09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

アイドルが売れるために必要なこと (安心して続けられるシステムの構築とは何か) 

アプリゲームばっかりやっていて忙しいです。
お金がかからない遊びなのでついつい膨大に時間を費やしてしまいます。
ほんとめっきり読書時間が減りました。でも本は買う。本たまる。無益。


アイドルイベントにも全然行かなくなり、少しずつ引っ越し資金が貯まりつつあります。


先日久しぶりにアイドルイベントに行きまして、いろいろ考えました。

今モー娘。の新曲『泡沫サタデーナイト』が大ヒットでかつてのブームが再来しそうな勢いです。
ポイントは「非意味」「メタ的」「ガニ股」です。

意味に囚われない突き抜けた内容(非意味)
「あと58秒で終わっちゃうんだって」など「モー娘。が歌っているモー娘。の歌」という刻印がある(メタ的)
真似したくなる振り付けと内股を見せる振り付けがある(ガニ股)

ももクロにもこの「非意味」「メタ的」「ガニ股」が含まれる曲があります。

絶対売れるということではありませんが、売れるポイントがあるのは確かでしょう。


他にも売れるために必要なものってあるなぁ、と思いました。

まず「曲の短さ」って大事だなって思いました。
『泡沫サタデーナイト』も4分無いです。
今の時代は特にみんな忙しいのでひとつの曲を5分も6分も掛けて知ろうとはしないようです。
特に僕はアプリゲームのイベントが忙しくて同時進行で3つプレイしてるので大変です。


あとやはり「生歌」って大事ですね。
生歌を捨ててダンスに特化させるアイドルがいますけど、下手に聞こえたとしてもダンスと歌で今メッセージを送ってきてるという感覚が大切なんだと思いました。
例えば、泣き顔と涙が本物だとしても泣き声が被せだったとしたら興ざめじゃないでしょうか?


あと地下アイドルは特にですが「非再現性」が大事だと思いました。
地下アイドルはイベント回数が多いのでパフォーマンスが完璧になって再現性が上がると毎回同じパフォーマンスに受け取られがちです。
その時にしか見られない、という「非再現性」がファンのリピート率を上げると思います。


常々アイドルが売れるためには何が必要か、と考え続けているわけですが、最近はもっと広く、システムについて考えたくなっています。

女性アイドルは20歳を超えたら下降線、30歳に近づくと終焉、という見方をされがちです。
しかも青春時代の大切な時期を費やしてきたのに、アイドルを辞めたら何も残ってない、という状況にもなりかねません。
(このあたりは卒業後の状況を調べたことがないので実際にどうなのかわかりません。知っている人は事務所の運営になってましたが、その後どうなったのかわかりません)

運営に搾取されてアイドルを辞めざるを得ない女性がいたり、情報が少ないがゆえに世間に認めてもらう機会をずっと得られない女性もいるように見受けられます。

辞めても再起の道がある。無駄に搾取されない。情報の行き来。などなど改善すべき点が地下アイドル業界にあると思います。

ハロプロはかなりしっかりした体制のようで(もちろん深いハロプロファンにとっては批判すべき点はあるでしょうけど)、ハロプロに入れたら安泰、という感じです。


業界の見直し、システムの構築、ルールの統一化などなどはもちろん法律の面も重要になってきますが、僕にはその知識がありません。
なので詳しい人にいろいろ聞いてみたいと思います。

全地下アイドルは無理だとしても、事務所の何社かで合同で協力し合うことで所属アイドルやスタッフに手厚いケアができ、それがファンの安心にもつながる、というようなのが理想です。
それが評価され広がっていけば救われるアイドルがいっぱい増えるでしょう。

これは雇用を生み出すことにもなると考えています。


僕個人では何もできませんがみんなで協力し合えば多くの人を悲しみからすくい上げ笑顔になる人が増えるシステムを構築できるのではないかと考えています。

まずはいろいろ聞いてきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/2260-02583936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top