05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

私立恵比寿中学職員会議「サブカルは2度死ぬ」で語られた3B改編について 

新宿ロフトプラスワンで行われた「職員会議」に行ってきました。

アイドルグループ私立恵比寿中学のマネージャー(校長)などの関係者を「職員」と呼ばれているのですが、そのエビ中のスタッフのトークイベントが「職員会議」です。
今回で5回目だそうで、もうぎゅうぎゅう詰めの満員御礼。

実は僕も以前ロフトプラスワンでイベントを開いたことがあったのですよ。
ありがたいことに多くの方にお越しいただきましたが、「職員会議」はその倍ぐらいの客入りでした。


さて、私立恵比寿中学は3人が転校(脱退)し、2人が転入(加入)することが決まっています。
そのために今回の「職員会議」はかなりギラギラしたファンが集まっているようでした。


かなりおもしろい内容だったので気になったことを書き出していきたいと思います。



● なぜ転校の発表がライブなどファンの前ではなくユーストリーム配信だったのか

秋には転校が決まっており、その後発表できるのはツアーファイナルのさいたまスーパーアリーナやクリスマス公演、「俺の藤井」という3Bアイドル総出演のイベントなどがありました。

ですがコンビニがスポンサーについているライブではメンバー脱退の告知をすることが許されなかったそうです。
また年明けの「俺の藤井」では、そこが9人のエビ中が最後のステージとなってしまうので、できれば「俺の藤井」が9人最後という情報を知ってもらってから心構えを持って見て欲しい、と。
あと「から「俺の藤井」に行ってればよかった!」と落胆する人たちを出したくなかったそうです。

なのでファンの前で発表できるタイミングがなくなり、ユーストリームでの発表になったそうです。


【修正追記】
→サークルKサンクスのクリスマスキャンペーン期間中の発表にはストップがかかり、クリスマスキャンペーンが終わる12月26日以降じゃないと発表できなかった。1月4日の発表にしなかったのは、ライブが終わってからアレが最後の機会だったのかとはしたくなかった。結果、26日にUstで発表することになった。
(ありがたいことに修正意見をいただいたので追記させていただきます)


● ユーストリームでの発表は、事前に録画していた残留メンバーへの脱退告白動画ではいけなかったのか

これもかなり時期について悩んだ結果だそうです。
そもそも4月の武道館で3人が転校するという事に決めたことが理由でした。

まず瑞季ちゃんと裕乃ちゃんが3月9日で転校することを決めていました。
そしてなつちゃんがすでに留学が決まっていました。そして4月の武道館でなつちゃんだけ転校するという流れだったそうです。
でも留学から帰ってきたなつちゃんが二人の転校に立ち会えないのも、二人がなつちゃんの転校に立ち会えないのも違うのではないか、ということに気付き、そこからスケジュールを考え直したそうです。

なので、二人が3月9日にエビ中を一旦離れることはそのままにし、4月の武道館公演の練習などにだけ二人が関わる、という事にし、転校は3人で同時にファンの前で行う、という事にしたそうです。


【修正追記】
→映像中で3月9日で転校と言っているため、映像は使えなかった。
映像収録段階では武道館は取れていない。武道館が取れたのはSSA後。
(ありがたいことに修正意見をいただいたので追記させていただきます)


● 「俺の藤井」で新メンバー二人にエビ中のTシャツを着せたのか

まず「俺の藤井」はももクロ班やエビ中班など、いろんなスタッフが運営に関わっていた、と。
演出を任される部分もあれば総合ではももクロ班が担当するなどの違いがあった。
あの場では新メンバーの紹介をせず、終演後のチラシにて発表する形にしたと。
エビ中班の演出で勝手に決められない範囲の事だったから。

ただチーム大王イカの最後の公演だったにも関わらず、そこから二人を先にエビ中のTシャツを着させてしまい、大王イカとしての最後の挨拶に二人が欠ける形になってしまったのは校長自身大変申し訳なかったと言ってました。そこまで気付けなかったと。

また、9人としての最後のエビ中の挨拶で、美怜ちゃんがももクロの夏菜子ちゃんを呼び込んでしまい、結局エビ中として挨拶することができなくなってしまった事に対し、校長はかなり叱ったそうです。
美怜ちゃんにはかなりプロ意識の高いものを要求しているそうで、美怜ちゃんへの期待度や信頼度の高さがうかがえるエピソードだと思いました。


【修正追記】
→「俺の藤井」の演出はエビ中チーム。ももクロチームが入っていたのは映像収録部分。3部全体のお祭りなので、新メンバー発表はあの場でしないことにした。寸劇とチラシでの発表でエビ中っぽさを出したつもりだったが、上手く伝わらなかった。
(ありがたいことに修正意見をいただいたので追記させていただきます)


