01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

2&(ダブルアンド)が全てを掻き換える 

2&(ダブルアンド)を初めて見てからもう1年経った。

最初の印象は「かわいいけど刺さらない。曲は好きかも」という感じでした。
ファンが2、3人しかいなくて、「こんなにかわいくてもファンって増えないんだなぁ」と思いました。

その2&が今物凄いことになっています。

『リアル』目黒鹿鳴館5月12日

少し2&について説明すると、2011年12月にSakiとSayaの二人組でスタートし、2013年9月にSayaが脱退。
「SakiプラスSaya=2&」というコンセプトから、「Sakiプラス見に来てくれるみんなで2&」に変更。
アイドルイベントで中野サンプラザや日本青年館でのライブも経験しています。


ソロになり徐々にライブに熱がこもってきました。
今まではお互い牽制し合ってるというか、頼りにしている分秘めたる内をさらけ出せないような印象でした。
それがソロになったことで好きなようにやることを段々と覚えてきたような感じです。
一般人には理解不能なMCにそれが如実に表れています(笑)。

「12月24日ってクリスマスでしょ?じゃあ25日って何?」
とか。
1秒先に何を言い出すのかわからないところがすごいです。


■ SEKIGAHARA IDOL WARS参戦

以前は不安そうに首をかしげる仕草をしてましたが、最近はしなくなりました。
Sakiちゃんを更なる高みに押し上げたのは「関ヶ原唄姫合戦 SEKIGAHARA IDOL WARS」です。

これは各地で人気投票を行い、上位になるとメインステージでパフォーマンスができるというもの。
最終日のメインステージではメジャーアイドルと競演できるとあってかなり予選会が激化している模様です。

ここで2&は日増しに成長しているみたいで、ライブを見た人達から賞賛の声も多いです。
実際投票数も多く、現時点で関東1位。
本戦出場を掛けた6月18日のライブへと夢をつなぎました。


■ 2&は1人じゃない

2&のライブは「すごいもんはすごいんだ」という当たり前の事を気付かせてくれます。
148cmと女の子の中でも小柄なのに、ステージ上ではかなりパワフルです。
身体能力が高くアクロバティックな振り付けもあって、2&を知らない人は必ずや度肝を抜かれる事でしょう。


以前はアイドルらしからぬ無表情でのパフォーマンスでしたが、最近は自然と笑ってるので、そうした部分も良くなったのかも知れません。
そして何より「Saki+ファン=2&」というのが良いのでしょう。

「Sakiはよく一人で寂しくないの?って聞かれるけど、ファンのみんなで2&だから全然寂しくないよ」


現在製作中のももクロ論壇第三弾で僕が書こうとしている事ともつながりますが、ファンも含めて2&というのは、れにちゃんが「みんなもメンバーの一員」という考えを持っている事と同じです。
パフォーマンスを見せる方と受け取る方、という区別から、みんなで一緒に楽しむお祭りへ。

ハロプロはなぜ一般層から見て敷居が高いのか、などについても第三弾で書いていきますが、早い話が「とっとと2&を見に行ってみんなで2&になろうぜ」って事です。


僕が好きな曲は『未来を』と『兎の奴隷とカシオペア』です。
動画だけでもぜひご覧下さいませ。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2005-1f5a4953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。