05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ももクロはなぜ紅白を卒業しなければならなかったのか 


2015年紅白歌合戦の出場者発表のあとももクロの公式サイトに「紅白卒業」の発表がなされました。
以下引用です。


モノノフのみなさんいつも応援ありがとうございます。

ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します。

ありがとうございました。

冬の軽井沢、5大ドームツアー、そしてその先も

私たちは私たちのやり方で、みなさんと一緒に「私たちの道」を歩き続けます。

ど真ん中しか歩きません。


週末ヒロインももいろクローバーZ

参照ページ公式サイト内「モノノフのみなさんへ」


うまく考えがまとまりませんが思ったことを書きます。
僕はれにちゃんがブログで書いてくれた「みんなもももクロの一員でしょ?一緒に新しいもの作り上げて、進んで、辛い時も、楽しい時も同じ時を過ごしてきたし、これからも過ごすんだもん!」という言葉があったからこそここまで共に歩んでこられたと思っていますし、れにちゃんを推してきてとても幸せ者だと思っています。ファンのことをとても大切に考えてくれるれにちゃんに頭が下がります。

ですので「紅白卒業」というのはどうしてもメンバーからの言葉だとは思えないのです。
ももクロメンバーが利他的であるのに対し、運営スタッフは利己的な振る舞いをしているように思えてならないのです。

「予想を裏切り期待を裏切らない」というももクロのスタイルが、ここ最近は「予想を裏切るために期待も裏切ってしまう」ということが増えてきたように思えるのです。

紅白歌合戦はももいろクローバー結成当初から目標として掲げられてきた場所であり、様々な場所で語られてきました。
早見あかり脱退の日、壇上で交わされた約束は見る者すべての心に焼き付いていますし、『ももクロ大冒険』では冒険をしながら紅白神殿を目指すという内容でした。
紅白初出場が決まった時にはわざわざ落選どっきりを仕掛けるほどでした。
まさにファンとともに歩んできた紅白への道です。
それをあっさり卒業宣言です。多くのファンが置いてけぼりを感じています。
ももクロの一員だと信じてきたのに、紅白卒業という言葉にももクロらしさを感じられません。
とても大事な場所だったはずの紅白歌合戦。選出してもらうために大変な苦労をしてきたメンバーと運営スタッフ。それを卒業すると一方的に宣言したのです。

「卒業」ということはもう紅白歌合戦に出ないのではないか、という憶測も当然のことだと思います。
早見あかりとともに同じ紅白歌合戦の場に立つことを夢見ていたのではなかったのでしょうか。

そして昨年は杏果ちゃんが出られなかったということもあり、2015年こそは5人で最後まで出演するという決意表明も見られました。

「それなのになぜ」という思いを抱くファンが大勢いると思います。


■ 紅白卒業?紅白落選?

今年の紅白は出られないかも知れないな、と漠然と感じていましたし、もし出られなくてもそこから這い上がる泥臭さこそがももクロだとも思っていましたので、紅白に出られないことに対してはそれほど危惧していませんでした。

それよりも危惧は「運営」と「ファン」にありました。
あえて人が集まりにくい場所でライブを開催するのはきっと先々の会場を抑えてこなかったからではないでしょうか。
2014年、2015年にアルバムを出さずに2016年に2枚同時にアルバムを出すのも、ドームツアーの会場が抑えられたからこれまでの分を一気に2016年に出す、ということなのかも知れません。
最初から「2016年はアルバム2枚同時に出してドームツアーをやることに決めていた」とはなかなか思いにくいのです。

ドームツアーの日程に向けて歌唱力向上のレッスンや歌番組出演という布石を打ったのではないでしょうか。
2015年は演技方面も強化すると思っていただけに『幕が上がる』以降何も無かったのがとても残念でしたが、ドームツアーありきのスケジューリングだと思うと理解しやすいです。
2015年までは会場が抑えられなかった分、予想外な場所選びで乗り切り、2016年以降からは先々の会場を抑えられているので、そこに向けてプロモーションを展開していく。
そう考えるとライブビューイングを減らすという宣言にもつながってきます。
会場が埋まらないと先々の会場の予約が無謀な壁となってしまいます。2016年、2017年のももいろクリスマスぐらいまでは会場を決めてるのではないかと思われますが、もし動員数が縮小傾向にあったとしたら赤字だけではなく大きな損失を被ってしまいます。
もし仮に5万人収容できる会場に5,000人しか入らなかったらどうでしょう。
チケット売上のマイナス分以上に、ネームバリューに大きな傷がつきます。

これはへんぴな場所で開催することで不名誉な傷を回避できるのは現状の運営方針を見れば明らかでしょう。
集まりにくい場所で開催することで収容人数が少なくなり熱心なファンで埋め尽くされます。

ライブビューイングを減らしライブに行く人を増やす。そして予想が立たない先々の会場に動員しようとする。
そのような方針なのではないかと考えられます。


もうひとつの危惧である「ファン」についてですが、こちらはとても単純です。
みなさんは最近周りにももクロを勧めましたか?ライブ映像を貸したりCDを貸したりしたでしょうか。
カラオケで歌ったりももクロについて語らう飲み会を開催したり参加したりしたでしょうか。

僕個人は全然してきませんでした。
『アイドル感染拡大』というアイドル評論本にももクロのすごさというかれにちゃんのすごさを書きまくり、そしてこの本が大量に売れ残ってしまったことで金銭面で余裕が無くなってしまったのでそれどころじゃありませんでした。
それにももクロほどの知名度があればわざわざ宣伝する必要もないだろう、と安心し切っていたのもあります。



ライブ会場を抑えず雪山でももいろクリスマス2015を開催する運営も、ファン拡大を推進しないファンも、どちらもももクロの成長スピードについていけてなかったんだと思っています。

だから今年の紅白は出られないかもなと思っていました。

そして今これを書いている時点で川上さんのツイートがありました。やはり落選だったようです。
48グループの足元にも及ばないCD売上枚数なのですから当たり前です。


じゃあなぜ「紅白卒業」などと発表したのか。


■ 卒業じゃなく落選と言って欲しかった

これまで書いた通り、ももクロが紅白に出られなかったのはももクロの一員でもある我々の責任です。
なのに運営は「紅白を卒業する」という言い方をしてしまったので、我々は免責されてしまったのです。

ファンは置いてけぼりになり、運営は、「もう紅白にこだわらない、卒業する」と見限ってしまいました。
またみんなで紅白を目指そう!という一致団結は見込めず、「なんで卒業って言うんだよ!」というファンと「やっぱももクロはライブだろ、ライブ見たいんだろみんなは」という運営の思惑が交錯していきます。

「選ばなかった紅白に後悔させてやる!」ってのが大人のプロレスなのではかったのでしょうか。
選ばれなかったから紅白を卒業してライブだけやります、というのは様々な人々に悪い印象を与えかねないと思います。
カウントダウンライブなんて紅白出場後にだってできるじゃないですか。紅白に出場する嵐やSMAPがいるのに、その場から卒業するということは、もう嵐やSMAPは追うべき対象ではなく、「ももいろクローバーZ」として新しい存在に生まれ変わるということなのでしょうか。


多くの方が指摘しているように、「落選しました。来年出られるように気を引き締めてがんばります」というど真ん中じゃダメだったんでしょうか。
「他のアイドル、アーティストとは違うことをやらなければももクロじゃない」という呪縛から逃れられなくなっている気がします。
僕は「ももクロはももクロだからこそももクロである」と思っています。
その行動が、その言葉が、その笑顔こそがももクロであり、何をしようがしまいがももクロから外れることはないと思っています。

