07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

太田総理と勝間和代 

久しぶりに「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」を見ました。
最初から最後まで見たのは初です。
断片だけ見て「馬鹿みてぇーだな、こいつ」って感じでチャンネル変えてたんですけど、今話題の勝間和代(K・K)が出るってんで見てみました。

勝間和代って何者かさっぱりわからなかったんですけど、経済評論家なんですかね。
本屋行くとよく目にする顔。
「断る力」とか。
読んだことないけど。


勝間和代が番組で掲げたマニフェストが「10年間は消費税上げません」というもの。
この人って国民のご機嫌取りばっかりやって、いずれ国政に打って出るんかね。
番組出演者の投票では否決。
視聴者の投票では賛成63%でした。

そりゃあテレビ見てる人は貧乏人が多いんだから、消費税上げない方に安直に食いつくでしょうよ。


勝間和代の言い分はこうです。

「消費税が上がらないので国民が安心して暮らせる」
「だから景気が安定する」
「景気が安定するから税収も安定する」

よくわかんないけど、勝間和代って頭わりぃのか?
視聴者のレベルに合わせているんだとしても、視聴者をこのレベルだと見なしている時点で勝間和代は馬鹿です。
そうじゃなくて、本当にこんな経済観だったら、やっぱり馬鹿です。


「消費税が上がらないので国民が安心して暮らせる」って。
この人って日本で暮らしたことあるんかね。

僕は生まれてこのかた一度も「消費税上がるかも」って不安になったことありません。
国民が不安になるのは、「消費税を上げる」と宣告された時でしょう。

例えば「2016年に消費税を10%に引き上げます」と言われたとしましょう。
2010年の現在で買い控えするか?
しねーだろ、普通。
むしろ、より計画的に消費活動をするんじゃあないのか?


こんな人の言うことにいちいち批判するのが好きなので、まだ続けます。


勝間和代の言い分として「財政が苦しいというのは嘘だ」というもの。
860兆円ぐらいある借金のうち、400兆円は返せると。
だから財政は苦しくない、ってことらしいです。
500兆円借金があったら苦しいって言わないかな、普通。
500万円の借金でも死んじゃうと思うぞ。国民なら。


勝間和代は結局「所得が高い人に厳しく、所得が低い人に優しい税収を」「経済が安定してから増税を」ということを言いたいらしい。

そんなもん当たり前だろ。
金持ってる人から多く取る。
国民が安定してきたら国民から薄く広く取る。
そんなもん当然の理論です。
でもそんな簡単に行かない。
なぜなら、金持ちからお金いっぱい取ろうとすると日本からいなくなっちゃいます。
これでは徴収源が減っちゃいます。
本末転倒。

それに国民の収入が安定してから消費税上げる、ってのも、現状を見れば難しいのはわかるでしょう。


甘言に注意。
良いことを言ってる人は、その裏で別の思惑がある。
貧乏な国民に良いことを言い続け、結果的に本が売れテレビにもバンバン出て儲けてる勝間和代がいます。


票を稼ぐ政治家と、金を稼ぐ勝間和代。
何を批判すべきかをしっかり把握しておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ: TV - ジャンル: テレビ・ラジオ

馬鹿と言う構え  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/493-eee6d247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top