07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

『「Z」の誓い』は誰のための歌なのか 【時空を離れた孤独な戦士へ向けて】 



『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を鑑賞しました。
この映画に対して言いたいことはいっぱいあるんですけど、それは置いておくとして、エンディングテーマがももクロの新曲『「Z」の誓い』で、しかも歌詞付きでフルバージョンでした。
歌詞を読んでいるとドラゴンボールのあるキャラクターが頭に浮かびました。
それは本作には登場しないキャラクター(厳密には回想シーンのみ登場)です。

以下「復活のF」の軽いネタバレも含むので了承の上お読みくださいませ。



■ 誰が歌っているのか

以前この曲についてももクロの「Z3部作だ」と興奮気味に書きました。

参照:誓いを立てる覚悟はできたか 【Z3部作に描かれる戦いの歴史について】


今回アニメを見てからこの曲を歌詞と照らし合わせて聞くと、本作に登場しないキャラクターのための曲なのではないか、との思いが湧き上がってきました。

それはトランクスです。

彼はとても哲学的な存在です。未来から来たトランクスがいることで『ドラゴンボール』の世界はとても深みが増しています。

悟空が心臓病で死亡した世界。そしてその後人造人間17号18号がトランクスの父ベジータやピッコロ、クリリンなどを殺害した世界。
悟飯に弟子入りしたトランクスはその悟飯すらも殺されてしまいます。
それがきっかけでスーパーサイヤ人になったトランクス。でもまだ人造人間には敵いません。

過去に戻り孫悟空に心臓病の薬を渡します。それがきっかけで過去が改変されてしまいました。セルが誕生するもZ戦士の活躍により倒すことができ、トランクスは未来に戻ります。
しかしその未来というのは、歴史の改変の影響を一切受けないそうなのです。つまりトランクスはそのまま悟飯や父親を死なせた世界を生きていくのです。
強くなったトランクスは人造人間を一蹴し、ようやく平和が訪れました。多くの犠牲を払って。
(この世界はピッコロも神様も殺されてドラゴンボールが使えない世界なのです)


ではこれらを踏まえて『「Z」の誓い』の歌詞を読んでみましょう。


「悲劇が起きたら誰から勇気を教わればいいの」

「永遠だったはずの未来でさえも コワレモノと知って 人は戦士に生まれ変わる」

「未来守る者をHEROと呼ぶ この星ではずっと愛や希望が継がれてきた」


象徴的な3つを抜き出してみましたが、まさにトランクスのことを歌っていると感じます。

前回の記事で「Z3部作というのは震災後を描いた曲だ」としました。
「永遠だったはずの未来が壊れた」というのは3.11のことだと感じ、そこからスーパーヒロインにならざるを得なかったももクロを想起したからです。

ですがトランクスの物語を知ると、仲間や師匠悟飯が殺され誰からも勇気を教われなかったトランクスが過去の戦士たちから勇気を学び、修復不可能な未来(つまりトランクスにとっての現在)を覚悟して戦士となり、孤独でも未来を守り続けたトランクスのための歌であると気付きます。


■ 破壊神ビルスは今後何を破壊するのか

ここから先は完全なる僕の妄想です。

前作『ドラゴンボールZ 神と神』では破壊神ビルスという万物の頂点に立つ絶対者が登場しました。
付き人としてウイスもいますが、実力から見てもビルスを導いているのはこのウイスなのでしょう。
そして今回ウイスは数分だけ時間を巻き戻せることを明かしました。

次回作はきっとトランクスがメインで、ビルスとウイスが関係するお話になるでしょう。
そのためエンディング曲が『「Z」の誓い』だったのです。
「復活のF」のエンディング曲であり、次回作のオープニング曲でもあったわけです。


未来に戻ったトランクスが孤独のヒーローとなり地球を救った世界。
そこに悪の心に染まった魔人ブウが出現します。
もはや助かる道が無いと悟ったトランクスは、母のブルマが作った手料理を最後の晩餐とします。
ブルマは誰ともなく天にこの世界を救って欲しいとヤケクソ気味で叫びます。
するとウイスがブルマからご馳走の報告が来たと勘違いし、修行中の悟空とベジータと寝起きのビルスを連れて違う宇宙へと飛び立ちます。

魔人ブウが人々をお菓子にするも、それが不味そうに感じ、それよりもブルマの手料理に舌つづみを打つビルスとウイスは、この世界の魔人ブウを破壊することに決めます。
ですが互角の勝負となり決着がつかずにやがて双方とも勝負に飽きてしまいます。

