10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ももクロから人に会う事を学んだ 

「筋肉少女帯VS特撮」という対バンがありました。

筋肉少女帯は僕が高校生の時からファンなので、もう18年ぐらいになりますか。
アイドルファンで言えばもう古参レベルですね。
熱心に追ってないし自分から「俺古参」とか言うつもりもありませんしね。

特撮はオーケンとピアニスト(今はキーボーディスト?)の三柴理や、ももクロの作曲者でおなじみのNARASAKIが参加しているバンドです。
特撮は結成当初からのファンなので最古参ですね。
これまた熱心に追ってないし、特撮のライブ自体10年以上ぶりなので最古参など言うつもりなんかありません。
NARASAKI古参と言ってもコールターオブザディーパーズのファンというわけでもないですし、そもそも英語でバンド名を書けません。
英語表記が極めて苦手なわたくし。


ライブ内容はまぁ楽しめたんですけど、アンコールになってさっきまで騒いでたファンが全然声出さないのがとても残念でした。
いい気になってコールとか合わせてたじゃん。どや顔で(まぁ顔は当然見てませんがどうせどや顔ですよ、まったく)この曲はこういうコールなんだぜ、みたいにしてたじゃん。
なんでアンコールになると黙るんだ。

前にいた女性がアンコール発動したので僕も乗っかったんですけど、ついてきたのは10人に満たない感じでした。
終了のアナウンスまで少し時間があったので絶対アンコールが盛り上がるのを待ってたんですよ、あれは。


Perfumeがドームかどこかで公演した時に、アンコールが1人しかいなく、その後出てきたメンバーが「アンコールありがとうございます」と言ったのが悲しげで残酷だった、という噂を聞いたことがありますが、それを聞いてから「ももクロでは絶対にアンコールで埋め尽くしてやるぜ!この声届かなくても何度でも!」という「コノウタイズム」を持つ僕です。

まぁアンコールは強制じゃないのはわかっております。
アンコールしたくないということは「もう出てこなくていいよ」と思ってるのでしょう。
それなのに公演終了のアナウンスが流れた途端に「えー、アンコール無しかよ」みたいに言ってる奴らが結構いて、「お前はおかわりと言わないくせにおかわり持ってこないと女房を殴るようなDV野郎か」と思った。

嘘。思いませんでした。
単純に馬鹿かよ、って思った。


僕は何回だって見たいからアンコールしますよ。



さて、このライブは最初行く気無かったんですけど、映画『ヌイグルマーZ』の公開で特撮の名曲「ヌイグルマー」をやるだろう、というのと、ツイッターでフォローしている夏菜子ちゃん推しの方が行くとつぶやいてたので、なんか行きたくなってきました。
遠方からお越しなので良かったらご挨拶でも、と思いツイッターでやり取りをしました。

終演後に落ち合い翌日帰るということなのでそのまま居酒屋へ。
ツイッターで飲みに行く事をつぶやいたら以前からお世話になっている夏菜子ちゃん推しの方から参加表明が。
どうぞどうぞ。
ツイッターってすごいなぁ。


ということで3人でももクロ話をしました。
仮に、カメラさんと絵描きさん、と呼びます。
カメラさんは以前からお世話になってる方で、一緒に地下アイドル見に行ったりもしてます。
絵描きさんはももクロのみで、今回の飲み会は地下アイドル組二人で絵描きさんを地下に引きずり込む、という構図に。


二人が言ったのは「地下アイドルを見てるとももクロがいかに化け物かがわかる」「AKBはもうすごすぎて誰もあんなのになれない」ということでした。

AKBの戦略は文章化できるんですよ。
CDの売り方もとてもわかりやすいです。

でもももクロの売れ方って理解不可能です。
ほんと「売れたから売れた」としか言えません。

絵師さんは広島の方なんですが、ぜひ広島の地下アイドルを2回ぐらい見に行っていただきたい。



さて、長くなりましたがこれらは前振りでして、今回書きたいのはタイトルにもあるように、「ももクロのおかげでいろんな人に会うようになったな」ということです。


元々僕は人が嫌いでかなり鬱屈した子供でした。
20歳を越えてもそれは変わらず、青森から東京に出てきてもずっとそんな感じでした。

厭世的だし人間不信だし自分が一番頭いいと思ってるような馬鹿でした。

その後いろいろ学びまして徐々に人間味を帯びてきたのですが、ももクロに出会ったことで完全に人生が変わったと思います。
ももクロに出会う才能に目覚めていて良かったと思います。

ももクロ好きな奴らはももクロに出会う才能というものすごいものを持ってるんだぜ!


今回の筋肉少女帯VS特撮でも終わった後で会おうと思ったりとか、オフ会やろうとか、いろいろありましたけど、ももクロを知ると人に会いたくなるんですよ。


ここ数週間なんか塞ぎがちというか、なんか心が動き出さない感じでした。
でもいろんな人に会って話してると段々心の体力が戻ってくる感じがしました。

バイタリティのある人って元気だから人に会う体力があるのかな、と思ってたんですけど、いろんな人に会ってるから元気をもらってバイタリティがあるように見えてるんだな、と気付きました。


だから引きこもりとか精神的引きこもりとかは外に出た方が良いですよ。
「外に出れないから引きこもりなんだろ」とか、そういうのはもうどうでもいいんですよ。
とにかく外に出よう。


スポンサーサイト

テーマ: ももいろクローバーZ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1862-75cc4336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。