運営スタッフのみなさんは本当にももクロちゃんのことを信じていますか?本当に大好きなんでしょうか。
本当に大好きで信じているのだとしたら「紅白を卒業します」という表現にはならないはずです。
受けた恩はいつか必ず返すのがももクロじゃないですか。
ようやく認めてもらい出場させていただいた紅白に対して、落選したから卒業します、などと言うはずがないんですよ、ももクロは。
でも運営の方針に則って卒業すると宣言してしまいました。


最後に。
ももクロが紅白初出場を決めた時の動画は多くの人々の心に今でも残っていると思います。
本当に本気でがんばってきた人たちだからこそ流せる涙がそこにはありました。

ももクロが初めて紅白連続出場が途絶える時の動画も同じく人々の心に残るはずなんです。
なぜそれを公開しないのでしょうか。
ももクロの一員である我々もももクロちゃんと一緒に悔しがりたかったんです。
人目もはばからず泣き崩れるれにちゃんがいて、誰よりも責任を感じ押しつぶされそうになりながら泣く夏菜子ちゃんがいて、その夏菜子ちゃんを支えてこれなかったんだと自覚するしおりんがいて、冷静になろうとしつつもライブ演出がもっと盛り上げられてたら結果が違ったんじゃないかと悔やむあーりんがいて、自分のパフォーマンスがまだまだ未熟なせいだと責任を背負い込む杏果ちゃんがいて。
その5人を見てこの子たちのために何もしてこれなかったんだとようやく気付く我々がいて。
それで逆境に立ち向かっていく。
こんなど真ん中の道を望んでいたのです。

蹴落とされても、石をかじり、砂をつかんで立ち上がる。
かっこ悪くて良いじゃないですか。
かっこよくないのにとてつもなくかっこいいのがももクロなんです。
ももクロを応援することがダサいという風潮が強まったとしても、だからなんだって言ってやる。
ダセェしかっこ悪いけどスゲェしめちゃくちゃ強ぇんだよももクロは!!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

『アイドル感染拡大』というアイドル評論本にももクロのすごさというかれにちゃんのすごさを書きまくり、そしてこの本が大量に売れ残ってしまったことで金銭面で余裕が無くなってしまったのでそれどころじゃありませんでした。

ここワラタ

URL | #-

2015/11/27 05:52 * 編集 *

そろそろ運営とメンバーを分けて語るのはやめたほうがいいのでは?と感じます
もはやそういう時期ではないかと思っています
チームとしての決断に責任を持たせるべきでしょう

URL | #-

2015/11/27 10:05 * 編集 *

久しぶりにドスンとストレートに響く文章に出会った気がします。そして、己のももクロ離れと向き合う機会にも。

初出場の歓喜、涙は忘れません。忘れていなかったはずなんですが、心のどこかに置いてきてしまったようです。

泥臭い、逆境から這い上がるももクロを見たいですね。
ここからさかもとさんの逆襲も期待しています。

URL | やま #-

2015/11/27 23:36 * 編集 *

激しく共感です。
紅白落選なら、正面から紅白とプロレスして、次回は和解するのも素敵じゃないですか?
やっぱり卒業って言葉はももクロらしくないし、有安とかあかりんの事を考えると安直に感じます。
ももクロ熱が冷めてることに気付かされました。急成長期から、定番になることで、周りに進めることもしてませんでした。
ももクロ飲み会、今年中にやります!
ありがとうございました。

URL | #-

2015/11/27 23:37 * 編集 *

一般的地名度や人気獲得を目指すアイドル、テレビメディアには出ずともそのジャンル直接のファンのみに焦点を当てるミュージシャン。
運営は前者から後者への移行を意識した戦略をしているようですが、メンバーそしてファンの思いとズレがある気がします。

メンバーは卒業などしたくなかったでしょうが、kwkmの決めたことが覆らないことも知っています。(みんなで決めたと言っていますが誰に何言われようとkwkmがイヤと言えば卒業はなかったでしょう)
その時にメンバーに話した、なぜ卒業するのかという説明をファンにもして欲しいところ。
そこをハッキリ言わないので釈然としませんね。

URL | 5 #-

2015/11/28 00:06 * 編集 *

中身ねえな、2ちゃんにありきたりな意見だ、途中で読むのやめちまった

URL | #-

2015/11/28 01:09 * 編集 *

最近あなたはいつも運営批判ですね 飽きました
もはやメンバーもどちらかといえば運営側に入っており紅白卒業という言葉もかなこちゃん以外はブログに出しています メンバー発信の言葉かもしれませんね

こんな記事よりも さかもとの同人誌はなぜ売れないのか とか書けばいかがでしょう?
まあ面白くないって結論でしょうけど

さようなら

URL | ドリル #-

2015/11/28 08:06 * 編集 *

その決断をした覚悟を想像してください

ご無沙汰しています。

さかもとさんは、最早ももクロについてこれなくなったのだな…と思い、寂しくなりました。

記事もさかもとさんらしい深い分析もなく、薄っぺらい表面的なことだけ。

「僕の想い描いたももクロとは違う」ということしか伝わらず、残念でなりません。



「卒業」という言葉を使い、紅白と決別する。
「紅白」が、ももクロにとってどれくらい重いものだったのかの裏返しなのではないでしょうか。

「卒業」を切り出したのは、川上さんたち運営かもしれません。
でも、決断をしたのは”5人”だったと思います。

各メンバーのブログを読む限り、5人は覚悟を決めていますね。


僕は、紅白という呪縛ー過去の呪縛から解放されたのだと考えています。
「紅白」が、ももクロにとって大事なものであるからこそ。

今年の紅白の選考は、あからさまな女性アイドル切りですね。
まあ、アイドル枠多すぎだったから、その調整だろうなと思いますが。



今年の桃神祭を観て、運営の懐の広さを感じました。

前山田さんとの再会に涙するメンバーの姿を見て、これはメンバーのためにやったことなんだな…と思いました。


まあ、こんなこと書いたら”信者”ってバカにされますかね(笑)



信者、結構!
文句あるか!


ももクロは、川上さんじゃないとダメだと思います。

だって、ももクロのスピリッツは川上さんのスピリッツだもの。

URL | yoturn #-

2015/11/28 09:31 * 編集 *

私は率直にってこの記事の内容にまるっきし同感です。
ぶざまで泥臭くてかっこ悪くても、もがきまくる、それがももクロであり
今までそこが心底かっこいいと思ってました。

「卒業」って・・・、やっぱり正直本当の意味でかっこ悪いですよ、申し訳ないけど。

折立中の動画をYOUTUBEでたまたま見て、最初は馬鹿にして笑っていたけど、
いつの間にか引き込まれてしまい彼女たちの気概・ガチッぷりを尊敬してしまった自分。

今回の発言はなんかもう違う感がすごいです。・・・頑張れももクロ!

URL | 2011男祭り&クリスマス #-

2015/11/28 13:30 * 編集 *

「卒業」としたのは、きっとそれだけの理由があったからだと思います。
じゃなかったら、メンバーも納得しないでしょ。
以前のももクロならともかく、今のももクロでメンバーの同意なしに事をすすめることはできないと思いますよ。

私は、NHK側から伝えられた落選の理由が、この先の紅白を断念せざるを得ないような理由だったんじゃないかと予想します。
これだけの場数を踏んできたももクロの運営が、カッコつけるために「卒業」なんて軽はずみな発表はしないと思います。

URL | #-

2015/11/28 15:47 * 編集 *

Re: タイトルなし

> 『アイドル感染拡大』というアイドル評論本にももクロのすごさというかれにちゃんのすごさを書きまくり、そしてこの本が大量に売れ残ってしまったことで金銭面で余裕が無くなってしまったのでそれどころじゃありませんでした。
>
> ここワラタ


ほんと笑えない事態です。

URL | さかもと #-

2015/11/28 21:54 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

> そろそろ運営とメンバーを分けて語るのはやめたほうがいいのでは?と感じます
> もはやそういう時期ではないかと思っています
> チームとしての決断に責任を持たせるべきでしょう


個人的な感覚では運営の意見が強くメンバーは歯向かうことができていない状態だと思います。
運営もメンバーも含め「チームももクロ」としての決断に見えて実際は運営の意見が全体を占めているとしたら、やはりメンバーの考えも読み取りたくなります。メンバーのことが好きなので。

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:01 * 編集 *

やまさんへ

コメントありがとうございます!


