10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

『神はいない』 

神はいない。

なぜなら、『神』ほどのものが言語におさまるはずがありません。
言語で表現できるはずがない。
人間が作った言語内におさまるようなものが、神であるはずがない。
おわかりでしょうか。

だから『神はいない』のです。

『神はいない』と言語で表現する。
『神』なんていない。

人が認識できるものが神なはずない。
宇宙の内部に神はいない。
なぜなら、内部にいたら宇宙を作れないからです。

では『宇宙の外』はどうか。
宇宙の外など存在しない。
なぜなら人が認識できないからです。


だからどうやっても人が神を認識できないのです。
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

哲学的なバグ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

この記事に対するコメント

人が解明や証明をできない現象の原因に「神」的なものの存在をもってきて、都合のいいように解釈していったんでしょうかね?

昔々の人々が、自己の存在(何故ぼくはここにいるのか)の原因付けに「神話」を作ったって聞いたことがありますし。

宇宙もそうですけど、人間が形成されていく過程を自然の因果で説明すると、凄い確率の偶然が何回も重なった結果になってしまう。
神秘主義者が言うように、「この偶然の一連は神的な存在によって仕組まれていた」とした方が、まだ受け入れやすい。

神の存在は、確かめようがない以上いるとかいないとかの言い合いは無意味かもしれないけど、いたと仮定した方が、「真理」的なものを説明しやすいとかがあるのかもしれないですね。。。

そこからの派生で、ぼくたちの存在は予め決まっていたとか、神様に感謝の祈りをとか出てきたのかどうかは分からないですけど。


>宇宙の外など存在しない。
>なぜなら人が認識できないからです。

ぼくも漠然と無いとは思いますけど、神秘主義者なら、確かめるまではわからないから、安易に無いとは言い切れないとか言いそう(笑)

URL | 林檎 #-

2010/10/04 19:33 * 編集 *

Re: タイトルなし

林檎さんへ

コメントありがとうございます。

> 人が解明や証明をできない現象の原因に「神」的なものの存在をもってきて、都合のいいように解釈していったんでしょうかね?

元々、理不尽な出来事とか、納得ができないことを受け入れる装置として「宗教」ができたそうです。
「神」って単語は楽ですよね。
わかんなかったら神のせいにしとけばいいわけで。




> 宇宙もそうですけど、人間が形成されていく過程を自然の因果で説明すると、凄い確率の偶然が何回も重なった結果になってしまう。
> 神秘主義者が言うように、「この偶然の一連は神的な存在によって仕組まれていた」とした方が、まだ受け入れやすい。


そうですね。
納得しやすいです。理解を超えてますからね。人が生まれたって。


> >宇宙の外など存在しない。
> >なぜなら人が認識できないからです。
>
> ぼくも漠然と無いとは思いますけど、神秘主義者なら、確かめるまではわからないから、安易に無いとは言い切れないとか言いそう(笑)


人が想像できる時点で宇宙の外になってないんですよね。
その想像もひっくるめての宇宙内なわけですから。

URL | さかもと #-

2010/10/05 01:31 * 編集 *

>人が想像できる時点で宇宙の外になってないんですよね。
>その想像もひっくるめての宇宙内なわけですから。

言われて見るとそうですよね。
宇宙の中にいてる以上、外は分からない・・・。
シュレディンガーの猫が連想されます(笑)

この世界、少なくともぼくが居てるっていう奇跡的な偶然も、0じゃなく可能性として存在しているなら、その可能性が選択された次元もあるということを意味する。
つまりこの宇宙の存在は、偶然じゃなく必然として考えられる。

この宇宙を、選択次第でどうとでもなる「可能性の塊」であると説明しちゃうと、可能性の空間をゲームの世界に、その空間外を現実世界に置き換えれるとおもうんですよ。

つまり、この宇宙は宇宙外の何か(神)によって設計された世界ってことです。
長い長い歴史、カオス理論のような複雑すぎる構造、今この瞬間、全てはツクリモノ。

ゲーム内のキャラが現実に飛びでないのと一緒で、ぼくたちも宇宙の外にはいけない・・・。

宇宙外やその証明の手立ての有無に関わらず(原理的に無理だけど)、ぼくたちは「何故自分が存在するのか」と考えられる思考(プログラム)が与えられた生物なので、神とかそういう超えられない上位の存在を想像することは当然の帰結じゃないかと思っているのですけど・・・

すこしズレてますよねぼく(笑)
こんな考え方をしてるので、漠然としたイメージですが、人知外(宇宙の外)に神はいると思うんです。
(神はいるってフレーズだけで、もはや宇宙の中になってしまうんですけどね・・・思考もか)

URL | 林檎 #-

2010/10/06 10:11 * 編集 *

Re: タイトルなし

林檎さんへ

コメントありがとうございます。


> この宇宙を、選択次第でどうとでもなる「可能性の塊」であると説明しちゃうと、可能性の空間をゲームの世界に、その空間外を現実世界に置き換えれるとおもうんですよ。
>
> つまり、この宇宙は宇宙外の何か(神)によって設計された世界ってことです。
> 長い長い歴史、カオス理論のような複雑すぎる構造、今この瞬間、全てはツクリモノ。
>
> ゲーム内のキャラが現実に飛びでないのと一緒で、ぼくたちも宇宙の外にはいけない・・・。


マリオは自分が死ぬとは思ってないし、自分がプログラムであることも知りません。
確かに我々は自分が死ぬことも知ってるし、ゲームを見て自分はゲームと違うと想像することもできます。
でもそういうプログラム内に閉じ込められているとも言えます。
「宇宙の外に神がいる」と想像するプログラムが備わっている。
それも含めてプログラム内。
つまりはマリオと一緒ってことです。
マリオがプログラマーを想像できないのと一緒で、高度なマリオである我々もプログラマーを想像できません。
「プログラマーがいる」というプログラムが走ってるに過ぎない。
そういう意味で神は存在しないし知覚できません。



> こんな考え方をしてるので、漠然としたイメージですが、人知外(宇宙の外)に神はいると思うんです。
> (神はいるってフレーズだけで、もはや宇宙の中になってしまうんですけどね・・・思考もか)


おっしゃる通り「宇宙の外」という内部ですね。
宇宙の内部にいる人間が想像することなので、やはり内部です。

URL | さかもと #-

2010/10/08 08:24 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/594-936424ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。