スーパーサイヤ人ゴッドの力を持つベジータとトランクスのフュージョンにより魔人ブウを撃破。
時空を超えて父から多くを学んだトランクスは、ウイスからすべての時間を巻き戻し悟空が死ななかった世界と統一しないかと提案されます。トランクスが存在する宇宙を破壊することで時空を統一しようということらしいのです。おそらく違う時空のブルマに呼ばれたと勘違いしたことが絶対者として恥ずかしかったのでしょう。
でもトランクスはその提案を断ります。

なぜなら
「次は私の番 小さな夢を守るんだね 闇のその先には朝が待っている」からであり、「悩み迷うことも任務さチームZ」だからです。
過去に飛び立ち多くの仲間から学び、現在に戻ってきて再び父親から大切なものを得たトランクスは、すべてなかったことにするという楽な選択肢は選ばないのです。
失ったものはもう戻らない。それでも生き残ったものたちだけで生きていく。それが戦士トランクスの決意でした。それこそが「Zの誓い」なのです。


トランクスが主人公となる映画をぜひ作っていただきたいですね。
そして『「Z]の誓い』が破壊神ビルス3部作のラストを飾るテーマソングになることを祈って。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ザ・鳥山作品でしたね

こんばんは

僕も「復活のF」観ました。
いやー、素晴らしかった。
原作者が脚本を書いているというのもあってか、とっても”ドラゴンボール”でした。

「神と神」以前の劇場版は、なんとなく”ドラゴンボール”じゃなかった感じがしていたので…



今回、面白かったのは、珍しく「伏線」がいくつかあったことでしたね。
それが、結果的にバトルものにあるシナリオの単調さを回避できたと思います。

また、過去の強敵との再戦は、同じくバトルもののジレンマとしてある「強さのインフレ」の抑止にも繋がったと思います。※ビルス様という「絶対的な最強者」を作ったのもそうでしょうね。



ただ、僕は映画を見終わった後、逆に「Zの誓い」が、一人浮いている感じがしました。

パンフレットや先着特典のムックで、原作者の鳥山さんは、ももクロについて全く触れていませんでした。

もちろん、鳥山さんが「Zの誓い」をNOと言っている訳ではないと思います。

ただ、今回は全体的に鳥山さんのある種の”息”がかかった作品であり、鳥山さんのテイストがとても出ていました。

そういうこともあり、「Zの誓い」だけ、浮いた印象を受けたんですよね。
歌詞も、映画とリンクしていなかった印象です。
※曲としては、素晴らしいのは言わずもがなですが…


作品としては、最高のエンターテイメントな作品でしたし、「Zの誓い」も今年一番の出来かもしれない、ももクロらしい曲です。

素晴らしい作品同士だったのに、何でだろうな…と思いました。



追伸

作中、銀河パトロール隊のジャコが発していた「過去の改ざんは、重罪」というセリフ。

なんか、伏線めいたものを感じますね。


そう言えば、セル編のトランクスは、新しいドラゴンボールのゲームで、主人公の案内役として登場しているようです。

そのゲームは、歴史の改ざんをテーマにしているみたいです。



ちなみに、僕個人としては、セル編のトランクスは、全ての元凶であるセルを倒し、歴史改ざんの輪廻(スパイラル)を断ち切ったということで、あれで終了の方が良いなと思います。
セル編の終了を告げるエピソードだったわけですし…


さかもとさんの妄想にケチを付けたい訳ではないので、悪しからず…

URL | yoturn #-

2015/04/26 19:41 * 編集 *

yoturn さんへ

コメントありがとうございます!


> 「神と神」以前の劇場版は、なんとなく”ドラゴンボール”じゃなかった感じがしていたので…

僕は劇場版だと「神と神」ぐらいしか記憶になく、テレビシリーズもGTとかを見なかったのでアニメ版自体にあまり思い入れがありませんでした。
個人的には震災のメッセージが強い前作「神と神」の方が好みです。
鳥山先生も書かれてますが今作はバトルシーンを多めにしたそうで、バトルよりも物語に関心がある僕としてはやはり前作の方が好きなんだな、と思いました。


> ただ、僕は映画を見終わった後、逆に「Zの誓い」が、一人浮いている感じがしました。
>
> パンフレットや先着特典のムックで、原作者の鳥山さんは、ももクロについて全く触れていませんでした。


