07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

電脳コイル小説版がつまらない 

僕の好きなアニメのひとつに『電脳コイル』がある。

その小説版が完結しました。
全13巻。

『電脳コイル』好きとしては買わねば、と思い集め続けてきました。

読後の感想としては、「なんだったんだ」って感じです。

端的に言うとつまんない。
『電脳コイル』にある感動はまったくの皆無。
改悪です。

最初からずっとつまんなかったけど、ラストに何かあると期待し、がんばって最後まで読みました。
でもなんにも無い。

アニメ版とは設定が変わり、新キャラも登場させた。
別物として考えて良いんですけど、だったらもっとおもしろくすればいい。
なのに最後はハンパにアニメ版に寄せようとするから、ちっとも感動できません。

マリリン・マリーンって結局なんだったんだよ。


アニメやコミックのノベライズでは『天元突破グレンラガン』や『ぼくらの』を読んでますが、どちらも名作です。

がっかりですよ、『電脳コイル』小説版には。
原作のアニメを越えることは無い。
アニメが名作過ぎたんですね。

スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/674-e10b1944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top