07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

トークイベント「世界が感情を取り戻す その後」が終わって 

10月13日(日)に新宿ロフトプラスワンでトークイベントを行いました。
それにまつわる話はいろいろあるんですけど、それはまぁ別にいいや。
編集長奮闘記アピールってだけなんで。


軽い気持ちで「ももクロ論壇第二弾同人誌刊行イベントをロフトプラスワンでやるか」ってつぶやいたら、平成ノブシコブシの徳井さんが「呼んでくださいよ」と乗ってくださり、実際に開催することができました。

新宿ロフトプラスワンと言えば僕が上京してからほんとあこがれの場所で、大槻ケンヂが大好きな僕はやはりのほほん学校のイメージがあって。
あとはやはり宮台真司関連で何度か足を踏み入れた場所でもあります。
園子温監督作品『紀子の食卓』の公開記念イベントもあって、その時に新興宗教を題材にしたものを撮影してると知って高まった記憶があります。のちの『愛のむきだし』です。

最近では宮台真司とナンパ塾講師の「愛の授業」というのに参加しました。
これは電子書籍にもなっているのでぜひ読んでいただきたいのですが、いわゆる「ナンパ」というのではなく、もっと「対人間」について語られた書籍なのでぜひ。

これらの熱い思い入れがあるロフトプラスワンの壇上に僕が登壇するなんて。
世の中何が起こるかほんとわかりません。
だって第一弾同人誌を出したのも今年の春ですからね。
そしたらこんな事になってました。


徳井さんの予定とロフトプラスワンのスケジュールを照らし合わせこの日になったんですけど、店長さんがほんと良い人で、ここにして良かったとほんとに思いました。
もし何かイベントを企画している方がいれば、ロフトプラスワンをおすすめします。

音響もそろってるし映像も残せるし、パソコン使ってネット配信までできます。
そんな居酒屋あります?
しかも何度もイベントを行ってるのでかなり手馴れており、素人の僕たちにとっても大変ありがたかったです。

何より魅力なのはスペースレンタル費というのが厳密に言うと無い事です。
僕たちの場合は、登壇者や作業スタッフはみんなボランティアでやってもらってて、イベント用の印刷費や雑費ぐらいしか掛かってません。
ただ時間内の売り上げが一定額出ないとマイナス分を我々が負担することになっています。
なので入場料と飲食代がいっぱい出ないと残りを自腹で払う事になります。
だから当日まで予約数が少なかった僕は「20000ぐらい腹切るか」と覚悟してました。
結果から言うとこの日はいろいろ差し引きしてプラス1,000円ぐらいになりました。
(と言っても同人誌の印刷費に至っては完全にマイナスなんでほんとみなさん第二弾いっぱい買って完売にしてください、という気持ちです)


トークイベントもMCもやった事が無い僕ですが、以前仕事で人前でプレゼンをする機会が何度かありまして、それがあったので「人前で話すこと」に対してはあまり心配はありませんでした。
しかも芸人さんが来てくれますからね、僕がやることはあまりありません。
それに壇上はライトで客席がほとんど見えないんですよ。
なので人目を気にして緊張するというのが皆無でした。


登壇して、「ももクロ論壇編集長さかもとです」と言った時点で僕の仕事は終わりました。
半ばギャグで「編集長」と名乗ってたらトークイベントで自己紹介するまでになりました。
言ったもん勝ちです。


一応宮台先生に倣って社会学とももクロを語ろうかとも考えていたのですが、登壇者同士での対話をメインにしていきました。
序盤は第一弾、第二弾の執筆陣と一緒に同人誌について語りました。
ところどころ頭よさげに見せようと語ったりもしました。
徳井さんが登壇した時にその事を突っ込まれて嬉しかったです(笑)。


徳井さんが到着したという合図が来たので、その後僕と徳井さんとでももクロ話。
同人誌の感想とか聞きながら楽しくお話できました。
ほんとプロの芸人ってすごい。
おもしろいこと言うし、展開はなめらかだし、話すこと引き出してくれるし。

というか至近距離で芸人と話す機会なんて無いですからね!
あーおもしろかった。
芸能界の話とか山里さんの話とかいろいろ聞いたけど、それは会場に来たみなさんだけの特典です。
ハライチ澤部さんが『世界が感情を取り戻す ももいろクローバーZ論』を買ってくださったと聞いてすごく驚きました。
徳井さんは澤部さんから同人誌のことを聞いたみたいです。
あと徳井さん全部読んでくださってた!
マガリーという定期購読のところで同人誌の感想を書いてくださったそうです!
読まねば!


