04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ももクロがチリと日本をつなぐ 

現在ももクロ評論誌第三弾を製作中なのですが、僕自身の原稿はちっとも進んでおりません。
困った困った。
書きたい内容は決まってるんですけど、それを文章にするのが大変です。

本のタイトルを考えたり表紙のデザインを考えたりするのは楽しいんですけどね。
第三弾はモデルさんを撮影しようかなと考えております。
女の子が表紙だったら買うんじゃないかなぁ、という浅はかな思惑が。
もちろんテーマに沿ったものにするためのモデルさん起用ですけどね!
決してアイドルさんとお近づきになるためとか、女ヲタヲタするためとかじゃないですよ!
(女ヲタヲタというのは、女性のアイドルファンに対してがっつく行為です。女ヲタのヲタ、という感じですね)


さて、ありがたい事に通販分は完売しました2冊の同人誌ですが(現在ジュンク堂池袋店様にてお買い求めいただけます!残りわずかかも!)、僕が書いた原稿を大まかにまとめると「良き社会とは何か」ということになります。
みんながつながることで幸福な社会が目指せる。
乱暴に言うとこんな内容です。


本日はチリ人の女の子にヲタ活してきました。

これだけ言うと何が何だかよくわかりませんね。

ももクロで知り合った友人が英語やポルトガル語が堪能なんですけど、その方がチリで日本アイドルのカヴァーをしている女の子と知り合いになりまして。
その女の子が日本に観光に来る、ということで「だったら舞台に立たせちゃえ」という流れに。

この流れになったのも、ももクロカヴァーなどをしているクレヨン日記という姉妹アイドルの関連でプロデューサー(?)みたいな方にご協力いただきまして無事開催する運びとなりました。

このチリの子は名をmaichanと言います。
参考動画『サンタさん』。この緑の子だけ日本観光に来たのです

ももクロとかAKBとか他にもいろんな日本のアイドルが好きだそうで。

ももクロカヴァーも日本語で歌うほどの熱の入り様です。


高円寺HIGHというライブハウスでいろんなアイドルが出たんですけど、その中のひと組として登場です。

AKBの曲とももクロの『走れ!』を歌いました。

maichanはチリでは緑色担当ということで、今回の会場でも緑のペンライトを用意している人たちが多かったです。

『走れ!』は当然ももクロファンとして沸くしかないのでかなり楽しませていただきました。
曲を短くしてたみたいでケチャポイントで最前に突っ込んでいったら(地下アイドルのライブハウスはほとんど人が集まらないためいつでも自由に最前に行けるのです)全然違うメロディになってて思い切り外しました。
爆笑しました。

maichanも喜んでたそうなので良かったです。
勝手にチリ外交だと思ってます。

あとでふと思ったんだけど、maichanは2曲ともポルトガル語(?)で歌ってたんですよ。
普通は日本語で歌った方が楽なんですよね、たぶん。
PVとかで見て覚えるとしたら日本語の意味はわからないにしても日本語の音で覚えるはずです。
僕らが英語の曲をうろ覚えでもなんとなく英語っぽく歌うみたいに。

でもあえてポルトガル語で歌ったということは、まず日本語の歌詞をポルトガル語に翻訳し、それをメロディに合わせるために歌詞を書き換えなければならず、そこからようやく歌の練習となります。
かなりの手間を掛けてまでポルトガル語版の2曲を歌ってくれた事が大変ありがたいんだな、と思いました。


もちろん現地ではポルトガル語で歌ってたのかも知れませんけど、そうだとしても日本語で歌って日本のドルヲタを沸かすよりもポルトガル語で歌う事を選んだmaichanに賞賛を送りたいです。


普通だったら絶対に会う事が無かった巡り合わせです。
でもももクロと出会い共に成長していく事で様々な出会いがあり、今日はチリのももクロ好きのカヴァーを見ながら声援を送ってます。
なんなんだ、これは。


火曜日にはチリに帰るということなので、もしかしたらもう会えないのかも知れません。
でも今日の事をチリに持ち帰って日本の事を褒めてくれたらなんて嬉しい事でしょう。
何十年後かにそれを伝え聞いた子たちが日本にやってきてアイドルになるかも知れない。

そうじゃなくても、日本からチリに旅行に行った若者が、maichanの話を聞いた人たちに助けてもらえるかも知れない。


実際はただ『走れ!』で沸いてただけなんだけど、ひょっとしたらチリと日本の関係がほんの少し向上していくかも知れない。


もしももクロがチリに行きmaichanのグループに会ったら、その時は高円寺HIGHに居たももクロファンに応援してもらった事があると自慢して欲しいなぁ。


スポンサーサイト

テーマ: ももいろクローバーZ - ジャンル: アイドル・芸能

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1948-5b4c6a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。