09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

安いおもしろさ [2009年01月02日(金)] 

テレビ朝日で「関根&優香の笑うお正月」という番組を定期的にやっていて、基本的に夏と正月にやんのかな? 芸人がいっぱい出る番組です。
僕の好きなおぎやはぎが出たんですけど、漫才の出だしが「今年は明けないかと思ってたけど、やっぱ明けるもんだね」というようなものでした。
昨日の僕の日記とかぶった。
おぎやはぎ好きな僕としては光栄です。

なんかこの番組の客が嫌でした。ボケに対して「えー!?」って言うの。
どういう意味? ノンフィクションとして受け取ってます、ってスタンス?


年末年始はテレビにしゃぶりつきだったんですけども。
(かぶりつきの方が良くない? しゃぶりつきだとあれだよ、また気持ち悪い日記に寄ってっちゃうよ)

大晦日は「ガキの使いやあらへんで」のスペシャルでした。
途中、芸人が15人ぐらい集まって芸人のうわさ話をするってのがあって、これを3時間スペシャルにして欲しかったです。
(「人志松本のすべらない話」をご存知の方はこれを想像していただくとわかりやすいです。「すべらない話」の10倍おもしろかったです)


テレビ東京では「今年も生だよ! 吉本No.1芸人は誰だ!」という、7時間生放送がありました。
「やりすぎコージー」の流れ。
チュートリアル徳井とかケンドーコバヤシとかがエロ詩吟をやっていておもしろかったです。
あとぐっさんと友近が歌うま過ぎた。

ちなみに、毎年占いで運気最強と最低を決めるんだけど、最下位70位が山崎邦正で、1位が野生爆弾の川島(ロッシーじゃない方)でした。
ちなみに、南海キャンディーズの山ちゃんが69位でした。


あと「鶴瓶新年会」というので、さまぁ~ずとかキャイ~ンとかが出るのがあるんだけど、例年と違って今回は収録で若手芸人みたいなゲーム対決してました。
これはこれで楽しかったですけどね。
ウッチャンナンチャンとか出て。


あとNHKの「おじゃる丸」傑作選で名作「おじゃ雪」を見て少し涙ぐむ。


んでまたまたテレビ東京。
「モヤモヤさまぁ~ず2」「アリケン」「怒りオヤジ3」の三番組が合同忘年会を新年に放送しました。
(「モヤさま」はさまぁ~すと大江アナの町散策番組。「アリケン」はくりぃむしちゅー有田とネプチューン堀内と大橋アナの番組。「怒りオヤジ」はおぎやはぎ矢作とカンニング竹山と及川奈央の対素人説教番組)

伊藤プロデューサーが担当しているので合同で忘年会。
番組を振り返ってあーだこーだしゃべってるだけの番組だったんだけど、すげーおもしれー。おもしれーよー。助けてー。
なんかテレビ局でも経費削減が叫ばれますとか言ってっけど、おもしろい人達がただしゃべってるだけでおもしれーから。
楽屋でしゃべってるのを映すだけで良いし。
バナナマンとおぎやはぎが、ただおしゃべりしてるだけでおもしろいんだから。


宮台真司と和田中校長で有名な藤原和博の「よのなか」という本で、テリー伊藤がコラムを寄せています。
そこには「一万円の男より千円の男を」という事が書かれていた。
一万円使って楽しませるのは簡単。一緒にいて本当に楽しい男は千円だけで楽しませる事ができる男だ、と。
どこに重点を置くかですね。
100万円持ってて、101万円分楽しませる男。
1千円持ってて、1万円分楽しませる男。
前者は1万円の増加で、しかも101万円の価値。
後者は9千円の増加で、1万円の価値しかない。
相対的に見て100万円が101万円になる方が良いですね。
でも気持ち的に「1千円が10倍になった方がすごい」って感覚があります。


100万円を101万円にしなければならないとして。
じゃあ1千円ずつに小分けし、それを1万円にする方法でやれば莫大な富を築けそうですね。
でもそうはいかないのが経済です。

最初は1千円が1万円になるかもしれないけど、次も同じ方法で成功するとは限りません。慣れとかあるし。
それに1回目の1千円の価値と1000回目の1千円の価値が同じじゃない可能性もあります。

でも同じ事が100万円から101万円にする方にも言えます。
だからリスク少ない方でお得感がある方が良い感じですね。
僕って貧乏性ですし。
金かけねーでしゃべってるだけで楽しい、ってのが良いですね、やっぱ。

今年もいっぱいおしゃべりしていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: お笑い - ジャンル: お笑い

お笑い評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/350-3d2eba4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top