かしら問題が生まれる。
例えばファンを全員ライブに参加させるためにはアーティストの過労が問題になります。
だからその都度その都度何が問題かをよく観察することが大切ですね。
僕はこの転売屋対策のための行動がまったく転売屋対策になっていないことが問題だと思っているのです。

URL | さかもと #-

2013/06/21 08:37 * 編集 *

さかもとさん

返信ありがとうございます。

>とてもわかりやすいですね。
>でも1回行って、その次もどうしても行きたい人のために転売屋が活躍します。


これは、順番制になると転売屋が増えるという意味でしょうか?
(最初のさかもとさんのコメントにそのように書かれていたので)
繰り返しになりますが、順番制だろうが、完全抽選だろうが、確率が変わらない限り、チケットが取れない人の数が変わる訳ではありません。
変わるのは抽選前にある程度当たりそうか、望みなしかが予想がつくことくらいでしょうか?

この方法が「プロ」転売屋を減らすことにはならないという意味であれば、仰る通りと思います。
最初のコメントに書いた通り「アマ」出品者を減らすという観点から考えた方法です。
これは何の根拠もない私の印象なのですが、今の転売屋って「プロ」はどれ位いるのか疑問に思っています。当選確率が低いチケットを取るために複数アカウントを取得し、結果ダブついたチケットで小遣い(あるいは参戦費用)稼ぎをしようとしている「アマ」が相当数居るんじゃないかと思っています。

>僕はこの転売屋対策のための行動がまったく転売屋対策になっていないことが問題だと思っているのです。

さかもとさんがこのようにお考えになる根拠を教えて頂けないでしょうか?

私は撲滅できるかはともかく、相応の効果を挙げるのではないかと考えています。
本人確認、IC化の次の展開がまだ分かりませんが、予想がつくのはチケットレス化でしょうか?

本人確認が行われるという事で、確実に売れにくくなります。
オークションサイトを見てみると、住民票をつけますって謳っている出品者もいますが、個人情報を晒してまで行うのはかなりハードルが上がります。
同伴入場とすれば、その分のコストが嵩み、採算ラインが上がります。
転売相場が上がれば当然売れ行きは落ちるでしょう。
結果、リスクは上がり、リターンは下がる方向に向かうのではないでしょうか?
「プロ」転売屋にとっては、チケットはあくまで商材ですので、別にももクロでなくても良いのです。面倒臭い、売りにくい、儲け辛いチケットよりも、もっと簡単に稼げるアーティストに行ったほうが良いとなるかもしれません。
他方「アマ」出品者にとっては、同伴チケットを出品する者が増える可能性があります。
見ず知らずの落札者と一緒に参加するという事に、心理的なハードルこそありますが、採算ラインは極論すれば定価でも良い訳です。仮に定価の倍で売れれば、タダで公演が見れることになります。

まだ始まってもないことなので、もう少し様子を見てから評価しても良いのではないでしょうか?
しおりん風に言えば、「やる前から上手くいかないこと考えるバカがいるか~!!」とビンタが飛びます。

希望を言えば、当選後の返品・再流通のシステムを備えて欲しいと思います。
実際に転売を禁止することで、チケットの流動性を制限していますので、その部分を担保してほしいですね。
再流通時にそのコストを上乗せしたとしても、オークションで購入するよりも安くできるでしょうし。

再々度の長文、失礼しました。

URL | すこっと #-

2013/06/22 03:28 * 編集 *

すこっとさんへ


> >でも1回行って、その次もどうしても行きたい人のために転売屋が活躍します。
>
>
> これは、順番制になると転売屋が増えるという意味でしょうか?

どのような対策を講じても結局それを救済するために転売屋が策を練る、ということです。

複数アカウントにうまみがある以上は複数アカウント取得で当選率を上げようとするでしょう。
プロアマ問わず。
一方単アカウントで転売屋に頼らない人は当選確率が減り、しかも譲渡してもらえずにますます行けなくなります。

僕は「転売屋を無くすこと」と「ライブに行けなくなること」を分けて考えた方が良いと思っています。
譲渡や転売購入によりライブに行けているのならそれでいいじゃないか、と。
転売屋をしめ出すことが結局「当選率」も「行ける可能性」も減らしています。

> >僕はこの転売屋対策のための行動がまったく転売屋対策になっていないことが問題だと思っているのです。
>
> さかもとさんがこのようにお考えになる根拠を教えて頂けないでしょうか?
>
> 私は撲滅できるかはともかく、相応の効果を挙げるのではないかと考えています。
> 本人確認、IC化の次の展開がまだ分かりませんが、予想がつくのはチケットレス化でしょうか?
>
> 本人確認が行われるという事で、確実に売れにくくなります。
> オークションサイトを見てみると、住民票をつけますって謳っている出品者もいますが、個人情報を晒してまで行うのはかなりハードルが上がります。
> 同伴入場とすれば、その分のコストが嵩み、採算ラインが上がります。
> 転売相場が上がれば当然売れ行きは落ちるでしょう。
> 結果、リスクは上がり、リターンは下がる方向に向かうのではないでしょうか?
> 「プロ」転売屋にとっては、チケットはあくまで商材ですので、別にももクロでなくても良いのです。面倒臭い、売りにくい、儲け辛いチケットよりも、もっと簡単に稼げるアーティストに行ったほうが良いとなるかもしれません。
> 他方「アマ」出品者にとっては、同伴チケットを出品する者が増える可能性があります。


