09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

クンニするのが変態かしないのが変態か [2007年10月13日(土)] 

どうも、他人が自分と違う事をしたり、自分と違う考えを持ったりする事を我慢できない人がいるみたいで。

基本的なルールは「他人に迷惑を掛けない限りなんでも有り」です。
スカトロ趣味だろうが創価学会だろうが、他人に迷惑を掛けていないなら、その人の行動や思想にとやかく言うのはおかしいです。
パートナーにスカトロプレイを強要したり、公明党に票を入れるようにうるさく言って来たら、「てめぇチャリで轢くぞ!!」と言えば良い。


多くの人が「正しさ」という呪縛にとらわれている。
そしてその多くの人の「正しさ」の基準はその人自身です。
クンニ嫌いだからって、クンニ好きの男やクンニして欲しい女性を「変態じゃねーか」と決め付ける。
まず変態じゃないし、変態だからなんだって感じだけど。
しかもこういう男に限ってフェラとかイラマチオが好きなんだよな。
(お気付きでしょうけど、今回は性傾向があるテキストです。あとイラマチオは強引にフェラをさせる事です。クンニはクンニリングスの略ですね。前田日明とかが出てきそうな雰囲気だ)

女性器を舐めるのは嫌だけど自分のは舐めさせたい。
最初に書いた「自分と違う思想・行動を嫌う人」は、大体こんな構えなんじゃないでしょうか。
自分だけは別。自分だけはしてもらう権利がある。自分は正しい。


こういう考え方と言うか、論理的じゃない部分と言うか、矛盾してるとこって言うか、そういうとこが僕の批判魂に火をつけます。
まず、正しいと思っている事が間違っている事を指摘します。
マイノリティ(少数派)だから排除してもいい、という風潮がどういう結果をもたらす可能性があるかを教える。
むかつくから、大きいものにすがって生きざるを得ない脆弱さを突きつけてやります。

疑う事を忘れた人には先が無い。
自分が正しいと思い込んで生きるのは楽でしょうけど、多数派ゆえに範囲が狭い。
性の不寛容は「生の不寛容」でもある。
正常位だけが正しいと思い込み、ちんぐり返しもされた事が無い。
パートナーにアナルを見られたら人格が崩壊しちゃうんでしょう、きっと。
(「パートナーにアナル」って一瞬「アナルパール」に見えますね)

生きづらさに気付く不幸を捨て、生きづらいかどうかも判断できない思考に洗脳されるのを望む。
本当は乳首が感じるのに、「男に乳首があるのはなんで?」みたいな質問でみんなと笑ったり、本当は女装傾向にあるのにゲイやニューハーフや女装趣味の人を嫌悪したりする。


どっちが生きやすいかは簡単に判別できません。
多数派に所属する事こそ生きやすさだと思ってる人には何を言っても無駄なのは当然だし、性的マイノリティとして解放されててもマジョリティに排除されようとしているのは不幸な事ですからね。どちらが生きやすいのか。

ただ、自分の性癖に忠実な人は確実に自分の性と生に自信を持ってるでしょう。
性に寛大は人は、セックスでもなんでも、どんな行動に対しても寛大だ。
(当然、他人に迷惑をかける行為や、他人の自由を侵害する行為だけは認めませんが)

性に不寛容な者が、他人のセックスを笑う。
笑って安心したいから。
自分はこのままで正しいんだ、と。


僕は常に「人並みに変態」だと思っています。
人は誰でも変態だと思ってるからです。
他人の性癖は理解できない。サディストの気持ちもわからないし、女装趣味の気持ちもわかりません。でもひとつの性癖として認めています。
セックス嫌いとなると、もうこれは重度の変態でしょう。
クンニ嫌いも大変態です。
まったく理解できません。


相手を知ろうとしない。情報の無さ。思い込み。いろんな要因がからまってます。
子供に情報を提供できない大人が多いし、情報を消す大人も多い。
ネットの情報を判断するスキルも身に付かない。

幸運にもこのテキストにたどり着いたとしても、このテキストが正しいかどうかも判断できません。
直感で「この文章はなんか自分に合ってる気がする」と思えるかどうかになる。

実際、このテキストの存在は無意味です。
性的に寛容な人達にしたら「ここに書いてある事なんて当たり前じゃないか」って感じだろうし、不寛容な人達はそもそもこの文章を受け入れられません。

だけど性の問題はすごく多く、また、すごく多くの別の問題ともからまっています。
だから少しずつ解きほぐしていかなければなりません。
いきなり「売春防止法を無くせ!!」と言っても無駄です。
議論ではいくらでも勝てますが、議論で勝ってもまだ足りないんです。
人をどうするか。
自分の考えと違う人を許せない人をどうするか。
その人はもうどうにもならないとしても、次の世代にそれを伝染させないようにするにはどうするか。


今ピザが食べたい気分なんですけど、ピザが食べたいと言ったら笑われたり、迫害されたりピザ食べるのにヤクザに金を払わなければならなかったり、ピザ食べたら場合によっては逮捕されたり、ピザの画像持ってるだけで逮捕されたり、ピザの絵だけで逮捕されたり、児童にピザを食べさせたら逮捕されたり、ピザ屋になる事を必死で止められたりするような社会は、やっぱりおかしいでしょう。
こんな事書いたら余計ピザが食べたくなってきました。
ピザとクンニのどちらかを選べと言われたら、迷わずピザにクンニします。
スポンサーサイト

テーマ: セックス - ジャンル: 心と身体

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/300-3256cf37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top