09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

エロ [2006年12月31日(日)] 

行動が自動化されている時、広範にわたり思考が及ぶ事が多い。
家に帰る時に歩いていたらいろんな事を勝手に考えたりとか、特に歩いている時にそれは多くて、歩くリズムと脳への刺激がそうさせるんでしょう。

なんでこういう事を書いたかと言えば、まったく思考が及ばないからです。
エロい事を考えるのも本気の時の40%ぐらい。
本気の時ってなんだかわかんないけど。

だけど、「エロい事」と書いた事により生じる「エロ思考」もあり、現在80%にまで飛躍しました。
(飛躍し過ぎじゃないの?中学生か。辞書でいやらしい単語調べて興奮するタチか。レズの用語ではタチとネコというのがあって、タチは責める方でネコは受ける方らしいんだけど、だからなんなんだ。レズビデオとゲイビデオを比較した場合、ノーマルの男でもレズビデオは見られるだろうけど、ゲイビデオは好んで見ない傾向がある。一方、ノーマルの女性はレズビデオを普通に見られるんじゃないかと思うんだけど、この事による差異については、別に考察しません。じゃあなんで書いたんですか。知りません。強いて言えば、これが80%の力だとでも言おうか)


僕は異性愛者なので男は無理だけど、ニューハーフは大丈夫です。
実際にそういう機会は無かったんだけど、今後もしあればね。
ただきれいなニューハーフじゃないと無理。
最近のニューハーフはきれいな人が多いからまぁ大丈夫でしょう。

逆に、俗に言うミスダンディってあるじゃないですか。この呼び方も古い気がするけど。
あれは無理。男だから。

ここで他の男と意見が分かれるところなんだけど、「ニューハーフは男なんだよ」という彼らに対し、「ニューハーフは女性でしょ」と言う僕は、もう見解の相違としか言い様が無く、また、彼らの中には「ニューハーフだって知らされなければオッケー」という意見もあり、それは僕としてはルール違反だと訴えたい。
何のルールかわかんないけど。


見た目も内面も女性でしょ。確かにチンコ付いたままの人もいるかもしんないけど、でっかいクリちゃんだと思えば平気です。
むしろペニバンを装着する手間が省けるだけ有利です。

二次元エロ業界では「ふたなり」がブームだし。
「ふたなり」の語源はわかんないんだけど、要するに女性器と男性器を持つ女性の事ですね。女の子にチンコ付いちゃってるやつ。
逆にパターンは無いんだよね。男の両性具有は。
これも先ほどの「レズビデオとゲイビデオ」への視線と関連するんでしょうけど、別にどうでもいいです。男嫌いだもん。


例えば、ヘテロセクシャル(異性愛者)のカップルがいたとします。
もし彼氏の方が、かつてニューハーフと付き合ってた事があるとしたら、彼女の方は嫌がるんじゃないだろうか。
と言うのも、以前見たニューハーフがテーマ(正確には、性同一性障害がテーマ。性の趣向は人の数だけあると言われるほど細分化しており、「ニューハーフ」というのは暫定的なカテゴライズでしか無いと言える。「内面的に男のまま女装を楽しむ」のか「内面的に男で男が好きだから女装する」のか「内面的に女性なのに男の身体で生まれてきたから女性の姿になる」のか、などなど、背景は人それぞれ)のドラマで、雛形あきこが怖いぐらい怒ってたからです。

もし僕が彼氏で、彼女が前に女の子とレズってたとしても、別にどうという事も無く。
っていうか、付き合ってる時点で彼女に他の彼女がいても別にどうと言う事も無く。
っていうか、彼女に彼女の他に別の男がいても。あ、そう、って感じだ。
っていうか、大体3番目ぐらいの彼氏でいいです。
本命に疲れた時の憩いの場、って感じがいいですね。

基本的に犬なので、構ってくれる人とじゃれ合いたいのです。
きゃんきゃん。

構ってくれるんだったらどこでも舐めるワン!
バターぬってなくても舐めるワン!
ウェット&メッシー系で「食べ物もの」があるけど、食べ物は粗末にしちゃいけないんだワン!
わきの下と足を舐めさせて欲しいワン!

ギャインギャイン!
(足踏まれた)


いぬ年生まれだからついつい犬になっちゃいました。
星座も犬座だし。
(犬座はねぇから。戌年生まれでもねぇし。ひつじ年のおひつじ座でしょ。めぇ~、でしょ。でも山羊座とかぶってっからなぁ。紙ばっか食いやがって、あいつらメェー。「ケンカはよくないワン!」もう僕がどこにいるのかわかりません。くちゃくちゃ過ぎて)


まぁ僕が言いたいのは、エロネタは尽きる事が無い、という事ですね。
スポンサーサイト

テーマ: セックス - ジャンル: 心と身体

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/284-c161a569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top