社会学的に考えると、ハードルが高いとそのコストをプロが担います。
結局チケット代に上乗せされていくだけで、席によっては10万でも買う人がいる現状ではチケットが高騰するから買い手がいなくなる、というのは批判になりません。
そもそも手間や人件費が掛かってチケットの定価が上がり、最初から手が出せる者と出せない者のラインが上がっています。
でも買う人は買う。
転売屋価格でさらにラインは上がるでしょう。
でも買ってる人は買っているわけです。

つまり、この日本の不況の中で買える人と買えない人がいて、そこのラインがますます高くなっていくことで下に居た人がますます買えなくなっていきます。


住民票で良いならそれを渡せばいいじゃん、と考える転売屋も当然いるでしょう。
転売屋はリスクを上乗せして売るだけです。


> 希望を言えば、当選後の返品・再流通のシステムを備えて欲しいと思います。
> 実際に転売を禁止することで、チケットの流動性を制限していますので、その部分を担保してほしいですね。
> 再流通時にそのコストを上乗せしたとしても、オークションで購入するよりも安くできるでしょうし。


これは賛成ですね。
行けなくなったチケットが紙同然になってしまうのはもったいない。
返金し、譲渡の再配分を運営が肩代わりしてくれるのは大事です。

URL | さかもと #-

2013/06/22 10:11 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #

2013/07/03 08:06 * 編集 *

nkksさんへ

コメントありがとうございます。

僕は去年あたりから強く言ってますが、チケット転売対策はライブに行きたい人にとって損失しかありません。
なぜここまでファンが転売屋撲滅に躍起になるのか意味がわかりません。
定価割れで提供している場合もありますしね。

自分のチケット運の無さを別の何かに押し付けてる感じですね。


AKBやダフ屋に関しては特に何も書いてませんし、そもそもどんな背景があるかも知らないので誰もこのブログに興味無いと思いますよ(笑)。


氣志團は遠いので行きません(笑)。
基本的にいっぱいアーティスト出るやつ好きじゃないんですよね。

URL | さかもと #-

2013/07/04 01:09 * 編集 *

公式オークションをやって金儲けって言われるのを否定するなら、
オークションの定価以上の分は、
寄付・チャリティにでも回すとか言えばいいかもね。

それこそ東京マラソンとか大規模のチャリティランナーとかあるしね。
(あれ一般の10倍の10万だし。。)

URL | たま #-

2013/07/12 23:25 * 編集 *

たまさんへ

コメントありがとうございます!


> >とにかく完全認証は人件費もかかりその分チケット代が高騰していくだけなので反対です。
>
> そんなん数万規模のキャパとかのイベントでやったら、
> 認証によって人件費が増しても、一人頭で割ると100円もしないんじゃないね。
> 認証チェックの人員の費用なんて一回で何千万もするの?


この前のももクロファンクラブイベントを例にすると、認証チェックが4つ設けられており、2人ずつ配置されていました。
認証に2時間使っており、僕が参加したのは4000人規模の時でした。
細かい計算はできませんが、単純に4万人を個人認証するとしたらこの10倍の人数が必要となります。
チェックだけで80人ですね。
他にごねる客もいるでしょうから対応係も必要となるでしょう。
おっしゃる通りキャパ総数で頭割りすれば微々たるものになるかも知れません。
ですがチェック項目を増やせば増やすほど時間も人件費もトラブルもトラブル回避の手間も増えていきます。
ももクロは会員証をICカード化するとのことで、その認識用の機械も金がかかっていくでしょう。


> それに転売対策によって、転売さんが諦めて参戦しなくなったら、
> ファンにとって確実に当たる確率は増しますよ。
> だから転売対策によって転売さんの退去を促すのは、
> ライブに行きたい人にとって、確実に得でしかありませんよ。


それは違います。
ライブに行きたいのだったら転売対策はしない方が良い。
例えば10回連続でライブに行きたい人が10回連続でチケットに当選することはなかなかありえません。
でもチケットが当選者以外でも使えるのであれば10回連続でもライブに行けます。
転売対策はこの可能性を無くしています。

転売目的の人がアカウントをいくつ保有しているかわかりませんが、
結局その使えなくなったアカウント数のパイを大勢のファンで奪い合い、外れたものはどんな手段を使っても行けなくなると確定するだけです。

僕はチケットの当選率を上げたいのではなく、行きたい人が行けるようになった方がムダがなくていいと思ってるだけです。


> あとチケットの流動性に関しては、
> いけなくなった分を運営側が回収して、それを再分配するのを
> 採用してるトコもありますよ。


早く全部のアーティストに適用して欲しいですね。
そのシステム管理費がまた上乗せされるんでしょうけど。


> そういうことを思うのならば、転売対策をするなというよりも、
> 運営側にオークション席を作れと要望するほうが正しいのではないのでしょうか?
> 転売にしろ、公式オークションにしろ高騰したら、
> 一般ファンでは手の届かないことになるかもしれないが。。
>
> 運営側によるオークション席はこれこそ、画期的だと思うけど、
> これを実行するのは相当勇気がいるだろうね。


それこそ運営が叩かれそうですね(笑)。
いろいろ考えていくと、大量にファンが去り、それ以上に大量にライトファンが入っていくような感じになりそうな気がします。

URL | さかもと #-

2013/07/13 10:39 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1582-6fc7ca1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top