09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

中野サンプラザはまだまだデカイ 

2013年11月11日。

2&(ダブルアンド)と我等メロLIVE感(通称ガラメロ)の事務所が主催のアイドル&ファッションショーイベントに行ってきました。
場所は中野サンプラザ。
中野と言えばももクロの中野DVDにて魂を直撃された僕としては一度は足を踏み入れてみたかった会場です。

入ってみてまず大きさに驚く。
というのも地下アイドルのイベントというのは普段小さなライブハウスがメインで、そこも埋まらない事が多く、今回はグループが多数出演するのですがそれでも空席の方が多いという現状がありました。
なので余計中野サンプラザの会場が広く感じました。

でも地下アイドルを見ている人たちにとっては空席があるなんてのはお構いなし。
自由にステージの前に張り付いて、推しのグループが終わったら次のファンに場所をゆずるといういつもの光景が見られました。

ドメジャーな巨大なフェスになるとお目当てのグループが出るまで最前列に張り付き、興味無いグループが出たら応援もせずにずっと黙っていてファンの人たちと交代もしない、というのが批判の対象になっています。
地下アイドルは空間が広く、推しのグループが終わったら後ろのファンに「応援していただきありがとうございました!」というような挨拶をして場所を譲る、という文化があります。
僕が地下アイドルのイベントを見るようになってまず感心したのはこうした文化でした。

もちろんファンによっては無作法な応援の仕方を繰り広げて悦に入っている人たちもいますし、ファンの規模が拡大していくにつれて段々良き文化が薄れていくこともあります。
すでにファン内での内輪ネタが完成されているところもあり、新参には入り込むチャンスが無いというところもあります。

「文化」があるから良いということでもないですが、人として気持ちがいい振る舞いは残っていて欲しいですね。



さて、イベントの途中から参加したのですが感想を書きます。

RIDEという3人組がかわいくて見たかったんですけど全然間に合わず見られませんでした。
物販に行ったけど僕の事まったく覚えてませんでした。
ここにきて僕の特殊能力である影の薄さが本領発揮です。
物販で待ってたら大学生のノリの人たちが6人ぐらい来てRIDEを囲み、スタッフが整列を促してもそれを守らずにウェーイウェーイ騒いでたので邪魔だったので立ち去りました。

なんでこう大学生のノリの人とかヤンキーとかって一人になるとすげぇいい奴なのに集まるとクズになるんでしょうね。


【我等メロLIVE感】

決まり文句として「ダンスも歌も下手だけど それでも伝えたい想いがある 我等のメロディをライブで感じろ」というのがあるんだけど、ここはもっと叫んでいいと思います。

一曲目の最後に段々舞台から下がって行ってその後舞台裏から自分たちで「ガーラメロ!ガーラメロ!」とアンコールを煽るのがいつも笑ってしまうので今後も続けて欲しい。



【PIECE】

先日柳田絵美花ちゃんが脱退し4人になったPIECE。
新メンバーを募集してたと思うんだけどその後どうなったのかな?
僕としては新メンバーも期待です。

なんだけど、4人になって初めてのステージを見まして「4人でもすげぇ良いじゃないか!」って思いました。
一人抜けたのが気にならないというか、むしろ4人の収まりの良さが全面に出てて良かった!

あと中野サンプラザでも相変わらず客席に脚立を立ててその上から観客を煽ってました。
素晴らしい。
客席の間の通路でサークルができて回る。
サークル途中で知り合いと遭遇。なんなんだこのお祭り。


PIECEについて思うのは、リーダーの池城さんは客煽りに撤しない方が良い気がします。
曲中の煽りは杏ちゃんに任せ、池城さんは自身のパフォーマンスに集中した方がいいと思います。
リーダーの特性が強すぎる感じなので常に周囲が見えてしまう感じなんですよね。
素晴らしい能力なんですけど、「ライブ」って予定調和で支配できない感情の発露の場だと思うんですよね。
もちろんブレーキ役は必要なんですけども。
「練習通り決まった動きをそのまま披露する」のだけがライブじゃないと思うんですよね。
池城さんは人間的にも素晴らしくチーム内でも存在感がすごいと思うので知らず知らずの内に統制を取っちゃうんじゃないかと。

もっと「異分子」を演出するために統制を崩した方が良いと思いました。
仲悪くなれって意味じゃなく、わかりやすく言えば「ハプニング感」です。

そこで重要になってくるのが僕の推しメンである加藤絢乃ことあやぴーですよ!
彼女が持つ柔らかい統率感があればメンバーは崩れませんから、あとは4人でもっとはちゃめちゃにぶち壊していけばいいと思うんですよね。
脚立がパターン化してしまうとダメなので杏ちゃんが脚立奪ったりしていいと思うんですよねぇ。


【2&】

『リアル』のイントロを何度も繰り返し、その間に自己紹介とメッセージを言う。ずっと振り付けの通りうつむいたまま話し出すのが「真面目だな」って思える。
振り付けを守らなくて良いよ、っつって。

間奏で片手での前回りっていうのか、前転っていうのか、それを連続5、6回やっててすごかった。
元々体操をやってたそうで身体能力の高さがすごい。
それに身長が145cmぐらいなので軽やかです。

『ネガポジmonster』で観客が手をつなぐ場面があるんだけどここで多くの観客がひとつになったのが感慨深かった。


物販ではフランスでアイドルイベントを開催する予定の外国人の方が来てまして、もしや2&がフランス公演か!となった。
海外に赴任なさってて先ごろ帰国されたももクロ仲間の方が英語で通訳してくださって助かりました。
通訳すげぇな!



このイベントに800人を超えるお客さんが来たそうです。
でも出演したアイドルがその後ロビーで物販を行うので客席の入れ替わりが激しいんですよね。
だから客席だけ見ると人が少ないように見えるんですよね。
ロビーが人であふれかえってましたから。

まぁ終演後に全グループが物販をやるなんて不可能なのでしょうがないんですけど。

ロビーでも舞台の映像流せばよかったかも知れませんね。
金掛かるか。


あと2011年の時点でここを満席にしていたももクロってすでに売れてたんだなぁ、と実感。
ももクロ見てるとチケット完売が当たり前に思えてくるけど、それは普通じゃないんだなって思って、やはりももクロの凄さを痛感しました。
スポンサーサイト

テーマ: イベント - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1769-b749ac23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top