09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

つっこみの瞬発力 [2007年06月12日(火)] 

インパルスの堤下って、かなり瞬発力があると思う。
つっこみ発動時間が、他の芸人とか司会者とかよりもずっと早い。
しかも彼は、言葉の選択もうまいし、声の張り方も良いです。


と言う事で、今回は「瞬発力」についてです。


止めた。
何?瞬発力って。
どう書けばいいのよ。まず言いたいのが、瞬発力について書いたところでどうこうなるような問題じゃないでしょ、って事。
例えば「瞬発力を上げよ!」って僕が言えば、読んだ人は瞬発力が上がるのか、って話。

堤下は確かに瞬発力がある。
でも無いなら無いなりのつっこみもある訳だからね。
どっちがどうこう言う話じゃない。



かつてサイトで「つっこみ力検定」というのを行った程のつっこみ好きな筆者だ。
毎日つっこみの事ばかり考えている。
何にでもつっこむ筆者。
いわゆるアニミズムですね。
(生物や植物や鉱物など、すべての物に霊魂が宿っているとする思想)

すべての物と交信しているのです。


あと前から思ってたんだけど、僕が精神病院に入ったら最後、永久に出られない気がしました。

僕が真面目に必死に考えを話せば話すほど、精神科医は、
「はい、そうですねー」
と気の無い返事をするんじゃないだろうか。

「なんだその態度は!あんたこそが病んでるんだ!」
と言ったところで、先ほど同様。寸分の狂いも無く、
「はい、そうですねー」
と返すであろう。

この世界は!おっきな精神病院だったんだ!!

(こういうのもいけないんでしょう)
スポンサーサイト

テーマ: お笑い - ジャンル: お笑い

お笑い評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/329-85b2a0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top