> 久しぶりにドスンとストレートに響く文章に出会った気がします。そして、己のももクロ離れと向き合う機会にも。
>
> 初出場の歓喜、涙は忘れません。忘れていなかったはずなんですが、心のどこかに置いてきてしまったようです。
>
> 泥臭い、逆境から這い上がるももクロを見たいですね。
> ここからさかもとさんの逆襲も期待しています。


僕はももクロのことが好きならファンだと思っています。
様々な状況により以前よりも応援の仕方が変わることは全員に起こりうることです。
でも好きならファンです。
ももクロちゃんが「以前よりも推さなくなったからあなたはファンじゃないです」って言うはず無いじゃないですか。
それなのにファンはおもしろがって「他界だな」などとほざく。ももクロから何を学んできたんでしょう。

ここから逆襲してくれます!なぜなら我らがももクロだからです!

僕の逆襲は本が残ってるので無理です!(笑)

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:11 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!


> 紅白落選なら、正面から紅白とプロレスして、次回は和解するのも素敵じゃないですか?
> やっぱり卒業って言葉はももクロらしくないし、有安とかあかりんの事を考えると安直に感じます。

「紅白卒業」にしてしまうと紅白側からも誘いにくくなりますよね。
メンバーのブログではまだ果たしていない約束があるから必ず出ると言っていたので良かったです。
それでもやはり紅白卒業発言はずっと残りますね。

> ももクロ熱が冷めてることに気付かされました。急成長期から、定番になることで、周りに進めることもしてませんでした。
> ももクロ飲み会、今年中にやります!
> ありがとうございました。

そう言っていただけると書いた甲斐があります!
ももクロちゃんのことを想って自分ができることをよく考えて共に行動していきましょう!

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:19 * 編集 *

5さんへ

コメントありがとうございます!


> メンバーは卒業などしたくなかったでしょうが、kwkmの決めたことが覆らないことも知っています。(みんなで決めたと言っていますが誰に何言われようとkwkmがイヤと言えば卒業はなかったでしょう)
> その時にメンバーに話した、なぜ卒業するのかという説明をファンにもして欲しいところ。
> そこをハッキリ言わないので釈然としませんね。


やはりそう感じますよね。
その後メンバーのブログが更新されましたが、しっかり落選と書かれていました。
ではなぜ卒業という言葉を使ったのかが理解できません。
となるとメンバー以外の意見が入り込んでいるとしか思えません。

卒業という言葉をなぜ使ったのか説明して欲しいですね。
メンバーが納得したようにファンも納得して先に進みたいです。

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:34 * 編集 *

Re: タイトルなし

> 中身ねえな、2ちゃんにありきたりな意見だ、途中で読むのやめちまった

2ちゃんねる読んでるんですね。
2ちゃんねるは中身無いけど読んでるということですか?
それは2ちゃんねるだからですか?

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:35 * 編集 *

ドリルさんへ

コメントありがとうござます!

> 最近あなたはいつも運営批判ですね 飽きました
> もはやメンバーもどちらかといえば運営側に入っており紅白卒業という言葉もかなこちゃん以外はブログに出しています メンバー発信の言葉かもしれませんね


悪いところがあれば批判するのは当たり前だと思います。
「紅白卒業」がメンバーの発案だとしたら運営は止めるべきです。
多くのファンがこの言葉で不安になっているのですからあの言葉は不適当であり、それを回避できなかった運営は批判されてしかるべきです。



>
> こんな記事よりも さかもとの同人誌はなぜ売れないのか とか書けばいかがでしょう?
> まあ面白くないって結論でしょうけど
>
> さようなら


この記事と同人誌が売れない理由を書いた記事とどちらがももクロのためになるかと言えば、こちらの記事でしょう。
同人誌の売れない理由を書いたところでももクロのファンは増えていきません。

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:39 * 編集 *

yoturnさんへ

コメントありがとうございます!


> 「僕の想い描いたももクロとは違う」ということしか伝わらず、残念でなりません。

ももクロはもっとすごいのにその足を運営自身が引っ張っていることが我慢なりません。



> 「卒業」という言葉を使い、紅白と決別する。
> 「紅白」が、ももクロにとってどれくらい重いものだったのかの裏返しなのではないでしょうか。
>
> 「卒業」を切り出したのは、川上さんたち運営かもしれません。
> でも、決断をしたのは”5人”だったと思います。
>
> 各メンバーのブログを読む限り、5人は覚悟を決めていますね。


5人のブログを読むことでようやく「卒業」という言葉を使った意味が少しわかりました。
でも5人のブログがなかったらあの公式発表はファンに不信感を与えたままでした。
あの発表の仕方をしてファンを不安にさせたのは批判されてしかるべきでしょう。


> ももクロは、川上さんじゃないとダメだと思います。
>
> だって、ももクロのスピリッツは川上さんのスピリッツだもの。


僕はもう川上さんじゃなくていいと思います。
スピリッツを受け継いでいるのならば川上さんがいなくてもいいと思いませんか?

URL | さかもと #-

2015/11/28 22:50 * 編集 *

2011男祭り&クリスマスさんへ

コメントありがとうございます!


> 「卒業」って・・・、やっぱり正直本当の意味でかっこ悪いですよ、申し訳ないけど。


落選したから卒業宣言、ってここだけ見るととてもかっこ悪いですよね。
落選したんだから落選と言えばいいと思います。なぜかっこつけようとするんでしょうね。


> 折立中の動画をYOUTUBEでたまたま見て、最初は馬鹿にして笑っていたけど、
> いつの間にか引き込まれてしまい彼女たちの気概・ガチッぷりを尊敬してしまった自分。
>
> 今回の発言はなんかもう違う感がすごいです。・・・頑張れももクロ!

あの動画は素晴らしいですね。
見ている人をいつの間にか惹きつけて熱狂させてしまう。
「卒業」という言葉を使って不安にさせるのはやっぱ違いますよね。

URL | さかもと #-

2015/11/28 23:05 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!


> 「卒業」としたのは、きっとそれだけの理由があったからだと思います。
> じゃなかったら、メンバーも納得しないでしょ。
> 以前のももクロならともかく、今のももクロでメンバーの同意なしに事をすすめることはできないと思いますよ。

卒業という公式発表をし、ブログでは落選とも言う。
ここに違和感は無いでしょうか。
ファンを不安にさせてまで卒業という言葉を使う理由はいつ明かされるんでしょう。


> 私は、NHK側から伝えられた落選の理由が、この先の紅白を断念せざるを得ないような理由だったんじゃないかと予想します。
> これだけの場数を踏んできたももクロの運営が、カッコつけるために「卒業」なんて軽はずみな発表はしないと思います。

この先の紅白を断念せざるを得ないような理由があったとして、なぜ「卒業」と言わなければならないんでしょう。
落選しました、と報告し、今後ずっと出なければいいんじゃないでしょうか。

