09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

「13」が不吉なわけ 

気付けば13日連続勤務か。

13。
素数。
中島らもの名作『ガダラの豚』では「13」を意味する村が出てくる。
クミナタトゥ。

13が不吉な数字とされるのはキリスト教だけでしょう。確か。
裏切り者を含めた人数が13だったとか。

だからなんなんだ。
キリスト教は隣人愛を説いてるんじゃないのか。
隣人愛とは、自分に石を投げるものこそを愛せ、というもの。
裏切り者こそを愛せ。
ではなぜ13が不吉な数字になるのか。

13こそ愛すべき数字となるべきであろう。

そう。
キリスト教は矛盾に満ちている。
聖書の解釈は会議で決められ日々変わっていく。

宗教の不確かさの象徴。
宗教は教祖の良いように進んでいく。

スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/805-d1908695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top