01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

世界はLEGOのように優しい 映画『ルーム』に描かれる親子の「日常」の差異に世界の調べを聴く 



映画『ルーム』を見た。映画『ルーム』公式サイト
気付くと涙がこぼれていた。
誘拐された女性が監禁部屋で子供を産み、その子が部屋を脱出するストーリーだという予備知識だけで鑑賞したのが良かった。
その後の展開を知っていたらここまでの衝撃と感動は得られなかっただろう。

これからの文章はネタバレを含むので、未見の方はぜひご鑑賞後にお読みいただきたい。



● ママの非日常とジャックの日常

7年前に誘拐監禁された少女ジョイ・ニューサム。誘拐犯の子を産みジャックと名付けられたその子は5才の誕生日を迎えた。
5年間監禁部屋の中だけで生きてきたジャックは母親ジョイと自分だけが本物で、テレビの中の出来事は偽物だと教えられてきた。
幸福に暮らしていたジャックは母親の異変に気付く。
実は母親は少女時代に誘拐され監禁されているのだと、外は宇宙ではなく世界が広がっているのだと説く。
信用せず今の幸福な日常を壊されたくない少年は、母親の気迫に身を固くし、死体のフリをして男を騙す作戦を実行する。


ジョイにはハイスクールまでのキラキラした日常があり、7年間は地獄のような非日常だった。
ジャックは監禁部屋の5年間こそがママとのキラキラした日常であり、怖いママが言う嘘のような外の世界は恐ろしい非日常でしかない。
ジョイは日常を取り戻そうとし、ジャックは日常に居続けようとする。

ジャックに仮病を演じさせ病院にいる誰かに助けを求めるメモを渡すよう準備するが、誘拐犯はジャックを外に出そうとしなかった。そこでジョイはせめて息子だけでも外に出そうと、息子に死体のフリをして途中で逃げ出すよう教える。
息子が生きていることがバレてしまえばジャックもジョイもタダでは済まないだろう。それでも母親は我が子に外の世界の素晴らしさを教えたかったのだ。

もし誘拐犯の車がトラックで無く他の車に買い替えていたら。もし誘拐犯が町中を運転していなかったら。そもそももし監禁部屋のすぐ近くにジャックを埋めようとしていたら。
様々な幸運が重なりジャックはトラックから逃げ出し、優秀な警官のおかげでジョイも無事保護された。


ジョイは輝かしい日常を取り戻し、ジャックは見るものすべてが恐怖の非日常を過ごすことになる。
ジャックにとって外の世界を生きるママは別人のようだった。でもママしか本物の人間はいないから頼るしかない。

誘拐されていた7年間はとても取り返せるようなものではなかった。
ジョイの両親はおそらく誘拐事件をきっかけに離婚していた。
ハイスクール時代の写真を見て、仲良しの友達ではなくなぜ自分こそが誘拐されたのかと絶望が蘇る。
温かい母親(ジャックの祖母)に育てられた心優しき少女ジョイは誘拐犯の「犬を助けて欲しい」という嘘に騙されて7年間地獄に落ちた。
世間はジョイとジャックの保護を祝福したが、ジャーナリストは「なぜ子供を監禁部屋で育てたのか。誘拐犯に頼んで施設で育ててもらった方がジャックにとって幸せだったのではないか」と突きつけてくる。

そう、この世界はキラキラとした日常なんかじゃない。過酷で腐りきった日常でしかない。

残酷な日常に打ちひしがれジョイは自殺未遂をする。
母親とはなればなれになったジャックは次第にこの世界を受け入れ始める。
優しいおばあちゃんとおばあちゃんの彼氏。その彼氏が連れてきた犬。近所に済む友達。
おばあちゃんに「大好きだよ」と告げるシーンはとても感動的だ。
入院中の母親に「パワーが宿ってる」と教えられた髪の毛を贈るジャック。
そのおかげで母親はかつての優しさを取り戻した。
ジャックの乳離れのシーンもとても感動的だった。


ジャックは5才になり、2つのおもちゃで遊んだ。
1つは誘拐犯にもらったラジコンカー。もう1つは親子の保護を知り寄付されたLEGO。
ラジコンカーはジャックに壊されその後遊ばれなくなった。
LEGOは最初遊ぶことを拒否したが、その後家を作ったりバラバラにして遊んだ。

共に日常を壊されたジョイとジャックはお互いを想い合うことで新しい日常を獲得した。
この世界は残酷だ。想像を絶するほどの悪意に満ち満ちている。そしてこの世界は優しい。あふれるほどの温かさで包まれている。
この世で最も忌むべき誘拐犯は少女を地獄へと突き落としたが、そこで産まれたジャックは3度も母親を救った。
監禁部屋から助け、自殺未遂の自死念慮を取り払い、そして監禁部屋に直接お別れを言いに行く。
ジョイはジャックに救われるたびにこの世界の豊潤さに癒されていく。

日常はあっけなくボロボロと壊される。でもまた作り直すことができる。
世界はLEGOのように優しい。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2256-e60c4076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。