URL | さかもと #-

2015/11/28 23:11 * 編集 *

『ももクロ』『卒業』の検索ワードでたどり着きました、一見さんです。

本文にはほぼ同意です。
ももクロに対しては性善説で考えたいですが、流石に今回の件は・・・
『卒業』っていう言葉は、ももクロには使ってほしくなかった言葉です。

メンバーのブログも見て、それ相応の覚悟というのは伝わってきましたが、
それがそもそもなぜ『卒業』って言葉になったのか?
単純にもう紅白には戻れないという事を宣言してしまったのと同意義ですよね。
将来、NHKサイドから三顧の礼で『お願いですから出演してください』なんてことにはなりますかね?
来年また頑張りますで本当に十分です。

事ある度にメンバーが言っていた、
『嵐やSMAPのような国民的アイドルを目指したい』
それが本心であれば今回の件は失敗以外の何物ではないのじゃないかと。
SMAPメンバーに不祥事があった時、ダメージを最小限にするために、
周囲がどれだけ用意周到に対策を練ってきたか。
世間のバッシングを受けないように裏方が相当対策を講じてきたことを考えれば、
ももクロ陣営はこんなバッシングの反応になると、想定できなかったのか?
想定出来てたら、何やってるんだが本当に愚策。
うちは他とはちょっと違うんだ・・・なんてノリだったら、、、流石にないでしょうけれども。
※AKBのメンバーの不祥事は脱退させればほぼ無かったことにできますから(笑)

『ももクロは他とは違うからももクロなんだ』
という意見は確かに賛同しますが、
それはある意味アイドル界の狭い中での話でしかなく、
国民的アイドルを目指すなら他とは違う論だけでは無理があるのではないかと。
もちろんそんなに大きな存在になってほしくないと思う方には、通じない話でしょうが。

もちろん他界するつもりは全く無いですが、
なんか今回の件で、個人的にはいろんな意味でテンションが下がってしまった感じは否めません。
一時的かもしれませんが。



URL | #-

2015/11/28 23:17 * 編集 *

「卒業」でいいんじゃないですか。
紅白と決別でもいいんじゃないですかね。

ももクロの全力ライブが、CD販売数でアーティストの人気を測るという価値観を壊しつつあると思うんですよ。 ライブ動員という観点で見たら、紅白に落ちる理由が見当たらない。

でも落ちてしまったということは、紅白は、CD販売数や、事務所間の政治的理由、つまりは既存の価値観の上に成り立つているものというのがはっきりしたんじゃないですかね。

すでに3回の出場ははたしたんで、そういうところは「卒業」して新しいものを創っていこうっていう決意なんじゃないでしょうか。

スタダは女優や俳優では力があると思うですけど、きっと音楽系ではそんなに力はないと思うですよ。 
だから既存の価値観で勝負してたら、ずーっと、どこかの後塵を拝すしかない、ど真ん中を行くにはももクロ自体が新しい価値観を創り出さないと、ど真ん中は行けないって、運営の人たちはきっとそう思ってるんじゃないでしょうかね。

それなら「卒業」でいいんじゃないでしょうか。

これは、もしかしたら、モノノフ自体も試されてるんじゃないですか。
安定のももクロを選ぶのか、つき進むももクロを選ぶのかって。







URL | #-

2015/11/29 03:40 * 編集 *

あなたの本全部買って読みました。それも3冊とも発売後すぐに。

最近のあなたは昔と違い、たまに更新するももクロ関連のブログで
運営批判とAKBやハロプロや地下ドルとばかり比べそしてDDでなにが悪い論
を展開していて以前わたしが共感していた人とはほど遠い人物になってしまったと個人的に感じます。

批判や意見は自由だしももクロの何を語っても自由ですが、
ここまで言い切るならもうご自身がアイドルプロデュースをなさったらどうですか。

卒業宣言はたしかに不可解です。
でも納得していてもそうでなくても、次の目標に切りかえてやるしか道はないと。不退転の決意で前へ進もうという気持ちとも解せます。
たぶんいばらの道だと思います。

メンバーが窮地にたって色々言いたいことがあっても中にいる立場の人間では
ないのだからそこはこらえてただただ応援することもいちファンのあり方だと
思っています。


ブログの文章自体は否定しませんが、あれがダメこれがダメばかりいう人間に
人はついていきません。

そもそもCDが売れるからカワイイから応援するわけでなく、どんな状況下でも
メンバーの人柄を本当に尊敬しているからこそ歳甲斐もなく他とちがって
引けつけられるし、またついていきたい気になるのです。

軽々しくいうつもりはありませんし、絶対とか一生応援するとかの言葉もなんか
違う気がします。
今後も行けるライブには行き、CDや映像作品や特集誌は購入して聞いたり見たり
読んだりしながら、メンバーの成長を影ながら応援したいとおもいます。



URL | 昔コメントした名無し #-

2015/11/29 04:58 * 編集 *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!


> メンバーのブログも見て、それ相応の覚悟というのは伝わってきましたが、
> それがそもそもなぜ『卒業』って言葉になったのか?
> 単純にもう紅白には戻れないという事を宣言してしまったのと同意義ですよね。
> 将来、NHKサイドから三顧の礼で『お願いですから出演してください』なんてことにはなりますかね?
> 来年また頑張りますで本当に十分です。


ほんと争点は「なぜ卒業という言葉を使ったのか」に尽きますね。
卒業したらもう戻れないと受け取られても仕方ないじゃないですか。
メンバーのブログではまだ叶えていない夢があるからと、今後も紅白に出たいということが書かれていましたが、だとしたらなぜ卒業などと言ってしまったんでしょうか。


> 世間のバッシングを受けないように裏方が相当対策を講じてきたことを考えれば、
> ももクロ陣営はこんなバッシングの反応になると、想定できなかったのか?
> 想定出来てたら、何やってるんだが本当に愚策。

おっしゃる通り近年稀に見る愚策ですよね。大悪手を指してしまいました。
もしこれが先にメンバーブログで、あとが公式発表だとしたら見え方が全然違っていたと思います。

もしかしたら公式発表への批判の多さに驚きあわててメンバーにブログで卒業と落選について書かせたのではないか、と邪推したくもなります。


> もちろん他界するつもりは全く無いですが、
> なんか今回の件で、個人的にはいろんな意味でテンションが下がってしまった感じは否めません。
> 一時的かもしれませんが。


以前から運営には危惧を抱いていましたがここにきて大きなミスをしてしまったと思います。
メンバーにいらない気遣いをさせて欲しくないですね。
そう言えばれにちゃんが腕の骨を折った時も「かっこつけて机に腕をつこうとして机が無かったから転んだ」という嘘をつかせてましたけど。真剣な話の時は真剣に伝えたほうが良いと感じました。

URL | さかもと #-

2015/11/29 06:30 * 編集 *

そこまで言われるなら

>僕はもう川上さんじゃなくていいと思います。
スピリッツを受け継いでいるのならば川上さんがいなくてもいいと思いませんか?

