12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ももクロ論壇第三弾の進捗とか 

気を抜くと日記の更新が滞ってしまいます。
朝5時半に起きて働いて帰ってくるとすぐ寝ちゃうんですよね。


映画の感想を少し。

『青天の霹靂』
劇団ひとり初監督ということで期待して見に行く。
ひとりの中国人コントなんて絶対笑うでしょ、あんなの。
タイムパラドクスものをもっと強調したオチが良かったかなぁ。


『ディス/コネクト』
ネット絡みの事件を3つ同時進行で見せる映画。
表面的には「二人で同じイヤホンを耳にするぐらいの距離感を大事にせよ」というメッセージ。
その奥には「大事なものは失って二度と取り戻せない事でようやく気付ける」というメッセージがある。
ネットだろうがなんだろうが関係無く、何かに気付くには事件が必要だ。



話の流れで自殺について。
このブログは元々映画の感想と社会問題について書くところでした。
ほぼ反応はありませんでしたが。
自殺問題についても宮台信者としていろいろ書きました。

これは殺人についても言えることですが、多くの人は明日自分が自殺や殺人に踏み切るとは考えずに生きている。
もちろん僕もそうです。
でも自殺した人や殺人を犯す奴は、まさか自分がそうするとは思ってもいなかったはずです。
当然人を殺すのが好きだというごく少数の人は除きますが。

まず大事なのは自殺や殺人を遠くの問題として考えないことだと思います。
自分も明日にはどうなるかわからない。
でも自分は自殺も殺人もしていない。
このすごさに気付くべきなんです。

そして自殺や殺人を考えてしまう人が生まれないようにあらかじめ手当てしておく。
簡潔に言うと、この社会に留まる動機付けです。
僕はジョジョの続きが気になるので自殺も殺人もする気が起きません。
(もちろんジョジョが終わっても自殺も殺人もする気が起きないでしょう。他にもいろいろあるからです)

この社会に留まる動機付け。
それはこの社会を見捨てないことと同時に、この社会が人々を見捨てないことだ。

よく話題になるように、日本は先進国の中でも異常なほどある数値が低い。
「国民幸福度」や「政府は弱者を救うべき」という数値がすごく低い。

日本人はこれだけ裕福であるにも関わらず幸福ではなく、自力で生きていけない人は自己責任として税金で助ける気がない。

これは同じ問題でしょう。
『ディス/コネクト』で描かれたように、人間関係が家族であるにも関わらず希薄であり、それゆえに取り返しのつかない事件に巻き込まれます。
家族だけじゃなく友達としてもそうだし、友達だけじゃなくその地域としての人間関係の希薄さも問題です。

これを書きながら思ったけど、この映画はご近所づきあいみたいなシーンが一切無かったな、そう言えば。
この日本全体が、同じ国に住んでいる人を他人やそれ以上に敵だと見なしている。それか背景。

ある少年が「みんなが親友同士になればいい」という趣旨のことを言ったが、それはまさにその通りだ。
お互いに気にかけるようなゆるい感じでいい。

宮台真司は自殺抑止のロールプレイの時に効果的なのは
(1)「その前にとりあえず飯でも食おうぜ」と先送りにすることと、
(2)「お前が死んだら俺は悲しい」と訴えることだと言った。

(1)は簡単で(2)は難しい。
なぜなら「お前が死んだら俺は悲しい」は関係性の履歴が無いといけない。
親密じゃない者に言われても「何言ってんだ」で終わりです。

(2)が難しい以上、緊急では(1)が重要なのではないでしょうか。
とりあえず声を掛ける。
僕はこれが今目の前で死のうとしてる人に対してだけ重要だとは思いません。
今自殺を考えてない人たちにも重要だと思います。
それこそが広い意味での自殺抑止(秋葉原事件を考えると殺人抑止も)になる。

やはり自殺抑止には対話が大事なんだと思った。
その意味で坂口恭平新政府総理大臣はすごい。
僕もできるだけ多くの人と話したいなと思った。



今AKB総選挙の論客討論会をやってる。
僕もいずれももクロ討論会で出よう。
1位は松井珠理奈がいいなぁ。かわいいから。
あと最近モー娘。の鞘師ちゃんがかわいくてしょうがない。
画像持ってないけど。
どなたか写真集ください。



あとジュンク堂池袋店様で販売中のももクロ論壇二誌ですが、まだあります!
見本誌もありますのでぜひお立ち寄りくださいませ。
9階に展示中です。
第三弾はもちろん過去二誌を読まずとも内容がわかりますが、やっぱ3冊揃えた方がよくないですか?
(本の大きさがバラバラだけどね)



ということでタイトルについてですが、着々と第三弾ももクロ評論誌が進行しております。

名前を出して良いということなので書きますけど、なんとあの平成ノブシコブシの徳井さんも寄稿してくださいます!
なんなんだこの展開は!
実は去年の第二弾刊行記念トークイベントにご出演していただき、その後もももクロファン飲み会に来てくださるというなんとも素敵な方なのです。
ほんと良い人過ぎる。お忙しいのに寄稿までしていただけるなんて!
途中原稿を読ませていただいたんですけど、衝撃の情報が載ってますよ!
やばいっす。テンション上がった、あれは。

僕のはいいから徳井さんのだけ読んで!
ついでに僕のも読んで!


それと第三弾の企画として「めんどくさい夏菜子ちゃん推したち座談会」を先日開催しました。
原稿が堅苦しいので座談会の内容はくだけた感じにしようと思ったんですけど、砕けすぎて散り散りになりました。
おもしろい話もあったけども。90%はくだらない話でした。
とりあえずかいつまんで文字おこししようかなと考えてます。
これも収録されたらお楽しみくださいませ。



9月中に第三弾を出す予定です。
今回も刊行記念トークイベントを新宿ロフトプラスワンでできればなぁ、と考えてますのでよろしくお願いします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

参加します。

今度は客席でいいのかな?
詳細決まったら教えてください。
仕事が入っていなければまた
参加させてください。

URL | ヒロシ #-

2014/06/07 21:29 * 編集 *

ヒロシさんへ

コメントありがとうござます!


> 今度は客席でいいのかな?
> 詳細決まったら教えてください。
> 仕事が入っていなければまた
> 参加させてください。


ご予約ありがとうございます(笑)
最前席をご用意いたします!
なので途中で乱入してください(笑)

細かいことが決まり次第またご相談させていただきますのでよろしくお願いします!

URL | さかもと #-

2014/06/08 13:05 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/1998-5b38f79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。