09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

「バクマン。」は熱くない 

大場つぐみと小畑健の「デスノート」コンビの新作マンガ「バクマン。」を2巻まで読みました。

この秋NHKでアニメ化もされるようですね。
すごいですね。

「バクマン。」の内容は、文才がある秋人と画力がある最高がジャンプ連載漫画家を目指す、というもの。
ヒロインの亜豆がアニメ声優を目指していて、お互いプロを目指して夢が叶ったら結婚しよう、という約束をしていて、恋愛模様も見どころのひとつか。


現在8巻まで出てんのかな。
2巻まで読んで評価を下すなど愚かな行為だとはわかってます。
でも言わずにいられない。
ジャンプ連載だから今後急展開がいろいろあるんだろうけど、それでも言わずにいられません。

熱くない。
「メタマンガ」とでも言おうか。
「まんが道」や「サルでも描けるまんが教室」や「編集王」、「吼えろペン」など、漫画家を題材にしたマンガがいろいろあります。
「バクマン。」には熱がありません。
熱くならない。

たぶん3巻以降大きな挫折とかあるんでしょう。
そこから這い上がりもしよう。
でも2巻まででは全然熱くなりません。


単純な話、土田世紀「編集王」や日本橋ヨヲコ「G戦場ヘヴンズドア」は泣ける。


「バクマン。」はおそらく大場つぐみのジャンプ批判なんでしょう。
それがアニメ化されるというのもすごく復讐でしょうね。


永井豪が「激マン!」というマンガを連載するらしい。
当然「バクマン。」を意識しているだろう。
デビルマン連載当時について描いたりするらしい。

やっぱ漫画は熱くないと。
スポンサーサイト

テーマ: モノの見方、考え方。 - ジャンル: 心と身体

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/485-179d1d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top