07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

2014年のももクロの七番勝負 

2011年から始まったももクロ七番勝負ですが2014年は開催されませんでした。
2013年の七番勝負も映像化されてないし。
ぜひオカルトの回を見ていただきたいんですけどもね。
映像化は無理でも書籍化とかすればいいのに。


ということで2014年は七番勝負自体が無かったんですけど、その代わりにいろんなアーティストとの共演がありました。

レディ・ガガというBIGアーティストとの共演もあったんですけど、印象的におじさんおばさんが知っているミュージシャンとの共演が多かった気がします。
しかも中島みゆきが『泣いてもいいんだよ』を作ってくれたりもして、より幅広い層にももクロの名を広めた一年だと言えるでしょう。

そしてフォーク村が月一回のレギュラー番組化するなど、今年は「歌」の七番勝負とも言えるような年だったのではないでしょうか。

そして来年は映画と舞台が発表されています。
となるとその先はミュージカル?みたいに安直に考えてしまいます。


幅広い年代にももクロが認知され、しかも彼女たちは人柄も愛されますからももクロ好きがさらに増えて行くと思われます。
でも一抹の不安があるとすれば「これはスタダバブルなのではないか」ということです。

エビ中は握手会が8部まであると聞きましたが多くのファンがエビ中メンバーと握手できるのは良い事かも知れませんが、裏を返せばそこまでしてもまだまだCD売上が一定のパイを超えないということでしょう。

しゃちほこについても一部のファンから聞いたのはファンが過剰流動的でなかなか拡大していかない、ということでした。
よく聞くのはももクロから流れてきたファンを敵視する人がいる、ということですが、ファンがファンを選別するというのもおかしな話です。
(これが地下アイドルならば少し事情が変わります。ファンとアイドルとの距離が以上に近い地下現場では一人のキチガイファンのせいでアイドルに被害が及ぶ可能性が極めて高くなるし、そのせいで新規ファンが近寄らなくなり売上がまったく伸びない場合も多いです。1,000人規模のアイドルと10人規模の地下アイドルとでは、一人のキチガイファンが占める密度に絶対的な違いがあります)
ファンがファンを選別するような現場はみんなで楽しむことなんかできませんよね。
ももクロが入口になって後輩グループも好きになってもらうというスタダ戦略を疎外しているわけで、これらが「スタダバブルなのかな」と思ってしまう部分です。

ももクロを知ってる人はエビ中もしゃちも知ってるでしょうけど、しゃちほこを知ってるけどエビ中は知らない、エビ中は知ってるけどももクロは知らない、なんて人はおそらくほぼいないでしょう。

それぐらいももクロは今年だけでも様々なアーティストと共演しています。
逆に言うとアイドルとはあまり共演していないということです。

川上さん自身女性アイドルと共演させることに旨みを感じていないのではないでしょうか。
それよりなら女性アーティストと共演した方がももクロのためにもなる、と。

個人的には(ってかずっと個人の考えしか書いてませんが)ももクロが他の芸能人と仲が良いとかのエピソードも知りたいんですけどね。
違う事務所のアイドルと遊んだ、とか。
ももクロってももクロ同士で仲良いじゃないですか。
それでたまに夏菜子ちゃんの家にお泊りに行くとかでファンは歓喜するわけですが、それはあくまでももクロファンの中で盛り上がってるだけですよね。


これがもし「杏果ちゃんと松井珠理奈がディズニーランド行った」とか「しおりんとまゆゆが電話でおしゃべりしてる」とかあったらどちらのファンも「おお!良いね!」ってなると思うんですよね。


ということで来年はももクロちゃんにいろんなアイドルと共演して、プライベートも遊んだりしてほしいなと。
同じ事務所同士でも遊んだエピソード聞かないもんね。
ジャニーズだったら堂本剛くんとTOKIOの長瀬くんが仲良しとかあるじゃないですか。
そういうのも聞きたいですね。


話がとっちらかったのでまとめます。

・今年は上の年代のアーティストとの共演が多かった
・認知度は上がったけどそれがスタダバブルになりませんように
・来年はいろんなアイドルと共演、アイドルの友達を作ってね

ということでした。


あと最後に、スターダストは飲酒禁止らしいのでかなわないと思うけど、れにちゃんと夏菜子ちゃんのグダ巻き対談やってください。DVD出たら絶対買います!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2200-ea0de930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top