僕が感じている「スピリッツ」と、さかもとさんが感じている「スピリッツ」は、多分違うものでしょうね。

最近、確信したことがあります。
それは、ももクロの終わりは、川上さんがももクロを離れた時だということに。

川上さんのやり方を見ていると、かなり先のことを視野に入れて計画している感じを受けます。

もちろん、タイミングや運もあるとは思いますが、それをも巧みに活かしています。

14から15年の動きを見ると、ももクロの可能性は確実に広がるのを感じました。

紅白や国立という目標がなくなった後に見せるものを、具体的に提示してくれたと思います。


さかもとさんの運営批判の論理は、僕は短期的かつ、極めて”アイドル的”に感じています。

それ自体を否定はしませんが、さかもとさんの理論でプロデュースしたら、5年が限界な気がします。

先ほどのコメントに、さかもとさんがももクロについていけてないなと感じた要因でもあります。



さかもとさんが、川上さんの批判を正しいものとするためには、どなたかもコメントされていましたが、さかもとさんがももクロを超えるアイドルを作ることが最善だと思います。

評論は、所詮評論。
現場で、実際に汗をかいている人には叶いません。

政治の世界でも、ビジネスの世界でも、頭の理想だけで上手くいった人は一人もいません。

学者上がりや作家上がりの政治家も、現場を経験したことで、本当の政治家になりました。

コンサルタント上がりで起業して、苦しんでいる経営者も沢山います。


さかもとさんも、”実績”で川上さんを叩きのめしてください。



アイドルにも、ビジネスにも、正解はありません。
ならば、それを探求してみてください。

さかもとさんの理想とするアイドルを、僕たちに見せてください。

僕は、見てみたいです。


さかもとさんの書籍が売れないとすれば、その辺りの差もあるのではないでしょうか。

URL | yoturn #-

2015/11/29 12:28 * 編集 *

さかもとさんへ

3年半前前にももクロを知り、いろいろ調べているうちにこのブログにたどりつき
おおいに共感して何度かコメントもさせてもらった中年おじさんです。

さかもとさんはそろそろももクロに言及しないほうがいいんじゃないですかね。
ついてこれてないんですから。運営に文句を言うスタンスだっていっていますが、
どう見てもさかもとさんより川上氏のほうがあなたより考えていますよ。
当たり前ですよね生活かかってますから。

あなたの大義名分は利益なしで同人誌を作っているっていうことですけれども
(ちなみに私は3冊とも買っていますし、3冊目だって面白かったと思っています)
ももクロを題材にして自分の名声を上げるっていうことは、金銭的な利益は
得なくても、結果ももクロを利用している訳です。
右の人に呼んでもらいUSTで顔も晒していますし。

悪くはないんですよ。大人はそういうことをするのが経済活動だし。何にも問題ない。
ただそれを棚にあげて運営に批判するのはどうかと。普段ももクロのことに
言及しないのに、運営批判についてはタイムリーすぎて。

今回のももクロにかんしての試練は、本当の本当の意味での大人の壁です。
本人たちは何も悪くないのに割りを食う。しかしこれは現代社会では当たり前のこと。
今までの守ってくれながら壁を設定するというのとは次元の違う本当の戦いです。

俺みたいなオッサン(48歳カミサン、大学生、高校生各1名あり)みたいなモノノフは
結構多いと思います。上記のような本当の戦いにいにうんざりしている人間が
ももクロにはまっているような気がしますが、自分を含めこういう人たちは
一方この戦いの厳しさを本当にわかっています。

さかもとさんにはわからないんですたぶん。正直にいうと
「あんたついていけてないよ、ももクロにも川上にも」

そういうつもりはないんでしょうが、3冊目売れ残ったのをももクロの運営を含む
方針のせいにしているように読めてしまいます。売れ残った理由は簡単。
マーケットを読めていなかったからだけです。さかもとさん自身がももクロを知り
アイドルを知ったことで内容の対象を広げていったところ、受けなかっただけです。

AKBグループ、ももクロはやはり個々の力が時代にあっていただけ。アイドル全体を
活性化し続けることはできなかった。だからアイドル全体に広げたら売れ残った。
NHKもこれからはアイドルは縮小って考えているんでしょう、今回の結果は。

今回のNHKの判断はあきらかにおかしいし、意味がわからない。だって2日で
8.2万人集めてもでられないんだから。AKBグループ以外の女子アイドルは
今後どうがんばってもでられないってことになります。
3年前のももクロだってでられない。
川上氏がなぜ卒業という言葉にしたのかは正直わかりませんが、ビジネス上
紅白にこだわるのは意味がないんじゃないかと考えたんでしょう。もちろん
本人たちのためというのはあたりまえの前提で。

もしかしたらこれ以上の拡大路線は無理と考え、今いるファンの囲い込みの
徹底にシフトチェンジ(以前の初期支えてくれたファン切りと同様、間逆ではあるが)
したのかもしれません。今後のももクロの活動を守るために。
だからこそ「卒業」という言葉を選んだのかもしれません。リスクをとり続けないと
企業は長期存続できないのが現代です。ももクロも長期存続を望んでる訳ですから
炎上といわれても、攻めていく必要があるわけです。

いかにせよ、運営がどのような方針をとろうが、彼女たちの本質(感謝の気持ち等)
がかわらない限り応援し続けます。彼女たちにどんな困難が生じても、たとえそれが
運営の失敗だとしても応援し続けると決めてるのでまったく気になりません。
今回の宣言はやってくれたって感じのほうが大きいです。

こんなこと個人のブログにまでコメントするなんてどうかとも考えましたが、あなたが
同人誌の発行人であり、USTにでている以上、さかもとさんの影響は大きいと考え
異論を書かせていただきました。

URL | ドロ #d9tOb7f2

2015/11/29 17:34 * 編集 *

ドロ #d9tOb7f2さん へ

ここはさかもと氏が返信してなにかを述べる場でしょうが、

あなたの意見に大変共感しました。

格闘技が好きだった私も4年半ほど前にメンバーの活動を見かけそれ以来、
ファンになりました。

私自身が40代に突入し、仕事でも若さだけでは許されない責任がのしかかる立場になり、昔のがむしゃらな時代を思い起こしてもいかんともしがたい状況て゛
それなりにもがいています。

その分彼女たちの人柄や活動に勇気と活力をもらって毎日に感謝しています。
ただ〇〇教とか信者とは呼ばれたくないし、いわれる筋合いもありません。

あまり長く語ると多方面からお叱りもきそうなので
最後に一言だけいわせてください。



「本当の努力をしないものは不満を語り、本当の努力をするものは夢を語る」

URL | 昔の名無し #-

2015/11/29 18:26 * 編集 *

昔コメントした名無しさんへ

コメントありがとうございます!

> あなたの本全部買って読みました。それも3冊とも発売後すぐに。
>
> 最近のあなたは昔と違い、たまに更新するももクロ関連のブログで
> 運営批判とAKBやハロプロや地下ドルとばかり比べそしてDDでなにが悪い論
> を展開していて以前わたしが共感していた人とはほど遠い人物になってしまったと個人的に感じます。


お買い上げ本当にありがとうございます!
『アイドル感染拡大』に書いたことが伝わらなかったのであれば大変残念です。
このブログでは多くの人がももクロ絶賛記事を書いているであろうことを見越してあえて運営への改善点などを書いています。
もともと社会批評により社会が良くなることを目指すブログでしたので、その延長にももクロ運営批評により社会が良くなる願いを込めた記事があります。


> 批判や意見は自由だしももクロの何を語っても自由ですが、
> ここまで言い切るならもうご自身がアイドルプロデュースをなさったらどうですか。

1000万円くらいあるといいんですけどね。


> 卒業宣言はたしかに不可解です。
> でも納得していてもそうでなくても、次の目標に切りかえてやるしか道はないと。不退転の決意で前へ進もうという気持ちとも解せます。
> たぶんいばらの道だと思います。
>
> メンバーが窮地にたって色々言いたいことがあっても中にいる立場の人間では
> ないのだからそこはこらえてただただ応援することもいちファンのあり方だと
> 思っています。

おっしゃる通りだと思います。
ただこの記事はメンバーのブログが上がっていない状況で書いたということをご理解ください。
こらえてただただ応援することもファンのあり方だと思いますし、運営に対して意見を言うのもファンのあり方だと思っています。


> そもそもCDが売れるからカワイイから応援するわけでなく、どんな状況下でも
> メンバーの人柄を本当に尊敬しているからこそ歳甲斐もなく他とちがって
> 引けつけられるし、またついていきたい気になるのです。
>
> 軽々しくいうつもりはありませんし、絶対とか一生応援するとかの言葉もなんか
> 違う気がします。
> 今後も行けるライブには行き、CDや映像作品や特集誌は購入して聞いたり見たり
> 読んだりしながら、メンバーの成長を影ながら応援したいとおもいます。

完全に同意します。
ぜひ共にももクロの歩む道を突き進んで行きましょう!

