09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

生きる 

人それぞれ「なんの為に生きるか」というテーマがあるだろう。

なんで生きているのか。
大なり小なり理由がある。


生物的に昨日生きてるように今日も生きていく、というのもあるでしょう。

また、「親より先に死なない」というような教えによって生き続ける場合もあるでしょう。

大いなる目標のためだったり、目の前の小さな目標のためだったり、様々な理由があるでしょう。


多くの場合はそれぞれが複合的にからまり、みんな生きていくと思います。

マンガの連載が気になるとか、好きなテレビが観たいからとか、うまいもん食いたいからとか、何かしらあるでしょう。



ある若い漫画家が自殺したそうだ。

人は満足したら自殺するんだろうか。
そんなはずは無い。

人は自殺しない。
自殺するということは大変なことだ。

日本には1億3千万人ぐらい居て、毎年4万人ぐらい自殺する。

0.3%。

生活してると毎年0.3%で自殺する。

数字だけ見れば、これはほとんど起こらない数字だ。

でも自殺していく。


人はなんの為に生きるのか。

自殺しなくてもいい。


僕は運が良い。

出会うもの全てが生へと駆り立てる。

生きるか死ぬか?
そんな選択肢などない。
生きる一択。


拳を握れ。

スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/905-91da5699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top