07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

『差別問題』問題 [2009年11月16日(月)] 

最高にイカしたライターである石丸元章の新刊が出た。

しかもあの角川春樹との対談。
これが買わいでか。

なので買った。
まだ読んでいない。

目次を見るだけでも刺激的だ。

ドラッグとは。魂とは。世界崩壊とは。


山形浩生の「新教養主義宣言リターンズ」に引き続き、またまた当たり本にめぐり合った予感がする。
早く読みたい。


でもしたいことがいっぱいある。
クライマックスに突入した「ぼくらの」を最初から読み返さなきゃなんないし、ゲームも続々発売される。
ゲームやる暇ないのに買わずにいられないという因果。



日記書きながらいろいろサイト見たり音楽聴いたりテレビ見たりしてるんですけど、ちょっと気になったので話題変えますね。


「人は誰でも差別される」という言葉に敏感に反応する人がいます。

こんなもん当たり前の話だと思ってるんですけど、「差別」はよくないと洗脳されてる人が少なくない。

「差別」の意味を調べてみました。

1 ある基準に基づいて、差をつけて区別すること。扱いに違いをつけること。
2 偏見や先入観などをもとに、特定の人々に対して不利益・不平等な扱いをすること。

多くの人が反応するのは「2」の意味においてでしょう。
不利益、不平等はけしからん、ということでしょうね。
馬鹿かも。

僕はキムタクに比べて明らかに女性から不利益、不平等をこうむっているが、これで僕がキムタクに対して差別だ差別だと叫んだらどうだろう。

他にも、多くの人は考えなしに土を踏むが、花は踏まない。
土は踏まれてしかるべきものという先入観から、土を差別扱いしてはいまいか。

何が言いたいか。

偏見や先入観など持って当然だ、ということです。
なんにも左右されずに中立な立場でものを考えるなどできるはずがありません。
男と女がいる。
男は触ってもきもちよくないけど、女性は触ってると気持ちいい。
偏見や先入観でしかないけど、女の子にしか触りたくない僕は全然男に触りたくありません。
これを「それは差別だ。男も触れ」となったら気違いとしか言い様がありません。


差別よりも大事なのは「意志」です。
意志を摘み取る行為こそが害悪だ。
差別され、不利益・不平等な扱いを受ける。
そこで抗う力をも奪うことこそがいけない。
対抗する力。
もっと言うと「対抗しようとする意識すら奪うこと」がいけない。
対抗しようという考えを思い浮かばせないシステム。
これこそが害悪です。

だから、差別だ差別だぎゃーぎゃーって騒いでる時点では馬鹿といっしょです。
差別はあって当然なんです。
その状況に対してどうしたいのか。
そこが大事だ。

乱暴に言うと、「差別だ!!」と騒げてるやつはお気楽な野郎だ、ってことです。

『差別問題』問題にはうるさい僕です。
ぎゃーぎゃー騒ぎます。
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

馬鹿と言う構え  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/278-16d7c666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top