確かに歌詞が森雪之丞さんで「ドラゴンボール的」ではあっても「復活のF的」ではないですね。
それよりもマキシマムザホルモンの『F』の方がしっくりきました。元々ホルモン好きというのも重なってかなり高まりました。


> ちなみに、僕個人としては、セル編のトランクスは、全ての元凶であるセルを倒し、歴史改ざんの輪廻(スパイラル)を断ち切ったということで、あれで終了の方が良いなと思います。
> セル編の終了を告げるエピソードだったわけですし…


子供の時に見た時、なんてトランクスは悲しい存在なんだ、と衝撃を受けた記憶がいまだに残っています。
なのでせめて報われるエピソードが欲しいと思い、今回のももクロの曲と映画2作にからめて考えてみました。

フリーザが復活したのならブウも復活して良いでしょうと(笑)。

URL | さかもと #-

2015/04/26 20:47 * 編集 *

DBが伝えたいこと

ご返事、ありがとうございます。

>僕は劇場版だと「神と神」ぐらいしか記憶になく、テレビシリーズもGTとかを見なかったのでアニメ版自体にあまり思い入れがありませんでした。
個人的には震災のメッセージが強い前作「神と神」の方が好みです。
鳥山先生も書かれてますが今作はバトルシーンを多めにしたそうで、バトルよりも物語に関心がある僕としてはやはり前作の方が好きなんだな、と思いました。


これは、解釈の問題なのですが、みんなを笑顔にさせたいという意味では、「復活のF」もその役割は担えたのではないかなと思います。
※町や地球が破壊されるシーンはありますが…

ドラゴンボールの魅力って、”感性で楽しめるエンターテイメント”にあると思っています。

良い意味で中身がない。
奇想天外、ハチャメチャなストーリー。
考えず、時間を忘れて、没頭できる楽しさ。
そんなところに、魅力を感じています。

だからこそ、変に勧善懲悪の要素が入っていた、旧劇場版シリーズはドラゴンボールらしくないと感じていました。


最近、バトルものでも小難しいものが増えてきました。
それはそれで面白い(キャラクターの深堀とか)のですが、ドラゴンボールのような「より強い奴と闘いたい」ってだけで、考えなくて良いものの方が楽しいです。

「神と神」も、ドラゴンボールらしかったと思います。
「神と神」が良かったから、「復活のF」を観ようと思うモチベーションになったことは間違いないです。


夢中になれるほどの楽しさ。


それを提供することも、震災へのメッセージの一つじゃないかな…と、勝手に解釈しています。


なんか…「笑顔の天下」に通じる気がして…


>それよりもマキシマムザホルモンの『F』の方がしっくりきました。元々ホルモン好きというのも重なってかなり高まりました。

僕もホルモン好きなので、分かります!


>子供の時に見た時、なんてトランクスは悲しい存在なんだ、と衝撃を受けた記憶がいまだに残っています。
なのでせめて報われるエピソードが欲しいと思い、今回のももクロの曲と映画2作にからめて考えてみました。

フリーザが復活したのならブウも復活して良いでしょうと(笑)。



セル編については、後日談は見たくないなと思います。

ベースとなった「ターミネーター2」と同じで、続きを作ったことで、作中の最後のメッセージを無意味にしてしまう…そんな感じになってしまう気がします。


フリーザは、ドラゴンボールでは特別な存在です。

ドラゴンボールのラスボスは、セルでも、魔人ブウでも、ベビーでも、一星龍でもなく、やっぱり「フリーザ様」なんですよね。



でも、さかもとさんの「Zの誓い」のトランクスソング解釈。
僕も結構好きです。

コメントと矛盾しているかもしれませんが…

URL | yoturn #-

2015/04/26 21:59 * 編集 *

yoturn さんへ

コメントありがとうございます!

> 考えず、時間を忘れて、没頭できる楽しさ。
> そんなところに、魅力を感じています。
>
> だからこそ、変に勧善懲悪の要素が入っていた、旧劇場版シリーズはドラゴンボールらしくないと感じていました。

ドラえもんやクレヨンしんちゃんもそうですが、映画版だとなぜか正義のストーリーになりますね。
原作のアナザーストーリーを作ろうとすると勧善懲悪が手っ取り早いんでしょうね。


> 夢中になれるほどの楽しさ。
>
> それを提供することも、震災へのメッセージの一つじゃないかな…と、勝手に解釈しています。

確かにおっしゃる通り震災があったからと言って永久に沈痛である必要はありませんね。
「おもしろいからおもしろい」という無意味な楽しさもすごく重要です。

> 僕もホルモン好きなので、分かります!

