07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

麻生総理を批判する者は自戒せよ [2009年02月21日(土)] 

騙る朝の電車でのこと。
混みだしてきて、僕は連結部側のドアに寄りかかって読書してました。
(桐野夏生の短編を読み始めました。先入観もあるんでしょうけど、やはり女性が書いた小説だ、って印象があります)

すると押されて誰かが転んだような感じを背後に受ける。
子供が足に当たってきたのかな、と思ったら、女性が尻もちをついてました。

なかなか起き上がれない様子。なのに誰も手を貸そうとせず。
僕はちょいとななめ後ろ辺りだったんですけど、起き上がる気配が無いので手を差し出しました。
どうやらご老人が押したかなんかあったらしく、おじいさんがその女性に何やら言ってた。
なんか雰囲気が悪くなっていたので、僕が立っている連結側と位置を交替しますか、という事を申し出る。
ふらふらして立てないのかと思った、ってのもあります。
ドアに寄りかかった方が楽かな、と。

新宿駅に着き電車から降りると肩を叩かれました。
振り返ると先ほどの女性が。
「さっきはありがとうございました」
「いえいえいえ」

わざわざお礼を。嬉しいものです。
でも何があったのかすごく気になります。
あとなんで誰も手を貸さないんだろ。
わりときれいな女性だったのに。
僕も、すきあらばクンニしたんですけどね。
(台無しだよ。もうね、もう全部台無し。せっかくの朝の素敵な光景とかが全部台無し。でもこういう全部ひっくり返すのが好きな僕)


さて、話は変わって政治の話でもしよう。


麻生総理へのバッシングがすごいですね。
まず「支持率の高低」で批判したりしなかったりするのって、なんかね。
雑に言うと、僕の美学に反する。
僕のスタンスは「アンチアンチ」です。アンチの人を批判する。
なので安易に麻生叩きをする人を批判したいと思います。

小泉元総理ってなんで人気あったんですかね。
パフォーマンスが良かったという印象しかありません。

郵政民営化がなんなのかもよくわかりません。
麻生総理はそのような主旨のことを言った。
国民の多くは郵政民営化がどうとか、麻生自身が反対してたこととか知らなかった。
そりゃあそうだろう。
知ってたら、麻生氏が総理になった時点でバッシングするはずだからな。

無知な国民に対し無知と言って何が悪いのか。

それをだ、人気無いと知ってバッシングする愚かさよ。
嫌われ者はみんなが嫌って良い、みたいな風潮。


その最たるものが、ロシアとの外交に対する批判に見て取れる。
どの政治評論家だったか、どの番組だったかすら覚えてません。
それに北方領土問題についても何も知らないので、四つの島を巡る繊細な関係はまったくわかりません。

でもこの政治評論家は、政治評論家のくせに外交のなんたるかをまったくわかっちゃいない。
というかそれ以前に、人と人との関係についても何もわかっちゃいねぇ。

外交で大切なのは「ウィン×ウィン関係」であること。
それと自国民のためじゃなく他国民のために動くこと。
これです。

自国民へは国内での政治で還元したり再配分したりすりゃあいいんです。


麻生総理がロシアに招かれたそうです。
ロシアには新エネルギーがあるらしく、北方領土のやり取り次第では日本の重要なパートナーになり得ます。
中東とかアメリカに尻尾振る必要が軽減される。
それに未来の地球は新エネルギーの価値が著しく高騰するでしょう。


確かに北方領土問題は大変複雑なのかも知れません。
無知な僕にも、漁獲量の問題をはらんでいる事ぐらい予測できます。

だとしても、みんなが麻生総理をバッシングしてるからって、外交の本質を見失うような奴はダメに決まってます。
麻生総理がする事は全部ダメだ、みたいに言う奴が政治評論家を名乗るな。


小泉元総理も麻生叩きをしてて、「あれじゃあ選挙に勝てない」みたいに言ってたけど、それについては誰も批判しない。
選挙に勝つために政治家になってんのかよ。

麻生総理の漢字間違いよりも、小泉の本質的な間違いこそを指摘しろよな。


失敗をおかした者に対して、これからやる事すべて失敗すると決め付けバッシングするような社会はくだらない。
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

馬鹿と言う構え  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/274-32992083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top