URL | さかもと #-

2015/11/29 20:19 * 編集 *

yoturnさんへ

コメントありがとうございます!

> >僕はもう川上さんじゃなくていいと思います。
> スピリッツを受け継いでいるのならば川上さんがいなくてもいいと思いませんか?
>
> 僕が感じている「スピリッツ」と、さかもとさんが感じている「スピリッツ」は、多分違うものでしょうね。
>
> 最近、確信したことがあります。
> それは、ももクロの終わりは、川上さんがももクロを離れた時だということに。


つまり川上さんの体現者としてももクロがいる、ということでしょうか。
僕はどんなプロデューサーやマネージャーがついたとしても、事務所が変わったとしてもあの5人は5人のままだと思っています。乱暴な例えですが、もし全部変わってあの5人が演歌アイドルになったりバンドグループになったとしても変わらず応援します。
川上さんのファンではなく5人のファンだからです。
その意味では僕とyoturnさんが考えてることは違うのでしょうね。


> さかもとさんの運営批判の論理は、僕は短期的かつ、極めて”アイドル的”に感じています。
>
> それ自体を否定はしませんが、さかもとさんの理論でプロデュースしたら、5年が限界な気がします。


10年20年と続けていくための現時点での行動はもちろんあるでしょう。yoturnさんがおっしゃる通り、それは僕には理解できていないのかもしれません。
ですがこの記事に書いたこととそのこととは別問題です。
今まさに穴に落っこちようとしている人を止める時に「10年20年と続けるために」と考えてる暇はありません。
助けるために思わず手を差し伸べるのは、今この時に勝手にしてしまうことです。


> さかもとさんが、川上さんの批判を正しいものとするためには、どなたかもコメントされていましたが、さかもとさんがももクロを超えるアイドルを作ることが最善だと思います。
>
> 評論は、所詮評論。
> 現場で、実際に汗をかいている人には叶いません。
>
> 政治の世界でも、ビジネスの世界でも、頭の理想だけで上手くいった人は一人もいません。


よくこういう「できるわけがないことを要求することで論破したつもりになっている」意見をいただきます。
ももクロを超えるアイドルは今後現れることはありません。
もちろんCD売上やライブ動員数など、何かの分野で超えることはありますが、ももクロを超えるのはももクロでしかありえません。

そして二点目。
僕は評論の方が上などと思ったことはありません。
なぜそう勘違いなさっているのかわかりませんが。
動く者、人を動かす者こそが社会を動かす。そんなこと当たり前じゃないですか。
だからこそももクロはすごいのです。

僕はただ僕が持っているものを使って出しているだけです。

なので「そんなに言うならお前がやれ」的な無駄なコメントはもうやめましょう。


> さかもとさんの書籍が売れないとすれば、その辺りの差もあるのではないでしょうか。

あと僕の書籍、ではないので。
責任編集ではありますが、寄稿してくださったみなさんの本です。みなさんより僕の方が上で偉い、というわけではないので「さかもとの本」というのは違和感があります。
責任はすべて僕にある、というだけです。

URL | さかもと #-

2015/11/29 20:46 * 編集 *

ドロ さんへ

コメントありがとうございます!

> さかもとさんはそろそろももクロに言及しないほうがいいんじゃないですかね。
> ついてこれてないんですから。運営に文句を言うスタンスだっていっていますが、
> どう見てもさかもとさんより川上氏のほうがあなたより考えていますよ。

2点あります。
1点目。どんな者でもどんな思考や発言をしても良いに決まってます。
それは僕がどの程度のファンであろうとも、です。
たとえこの記事の考えが浅いものだとしても発言していいのです。
ファンがファンを選定することはももクロちゃんが喜ぶことだとは思えません。

2点目。川上さんが僕よりもももクロのことを考えているのは当然です。そうでなければ困ります。
ですがよく考えているからと言ってすべて正解を出し続けるなど不可能でしょう。
社会状況は変わっていきますし、アイドル業界も変わっていきます。運もあります。
将棋の感想戦は終わってしまった勝負に対していろんな手をお互い思考していきます。
すでに勝ったから負けたからと、もう勝負がくつがえらない感想戦が無意味であることはないのです。


> あなたの大義名分は利益なしで同人誌を作っているっていうことですけれども
> (ちなみに私は3冊とも買っていますし、3冊目だって面白かったと思っています)
> ももクロを題材にして自分の名声を上げるっていうことは、金銭的な利益は
> 得なくても、結果ももクロを利用している訳です。
> 右の人に呼んでもらいUSTで顔も晒していますし。

お買い上げいただき本当にありがとうございます。
本ではももクロがいかにすごい存在なのか書きました。ブログではあえて逆の立場で書いています。本にするよりも早く発言できる点と、絶賛する記事がこの世にあふれているだろうからです。
打算的に絶賛記事だけ書いてちやほやしてもらうことよりも、記事数が少ないと思われる問題提起の記事を書いています。

「ももクロを利用して名声を得ている」ということですが、まずCDやDVDを焼いて売っているなどの著作権侵害ではない点をご理解ください。
評論は今よりも環境がよくなるためにするものだと思っています。
「ももクロを利用して名声を得るな」というのは「ファンなら目立った行動するな」という意味とも受け取れます。僕は「笑顔の天下」というのは、それぞれ各々が自分ができることをして社会を善くすること、だと思っています。
名声やお金を得ることがダメで、得ないことは良い、ということではなく、ももクロちゃんのためになることをすることが社会のためになることであり、その逆も然り、ということだと思っています。

『梶原放送局』はみなさんボランティアで参加していて、その思想に共感したので参加させていただきました。
名声を得たいからという理由ではないですが、名声を得た体感もさっぱりありません(笑)。


> 悪くはないんですよ。大人はそういうことをするのが経済活動だし。何にも問題ない。
> ただそれを棚にあげて運営に批判するのはどうかと。普段ももクロのことに
> 言及しないのに、運営批判についてはタイムリーすぎて。

普段はツイッターでつぶやいてしまうのでブログに書かなくなってしまいました。
長くなる時はブログに書いています。

ももクロちゃんに感謝しているからこそよりよくなるための提案をしています。
もちろん合っているかどうかは判別できませんが、今まさに穴に落ちようとしている時には思わず手を差し伸べてしまうものなのです。


> さかもとさんにはわからないんですたぶん。正直にいうと
> 「あんたついていけてないよ、ももクロにも川上にも」
>
> そういうつもりはないんでしょうが、3冊目売れ残ったのをももクロの運営を含む
> 方針のせいにしているように読めてしまいます。売れ残った理由は簡単。
> マーケットを読めていなかったからだけです。さかもとさん自身がももクロを知り
> アイドルを知ったことで内容の対象を広げていったところ、受けなかっただけです。

本が売れ残ったのはももクロ運営のせいにしていません。誤解させるような書き方があったのならすみません。
売れ残った理由はおっしゃる通りだと思います。


> 川上氏がなぜ卒業という言葉にしたのかは正直わかりませんが、ビジネス上
> 紅白にこだわるのは意味がないんじゃないかと考えたんでしょう。もちろん
> 本人たちのためというのはあたりまえの前提で。

紅白にこだわる意味が無いと考えるのは良いのですが、「卒業」と公言してしまうことはいけないと思います。
多くのファンが感じているように失礼な印象を与えてしまったと思います。
紅白に出るよりもももクロとしての活動の方が大事。当然のことです。
ですがそれを公言してはいけないでしょう。運営のコメントとして出すならまだしも、ももクロちゃんが言ってるかのような公式発表はいけないと思います。



