09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

梶原放送局ゲスト ヒモショウヘイさんの考え方と振る舞い 

梶原しげるさんと『ネプリーグ』などで放送作家をなさってるももクロファンでおなじみの伊東さんが司会をするユーストリームでの不定期配信『梶原放送局』にお手伝いに行って参りました。

ももクロ論壇の評論誌『世界が感情を取り戻す ももいろクローバーZ論』と『イルミナーレ ももいろクローバーZ音楽論』の宣伝もさせていただいた事もありました。
ツイッターなどに上がったコメントを読み上げる役をなさってた方が現在多忙ということで、代打としてお邪魔しております。


『梶原放送局』は震災以降に立ち上げたユーストリーム番組だそうで、有志が無償で集まって番組を作っているということを知り感銘を受けました。
微力ながら(というかむしろマイナス?)お手伝いさせていただいております。

ちなみに来週は都知事選を受けてニコ生などでもおなじみの角谷氏をお迎えしての大激論になる予定ですのでぜひご覧いただきたい。
都知事選ってかなり重要な選挙になりそうですからね。
ご自身の考えを固めるという意味でもご視聴いただけるとありがたいです。
僕は政治をまったく知らないので勉強させていただきたいと思います。


さて、昨日は1,000人以上の女性に総額1億円貢がせた男ヒモショウヘイ氏をお迎えいたしました。


概論を言うと、「ヒモ」を依存型とビジネス型に分けて、ショウヘイ氏はビジネス型である、というスタンス。
ビジネスパートナーとしてギブアンドテイクで成立している、ということでした。

彼はヒモをマニュアル化をし自分は特別ではなく誰でもできるものだという意見でした。


ですが隣で見ていてわかるのですが、彼はかなりクレバーであり経験値も豊富です。
さらに洗脳や自己啓発セミナーのような知識にも長けているようでした。
そしてコミュニティを形成できるほどの利他性なども兼ね備えていました。


彼は「感情をコントロールする」と言います。
セックスが最終目的ではなくその先の「女に貢がせる」というのが目的・ゴールである、と。
なのでセックスするのは過程でしかなく、そこに感情を持ち出さない、ということを言っていました。

まずこの「感情をコントロールする」というのが極めて自己啓発セミナー的振る舞いです。
普通人は感情をコントロールできません。

感情を無くし機械的に生きる事は可能です。
(そのアンチテーゼとして「世界が感情を取り戻す」を書きました)

でも感情が発生することをコントロールすることはできません。
早い話が勃起したらセックスしちゃう、という話です。

ヒモショウヘイ氏は1,000人以上とセックスをしているという程の経験値の膨大な蓄積があります。
だからこそできる「ヒモビジネス」なのです。


人はカテゴライズできませんが、1,000人以上とセックスをしており、その数倍の女性と失敗しているであろう彼にとって、ある程度カテゴライズできていると思われます。

そういう人物だからこそヒモビジネスができるのであり、彼が伝えるマニュアルを実践したところで誰もヒモになんかなれません。
頭が良く洗脳の手順も踏まえている。
大変おもしろい放送でした。
視聴数は少なかったそうですが、アーカイブが残ってると思うのでぜひご覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/43291173


宮台真司監修『絶望の社会の希望の恋愛学』に書かれているようなものとはまた違ったもので大変おもしろかった。
ぜひ今度は高石宏輔(カウンセラー)@lesyeuxx と公家シンジ(ナンパ講師)@qqille をお招きいただきたいですねぇ。
スポンサーサイト

テーマ: 生き方 - ジャンル: ライフ

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1860-610fa4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top