09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ツイッターまとめ 

ツイッターでの発言を抜粋してまとめてみました。
これでツイッター人口が増えれば嬉しいですね。

ツイログというサイトに僕のユーザー名を入れると全部見れます。

そこから一部抜粋です。
時系列として一番上が最新のものです。



--------------------------------------------------------------------------------
自殺する理由なんて誰にもわからない。わかりやすい理由であれば誰かが手当てしてくれる。気付かれないからこそ自殺できるわけだ。どういう人が自殺するかどうかは判別不可能だということは映画『明日君がいない』に描かれている。



--------------------------------------------------------------------------------
脱洗脳など無理で別洗脳をするだけ。ではその新たに洗脳を施す人自体をチェックするのは誰か。「良いこと」が良いこととは限らない。個人の判断で良いことをすると悪い結果を呼び込むというのは映画『バタフライ・エフェクト』に描かれる。



--------------------------------------------------------------------------------
この世は壮大で滑稽で醜悪なマッチポンプなのか



--------------------------------------------------------------------------------
お詫び広告に数十億の広告費を出すことがお詫びになると思ってんだろうか。数十億円で救える未来があります。



--------------------------------------------------------------------------------
功利主義について考えさせられる。自分の臓器を通貨の一種として使う行為の是非。人肉食の是非。自分の意思で自分の持ち物を売る事で他人も助かる。人肉食で多くの飢餓が救える。功利主義的だ。でも倫理的ではない。倫理的に幸福でなければ功利主義が成立しないならば功利主義ってなんなんだ?



--------------------------------------------------------------------------------
「大丈夫」という言葉より「最悪のシナリオ」を知った方が安心する、という神保哲生氏の発言に納得。最悪のシナリオを知り対処法を考える。根拠の無い「大丈夫」はブルーハーツの歌詞を思い出す。「痛みは最初の内だけ 慣れてしまえば大丈夫 そんなこと言えるあなたは ヒットラーにもなれるだろう」



--------------------------------------------------------------------------------
スマートフォンのユーザー増加と癌患者の増加は比例する。当たり前だ。人口が増えれば癌患者も増える。でももっともらしいグラフ見せられたらみんな騙されちゃうんだろうなぁ。原発事故も忘れて。



--------------------------------------------------------------------------------
奇形児が生まれる割合が原発事故以降で有意に上昇したかどうか調べてるのか。数十年後の癌発症率とか。きっと携帯電話の電磁波のせいにするんだろう。最近携帯電話の通話が人体に影響を与えると話題になったけど、ミスリードさせるための伏線?



--------------------------------------------------------------------------------
「触らぬ神に祟りなし」ということわざは危険だ。上に意見することも、痛い目を見る経験も、そこから再スタートするチャンスも、すべて潰されると植え付ける。無思考無行動ニンゲン生産ワード。堀江貴文氏の収監でさらに強固となるでしょう。



--------------------------------------------------------------------------------
純真に信頼する者は期待はずれに陥りやすい。相手に望むレベルに際限が無いからだ。一方信頼の期待値が低い者は信頼されたありえなさから恩返ししたくなる。信頼の絆が深まる。しかも裏切られたところで大打撃を受けない。「そういうもんだ」と踏まえている。これらを「悲しい」ととらえるかどうか。



--------------------------------------------------------------------------------
純真に信頼するのと、信頼はありえないとしながらもあえて信頼関係を結ぶのとでは大きな隔たりがある。前者はもろく、後者は実りが大きく奇跡に満ちる。なぜか。後者は期待値が低いので契約の達成で感動に結び付きやすい。言わば混乱するわけだ。「なぜこの人はここまで自分を信じてくれるのか」と。



--------------------------------------------------------------------------------
「みんなの幸せ」の「みんな」とはどこまでを指すのか。有事にはこれが縮小することが理解されただろう。「ダチのダチはダチ的感覚」が社会を幸福にするのではないだろうか。やはりソーシャルネットワークが引き起こす行動が社会を救う。

スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/859-118018ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top