● そもそも3Bとは何か

今回大変興味深かったのが、ももクロや他のスターダストアイドルにも関係する「3B」という新体制についての言及です。

スターダストは3Bという部署で女優を目指す小学生、中学生、高校生にみにちあベアーズや3Bジュニア、ももクロを筆頭とする各アイドルグループなどを結成させて、女優としての訓練を幼い頃から積ませてきました。
おそらく理事長こと藤下リョウジ氏の考えによるのだと思われます。

そこから今後「女優」と「アイドル」を明確に分ける事にしたと。


私立恵比寿中学のメンバーは、ひなたちゃん以外にそれぞれマネージャーがついているそうです。
エビ中としての活動の時は藤井校長がマネージャーとして担当し、それ以外の個別の仕事は校長はノータッチ、という事だそうで、それは知らなかったので驚きました。

つまり、3Bという「女優」と「アイドル」を分ける新体制により、彼女たちに今後女優側に付くかアイドル側に付くかの判断を迫った形になります。
おそらくそれがKAGAJO☆4Sの解散やエビ中3人転校のきっかけなのだと思います。

僕は3Bの新体制に何の意味があるのかわかりません。
スターダストとしてアイドル部と女優部に分けることで儲かる(もしくは損失が減る)のかも知れないし、女優部のマネージャーはアイドル部のマネージャーを小馬鹿にしている面もあるということですから、何か確執があるのかも知れない。

でもそれが彼女たちアイドルのためになっているようには思えないのです。


ファンがよく言うように、アイドルを目指してはいなかった女優の卵たちが「人前に立つ練習」ということでアイドルグループに加入させられ、そこで懸命にがんばる姿、アイドルとして未熟だけど必死にアイドルを目指そうとしている姿に惹かれるのに、「アイドルはアイドル」「女優は女優」と分ける事に魅力があるのか。

もちろんこれはファン側の目線なので彼女たちには彼女たちの考えがあるのでしょうし、会社としても会社の考えがあるのでしょうから、まったくの見当違いな意見なのかも知れません。

だとしても、ですよ。
結果的に彼女たちに解散や転校といういらぬ決断をさせ、涙を流させたのは事実です。


きっとファンとしては、「これ以上彼女たちを悲しませたら許さねぇぞ」という感じなんじゃないでしょうか。



今回の「職員会議」は藤井校長の真摯な対応とファンと向き合う姿勢、そしてメンバーを想う気持ちの強さと覚悟を感じました。
そしてなにより彼がかなりクレバーだということが伝わってきました。

特に新メンバーを3人が転校する前に入れるということの考え方に感心しました。
きっとファンはエビ中運営をより信頼したことだと思います。

藤井校長もいろいろ制約がある中で出来る限り言える事は全部言ったと思います。



3人がメンバーに転校する事を告白する動画を見る事ができたのですが、ここでの彩花ちゃんとなつちゃんのやりとりが涙を誘いました。
2人は同期であり、校長から見ると彩花ちゃんの素晴らしさを引き出すのが一番うまいのがなつちゃんであり、彩花ちゃんもなつちゃんにかなり頼ってきた部分があったそうです。
3人の転校で一番心配なのは彩花だ、と言ってました。

なつちゃんが彩花ちゃんに優しく語りかけ、彩花ちゃんは号泣しつつもしっかりと目を開いてなつちゃんの目を見つめて子供のようにうなずいて聞いていました。


「安本がエビ中の事が嫌いになって脱退するようなグループはエビ中なんかじゃない。あんな良い子が嫌になるようなグループにはしない」というような事を藤井さんは言ってました。


スターダストという大手事務所に、こんなに素晴らしい中学校があることが今後かなり重要になってくるであろうという事を予感させるトークイベントでした。



スポンサーサイト

テーマ: ももいろクローバーZ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

● なぜ転校の発表がライブなどファンの前ではなくユーストリーム配信だったのか
→サークルKサンクスのクリスマスキャンペーン期間中の発表にはストップがかかり、クリスマスキャンペーンが終わる12月26日以降じゃないと発表できなかった。1月4日の発表にしなかったのは、ライブが終わってからアレが最後の機会だったのかとはしたくなかった。結果、26日にUstで発表することになった。

● ユーストリームでの発表は、事前に録画していた残留メンバーへの脱退告白動画ではいけなかったのか
→映像中で3月9日で転校と言っているため、映像は使えなかった。
映像収録段階では武道館は取れていない。武道館が取れたのはSSA後。

● 「俺の藤井」で新メンバー二人にエビ中のTシャツを着せたのか
→「俺の藤井」の演出はエビ中チーム。ももクロチームが入っていたのは映像収録部分。3部全体のお祭りなので、新メンバー発表はあの場でしないことにした。寸劇とチラシでの発表でエビ中っぽさを出したつもりだったが、上手く伝わらなかった。

という話だったかと思います。

URL | やまもと #-

2014/01/19 10:50 * 編集 *

やまもとさんへ

コメントありがとうございます!