>
> もしかしたらこれ以上の拡大路線は無理と考え、今いるファンの囲い込みの
> 徹底にシフトチェンジ(以前の初期支えてくれたファン切りと同様、間逆ではあるが)
> したのかもしれません。今後のももクロの活動を守るために。
> だからこそ「卒業」という言葉を選んだのかもしれません。リスクをとり続けないと
> 企業は長期存続できないのが現代です。ももクロも長期存続を望んでる訳ですから
> 炎上といわれても、攻めていく必要があるわけです。


「新しいことをやることで昔の方が好きだった人をふるい落とすこと」と「紅白歌合戦に卒業宣言することでファンを不安にさせること」は全然違うことのように思えます。


> いかにせよ、運営がどのような方針をとろうが、彼女たちの本質(感謝の気持ち等)
> がかわらない限り応援し続けます。彼女たちにどんな困難が生じても、たとえそれが
> 運営の失敗だとしても応援し続けると決めてるのでまったく気になりません。

完全に同意します。
応援することに変わりはありません。

URL | さかもと #-

2015/11/29 21:25 * 編集 *

>今まさに穴に落っこちようとしている人を止める時に「10年20年と続けるために」と考えてる暇はありません。
>助けるために思わず手を差し伸べるのは、今この時に勝手にしてしまうことです。


だとすると、ここでコメントしている暇はないのではないのですか?

川上さんに直接抗議しないと、5人を救えませんよ。


「お前がやってみろ」と書いた意味が伝わらなった、というか想定していた最低の返答で、がっかりしました。

それ、ただの”逃げ”ですよ。
それでは、何の説得力もない。ただの自己満足です。


そんな程度で、「手を差し伸べる」なんて軽々しく言わないでください。
ももクロに失礼です。


「ももクロを超えられるのは、ももクロだけ」

これも言い訳です。

ももクロを超えられるものがないから…なんて、5人が聞いたらどう思うでしょう。

それに、少なくとも”妹分”は、そんな弱腰でアイドルやってないと思いますよ。



最後に

川上さん=ももクロと言われましたが、僕は半分そう思っています。

川上さんは、その覚悟で仕事している訳ですから。
川上さんの体現者がももクロ、くらいの気概じゃなきゃ、逆に困ります。

さかもとさんの論評されているももクロ像も、さかもとさんの体現でしかありません。
想いを託す訳ですから。

残りの半分は、メンバー一人ひとりが作るものだと思います。



僕自身、若干感情的になっていると思います。
紅白落選は、僕もショックでした。

この辺にしておきます。


考えは違えでも、共にあの子たちを応援はしていきましょう。


僕は、これからももクロに何があってもついていきます。
最後の一人になっても…

URL | yoturn #-

2015/11/30 02:29 * 編集 *

駆け巡る青春

カウントダウンライブでもエコパのときのヒャダインのような茶番、炎の頂上決戦をやって矛盾を解決できないかなと思ってます。ゲストで出るとしたらあの人しかいないかな?と思ってます

URL | ポルカ #-

2015/12/07 03:33 * 編集 *

ポルカさんへ

コメントありがとうございます!

> カウントダウンライブでもエコパのときのヒャダインのような茶番、炎の頂上決戦をやって矛盾を解決できないかなと思ってます。ゲストで出るとしたらあの人しかいないかな?と思ってます


噂ではあーりん曲と杏果ちゃん曲を作ったそうですので、ぜひ出演して演奏とかもして欲しいですね。
それで今までのことが無かったかのように仲良くやって欲しいです。
ももクロちゃんは仲間を増やすことはあっても手を切るなんてことはないはずですからね!

URL | さかもと #-

2015/12/07 22:50 * 編集 *

カウントダウン会場からの中継を断られ辞退、と思ってます。
ですので、NHKホール卒業、こんど出るときは会場からの生中継。
たぶん、往年のサザンがそんな感じだったんじゃ。

ホール行くのは、あかりんが司会の時。

たかが紅白、通過点、余裕かましてよかとです。

URL | no #-

2015/12/14 19:16 * 編集 *

noさんへ

コメントありがとうございます!

> カウントダウン会場からの中継を断られ辞退、と思ってます。
> ですので、NHKホール卒業、こんど出るときは会場からの生中継。
> たぶん、往年のサザンがそんな感じだったんじゃ。


その説もありえますよね。
でもこれからももっといろんなアーティストとコラボして欲しくもありました。
小林幸子と豪華衣装対決とか(笑)


> たかが紅白、通過点、余裕かましてよかとです。

たしかにたかが紅白ですしももクロ出る前までは興味もなかったですが共に目指していたのに手のひら返すような宣言はなぁ、と思ってしまいます。

URL | さかもと #-

2015/12/15 08:16 * 編集 *

カウントダウン成功で紅白が完全にオワコンになったわ

URL | ばか社長 #-

2016/01/01 03:50 * 編集 *

ばか社長さんへ

コメントありがとうございます!

> カウントダウン成功で紅白が完全にオワコンになったわ

視聴率も悪かったようですね。
オワコンでもあかりんとの約束の場だったのは間違いないですから、そこに見切りを付けるのは違うかなと思います。

URL | さかもと #-

2016/01/03 15:59 * 編集 *

でた運営批判。自分の理想と離れたら運営ガーってかw国立まで登りつめたチームだよ?もう少し信じてみたら?

URL | ば #pV44ABmc

2016/01/05 19:30 * 編集 *

ばさんへ

コメントありがとうございます。

> でた運営批判。自分の理想と離れたら運営ガーってかw国立まで登りつめたチームだよ?もう少し信じてみたら?

自分の理想と離れたから運営批判をしていると思われたとしたら僕の筆致力不足です。
国立まで登りつめたとおっしゃいますがそれ以降はどう思われますか?
あなたの周りのももクロファンはかつてと比べどのように変化しているでしょうか。

URL | さかもと #-

2016/01/06 05:56 * 編集 *

日経エンタテインメントの最新号は読まれましたか?紅白卒業の件はメンバー全員で文章を考えたと書いてますね。

ゆく桃くる桃は紅白落選後の短期間で、よくあれだけのゲストと内容に仕上げることが出来たなと関心しました。今年以降は紅白の当落を気にせず年末のスケジュールをじっくり立てることが出来るようになったので去年以上の豪華なイベントになるのは間違いないですね。個人的にはやっと紅白の呪縛から開放されたと思っています。

今後ももクロがどんなワクワクを見せてくれるかとても楽しみですし、もし気持ちがももクロから離れた時は、黙って他界しようと思っています。

さかもとさんはももクロに付いていけなくなったなら黙っていればいいじゃないですか。影響力のあるブログで口を開けば批判ばかり。もうやめましょうよ。

URL | ももブラック #EBUSheBA

2016/01/12 15:48 * 編集 *

ももブラックさんへ

コメントありがとうございます!