劇場の音が小さかったんですけど、爆音で流されたら「フリーザ勝つでしょ」って思えたかも知れません(笑)。
曲としての強さで言えば僕の中では『F』の方が強いです。
もちろんNARASAKIさんのあのイントロから始まるメロディも大好きなんですけど。


> セル編については、後日談は見たくないなと思います。
>
> ベースとなった「ターミネーター2」と同じで、続きを作ったことで、作中の最後のメッセージを無意味にしてしまう…そんな感じになってしまう気がします。


トランクスの後日談ストーリーを調べましたが戦いには勝ってもやはり孤独なんですよね。
なので時空を超えて再び悟空やベジータに会わせたくなりました。
復活のFにトランクスが出ない違和感も重なりまして。
フリーザを無残に殺したのはトランクスですから、フリーザはトランクスに恨みを持ってるはずなのに。


> フリーザは、ドラゴンボールでは特別な存在です。
>
> ドラゴンボールのラスボスは、セルでも、魔人ブウでも、ベビーでも、一星龍でもなく、やっぱり「フリーザ様」なんですよね。


確かにあそこの盛り上がりは異常でしたね。
もう漫画界にあんなことは起きないのかも知れません。


> でも、さかもとさんの「Zの誓い」のトランクスソング解釈。
> 僕も結構好きです。
>
> コメントと矛盾しているかもしれませんが…

ありがとうございます!
全然矛盾してません!
この歌詞はドラゴンボールで言えば未来から来たトランクスが一番しっくり来ると思います。
ドラゴンボールで誰も蘇ることができないのは「コワレモノ」のまま生き抜くトランクスでしかありえませんから。

URL | さかもと #-

2015/04/28 05:45 * 編集 *

やっぱり…

フリーザ弱すぎて非常にがっかりしてます。もともとドラゴンボールの【かつてのライバルがゴミように弱くなる】感があんまり好きじゃなく内容的には期待していなかったので、フリーザの大暴れが見れればいい!と思っていたら前に負けた時と同じ【スタミナ切れ】て尻すぼみ…とかがっかり過ぎます。

因みに好きなキャラは上から天津飯、ピッコロ、フリーザです(笑)

序盤の天津飯、ピッコロ、亀仙人の大活躍!
まではワクワクしていたんですけどね…ただ天津飯の【ヤムチャは置いてきた】は大爆笑でした。旧作で悟空が龍拳なる謎の技使った際に
誰も何も聞いてあげなかった時と同じくらい笑いました。

文句ばかり言ってしまいましたが【良い意味で中身がない】は素晴らしいひょうげんだと思います!あとトランクスの考察ホロリときました。

URL | J.フェニックス #-

2015/04/29 10:00 * 編集 *

J.フェニックスさんへ

コメントありがとうございます!


> フリーザ弱すぎて非常にがっかりしてます。もともとドラゴンボールの【かつてのライバルがゴミように弱くなる】感があんまり好きじゃなく内容的には期待していなかったので、フリーザの大暴れが見れればいい!と思っていたら前に負けた時と同じ【スタミナ切れ】て尻すぼみ…とかがっかり過ぎます。


そうなんですよね。ただ復活させただけ、という感じですよね。
バトルシーンも目新しいものもなく、単純に変身させただけと。
フリーザの修行シーンを入れて、その修行効果が活きた場面などがあったらもっと感情移入できる気がします。

いつでも地球ぐらい壊せるほどの力があるのになんで出さないのか、という違和感もずっとありますし。


> 序盤の天津飯、ピッコロ、亀仙人の大活躍!
> まではワクワクしていたんですけどね…ただ天津飯の【ヤムチャは置いてきた】は大爆笑でした。


そうですね。あそこはフリーザ軍を殺さないように倒してる、という理由があるので見ていてストレスがありませんでした。
ヤムチャの足でまとい感が「はいはい(笑)」という感じで良かったですね!


> 文句ばかり言ってしまいましたが【良い意味で中身がない】は素晴らしいひょうげんだと思います!あとトランクスの考察ホロリときました。


ありがとうございます!
映画を見るとどうしても未来のトランクスの曲にしか思えませんでした。
破壊神ビルス3部作に期待です!

URL | さかもと #-

2015/04/29 11:03 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2222-ae6a3d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top