07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

児童ポルノ単純所持とスペル星人 [2008年05月09日(金)] 

再びゴールデンウィークが発動したので、読書をするのでした。

松沢呉一先生の「鬼と蝿叩き」のオウム報道の是非についての箇所を読む。
さすがとしか言い様が無いほど、当たり前な、真っ当な、正当な事が書かれていた。
こういう人の事を頭が良いと言うんだろう。

最近では「黒子の部屋」というサイトで、児童ポルノ規制法について書かれており、僕と似たような意見を発表なさってます。
(今後どう展開していくのかわからず、また、僕のテキストには「児童ポルノを設定する事で、むしろ児童が性的な存在になる」というような意見を書いてなかったので)

別に、僕もやっぱり頭良い、などと言うつもりはなく、このような思考を持ち得ない人達が、馬鹿か奴隷か無能かマゾヒストか、ってだけの話です。

児童ポルノの単純所持規制に賛成の人達は、反対する人に対して「ロリコン野郎」とか「小さい娘が危険にさらされてもいいのか」などと批判してきますけど、話がずれてます。

ゴキブリを食べる種族の人が、ゴキブリ食べちゃダメ法案に反対しているとします。
僕自身はゴキブリ大嫌いですけど、食べたい人は食べれば良いと思ってるので、「この食べちゃダメ法はおかしいだろ」と意見を表明します。
すると、「日本人のくせにゴキブリ食べるのか!! 不潔野郎」とか、「料理屋に被害が及んだらどうする!!」とか批判されました。

僕は別にゴキブリ食べないし、ゴキブリ食べる人がいる事と、料理屋にゴキブリが出現する事に関係性は無いので、この批判は批判として成立してないと思います。


でもこのような事が起こっている。
少女の裸のイラストを描くと、現実の少女が攻撃されるだろうか。
いつ頃から少女絵が存在するかわかりませんけど、今生きてる女性達は、知らない内に攻撃されて育ったって事か?


これについてはすでにいろいろ書いてるし、段々長くなりそうになってきたからやめておきますけど。


あと、数年前に一度読んで、もう一度読もうと思ってた乙一の「ZOO」を手にする。
全然覚えてなくてびっくり。

短編集なんだけど、この中の5編が、実写映画化(その内「陽だまりの詩」だけはCGアニメーション)されてて、それもレンタルして見たので、その5つはなんとなく覚えてたけど。


やっぱり僕って、本を読んでいるようで、まったく読み込んでないんだなぁ、と反省しました。
年齢もあるけどね。
なので夢野久作の「ドグラ・マグラ」ももう一回読まないとなぁ、などと考えております。
というか、小説って読みやすい!!


あと箸休めに読みやすそうな本を買ったんだけど、すぐに読み終えてしまった。
「ウルトラセブン」の幻の12話は、どのような経緯で放送禁止になったのか、というものや、ディズニーの著作権に対する圧力はいつから、とかそんな本。
タイタニック号で生き残った日本人って、YMOの細野晴臣のおじいちゃんなんだって。
90へぇ~
(あえて現在この単位を用いた英断こそを評価したい)
スポンサーサイト

テーマ: セックス - ジャンル: 心と身体

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/316-577597ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top