その後は杏果ちゃん推しスーパー最古参のヒロシさん(有安杏果応援ブログの方です)にもご登壇していただく。
この方は第一弾発売のニコニコ超会議の超文学フリマスペースにも来てくださいまして、今回もお客さんとしてトークイベントに行きますと予約してくださった所僕が「いやいや登壇してくださいよ」と説き伏せてご登壇いただいたのでした。

子役時代から杏果ちゃんのファンでいろいろなお話をうかがうことができました。
お客様も喜んでいただけたかなと思います。


ほんとあっと言う間に時間が過ぎてしまい、質問コーナーも3人ほどしか聞けませんでした。

その後バタバタと終了。
物販では僕とのチェキが撮れるということで長蛇の列が、ということはなく、5人ほどとチェキ撮影しました。


徳井さんにお礼を言い、そのくせサインとチェキ撮影のお願いをしっかりとして、かなり厚かましい奴でした。
素人ってほんと怖いもの知らずですねぇ。
でも徳井さんは良い方なので、また呼んでください、と言ってくれました。
何より壇上で僕のことを友達と言ってくれたのが嬉しかった。
もちろんただの素人とプロの芸人という立場であることはわかってますが、それでも嬉しいですよ。



ほんといろんな人に助けられました。
企画運営を手伝ってくれたり、同人誌の販売をしてくれたり(この方は超文学フリマでも長時間一緒に販売してくださいました)、ロフトプラスワンスタッフさんだったり、もちろん登壇してくださった方もそうだし、結婚式に呼ばれてるのに撮影のためだけに少しの時間だけ来てくださった方とか、この日に来てくださったお客様みなさんもそうです。

この日成功したと言えるとすれば、それはみなさんのご協力があればこそです。

いやぁももクロってほんとすげぇなー。
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

さかもとさんこんにちは。ヒロシです。
この度は、そんなさかもとさんの思い出の場所に
お呼びくださり、ありがとうございました。
当初、何を話したらいいんだろうと
とっても緊張していましたが、さかもとさんの
絶妙なMCおおかげでだいぶ救われました。
終わってみて何かほんとに楽しかったなと
今でも感慨しきりです。あと盛り上げてくださった
読者の方々にも感謝です。
そして徳井さんはいい人でした。

URL | ヒロシ #-

2013/10/17 22:49 * 編集 *

ヒロシさんへ

コメントありがとうございます!

> この度は、そんなさかもとさんの思い出の場所に
> お呼びくださり、ありがとうございました。


こちらこそただ予約しただけの方を出演させてしまいすいませんでした(笑)。
おかげさまでトークイベントに行って良かったという方がいっぱいいらっしゃいました!


> とっても緊張していましたが、さかもとさんの
> 絶妙なMCおおかげでだいぶ救われました。


ほとんど何もしてませんけどね(笑)。
徳井さんすごいですねぇ。


> 終わってみて何かほんとに楽しかったなと
> 今でも感慨しきりです。


あっという間でしたね。
いただきもの堪能させていただいております!
トークイベントDVDを堪能してください(笑)。

URL | さかもと #-

2013/10/18 07:15 * 編集 *

イベントお疲れ様でした。
イルミナーレも読ませていただきました。
音楽に詳しくないので読むのが大変でしたが。
読み終わってもよく解からない曲があります。

乙女戦争ですが、大きいライブでは必ずセットリストに入ってる代表的な曲です。
ファンの間では不人気だったりしますが、今回の秋ツアーにも入ってて、乙女戦争じゃなくてZ伝説だろうとか思ったりしました。
そんなあまり盛り上がらない印象の乙女戦争ですがツアーからも外せないくらい凄い曲なんでしょうか?
この曲の魅力がよく解からないので教えていただければなと思います。

ちなみに私にとっては好きな曲になります。(曲が好きというよりダンスが特徴的で好きなのですが)

URL | ライディーン #-

2013/10/19 20:41 * 編集 *

ライディーンさんへ

コメントありがとうございます!


> 乙女戦争ですが、大きいライブでは必ずセットリストに入ってる代表的な曲です。
> ファンの間では不人気だったりしますが、今回の秋ツアーにも入ってて、乙女戦争じゃなくてZ伝説だろうとか思ったりしました。
> そんなあまり盛り上がらない印象の乙女戦争ですがツアーからも外せないくらい凄い曲なんでしょうか?
> この曲の魅力がよく解からないので教えていただければなと思います。


僕も教えて欲しいです(笑)。
7分の曲をやるぐらいなら3分半の曲を2つやって欲しいです。

ただセットリストに組むのは認知度が高いと運営が判断したことと、
大々的に発表したシングルなので外すに外せない、と言ったところでしょうかねぇ。
実際この曲が一番好きという人はいないでしょうけど、やったらやったで盛り上がりますからね。
振り付けが特徴的でやりやすいですし。

URL | さかもと #-

2013/10/22 03:26 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1730-fad66e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top