> ● なぜ転校の発表がライブなどファンの前ではなくユーストリーム配信だったのか
> →サークルKサンクスのクリスマスキャンペーン期間中の発表にはストップがかかり、クリスマスキャンペーンが終わる12月26日以降じゃないと発表できなかった。1月4日の発表にしなかったのは、ライブが終わってからアレが最後の機会だったのかとはしたくなかった。結果、26日にUstで発表することになった。
>
> ● ユーストリームでの発表は、事前に録画していた残留メンバーへの脱退告白動画ではいけなかったのか
> →映像中で3月9日で転校と言っているため、映像は使えなかった。
> 映像収録段階では武道館は取れていない。武道館が取れたのはSSA後。
>
> ● 「俺の藤井」で新メンバー二人にエビ中のTシャツを着せたのか
> →「俺の藤井」の演出はエビ中チーム。ももクロチームが入っていたのは映像収録部分。3部全体のお祭りなので、新メンバー発表はあの場でしないことにした。寸劇とチラシでの発表でエビ中っぽさを出したつもりだったが、上手く伝わらなかった。
>
> という話だったかと思います。


訂正していただきありがとうございます。
そのように追記させていただきます。

URL | さかもと #-

2014/01/19 12:14 * 編集 *

スターダストの覚悟かもしれません

いつも楽しく読ませていただいています。

女優とアイドルを明確に分けるー正確にはアイドルを事業としてちゃんとやっていく。

長い目で見た場合、いつかは決断しなければならなかったと思います。

明確にすることで、各タレントをどう売っていくかという戦略とそのための投資も明確になっていくでしょう。

これは、ももクロの成功体験への危機感だとも思えます。

正直、ももクロは戦略があって成功したわけじゃないと思えます。
様々な偶然と絶妙なタイミングのところが大きい。

つまり、体系化できていないのだと思えます。
※もちろん、体系化すれば良いかといえば、そうとは言い切れませんが

偶然とは、メンバーであり、楽曲であり、演出であり、ドラマ性であり、その要素は多岐に渡ります。

それら一つ一つを分析し、応用できるか、そのためには何をしていくべきか。
それをやるためには、女優の育成機関ではなく、アイドル部門として独立させる必要があったのだと思えます。

「アイドルを本気でやっていく」
その覚悟だと思えます。

成長の物語は、アイドルだけでもできます。
先人である、モーニング娘。やAKBが実証しています。

脱退をしなければならなかったメンバーは可哀想だと思いますが、長い目で見たら、本人達にとっては良い結果になるかもしれません。

ファンには辛い話ですが、今はターニングポイントの時期なのかもしれません。

そして、彼女達がより輝くように応援することが、ファンのやるべきことなのではないでしょうか。

URL | yoturn #-

2014/01/19 13:05 * 編集 *

yoturn さんへ

コメントありがとうございます!


> 女優とアイドルを明確に分けるー正確にはアイドルを事業としてちゃんとやっていく。
>
> 長い目で見た場合、いつかは決断しなければならなかったと思います。


確かにおっしゃる通り遅かれ早かれこのような決断はくださなければならなかったのでしょうね。
「スターダストは女優事務所」というイメージがかなり薄れてきているのかも知れませんし。


> 正直、ももクロは戦略があって成功したわけじゃないと思えます。
> 様々な偶然と絶妙なタイミングのところが大きい。
>
> つまり、体系化できていないのだと思えます。
> ※もちろん、体系化すれば良いかといえば、そうとは言い切れませんが


もうももクロのようなグループは生まれないでしょうね。
もちろん多くのアイドルがももクロ的になる必要は無いわけで。

もしかしたらももクロに憧れてアイドルを目指す子が増えたから分けたという単純な理由もあるのかも知れませんね。
逸材がいっぱい面接に来たのかも。


> 脱退をしなければならなかったメンバーは可哀想だと思いますが、長い目で見たら、本人達にとっては良い結果になるかもしれません。
>
> ファンには辛い話ですが、今はターニングポイントの時期なのかもしれません。
>
> そして、彼女達がより輝くように応援することが、ファンのやるべきことなのではないでしょうか。



これはもう意地でも良い結果をマネージャーなりが出すべきですよね。
ファンからしたら彼女たちはアイドルを辞めさせられたわけですから。
(女優を選ばされたというか)
女優の道を選んだ以上は絶対に女優として華開かせて欲しいです。
ファンは応援すればいいだけなのでやることははっきりしてますね。

URL | さかもと #-

2014/01/20 01:16 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1845-ce77ce6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top