07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

裏切ってるのはどっちか ロンドンハーツ評 

ロンドンハーツを見てたら、タイムマシーン3号のつっこみの方がだまされてました。

彼女の親友と称する仕掛け人が言い寄ってくる、というもの。

最終的に告白されて、この男はちゃんと断るのかどうか、というもの。
(「こくはく」とタイプしたら「酷薄」とまず表記される最強のデバイスを持っている僕だ)


彼女がいる男に告白させ、それをオッケーしたら非難する。
これってどうなんだろ。


ひっかけといて、ひっかかったら怒るって。

信頼ベースの関係性から不信ベースの関係性へ。

相手を信じないからこそ、信頼を試すような行為に出る。
そして実際に裏切られたら「ほら見たことか」と、裏切られることが最初からわかってたかのような感想を持つ。
自分から裏切られるような行為に出てるのに、だ。

不信ベースは不信の連鎖を起こす。

だって、人を騙すようなパートナーはそもそも信頼できるわけないじゃん。

親友に彼氏を誘惑させ、誘いに乗ったら「浮気者」と糾弾する。

人を騙してる方は誰からも非難されない。

これってどうなんだろ。


ロンドンハーツってちゃんと観たことなかったけど、こういうコーナーが受け入れられること自体、日本が信頼ベースではなく不信ベースで成り立っていることを証明しています。


今すぐこの不信の連鎖から抜け出せ。

スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/662-6d266567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top