07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

アルマゲドン見ました 

映画『アルマゲドン』を見ました。
生まれて初めて見た。

なんだろ。
僕が馬鹿なのかわかりませんけど、意味が理解できませんでした。


素人を宇宙に行かせるより、宇宙飛行士に岩盤掘削の技術を教えた方が早いだろ、というのは大槻ケンヂが指摘してたが、本当にそう思った。

素人を飛ばしたから爆発事故を引き起こして死者を出し、その後の計画も危ういものになったんだし。


14人が宇宙に飛び立ったらしいんだけど、誰が誰だかわからず。
ブルース・ウィリスとベン・アフレックはなんか顔知ってるからわかるけど。
あと「プリズンブレイク」のマホーン捜査官が出てた。
びっくり。

誰が誰だかわからないし、それらがそのまま死んでいく。
まったく感情移入できない。
背景もわからず、事故みたいな死に方をして終わり。
小惑星爆破計画はサクサク進んでいく。

なんなんだろ。


あと小惑星が地球に近付いたところでNASAの人が、「月の重力の影響で計算が狂いました」みたいに言うんだけど、そういうのもひっくるめて計算してんじゃねぇのかよ。

なんか頭良いのか馬鹿なのかよくわからない人物がいっぱい出る。


あと時間の緊迫感もいまいちわからず。

間に合ってんのか、小惑星から無事脱出できんのか、脱出できないけど惑星は爆破できんのか、どういう状況なのか全然わかりません。

地球からは核の遠隔ボタンを押せ押せ言ってっから。
まだまだ掘り進めなきゃいけないのに押せ押せ言うから、もう時間限界なのかと思ってたら、まだまだ時間はあったみたいで。

どうドキドキしていいのかわからないのです。

次から次へとキャラは死んでいくし。


なんでこの映画がヒットしたのかもよくわかりません。

とにかく、何が何だかよくわからない映画でした。
スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/579-f06300ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top