07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

『キングオブコメディ2010』感想 

『キングオブコント2010』が開催されました。

『M-1グランプリ』は割と毎年緊張感に包まれてるんだけど、『キングオブコント』は年々弛緩していきますね。
客席に準決勝まで進んだ芸人が大勢いるせいか。
それが良い悪いとかじゃないんだけど、権威みたいのは薄れますね。


コンビ名と事務所と点数と順位と2本のコントの簡単な内容。
その後僕の感想を書いています。
順番は1本目の登場順です。

あと司会が今回もダウンタウンだったんですけど、松ちゃんってこんなに一言コメントのキレが無かったっけ。
昔だったらテキトーに言ってるように見える一言でも対象を両断するほどの切れ味があったんですけど。
お笑いの王と祀られた結末がこれですか。

それがコントの王を見守る翁役としては適役なのか。


以下感想です。



■TKO 松竹芸能 
820点 916点 合計1736点 3位 

葬式を知らない男。モロゾフ後藤のディナーショー。

1本目は何度も見てます。
でも一番最初ということもあって、点数が伸びなかったかな。
多分TKOの中でもかなりおもしろいコントでしょう。
『お笑いさぁ~ん』でやった時の方がおもしろかったですけどね。

2本目は初めて見ました。
もっとおもしろくできたでしょ。

僕が以前から何度も言ってることで、今回のキングオブコントでも何度も言いたいと思いますけど、「ボケが1パターンしかない」んですよ。
英語の歌詞が歌えない。
それだけなんですよね。
命懸けてネタ作ってんのかな。


■ロッチ ワタナベ 
826点 781点 合計1607点 7位

催眠術。店長の弁当万引き。

ロッチはネタの本数に定評がありますね。
だったら今回はそれを活かさないとね。
ロッチは典型的に「ボケが1パターンしかない」コンビです。
催眠術も店長の弁当についても、ひとつのボケを段々テンション上げていくだけです。
3分という制限はあるにしても、途中でボケを逆転するとか、インパクト残した方が良いと思います。


■ピース よしもと 
827点 942点 合計1769点 2位

やまんば。化け物の原宿散策。

化け物が好きなのか?
綾部の性癖が表れてるんでしょうか。

やまんばのネタはストーリーがあるじゃないですか。だからいいです。
やまんばのボケと、そこからなぜやまんばにこだわるのか、という主役の変更が見られます。
2本目はおもしろかったけど、化け物に甘い男爵ってだけですからね。
子供に甘い親を化け物と男爵に変えただけなので。
笑えましたけどね。


■キングオブコメディ 人力舎 
908点 928点 合計1836点 優勝

誘拐。教習所。

ファンなのでかなりひいき目に書いちゃいます。
ネタの選び方が抜群でした。
キングオブコメディの中でもおもしろい2本を持ってきましたね。
誘拐はもうちょっと長いので、これでキングオブコメディを好きになった人は、ぜひ過去のDVDを探してみてください。
バカ爆走とかに入ってると思います。

2本目の教習所のネタは特に、いろいろなボケが入ってるじゃないですか。
しかもいくつかのボケが後半のボケにつながってます。
兵隊さんが見えたり歯を磨くというのが、後半一気にまとめてやる。
だから見てる方は一気に盛り上がります。
怒涛のボケが押し寄せてくるように思える。
優勝するべくして優勝した感じですね。

第一回のバッファロー吾郎優勝の不正感を払拭するかのような、人力舎2連覇。
(第一回優勝もなるべくしてなった、と思ってますよ。投票システムが偏ってただけで。あの状況じゃあみんなバッファロー吾郎に入れるでしょ)

東京03もキングオブコメディも、応援してた芸人なだけに、単純にうれしいですね。


■ジャルジャル よしもと 
829点 898点 合計1727点 4位

くしゃみ。おばはんと連呼する学生。

ジャルジャルもボケが1パターンしかないコンビですね。
くしゃみやあくびが一般的じゃない、というボケを二人で交互にやる。
おばはんと連呼するだけ。
なんで4位なのかわかりませんけど、人を選ぶんでしょうね。
僕は全然笑えませんでした。


■エレキコミック トゥインクル・コーポレーション 
727点 720点 合計1447点 8位
お年玉が欲しい甥。顔がおもしろいたこ焼きやさん。

エレキコミックが決勝戦に出るとはね。
『お笑いさぁ~ん』でお年玉が欲しがる甥を見たんですけど、もっとおもしろかった。
もっとバカだったと思うんだよなぁ。
エレキコミックと言えば、馬鹿でもわかるお笑いでしょ。
なんでもっとバカになんないのかな。
エレキコミックぐらいだったら8位止まりじゃなくもっと上に行けたはず。
ネタの選び方が悪いかな。


■ラバーガール 人力舎 
864点 830点 合計1694点 5位
猫カフェ。魔物の館ミステリーツアー。

場数かな。
たぶんラバーガールならもっとおもしろいはず。
どちらも観たことないネタですが。

ラバーガールと言えば、ディスコミュニケーションによる笑いですが、今回はそれが薄いかな。
2本目にそういうラバーガールらしさをもっと出したネタにすれば、900点ぐらい行ったと思う。


■しずる よしもと 
898点 772点 合計 1670点 6位
泥棒のシナリオ。セリフにこだわる俳優。

しずるってお笑いを勘違いしてんじゃないかな。
ナルシシズムというか。
きっと彼ら、特に男前の村上の方は「笑われるなんてありえない。笑わせるんだ」ぐらいに思ってんだろうな。
ラーメンズの小林賢太郎に似た何かを感じる。
1本目は構成が映画的です。
2本目はくだらない事を真剣に熱演するというスタイル。
どちらも笑えません。
「俺らかっこいいだろ」みたいな匂いがして顔をしかめてしまいます。
バナナマンにあこがれてるみたいだけど、バナナマンから何を学んできたのか。
バナナマンはスタイリッシュだけど自分がスタイリッシュであることは絶対に言いません。
うんこだゲロだのネタもあるし。
でもしずるは絶対に汚いネタやらないんじゃないかな。
たぶんそういうとこ。
若い女の子にキャーキャー言われて調子に乗ってると成長しないと思うよ。



【総評】

人力舎が2組出て、しかもその1組が優勝なんて、すごくうれしいです。
キングオブコメディはおもしろかったけど、他のチームがおもしろくなかったですね。
必然的に優勝した感じです。


今までは2700や天竺鼠、チョコレートプラネットなど、普段見ないようなコンビも見られたので、期待感とかもあったんですけどね。
なんか全体的に緊張感が欠落した大会でした。
スポンサーサイト

テーマ: キングオブコント(C-1グランプリ) - ジャンル: お笑い

お笑い評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/584-89cf0260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top