07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

徳井アイドルフェスについて 



平成ノブシコブシの徳井さんが主催するアイドルイベント『徳井アイドルフェス』を見てきました。
徳井さんはトークイベントでご一緒したり、『アイドル感染拡大』に寄稿していただいたりと、ほんと良い人過ぎるほど良い人です。ほんと出会う人に恵まれている僕です。

以前深夜のアイドル話イベントに2&のSakiちゃんと絵恋ちゃんと篠崎こころちゃんが出演しまして、その縁もあってか絵恋ちゃんとこころちゃんは徳井フェスに大抜擢されました。
残念ながら2&のSakiちゃんは呼ばれず。来年も徳井フェスが開催されたらぜひ出て欲しいですね。
その代わり2&の後輩グループ偶想Dropが大抜擢されました。

風男塾のような認知度の高いアイドルグループと対バンできるなんてすごいですね。


今回のフェスは事前にタイムテーブルが発表されておらず、どのアイドルがいつ出るのかわからない状態のまま開場しました。
開演前に入ったのですがすでに篠崎こころちゃんがDJをしていました。開演前にパフォーマンスがあることがわかってたら良かったのですが、たぶん情報は出て無かったんじゃないでしょうか。
見たかった人で見れない人がいたら残念です。


開演して徳井さんがクマの着ぐるみで登場しました。
なぜクマだったんだろう。北海道出身だからでしょうね、そうでしょうそうでしょう。

ライブが始まったんですけど、各グループ10分しか持ち時間が無く、わりとサクサク進んで行きました。
と思いきや、すでに終わったグループがまた出てきました。

確かに普通の対バンだとお目当てのグループが出ちゃったら客席からいなくなってしまうファンもいますし、並行物販の場合は出演が終わり次第物販が始まってしまうため、物販を優先させるとそのあとに出る他のグループは見れなくなってしまいます。当然物販にお客さんが獲られステージ前からお客さんがいなくなってしまうこともあります。

一度終わったと思ったグループがまたあとで出るかも知れないと思うとステージから離れられないですからね。必然的にすべてのグループを見ることになります。
そこで新たなアイドルグループの出会いを目指したと冒頭で徳井さんから語られました。


これは前々から気になっていたことです。タイムテーブルが出ていると、自分の推しグループの時は前に行ける反面、他のグループの時は後ろに行ったりフロアから出たりして、結局フロア全体の客数は減ってしまい、ステージに立っている人もあまり気持ちよくないかもな、と思っていました。
逆に言うと、タイムテーブルが出ている場合はとてもお客様向きと言えます。お客さんが自分で見る順番を決められるからです。
一方今回の徳井フェス形式はアイドルの方を向いたものだと感じました。
いつもの対バンでは推しグループによってフロアの前後が入れ替わります。なので目の前にいる客が自分のファンだとわかるので安心してパフォーマンスができるでしょう。でもいつもの対バンはいつもやれるのだから今回は違うことをしよう、という意図がある気がしました。
徳井フェス形式は普段見に来ない人たちの目の前でパフォーマンスすることができ、いろんな人にアピールできたと思います。

ファン拡大には専ヲタが友達を連れてくることも大事ですし、見たこと無い他グループファンにアピールすることも大事です。
徳井フェスは後者の割合を高めた形式だったということです。

それは出演アイドルの組み合わせにも表れているでしょう。
風男塾と偶想Dropが同じイベントに出るなんてこれまでありえなかったでしょう。
風男塾のファンはどのアイドルが出ても盛り上がっていてすごく素晴らしいと思いました。ファンの姿がアーティストのイメージにつながりますからね。
お互いのファン同士でリスペクトし合って相手が応援しているアーティストに興味を持てたらとても素晴らしいことだと思いました。


僕も以前から常々考えていましたが、とても人気があるのに集客がある程度まで行くとそこで止まってしまう地下アイドルがいっぱいいます。
そこを乗り越えるには今までにしてこなかったことをしなければならないということだと思います。

徳井アイドルフェスは、徳井さんのネームバリューで地下アイドルが普段対バンできないアイドルと出会え、ファンも普段出会えないファンから学ぶ機会を得られるという利点があります。
この部分は今後もぜひ活かしていただきたいと思いました。

社会は多様性が大事で、さらに多様性を許容する寛容さも大事になってきます。
同じことをしていては巨大資本のアイドルグループが一人勝ちします。
株と一緒です。お金持ちがさらにお金持ちになれる(可能性がある)。
がんばっているアイドルがより幸せになるために何をすればいいのか。
徳井さんは持っている力を使ってこのようなイベントを開きました。
激動の2015年アイドル業界。来年はこれがさらに激化していくだろうと予想します。
先細りか末広がりか。今何ができるかを考え行動することがとても大事になっていき、行動することの価値が高くなっていくでしょう。
巨大芸能事務所だけが生き残るアイドル業界なんてつまらないと思いませんか?



追伸
これを書いている時に1月2日に渋谷O-EASTで徳井フェスが行われるとの情報が出ました!
すごい!
次はどんな出演者でどんな演出が行われるんでしょうか。楽しみですね。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2241-a0b82629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top