09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ゲイレズバイTG [2008年11月03日(月)] 

NHKで放送されている「ETVワイド ともに生きる」という番組で、「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)」について2時間特番をやってました。
ソニンちゃんと石田衣良が司会。

横丁の性科学者である松沢呉一先生の著書を愛読する僕としては、性に関して常に考察しており「LGBT」についてもいろいろ考えております。
性的にもリベラルだと思っていて、同性婚でもなんでも良いじゃないの、って考え。
個人的に、結婚したい女性1位はテレビ東京の大江アナで、2位は椿姫彩菜ちゃんです。
(彩菜ちゃんもかなり売れましたね。だいぶ前から注目してました。お店に飲みに行こうと思ったけど高くて断念したぐらいですからね。って結局なんもしてないじゃないか)

レズビアンとゲイはわかりやすいと思います。女性が女性を好き。男性が男性を好き。
本当はもっと細かく分類できるんですけど、それはあとで触れます。
バイセクシャルはどっちも好き。
トランスジェンダーは大きく分けると性同一性障害が当てはまります。戸籍上は男だけど自分は女性だと思っている、というような。


「性は人の数だけある」と言われているように、厳密には「LGBT」でカテゴライズし切れません。
例えば、生物学上は「男」で精神的に「女」で、生物学的にも精神的にも「女」の人が好き、というケースもあります。
生物学的には異性愛者だけど、お互いはレズビアンです。


番組を見てて思ったのが「こいつら何考えてんだろ」って事です。
でもこれこそが「人生の濃密さだろうな」とも思った。

カミングアウトするかどうかを悩み、「普通は男と女で結婚だけど」という言葉に「内心は差別してるんじゃないか」と涙する。
そういう事に悩める。社会が用意した壁にぶち当たる事ができ、それに対処する事で、ひとまず人生の空虚さを忘れる事ができる。

それにしても、性に関係無くどうでもいい事に悩む人っているんだなぁ、と思った。
自分が差別されてると思って悩むって。平和だよね。
僕は基本的に、誰でも僕の事を下に見てるだろうと思ってるので、実害が無いなら別にどう思われてようと何とも思いませんけど。
迫害されるなら反抗すべきだけど、「この人内心ではゲイやレズを差別してる」ってのはどうでもよく。
おかまとかホモとか差別用語が使われて、という意見もあったけど、んな事ぁどうでもいいんだよ!!
差別かどうかで騒ぐ奴ぁさせときゃあいい。
それよりも社会に認知される方が大事に決まってます。
ホモとかおかまって言葉を無くす事に勤しむ暇があったら、多様な性があるって事を幼い頃から教えられる社会になる事を望む。
てめぇが差別されて嫌かどうかなんてどうだっていいんだよ。


「ゲイ気持ち悪い」とか「男と女で結婚して子供を産むのが普通だ」とか思う人がいるのはしょうがない。
思う人がいてもLGBTの人達が暮らしやすい社会を目指せば良い。
それとも何か。洗脳してでも「ゲイは素晴らしい、レズは素晴らしい」と皆が信じている社会じゃなきゃ嫌だってのか?
独裁者か、お前は。


番組の終盤の方で、生物学的に「男性」で精神的に「女性」の人達が話してて、そうそうそれだよ、ってのがありました。
その人は、「女として生まれたんだし、別に呼び名にこだわらなくていい。男じゃないんだったら、別に女って呼ばれ方でも構わない。自分は自分だ」と言ってた。
そういう事よ。
他人からどう思われてようがどうだってよくないか?
最近ははるな愛とか椿姫彩菜ちゃんとかがテレビで大活躍で、かなり認識が広まってると思う。
それを社会にどう反映させるかを思考した方が良いんじゃないですかね。
スポンサーサイト

テーマ: セックス - ジャンル: 心と身体

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/321-3b71e854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top