> 日経エンタテインメントの最新号は読まれましたか?紅白卒業の件はメンバー全員で文章を考えたと書いてますね。
>
> ゆく桃くる桃は紅白落選後の短期間で、よくあれだけのゲストと内容に仕上げることが出来たなと関心しました。今年以降は紅白の当落を気にせず年末のスケジュールをじっくり立てることが出来るようになったので去年以上の豪華なイベントになるのは間違いないですね。個人的にはやっと紅白の呪縛から開放されたと思っています。
>
> 今後ももクロがどんなワクワクを見せてくれるかとても楽しみですし、もし気持ちがももクロから離れた時は、黙って他界しようと思っています。
>
> さかもとさんはももクロに付いていけなくなったなら黙っていればいいじゃないですか。影響力のあるブログで口を開けば批判ばかり。もうやめましょうよ。


日経エンタは読みました。
ももブラックさんのコメントをまとめると、紅白の呪縛から解放されて良かった、自分は他界する時は黙ってするからさかもともそうするべき、ということでよろしいでしょうか。

僕はファンが思ってる以上に紅白での約束を大事にしていると信じていますし、落選発表後の夏菜子ちゃんのブログの方を日経エンタよりも共感しました。
そして「ももクロに他界無し」だと思っていますので、いつまでもファンだというのが信条です。
ももクロのことが好きなのになんで熱量が下がったように見えたらすぐ他界他界と突きつけるのか意味不明です。
(これはあなただけのことではなく今の風潮に対する疑問です)

繰り返しになりますが、もしももクロちゃんが「紅白卒業という言葉を使う」と言ったのなら運営は止めるべきでした。
それは印象が悪くなるという意見があることを踏まえてもそうだと思います。
我々ファンが「紅白なんて古いもんに出なくていいよ、ライブやってくれれば」と思っていたとしても、これから先ファンになるかも知れない人たちの印象を悪くしてしまうのは得策ではないと思います。いかがでしょうか。

URL | さかもと #-

2016/01/13 00:50 * 編集 *

さかもとさん

>繰り返しになりますが、もしももクロちゃんが「紅白卒業という言葉を使う」と言ったのなら運営は止めるべきでした。

運営ももクロ含めてバッシングも覚悟の上で卒業という言葉を使ったと思います。それを見守ってあげるのがファンじゃないんですか?さかもとさんは子離れできない親みたいになってませんか?

仮に批判するにしてもこんなブログで書くよりも効果的な方法はいくらでもありますよね。運営に直接意見を述べたりしたらいいじゃないですか。メンバーのブログに書き込むとか出来ることはいろいろあります。

>我々ファンが「紅白なんて古いもんに出なくていいよ、ライブやってくれれば」と思っていたとしても、これから先ファンになるかも知れない人たちの印象を悪くしてしまうのは得策ではないと思います。いかがでしょうか。

紅白の件に限らず、口の悪さや夏菜子の指差しなど(パフォーマンスにしても)個人的に気になる点はいくつかありますが、外部がとやかく言うことじゃありませんね。イヤなら見ないだけだし、今後ファンになるかもしれない人達のことは運営が考えるべき問題で私達は一切関係のない話だと思いませんか?

さかもとさんの同人誌を買った人何人かがブログコメントで今のさかもとさんを批判していますよね。(私も1冊目は購入しました)
いわばうちらは(さかもとさんの)ファンみたいなものじゃないですか。ももクロ運営批判も結構ですが、ご自身のファンの意見にも、もう少し真摯に耳を傾けられてはいかがですか?はっきり言って今のさかもとさんには自分の好きなさかもとさんじゃなくなったので自分は「他界」します。

最後に一言だけ言わせてください。さかもとさんは、同人誌を出したり、ustでkwkmさんと話したり、山里さんにも紹介されたり、私達一般人より遥かに知名度の高いモノノフです。
知名度の高い人間の発言は社会的な影響力が必ず出てきます(あなたが思っている以上に)それと同時に社会的な責任も生まれます。そういった立場の人間は公の場で安易に人を批判しません。(山里さんがtwitterでももクロの批判したら間違いなく炎上しますよね)
さかもとさんは異論があれば論破すればいいやと思っているだけかもしれませんが、ご自身の発言についての責任をもう少しお考えになった方がいいかと思います。

私からは以上です。もうコメントすることはありません
今まで感動をありがとうございました。

URL | ももブラック #EBUSheBA

2016/01/16 09:27 * 編集 *

ももブラックさんへ

コメントありがとうございます。


> >繰り返しになりますが、もしももクロちゃんが「紅白卒業という言葉を使う」と言ったのなら運営は止めるべきでした。
>
> 運営ももクロ含めてバッシングも覚悟の上で卒業という言葉を使ったと思います。それを見守ってあげるのがファンじゃないんですか?さかもとさんは子離れできない親みたいになってませんか?


バッシングも覚悟の上なら運営の判断であり5人の意見ではないと区別して欲しかったです。
ブログや日経エンタを読んだ限りだと「ど真ん中を歩く」というのは夏菜子ちゃんの言葉だそうですが、卒業というのは5人から出ていないように思えてなりません。
5人のファンである僕はやはり5人が悪く見られるような振る舞いを運営にして欲しくありません。


> >我々ファンが「紅白なんて古いもんに出なくていいよ、ライブやってくれれば」と思っていたとしても、これから先ファンになるかも知れない人たちの印象を悪くしてしまうのは得策ではないと思います。いかがでしょうか。
>
> 紅白の件に限らず、口の悪さや夏菜子の指差しなど(パフォーマンスにしても)個人的に気になる点はいくつかありますが、外部がとやかく言うことじゃありませんね。イヤなら見ないだけだし、今後ファンになるかもしれない人達のことは運営が考えるべき問題で私達は一切関係のない話だと思いませんか?


>今後ファンになるかもしれない人達のことは運営が考えるべき問題
だからこそファンである僕も考えたいです。運営もファンももちろんももクロちゃん達も万能ではありません。なので何かあった時は放置せずに試行錯誤することが大切です。ファンなりにこういう考えを持っている人もいるということを公表することも無駄ではないと思っています。
もちろん運営に決定権がありますからファンは最終的にはそれに従うしかありません。
ももブラックさんのお考えでは、運営とご自身の考えが合わない場合は何も言わず離れるのが一番ということみたいですが、ももクロの事が好きなのに離れるなどの概念は無い、というのが僕の考えです。
僕は現在の政府のやり方が気に食わないですが日本を離れようとは思いません。いろいろ問題点を指摘しつつも日本に住み続けたいと思っています。


> さかもとさんの同人誌を買った人何人かがブログコメントで今のさかもとさんを批判していますよね。(私も1冊目は購入しました)
> いわばうちらは(さかもとさんの)ファンみたいなものじゃないですか。ももクロ運営批判も結構ですが、ご自身のファンの意見にも、もう少し真摯に耳を傾けられてはいかがですか?はっきり言って今のさかもとさんには自分の好きなさかもとさんじゃなくなったので自分は「他界」します。


お買い上げありがとうございました。
ご意見をいただけることは大変ありがたいことです。
ですがご発言と僕の考えに齟齬がある場合はすり合わせが必要だと思いますし、ご発言に不可解な点がある場合はこちらから質問もします。
ご意見に耳を傾けた上で返信していることをご理解いただけるとありがたいです。


> 最後に一言だけ言わせてください。さかもとさんは、同人誌を出したり、ustでkwkmさんと話したり、山里さんにも紹介されたり、私達一般人より遥かに知名度の高いモノノフです。
> 知名度の高い人間の発言は社会的な影響力が必ず出てきます(あなたが思っている以上に)それと同時に社会的な責任も生まれます。そういった立場の人間は公の場で安易に人を批判しません。(山里さんがtwitterでももクロの批判したら間違いなく炎上しますよね)
> さかもとさんは異論があれば論破すればいいやと思っているだけかもしれませんが、ご自身の発言についての責任をもう少しお考えになった方がいいかと思います。


まず知名度も無いし発言力もありませんが、もし知名度も発言力もあったとしても、言うべきことは言うことが大事だと思っています。知名度や発言力に関係無く言うべきことは言わなければならないと思います。
炎上するから発言を控えよ、というように読めますが、僕が嫌われるかどうかよりもももクロちゃんが無駄に嫌われたりすることの方がイヤですし、ももクロちゃんの足を引っ張るような振る舞いを運営がしたら批判します。
すべてはももクロちゃんのためです。
この記事を読み、ももクロちゃんは悪くない、運営が見直すべき、と思ってくださる方が増えたら嬉しいです。

URL | さかもと #-

2016/01/17 11:53 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2242-c8793285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top